どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

ユキのこと

先日、ユキのことをお友だちと話しながら、自分の感情がまるで人のもののようで、あらためて「そうだったんだね。」と自分の背中をトントンしたくなりました。

自分で話しながら、自分の声が耳に入ってきて、なるほどそう思っていたんだともう一人の自分がうなづく。
そんな経験、きっとみなさんにもあると思います。

f0297893_20063744.jpg

ユキがいなくなって、実際もっと取り乱すんじゃないかと思っていたのだけど、私の心はかき乱されることはなかったんです。
自分でも不思議なくらいに。
その理由がなんとなくわかった気がしました。

私、まだ向き合えていないのだと。

取り乱す自分が怖くて、心底悲しんでしまう自分が嫌で、ユキがいなくなったなんて思わないように考えないようにしているんだなぁと思いました。
頭では理解していますが、奥底では受け入れたくないと心が扉を固く閉ざしている、そんな印象を受けました。(自分のことなのだけど)


f0297893_20062648.jpg


徳山から関西へ引っ越したとき、毎日は会えなくなるけど徳山へ行けばまた会えるからと自分に言い聞かせたように、どこかへ行けばまた会えるんだと思うことで自分をなだめて来たのでしょう。
時間が経過して、その「どこか」が存在しないことに潜在意識が少しずつ気づき始めているのかもしれません。

だって
日を追うごとに、会えないことがじわじわと体にしみこんでくるんです。

ユキちゃん。会いたいよぉ。

f0297893_20061667.jpg


眠っているユキをただただ眺めていた数年前の自分を本当にうらやましく思います。


f0297893_20055957.jpg


【 画像はすべて2015年4月撮影 】




こんな話、別の自分だけの場所に吐き出してしまっておけばいいと思いもしたのだけど、もしも大切な存在を亡くした誰かが同じ思いをしていたら、ここにもこんな人がいたのだと救いになるかもしれないと思って、ここに思いを綴っています。

ユキのことは、
その時々の自分をこれからも綴っていこうと思います。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-04-26 20:30 | ユキ | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite