どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

ズーラシア アフリカのサバンナ

時系列があっちいったりこっちいったりしますが、上野訪問の翌日、ズーラシアへ行きました。
10月19日のことです。

とにかくいつ行っても、まず全部の動物たちに会うのが不可能なズーラシア。
新しくオープンした「アフリカのサバンナ」には、どうしても行きたかったので、歩みを止めるな作戦でいこうと思っていたのですが、あらゆる場所で動物たちに不意打ちをくらってしまい、目的地に着いたのは午後1時を回っていました・・・。

それはそれは広大な敷地に、草食動物と肉食動物が混合展示されています。
この草原エリア、どのくらいの広さかというと野毛山動物園とほぼ同じだそうです。

「気持ちいい~!」それが第一印象です。お天気もよかったのも手伝って、まず深呼吸しました。
残念なのは、見るのに一生懸命で画像がほとんどないという…。

新築の雰囲気がぷんぷんと漂うクロサイ舎にたどり着いたら、

f0297893_1334879.jpg


お顔を拝見できなかったのは残念なのだけど、掲示を読んで、くすくすと笑ってしまいました。
天王寺のクロサイ、トミーのことを思い出し、少し切なくもなりましたが。
今後に期待が高まりすぎちゃって、「また次回会おうね、よろしく頼むぜ。」ってニマニマしながら通り過ぎました。

そこから動物たちを見渡せる場所へ移動しながら、開閉可能な大きな扉を見つけました。
なるほどここの扉を閉じたら、そこにできる通路を通ってクロサイは寝室と運動場を行き来するんだなと想像できる場所があって、いつかその瞬間を見たいものだと思いました。


さて。
最初にシマウマが目に飛び込んできました。うれしそうで楽しそうで3頭がウキウキしているように見えました。

f0297893_1302225.jpg


観覧場所の足もとは低く掘り下げてあって、ちょっとしたモートのようになっています。
降りるにはちょっと危ないかなというほどなのですが、1頭がいとも簡単にトコトコと下って行って、それを間近に見ることができました。
「えーっ!」と驚いている私を尻目に、平気な顔をして颯爽と反対側へ登り歩いていきました。野生的でカッコよかった!

また歩みを進めると、ガラス面にやって来ました。
遠くにキリンたちが草を食んでいる姿が見えました。

ここにチーターも一緒にいるってことなんだよね。どこにいるんだろう。
こういう場所にいると闘志が湧きます。絶対に見つける!そう思っていたら、なんと

f0297893_13142280.jpg


ここにいますが。

という顔をしたチーターが目の前にいらっしゃいました!わぁお!
灯台下暗しとはこのことですね(笑)。

そばで見ていた家族連れが、「チーターとキリンって一緒に居て大丈夫なのかな。チーターがキリンを食ったりしないのかな。」と心配されていました。
チーターは、自分よりも体の大きな動物は襲わないそうで、その習性を利用したのがこの展示のおもしろいところですね。

オス2頭、メス2頭がお住まいのようですが、いつか見分けられるようになってみたいものです。

さぁ、また探索開始!

見えないときは、木の上にあるやぐらにいるかもと書いてありましたが

f0297893_13184054.jpg


見えませんねぇ。

あっ!

f0297893_1319434.jpg


遠くで見えづらいですが、動いているものが!見つけました!チーターだ!

腰をおろしてくつろぎ始めます。
これまたそばで見ていた人たちが、「チーターは全然見えない。」と言っていまして、教えて差しあげたいのだけど話しかける勇気がなくて、心の中で『あそこにいます。』と叫んでいるのですが、聞こえるはずもなく。
こういう時は、私のシャッター音が役に立つのです。
カメラを構えたその先をご覧になって、「あ!あそこ!」ってことになるのですが、この時ばかりはちょっと遠すぎたかもしれません。

f0297893_14441411.jpg


見えますか?矢印がついたところにいます。写真をのばしてご覧ください(笑)。

おっと!そこにキリンが近づいてきました。

f0297893_14571047.jpg


(後ろに緑のパラソルが見えています。前出の写真、木の奥に見えているパラソルの大きさと比べてもらえると少しは広さが想像しやすいかもしれません。)

わーっ、ドキドキする!
チーターは、キリンは、どうなるかしら?

f0297893_145573.jpg


へぇー。おもしろい!
キリンがにゅうっと首を折ると、チーターは体を低~くして、シャアアアアっ! 威嚇しました。

2頭が近づいて、チーターに目をやると

f0297893_145530100.jpg


またシャァァァっ!
キリンたちは、さして気に留めるでもなく「はん?」といった様子でむこうへ歩いていきました。

いやぁ、楽しいです。
こういった動物同士のやりとりをみるのは。

ここまで来てもまだ草原エリアの半分も歩いていませんの。
とりあえず今日はこのあたりで。

ズーラシアへ行くといつも思うのは、宿泊施設を完備してもらいたいということ。
いつか、この草原エリアで一日まるごと過ごしてみたい。
そんなことを思いながら歩いていました。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-11-01 19:00 | 動物園(関東) | Comments(2)
Commented by maria-tombi at 2016-06-03 01:52 x
サバンナの隣 というわけではありませんが
よろしければ 次回は 拙宅にでもお泊り下さいませ。
動物談義付き ということで、、、。
Commented by HGL-DTW at 2016-06-04 11:39
maria-tombiさま

えぇぇ!ありがたいお言葉。ありがとうございます。
しかも動物談義つきで♪なんという豪華コース!
是非ぜひ、よろしくお願いします(*^_^*)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite