どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

おやすみ アークティック

アドベンチャーワールドに住むホッキョクグマのアークティックが3月19日に虹の橋へ旅立ったそうです。
’91年12月9日生まれ。
’09年に誕生したミライと去年11月に生まれたbabyの父親です。

11月に念願かなって会うことができてすごくうれしかったのに、まるでお別れを言いに行ったかのように逝ってしまうなんて。

f0297893_18151857.jpg



この頃から眠ってばかりだったのはきっと、しんどかったんだなぁと思います。

パンのかけらを来園者からもらうときも
「オレの目の前に投げてくれよな。でないと取りには行かないぞ。」ってな言葉を目力で訴えていたよね。

私が「アークティック」と名前を呼んだら面倒臭そうにこちらを見上げて、「はい、どうぞ。」と言って落としたパンは少し離れたところに落ちたけど、食べてくれたよね。
私はそれがすごくうれしかったんだから。

f0297893_18193620.jpg



みんなが言うようにフリンジをまとった様なその脚と、
よっぽど気分が乗らないとプールには入らないのねと一見してわかるような汚れ具合が、
大好きだったホクトを私に思い出させて、切なくもありそれでいて親しみもありで
少し特別な感情をアークティックに対しては持っていました。

一度しか会えなかったけど
それでも一度会えたことに感謝して心からお礼を言います。
ありがとう、アークティック。
そのステキな名前と共にずっと大好きだから。

ゆっくり休んでね。
おやすみなさい。アークティック。






それにしてもホッキョクグマは肝臓がんで亡くなることが多いような気がします。
何らかの理由でそういった傾向があるのではないかと思い始めています。
実は、実家で飼っていたバーニーズマウンテンドッグが2頭ともリンパ腫瘍で亡くなり、また知人のバーニーズも同じ病気を患っていたことで獣医さんに尋ねてみたところ、犬種としてそういった傾向があるようだとおっしゃっていました。
そのことと重なって、もしかしたらホッキョクグマも同じようなことが言えるのではないかと思った次第です。
もう少し頭がよかったら調べてみたいんだけどな…
[PR]
by HGL-DTW | 2014-03-24 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(2)
Commented by denali0529 at 2014-03-24 20:16
こんばんは。旭山のコユキ、カドリーのトウチャン、上野のレイコ、釧路のコロ。みんな肝腫瘍や肝不全で旅立っていきました。どれも高齢ですね。ヒトと同じく、老いからくる臓器不全は、避けようと思ってもなかなかそうはいかないのかも知れませんね。でも、これだけ医学が進歩した世界ですから、予防医学の観点から、効果的な飼育技術が見つかるといいですね。
Commented by HGL-DTW at 2014-03-24 21:50

おやびんさん

こんばんは。
そうですよね。ホッキョクグマなどの大型動物は治療するにも麻酔が必要で、それに伴う危険もまた心配になります。予防ができるようになり、1頭でも救えるとしたらそんな幸せなことはないですね。そんな時代が来てほしいです。

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite