どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

ユキは待っていてくれた!(気がした)

1月は動物園訪問がなかなかできなかったので、約2か月ぶりの訪問になりました。

私のこと、忘れちゃってるんだろうなぁ・・・。
そんなことが頭をよぎり、ちょっとうつむき加減で門をくぐりました。

午前中は眠っていることが多いので、入口から順番にみんなにご挨拶しながらユキ舎へたどり着きました。
いつものようにドキドキしながらスロープをあがると、あらま!起きて立っていました。

「ユキちゃん!」

私を見たとたん、「わぁ!来てくれた!」という顔をし(た気がし)ました。
LINEスタンプでいう、『パァァァ!』と顔のまわりがキラキラとしているイメージ。
ゆっくりとこちらに近づいて来て、匂いを確かめるように鼻を高~くあげてフンフンしました。

f0297893_18244872.jpg


ええ、ええ、わかっていますとも。私の妄想だと。
それでも嬉しくてたまりませんでした。

いえ、もしかしてユキは私の心を映す鏡なのかもしれないと思ったのです。
会いたくて会えなくて、やっと会えたと思った感情がそう思わせたのかもしれないと。

そこに座ってしばらく私を見ていました。

f0297893_18294811.jpg


どうしていたの?久しぶりに会うね、とでも言っているかのようでした。(妄想ですが…)

しばらくユキと時間を過ごして、「ちょっと一周してくるね。」とユキ舎を後にしました。

かる~く半周して再びユキのところへ戻ったら、いつも通り眠っていました。

f0297893_18372170.jpg


「あ、お帰り。」

ユキは眠いのに、どうも気になって仕方ないようでした。

「眠いです・・・。」

f0297893_18382719.jpg


(下の耳が折れているところがツボ♪)

「いるよね?」

f0297893_18391351.jpg


うん、ここにいるよ。

あちらを向いてしばらくしたら、

「いーるーよー

f0297893_1840175.jpg


ねー?」

f0297893_18401387.jpg


うん、うん。ここにいますよ。

「もぅホント、眠いの。」

f0297893_18422015.jpg


はっ!「どこにも行ってないよね??」

f0297893_18424368.jpg


あははは。ええ、いますとも。
そんなに気になるなら、向きを変えて眠ればいいのにと思ったほどです。

違う場所へ移動しようとして、「ちょっと行ってくるね。」と言うと、

え?

f0297893_1844281.jpg


「なんですって?だーめー

f0297893_18443911.jpg


よぉぉぉー。」

f0297893_18445231.jpg


と近づいてきて言われた気までしました。(妄想もここまで来るとおしまい?)

キリンbabyのイロハに会えずにいたので帰る前に見に行こうとしたときも、「だ~め~よぉ~」と言われた気がして、「あ、だめね。」といったんは戻ったのですが、やっぱりと思い直し、ユキが後ろ向きになったときに走り出しました。

キリン舎まで急いだけど、結局イロハには会えなかったので、ユキのところに戻り、「ユキ、ただいま~♪」と言った時です。

私が立つ一番近い場所まで歩いて来たら、私の目をまっすぐに見て、目を三角、鼻を細く伸ばし

コォォォォー!

・・・叱られました(T_T)

妄想じゃなくて、本当に行ってほしくなかったのかも、とちょっとうぬぼれてしまいました。
それとも私の声が大きすぎた?テンション高すぎ?え?え?
そのあとは全く普通のユキだったのですが。

閉園の音楽がかかり、ぎりぎりまでユキと一緒に過ごしました。
「また来るからね。元気でいてね。」
そう言って手を振ると、悟ったように、そして今までずっとそうしてきたように、そっぽを向いてテクテク歩いていました。

そっぽを向いているうちにそこを去るのが、ユキと私のルール(笑)。

なんだか不思議な気持ちでした。
妄想だと思いつつも、そうでないような気もしたり。
なんにしてもなんだか嬉しくて、新幹線に乗って帰りながら、思い出しては一人ニマニマしたのでした。

今度は、時間をあけないように会いにいくからね、ユキちゃん。

f0297893_18585188.jpg


元気でいるんだよ。
いつもありがとう。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-01-28 19:30 | ユキ | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite