どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

天王寺動物園 モモイロペリカン セイバーくん

10月下旬のとある日。

近くまで用があったから、ほんの少しの時間だけでもと、立ち寄った天王寺動物園。

ホッキョクグマ舎まで歩いていく途中で、モモイロペリカンの前に人だかりができていました。
おやつをもらっているようで、今まで見たことなかったから、わーい♪ のぞいてみよう。

と、行ってみたものの、もう終わりだったようです。

飼育員さんが、セイバーくんに、「もうアジはなくなったよ。バケツはからっぽ。」とお知らせしていました。

f0297893_14433845.jpg


げ。ホンマや。空っぽや。
そう言っているように見えました。

自分を納得させるのに時間がかかるようで(笑)、飼育員さんのまわりを一周しながら

f0297893_14443910.jpg


もう、ないんやて。おしまいなんやて。
そう口ごもっていたに違いない。

そしたら、

f0297893_1446176.jpg


なんでやねん!
もうないってなんでやねん!

びっくりしました。すごいアピールの仕方をするんだなぁ、と。
飼育員さんは、非常に落ち着いて、「怒ってますねぇ。長袖を着ているんですけど、脱いだらミミズバレが結構あるんですよ。」
ええっ!
すかさず、ご覧になっていた方が、「大丈夫ですか?痛くないんですか?」と尋ねると、「いやいや、大丈夫ですよ。そんな痛~い!ってほどではないので。」とおっしゃっていました。

実は、池の中に数匹のアジがまだ残っていたのです。
飼育員さんは、セイバーくんに、「あのアジを食べなさい。」と言ってみるけど、「あれじゃない。」と言ってるようでした。
ここ数日アジの脂のノリがよくないらしくてお腹が満たされていないのかな、と話されていました。


場所を変えて、バケツは空っぽなのを見せるのですが、

f0297893_14545683.jpg


どうも納得がいかない様子で、

f0297893_14552033.jpg


なんでやねん!

ずーっと飼育員さんの後をつけては、「なんでやねん!」アピールをしていました。
つきまとうからここから出られへん、と言われていた飼育員さんとセイバーのやりとりは、とても興味深かったです。普段、じーっとしていることが多い印象でしたので、こんなにも感情を顕にするのを見て、今までよりずっと身近に感じることができました。

飼育員さんがいなくなったあと、それならと

f0297893_1512569.jpg


池の中のアジを食べ始めました。

お腹も満たされていなかったのかもしれないけど、飼育員さんに甘えたかったんじゃないかなと、細く長~い疑いの目でセイバーを眺めた私です。ふふふ。

楽しませてくれてありがとう♪
[PR]
by HGL-DTW | 2015-11-03 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite