どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

ユキカバ 再び

ユキちゃん。ずいぶんきれいな毛並みになったね。

f0297893_1841539.jpg


抹茶色(笑)もかなり解消されました。
太陽に照らされて全身がキラキラ輝く日も近い。


おねむになったとき、ペロペロ前脚をなめるのは、相変わらず。

f0297893_184281.jpg


赤ちゃんの指吸いのようなものなのかしら。
こういうことって、かなり多くの人にも経験があるものですよね。
毛布の隅っこを握っていないと眠れなかったとか、ぼろぼろになっても手放せないぬいぐるみの耳をぎゅうぎゅうしながら眠ったとか。
かくいう私も、子供の頃、ガーゼをチュウチュウしながら眠りにつくのが常でした。(おっと、思わぬ暴露話)



この日は、プール掃除の日で、運が良ければまた『ユキカバ』が見られるかも、と思っていたら・・・


f0297893_18424162.jpg


ふふふ。
ユキカバ降臨!楽しそうなお顔♪

ちょっとテンションが高かったようで、はしゃいでいました。


「見ていてね。いくよー。」

f0297893_1843447.jpg


それっ!

f0297893_18431976.jpg


体をねじりながら頭を水中に突っ込んでザバザバします。



一番可笑しかったこと。

閉園の音楽が鳴り始めて、ユキはいつものように右へ左へとウォーキングをしていました。

f0297893_18433546.jpg


そのとき、ZOO友さんがお土産をくださったのです。
「わぁー、ユキちゃん、見て。こんなステキなものもらっちゃった。」といいながら、高々と持ち上げてユキに見せました。
それから、「これはあなたに。」「これはユキママさんに。」とお土産を交換していると・・・

ユキが花道へやってきて、「私にもちょうだい。」といって前かき(前脚をシャッシャッとこする動作。)をしたのです。

f0297893_18435645.jpg



あはははは(≧▽≦)!!
「あ、ユキちゃんにお土産がなかったねー。」と言うと、「あら、ないのね。」と納得したようにまたウォーキングに戻りました。

それにしても可笑しかった。
いつものように楽しい時間をありがとう、ユキちゃん。
会ったばかりなのに、もぅ会いたくて仕方がない私です。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-02-16 19:00 | ユキ | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite