どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

今日のユキ 突然の雷雨

遠くでゴロゴロと音がしていて、そのうち降るかなと思いながら、動物園へ向かいました。
鳥たちに挨拶をし終えたら、空が真っ暗に。
雨がぽつりぽつり落ち始めて、これはなんだか怪しいなと屋根のある場所でベンチに腰かけたとたん!
バケツをひっくり返したような雨が降り始めました。

f0297893_19175167.jpg


ピカッ!ピカッ!ゴロゴロゴロ…

すぐそこにユキのおうちがあるので、ユキがどうしているか見に行きたいのだけど、最近の雷は危ないから少し我慢。
視野に入る、ホンドタヌキ、ツキノワグマやマレーグマたちは比較的落ち着いているように見えるのは、パートナーがいてくれることも大きいのかな、と思いながら、降る雨をながめていました。

15分ほど待ったでしょうか。小降りになってきたところで、ユキのところへ。

f0297893_1920627.jpg


あらら、少し緊張した顔をしています。

「ユキ。怖かったの?もう大丈夫だよ。私が来たから。(←何の解決にもならない」

まだ遠くから聞こえてくる雷鳴に警戒しているように見えました。
そして、稲光も気になるようです。

f0297893_19243794.jpg



そういえば、2週間ほど前に、遠くでゴロゴロゴロ…と低い雷の音がしていたとき、体を低くして、私を見ながら、「なによ~。かかってきなさい!」とでもいうかのように、上体を左右に振っていました。
「私じゃないよ。」ってその時に話したことを思い出しました。

なんだか落ち着かない様子で、生あくびがでたユキちゃんです。

f0297893_19262465.jpg



それからしばらくすると、雲の切れ間から夕日がのぞき始めると、ユキも普段の落ち着きを取り戻したようでした。

f0297893_19294829.jpg



もう少しそばにいてほしかったのか、「帰るね。」というと、私をじーっと見ていました。閉園ぎりぎりまでそこにいたのですが、「また来るね。」と告げて、後ろ髪を引かれる思いでユキ舎をあとにしました。
ユキが恐がるから、もう雷が鳴りませんように。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-08-19 20:00 | ユキ | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite