どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

長崎バイオパーク コツメカワウソ舎にて

バイオパークが恐ろしく楽しすぎた(笑)お話はさせていただきました。
動物たちを見ているだけでももちろん楽しいのですが、動物たちのごはんタイムは参加しないともったいないです。
(ビーバーを逃している私が言うのもおかしいけど(T_T) リベンジせねば。)

中でもコツメカワウソのごはんタイムは、飼育員さんがカワウソたちに小魚をあげるのを見る、そんなイメージを持っていた私にとってかなり斬新でした。

カワウソたちが住んでいる場所は、湖や河川のそば、湿地帯や水田の近くで半・水生生活を送る彼らにまさにうってつけのようなステキなエリアでした。

f0297893_17331694.jpg


ここを見ただけでしばらくうっとりしたほどです。
どこにいるかわかりますか?

f0297893_1740859.jpg


一番右端の背の高い木の足もと。枯葉の感触を楽しんだり、なんだか忙しそうにしていました。



さて、ごはんタイムに話を戻しましょう。
前回お話したように、ギリギリ滑り込みセーフで間に合いました。

ここの〇で囲んだ蓋が開けられています。

f0297893_17432992.jpg


スタッフからドックフードのようなものをもらって、そこに手を入れると

f0297893_17443468.jpg


なんと!そこにカワウソたちが手をいれて、フードを私の手から取って食べます。
手を突っ込んでいる姿もまた愛らしいです。

f0297893_17453517.jpg


小さくて冷たい手。
うれしいやら、くすぐったいやら。ヘラヘラ、ヘラヘラしてしまいます(笑)。
何度もあげたくなります。

まさかカワウソとふれ合えると思ってもいなかったので、嬉して、そのあとしばらく心臓がドキドキしていました。

最後にポーンとフードをプールに投げ込むと

f0297893_17485752.jpg


上手な泳ぎを披露してくれました。

ガチャガチャとえさやり用の蓋を閉めて立ち去るスタッフを

f0297893_17495566.jpg


見送るカワウソです。
腿という表現が正しいのかわからないけど、後ろ脚は筋肉隆々に見えますね。

で、こういうのを眺めていると次のアミメキリンのごはんタイムに間に合いませんよ。
ヒィヒィ言いながら次を目指しました。
それでも、やっぱり楽しい♪
[PR]
by HGL-DTW | 2015-12-08 19:00 | 動物園(九州) | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite