どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

ユキ 簡単にはお見せできません

それは、5月のある日のこと。
ユキがまだミドリにならない、一年のなかで一番毛並みが美しい頃。

f0297893_17284053.jpg



ユキのおうちに着いたのは、もう閉園が近い頃でした。

その日は、いつもならプールにプカプカと浮いている黄色いガス管が、陸揚げされていました。

f0297893_7355695.jpg



陸揚げする場面を見たかったなぁと残念に思いながらも、それならこのガス管をプールにどうやって入れるのか見られるかも。
わくわくしながら、ユキがガス管のそばを行ったり来たりするのを眺めていました。

そこで見ていた人たちの考えは同じだったようで、ガス管の近くにくるとカメラやスマホを構えながら見ていたのです。

何度か繰り返しているうちに、だんだんと可笑しくなってきました。

f0297893_17333752.jpg


というのも、ユキは、私たちが『その瞬間』を待っていることをわかっている気がしてなりませんでした。
それでも気のせいかなと思っていたら、そこにいたらした方が「ユキ、わかってる?」と、同じことをおっしゃったので、「やっぱり!」と思いました。

そう思い始めると、行き来するユキの顔が可笑しくて、たまりませんでした。

ガス管に近づいてみる…  いえ、触ったりはしません。
ガス管の前で止まってみる… だけど、また通り過ぎます。

「そう簡単にはお見せできません。」
ユキの心の声が聞こえるようでした。

じらされて、じらされて、あーん、となりましたが、それでもユキとのそのやりとりが楽しかった日の出来事です。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-08-26 19:00 | ユキ | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite