どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

京都市動物園のヤブイヌたち

初めてヤブイヌと出会ったのは、横浜のズーラシアだったと記憶しています。
イヌのようだけどイヌとは違って、一見タヌキっぽいのだけどタヌキでもない、なんだか不思議な動物という印象を持ちました。
確かにヤブイヌたちのところにいると、「何?なに?この生き物?」とおっしゃる方が多い気がします。

眠っていて姿が見えないこともあるのでしょうが、今回、京都市動物園にてヤブイヌ舎に行くといつも、走ったり、穴を掘ったり、泳いだりで忙しそうでした。

そうなんです。ヤブイヌだけに藪に住んでいるのかと思っていたら、水辺を好むそうですね。
なんでも水かきを持っているそうですよ、びっくりしました。見てみたい!もっとも短い四肢は、藪の中を移動するのに適しているのでしょうね。

ヤブイヌたちを見ていると、不思議の国のアリスの冒頭シーンを思い出します。
「あぁ、忙しい、忙しい。大変だ、遅刻してしまう。」
そんなことを思っているかのように、いつも小走りです。

しかも団体行動なので、次から次へワラワラと動き回っている姿が楽しくて、つい口元が緩んでしまいます。

広い運動場にお母さんのパパヤさんと4頭の子どもたちが一緒に出ていました。
(顔の違い、体格の違い、なんとなくわかりますが、全く識別できません。きっとそのうち…。)

f0297893_15425857.jpg


すっかり夏毛ですよね。うーん、お母さんかな?わかんない…。

小走りで小さく鳴き声を出しながらワラワラ歩いているかと思うと、行く先々で枝や竹を見つけてはいろんな行動にでます。

プカプカ浮かんでいる枝を取りたいようです。
ブクブク…

f0297893_15531881.jpg


そうなるともちろん他のヤブイヌたちがやってきます。

「どうするの?」「大丈夫?」「手伝おうか?」

f0297893_15570087.jpg

大丈ぶ… ブクブク

f0297893_15583963.jpg

ちょっと自慢げ。

f0297893_15585021.jpg

でもこの枝に執着することはありません。すぐに放してまた走り出します(笑)。

竹は表面がツルツルしていて、なかなかうまく咥えることができないようでした。

おっ!できたね!

f0297893_16004816.jpg


咥えて走っているかと思うと落として知らん顔だったり、周りを掘り進めて取り出してみたり。
穴掘りはすごいんですよ。バッサバッサと土を後ろへ蹴りだしていきます。


水場から咥えてあがってきました。

f0297893_16010948.jpg

が、転がってはまってしまいます。

f0297893_16065087.jpg

ほら。もうお手伝いに来てくれていますね(笑)。
鼻を使って

f0297893_16070436.jpg

うーん、

f0297893_16082254.jpg

んにーっ!

f0297893_16084963.jpg

この顔が可愛くてたまらんです。

とにかく何をするにも「一生懸命」がモットーのヤブイヌたち。

f0297893_16100415.jpg



私もまた明日から頑張るわと思ったのでした。まる




[PR]
by HGL-DTW | 2017-08-30 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite