どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:動物園(近畿)( 251 )

新世界は別世界

こんばんは。ご無沙汰しております。

引っ越しってホントに大変。
どのお部屋も同じだと片づけも簡単なのに、トイレの便座ひとつとってみても仕様がばらばらで困ります。
ただ、衰えた脳を動かすよい機会だなとうれしく思ったりもしますが。
テキパキやりたいけど、こっちの物をあっちへ持っていき、そこで、「あ、そうそう。これをやってなかった。」と片づけ始め、元の部屋へ戻ったとき、「あ、しまった。これ、まだ途中だった(-_-;)」など、まったく要領が悪い自分に時々ため息がでます。そんなこんなで段ボールに囲まれた生活をいまだにしています。

だから!
以前からZOO友さんと約束していてずっーと楽しみにしていた「おはなししろくま」「全国ホッキョクグマ写真展」へ出かけるときのウキウキ感といったら、ふわふわしすぎて空へ飛んじゃうんじゃないかと思うほどでした。
場所は、新世界のど真ん中にある、Gallery Cafe *Kirin*

macokumaさんの個展と、全国のホッキョクグマ写真展だから、シロクマだらけのcafeの中でお茶する・・・はぁ、なんて贅沢。

f0297893_20334790.jpg


おはなししろくま
その日は寒かったから、macokumaさんの優しい画が、凍えそうだった心を和ませてくれます。
しろくまのつぶやきが聞こえそうで、思わず耳を澄ませました。

そして
「しろくまぜんざい」をいただき、体も心もほっかほか♡

f0297893_20324577.jpg


おいしゅうございます。
「こんなかわいいしろくまクッキー食べられない。」って言ったさきから、バリッ!って食べちゃったけど(^_^;)

実は私もユキちゃんの写真で参加しています。
とってもうれしかったのは、オーナーさんが私の写真を見たとき、「泣きそうになった」と言ってくださったこと。ユキちゃんへの愛を感じてくださったのだと思うとじーんとして、その言葉にうるうるしてしまいました。

f0297893_20322859.jpg




17時から、天王寺動物園名誉園長 宮下先生のお話がありまして、またまた私の中にある神経という神経がすべて先生の言葉にむけられたといっても過言でないほど、非常に興味をそそられました。ホッキョクグマの繁殖はなぜ難しいかという演題でしたが、ゾウの春子さんのお話もあり、先生ならではのお話はいつもあっという間に時間が過ぎてしまいます。

終了後は、懇親会です!みなさんとのお話がこれまた楽しい♪
普段ならお友達に「きょとん」とされる、私には普通だけど人にはマニアックであろうお話もみーんなでしてケラケラ笑って、そしてまた話がどんどん暴走していきます。ふふふ

ここしばらく、外出もしてなくて、人とも話さない日が続いていたから、本当に楽しくて、出かけた先の「新世界」はまさに別世界でした。

もちろんこの方にも会ってきました。ゴーゴ!元気そうでした♪

f0297893_20451392.jpg


パパになったんだよね。すごいよ、ゴーゴ。もううれしくって、おめでとうとありがとうを何回も言いました。

また後日、cafeでのことをもう少し詳しくお話したいなぁと思います。
23日まで開催されているようですが、もう一度行けるかな。行きたいなぁ。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-12-16 21:30 | 動物園(近畿) | Comments(2)

考えるクマ ゴーゴ おやつタイム

先日、少し前に訪問した天王寺動物園で久しぶりにゴーゴに会って感じたことを思うままに書いてみましたが、今回は、ゴーゴがおやつをもらったときのお話です。
あの日、一番強く印象に残ったのは、やはり彼が「考えるクマ」であるということ。
先日お話したとおり、私は長い間ずっと、ホッキョクグマは考えるクマであると思ってきました。
にしても、このゴーゴほど、それが顕著に現れるホッキョクグマを見たことがありません。

これは、私の感情によるものなのでそれが正しいかどうかわかりませんが、ゴーゴの場合、論理的に考えている気がします。

『ここに肉がぶら下げてある。→これを食べるにはどうすべきか。→ジャンプしてみる。→届かない。→深く潜水してから浮上すると高く飛べる。→届かない。→長い木の棒を使ってみる。』

f0297893_9243599.jpg


常にこういった思考が、ゴーゴの中に存在している気がします。
実際に、ゴーゴが木の棒をつかって、ぶら下げられた肉の入った氷を取るようになった経緯を、飼育員さんにたずねた時のお返事は、

「ゴーゴが自分で考えた。」

というものでした。
私としては、飼育員さんがそれらしいお手本を見せたことなどを期待していたので、非常に驚きました。

バフィンさんと同居した時も、そういったゴーゴの思考が「駆け引き」になって、どうしたらバフィンさんの気持ちを自分に向けさせることができるか行動するゴーゴがおもしろいと話されていたのを覚えています。
なるほど、私も観察してみたいです。

f0297893_925432.jpg


そんなゴーゴがおやつをもらう姿を見て、バフィンさんがスイカをもらったときのように「楽しーい。」という感情よりも、「ほほぅ、考えているな。」という気持ちの方が勝っていて、ただただ感心しっぱなしでした。
まるでゴーゴの頭上に【考え中】の文字がピコンピコンするほどに、表情から考えていることが伝わってきます。



飼育員さんを見ています。

f0297893_925974.jpg


飼育員さんが「あちらへ」と指をさします。

f0297893_931270.jpg


脚をクロスさせて(笑)あちらですね、と指を指された方向へ小走りすると、タイミングよくおやつがプールへ投げ込まれ、ジャンプ!

プールの中から上がるときも、「今度はどっち?」

f0297893_9304692.jpg


と飼育員さんを確認して、ではそちらへ

f0297893_951510.jpg


と移動します。(速すぎて、頭が切れるの巻…)

あまりにもゴーゴの思考が飛んでくるので、時々つるっと脚を滑らせてプールへ転げ落ちるのでさえ、ウケを狙った行動なのではないか、さすが関西人(クマ)だなとニヤリとさせられたり。

欲をいえば、スイカをたべるとき、もうすこし考えてくださればうれしかったです。

f0297893_981832.jpg


だって、見えないもん。

そんなオチがありつつも、お決まりのご挨拶をしてくれました。

f0297893_985819.jpg


「今日もよぅ来てくれはりました。」


いやー、やっぱり天才だわ。

f0297893_9291929.jpg

[PR]
by HGL-DTW | 2014-08-25 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

ゴーゴに会って思ったこと

まだ今のように行きたい動物園が山ほどない頃、私がとにかく会いたくて、目をハートにして出かけたホッキョクグマ。
それが、日本平動物園のロッシーと、天王寺動物園に住むゴーゴでした。

f0297893_1248588.jpg


当時は、まだまだ「かわいい」という言葉がお似合いの子グマ。
ホッキョクグマ舎までの道のりがとても長く感じて、小走りになりそうな逸る気持ちを抑えながら向かったものです。
そして時間を忘れて、ただただ見続けておりました。



先日、ゴーゴを眺めていて、そんなことを思い出している自分に気づきました。



水深が浅くて、水の中を歩いておられました。ゴーゴカバ♪

f0297893_12495779.jpg




というのも、まだかわいらしさは残るものの、立派な大人になったなぁと感じたからです。



f0297893_12501123.jpg




私は、元々ホッキョクグマは賢明で考えるクマだと思ってきました。
とくに、このゴーゴは、道具を使うホッキョクグマとして海外の本に載った(*)ほど、知能の高さでは群を抜いています。
(*)POLAR BEARS The Natural History of a Threatened Species --- Ian Stirling



f0297893_12502977.jpg



実際、今回の訪問時、ゴーゴの「スイカのおやつタイム」を見ても、やっぱりそうなんだなと確信しました。
飼育員さんの反応を、見て、考えて、行動していました。

一度、飼育員さんに、ゴーゴが道具を使うようになったきっかけについて尋ねたことがあります。
そんな話も交えながら、スイカのおやつタイムの様子も、近いうちにお伝えしたいなと思います。



最近は、飼育員さんとトレーニングも始めたそうで、これからもゴーゴは、たくさんのことを習得していくことでしょう。それがエンリッチメントになり、また健康管理にも役立つわけですね。



ゴーゴ、君は天才だ!

f0297893_12504322.jpg



「ん?呼んだ?」
[PR]
by HGL-DTW | 2014-08-14 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

バフィンさん スイカをもらう

天王寺動物園を訪問した日は、朝から太陽がじりじりと容赦なく照りつける暑い日でした。

今まで何度となく訪れているのに、諸事情で私は一度も外にいらっしゃるバフィンさんにお会いしたことがありませんでした。

バフィンさん、おはよう。

f0297893_12443857.jpg


貴女のお顔の前に檻がないのは、初めてです(笑)
丸みをおびた女性らしい体つきだなというのが第一印象。

飼育員さんの姿がちらりと見えると、「何かありますかー?」

f0297893_12471880.jpg


三つ指をつきそうな前脚が上品に見えます。


様子を見に来られた飼育員さんが、「今日は暑いから、後でスイカを持ってきますね。」と言い残して姿を消してからは…

f0297893_12481172.jpg


「暑いので帰りたいです。」をひたすらアピールされておりました。
じーっ。
どなたか一時停止ボタンを押しましたか?と思うほどに、フリーズ。このまま、眠そうに目を閉じるバフィンさん。
見ているこちらも、暑さの中、急に睡魔が襲って来ます。



お昼あたり、スイカを持った飼育員さんが現れました。

f0297893_12502253.jpg


「いただくわ!よろしくてよーっ!」 さっきまでのバフィンさんが嘘のよう。やる気満々です。

くわえて持って上がります。

f0297893_1252993.jpg


スイカ、好きなんですね♪
あまりに上手に食べるのに驚きました。

f0297893_12523652.jpg


皮は残すのですね、と思っていましたら

f0297893_1253088.jpg


ちょっとかじってみました、なバフィンさん。
なんでもハロウィン用にスイカのかつらを作ってみたかったそうです。(嘘

スイカ、おいしかったですか?

f0297893_12552381.jpg


「はい、とっても♪」

f0297893_12553343.jpg



とても幸せそうなお顔に私もhappyになりました。
ありがとう、バフィンさん。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-08-09 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

ゴー様 おやつタイムが始まるよ

動物たちってどうして時間がわかるのだろう。
きっと人間たちも知っていたんだと思う。時間も方位も感じ取る方法を。
便利な生活に慣れて、そんな感覚も退化させてしまったのだと思っている。



ゴーゴ。
間違いなく時間を知る男。

おやつタイムが近づくとおもむろにプールに入って、飼育員さんがやってくるのを待ちます。

f0297893_11282620.jpg




キョロキョロ。
これは飼育員さんを探しているというよりは、観覧中の人を見ているように思えるんですが。

f0297893_11285368.jpg


「ボクのおやつタイム、始まるけど、準備はいいですか?」みなさんに声かけしているようです(笑)




「わーい!飼育員さんだ♪」 すごくうれしそうなゴー様。

f0297893_11293487.jpg




「いよいよ始まるよ。みなさん、準備はいいですか?」

f0297893_11294723.jpg




「カッコよく撮れよ!」 キリッ!

f0297893_11302650.jpg

[PR]
by HGL-DTW | 2014-08-02 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

天王寺動物園 虎二郎 命名式

7月20日。
天王寺動物園にて、愛称を募集していた虎くんのお名前発表がありました。

2012年6月5日生まれ。
上海動物園からやって来てくれたニューフェイスです。



新しい運動場前で少し前から待つことにしました。

f0297893_140115.jpg


新しいせいもあるのでしょう。木々がまだ茂っていなくて、虎くんのための日陰がなさそう。

もぅ、死ぬほど暑かった(-_-;)
この運動場についてお聞きしたいことが、少しあったのだけど、しばらくここにいる間に忘れてしまいました。(というか、たぶんどうでもよくなったんだと思う…)

担当飼育員さんが、私たちがよく観察できるように「どこに置いてほしい?ここ?このへん?」と聞きながら、運動場のいろんな場所にお肉をセットしてくださって、準備完了。

そのときの私は【生肉が焼肉になってしまうのではないか】とただひたすら心配しておりました。岩に置いたら、ジュッっていいそうなくらいでしたから。

まずは、決まったお名前を披露です。

じゃーん!

f0297893_147881.jpg



剣術の一つに『虎切』を持つ、佐々木小次郎にちなんでつけられたお名前だそうで、「虎二郎(コジロウ)」に決定!

眼光鋭いイメージの名前なんですが…。
それまでZOO友さんたちのお写真を拝見したかぎり、『ふにゃ~ん♪』というイメージしか持てず、この目で確かめなければ、と思っていました。

いよいよご本人(虎)の登場です!

出てきてすぐの場所に、まずひとつめのお肉を置かれましたので、飛びつくと思いきや…
あたりをウロウロ。

慣れない運動場や人が多いせいでこちらに来られないのかと心配していたら、シュートそばのお肉を食べた後、おもむろにやってきました。

f0297893_1414780.jpg


お肉を食べる虎二郎を見て、あまりの上品さに驚きました!
がっつくとかワイルドとかそんな言葉は、彼の辞書にはきっとありません。

「いただきます。」と丁寧に唱えて食し、「ごちそうさまでした。」と感謝する。そんなイメージです。


f0297893_14181539.jpg



隠された(といっても、ほとんど見えているのですが)お肉の匂いをたよりに、どんどん探し歩いて、ガツガツ食べる。そんな『虎』に対するイメージが、ガラガラと音を立てて崩壊していきました。


f0297893_14204588.jpg



視線の先に、肉が見えたはずです。
でも「探しているふり」だったのか、食べに行きませんでした。

お腹がすいていないとか?
いいえ。お肉をセットしながら飼育員さんが「昨日食べていないから、相当お腹が減っているはず。」と言われていました。


どちらかといえば、そんなことよりも、今日いらしているたくさんの人に興味があるようでした。


f0297893_14214546.jpg



後ろにお肉があるのですがね…。


ふにゃ~ん♪のイメージが覆されることはなく、それに「てへへ」とかがついてしまいそうな、そんな虎二郎です。←あくまでも私の主観。(でもきっと皆さん同じはず(笑)

ちょっとだけ虎っぽく見えた(あ、ひどい?)写真を、虎二郎の名誉のために置いておきます(笑)


f0297893_14242641.jpg



んー、微妙…。


だけどそういうところがまた魅力であったりするわけです。
これからが楽しみな虎二郎です。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-07-28 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

おやすみ ミライ

2009年10月13日生まれのあなたをこんなにも早く虹の橋へ見送ることになるとは想像もしていませんでした。

誕生のニュースを聞いた日のことは今でも忘れられないほど、うれしいとかびっくりとか、無事に育つかな、育ってほしいというちょっとピリピリした思いとか、もうありとあらゆる感情がごっちゃごちゃでした。
興奮!という言葉がぴったりだったあの日。

会いに行きたいと思いながらなかなか叶わず、実際に会えたのは去年の11月。

f0297893_1757412.jpg


ろくな写真が残っていなかったけど、まったく落胆しなかったのは、また会えると確信していたから。

なのに…


f0297893_1758771.jpg





どんな素晴らしい将来がこの先に待っているんだろうと思わせてくれたあなたにぴったりの
「ミライ」というステキなお名前を持っていた。

なのに…


f0297893_17583060.jpg




神様は、時にとんでもない出来事を起こされる。


ミライ。
お父さんのアークティックに会えましたか?


f0297893_180473.jpg



正直、まだ心の整理ができていない私です。

幸せにしてくれてありがとう。
まずはゆっくり
おやすみなさい。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-05-21 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

おやすみ アークティック

アドベンチャーワールドに住むホッキョクグマのアークティックが3月19日に虹の橋へ旅立ったそうです。
’91年12月9日生まれ。
’09年に誕生したミライと去年11月に生まれたbabyの父親です。

11月に念願かなって会うことができてすごくうれしかったのに、まるでお別れを言いに行ったかのように逝ってしまうなんて。

f0297893_18151857.jpg



この頃から眠ってばかりだったのはきっと、しんどかったんだなぁと思います。

パンのかけらを来園者からもらうときも
「オレの目の前に投げてくれよな。でないと取りには行かないぞ。」ってな言葉を目力で訴えていたよね。

私が「アークティック」と名前を呼んだら面倒臭そうにこちらを見上げて、「はい、どうぞ。」と言って落としたパンは少し離れたところに落ちたけど、食べてくれたよね。
私はそれがすごくうれしかったんだから。

f0297893_18193620.jpg



みんなが言うようにフリンジをまとった様なその脚と、
よっぽど気分が乗らないとプールには入らないのねと一見してわかるような汚れ具合が、
大好きだったホクトを私に思い出させて、切なくもありそれでいて親しみもありで
少し特別な感情をアークティックに対しては持っていました。

一度しか会えなかったけど
それでも一度会えたことに感謝して心からお礼を言います。
ありがとう、アークティック。
そのステキな名前と共にずっと大好きだから。

ゆっくり休んでね。
おやすみなさい。アークティック。






それにしてもホッキョクグマは肝臓がんで亡くなることが多いような気がします。
何らかの理由でそういった傾向があるのではないかと思い始めています。
実は、実家で飼っていたバーニーズマウンテンドッグが2頭ともリンパ腫瘍で亡くなり、また知人のバーニーズも同じ病気を患っていたことで獣医さんに尋ねてみたところ、犬種としてそういった傾向があるようだとおっしゃっていました。
そのことと重なって、もしかしたらホッキョクグマも同じようなことが言えるのではないかと思った次第です。
もう少し頭がよかったら調べてみたいんだけどな…
[PR]
by HGL-DTW | 2014-03-24 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(2)

アドベンチャーワールド ミライ

2009年生まれだからミライも4歳なんだね。

こっちに向かってくる。


f0297893_2034090.jpg


目が合うだけで(そんな気がしてるだけかも?)
テンションが上がるのよね。


そして


すぃー


f0297893_2054330.jpg


気持ちよさそ~う♪


水中のホッキョクグマを旭山動物園で初めて見た時、気絶するかと思うくらい美しかったのを覚えています。
「うわぁぁぁ。」とため息にも似た声を出すのが精いっぱいで、そこに立ちつくしてじーっと目で追い続けました。


後足を伸ばしてプラプラと泳ぐさま
それにつられてさわさわと踊るように見える毛は
陽射しが当たるとダイヤモンドのように輝き
陸上で見るイメージとはまた違った動物のようにも見えました。

家に帰ってから開いたビデオ観賞会で
水槽の前に張りつき、さかなクンが魚を見たときのようなテンションで
ホッキョクグマを見ている自分を見つけて
非常に恥ずかしかったのを覚えています…。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-03-01 21:00 | 動物園(近畿) | Comments(2)

クロミミマーモセット

アドベンチャーワールド モンキー×モンキー
通りすがりのつもりで入ったのに、とんだ足止めを食らうことに。

「えー?」

f0297893_1949462.jpg


初めてお目にかかりました。
なんでしょうね。マーモセットというだけあって確かにかわいらしいのですが
あまりにも顔がヒトのようで目が離せなくなりました。

ホビット?妖精?
今にも話し出しそうなこの顔。


f0297893_19513110.jpg


中南米に棲息。
主に、果物や昆虫、木の実を食べるそうです。

とにかく不思議で、私の興味を根こそぎ持って行く、そんなクロミミマーモセットです。
君たちのこと、もっと知りたいな。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-02-27 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite