どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:動物園(近畿)( 244 )

戦隊!ケープハイラックス!

天王寺動物園。

みんなが

「どこにおるん?」

「おらんな。」

などと話していたから、岩陰に隠れているのかなと思っていたら


じゃーん!!






f0297893_18141839.jpg


戦隊!ケープハイラックスぅぅぅ!!



見つけたとたんに盛大な音楽とともにそういう声が聞こえた(気がしました)。


シャッターを押そうとするのに手が震えて
笑いが止まりませんでした。
[PR]
by HGL-DTW | 2013-11-17 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(2)

天王寺動物園 ナベヅルさん

周南市八代は、本州で唯一のナベヅルの越冬地です。
もしも私がここ、周南市に引っ越しして来ることがなかったら、「ナベヅル」に興味を持つことはなかったと思います。
今では10月の終わりにさしかかると「そろそろかな…」と思い、ナベヅルがやって来たと聞けば、冬の訪れを感じ、3月に北帰行したと聞けば、春の足音を感じるようになりました。
いつかここを離れることになっても、季節ごとにナベヅルを思い、またナベヅルと聞けば周南市のことを思い出すでしょう。


生き物を見て故郷を思う。

ナベヅルが渡来する八代盆地で、長い間監視員を務めていらっしゃった弘中さん(今年7月に他界されました。)がされたお話を、私は忘れることができません。
私の記憶にあるイメージでお話するので、少し事実と違うかもしれませんが…

弘中さんはシベリア抑留当時、走る列車から、吹雪の中うっすらと見覚えのあるシルエットを見つけます。
「あれはナベヅルではないだろうか。」
故郷で見たナベヅルの姿を重ねて、間違いないと思われたそうです。
どんな気持ちでそのナベヅルを見つめ、故郷を思い出されたのだろうと思うと、胸がじーんとなります。



さて、前置きが長くなりました。

その八代に何度か足を運んで野生のナベヅルを見たことはあるのですが、動物園で間近にナベヅルを見たのは天王寺動物園が初めてでした。
天王寺動物園へ行くときは必ずご挨拶に伺います。

「ナベヅルさん、こんにちは。」

f0297893_17442280.jpg


動物園ってやっぱりいいな。
こんなに近くで観察できるんだもん。


f0297893_17445329.jpg


わー、水を飲んでる!
と、いちいち感動するのです。
下を向いて水を口に含むと、他の鳥たちがそうするように上を向いて水を飲みます。

ラフカディオ・ハーンの『鶏が水を飲む』というあの話を思い出します。
神様に水をくださったお礼を申し上げているという、あの話を。


f0297893_1748318.jpg


美しいお顔。惚れ惚れします。

曇り空でしたが、時々太陽が顔をだすことがあり、そうすると
グレーの羽が光に照らされてキラキラし始め、深みのある色に変化します。
それを眺めるのが楽しくて、しばらくそこに留まっていました。

うっかり見過ごすところでしたが、


f0297893_1845391.jpg



なんと国内の動物園にたった5羽しかいないのですか。
それは是非お婿さんに来ていただかなくてはなりませんね。

八代にもたくさんのナベヅルたちがやって来ますように。
(11月12日の時点で6羽。うち1羽は放鳥されたツルです。)
また機会を見てナベヅルのお話もできるといいな。
[PR]
by HGL-DTW | 2013-11-13 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(4)

ゴーゴ7年のあゆみ展

ホッキョクグマ・ゴーゴのファンによる展示会
ゴーゴ7年のあゆみ展

Gallery Cafe *Kirin* にて開催中です。

これにあわせてイベントがあったのが11月2日。
もぅ、ホントすっごく楽しみにしていた日♪


f0297893_18471396.jpg


Cafeへの階段を上がると、そこには日本中のファンが撮影されたゴーゴがたくさん展示されていました。
天王寺動物園にやって来た頃のまだ幼いゴーゴから、りっぱな眉のある(笑)凛々しい大人のゴーゴまで。
どれもみな「ゴーゴ」なのに、こんなにも違ったゴーゴが見られるのは、こういった展示会ならでは。
いろんな表情のゴーゴがいて、そのそれぞれにゴーゴへの愛があふれていて胸が熱くなりました。

熱いのは胸だけでなく、みなさんのお話も、それはそれは熱い!


14時から始まった「しろくまのお茶会」。
おシャレでおいしいランチを頂きながら、担当飼育員さんを交えてあつ~いお話で盛り上がりました。


f0297893_17521847.jpg



会場には、作家さんのしろくまグッズや画も展示販売されていて、たくさんのしろくまとしろくまファンに囲まれた時間でした。
みなさんの身に着けたしろくま探しも楽しくて♪
Tシャツやピン、リングにネイルなどちょっとしたところに、しろくまが潜んでいるのです(笑)

Cafeではお茶会以外、あえて撮影はしませんでした。
今思えば、私の「愛はたっぷり満載なので許してください」とゴリ押しのようなゴーゴの写真を、素敵な額に入れて飾ってくださったところだけでも撮影してくればよかったと悔やんでいますが…。

さて。
16時からは講演会です。
かじりつきで聞きたかったので一番前に座りましたよー!
膝の上にメモを置き、ペンを持って、背中からきっと赤いオーラがメラメラと出ていたに違いない。

まずは、担当飼育員さんが「ゴーゴとバフィンの3年間」についてお話してくださいました。

いや~。
愛があふれていました。
過度の期待は、動物園や飼育員さんにとってプレッシャーになるのかもしれませんが
このお話を聞いたら
ひょっとして、産まれるんちゃう?いけるんちゃう?
頼む、産まれてくれよ、とみなさん思われるはずです。
ゴーゴもバフィンも愛されて、大切にされている様子がよくわかりました。

実は、数年前に天王寺動物園へ行った時、そういえばゴーゴは何歳になったかなと思っていたところに担当さんが現れたので

「ゴーゴは何歳ですか?」と尋ねると、

「今度の12月3日が来たら(と誕生日まで言われた!)5歳になります。」

と、これ以上ないくらいの微笑みでおっしゃいました。
その顔を見て、この方はゴーゴが大好きなんだなーと思った記憶があります。
やっぱりあの感覚は間違いではなかったのだと確信しました。

飼育担当さんのお話があっという間に終わってしまうと(予定時間をオーバーしていたそうですが)

次は、天王寺動物園名誉園長 宮下さん
「ホッキョクグマの繁殖生理を探る―日本の動物園での繁殖の歴史とその秘訣」

となんだか背筋がぴーん!と伸びそうなお話を聞かせていただきました。
これが非常に興味深く、背筋ぴーん!どころか、体がどんどん前のめりです!
動物園における繁殖はもちろんのこと、、野生下で地球温暖化や環境汚染がホッキョクグマに与える影響についてのお話も。また「ゴーゴーと私」なんてこともお話してくださいました。

人と人との縁は不思議なもののように、ゴーゴと宮下さんのつながりを紐解くなんて、この講演に参加しなければ、私には起こりえなかったと想像します。

それからお話してくださったお二人のトークセッションがあり、その合間にゴーゴを寄贈してくださった551蓬莱の社長さんがいらっしゃっいました。(それにしてもどれだけっていうくらいの豪華キャストです)
ゴーゴが成田空港から天王寺動物園へやって来たときの貴重な映像を特別に見せていただきました。
この時のゴーゴ、ホントに子供ですごくかわいかったです。

話がすごく長くなったついでに見てください、この新聞。


f0297893_1857350.jpg


2008年11月23日付 産経新聞の記事です。

当時、母が私のために残していてくれたもので、今でも大切に保管しています。
この記事を見て、私は2つのことを心に決めました。
一つは、ゴーゴに会いにいくこと。
そして、もう一つは、ユキにもこの「幸せの黄色い筒」をプレゼントしたいと動物園へ相談すること。
ガス管をどうやって手に入れるか、からのスタートでしたが…。





この新聞をお見せしようと当日持って行ったのに、この後の懇親会でもそんなことすっかり忘れて話し込んでいました。
それだけ濃い時間だったのです。

Kirinさん、ステキな企画をありがとうございました。
そして、お話してくださった担当飼育員さん、宮下さん、
それから蓬莱の社長さん、参加されたみなさんも
ありがとうございました。

またみなさんにお会いできる日を楽しみにしています。
[PR]
by HGL-DTW | 2013-11-07 19:40 | 動物園(近畿) | Comments(8)

ゴーゴ7年のあゆみ展へ …の前に


Gallery Cafe *Kirin* にて
ホッキョクグマ・ゴーゴファンによる展示会
ゴーゴ7年のあゆみ展

が開催されています。

それに伴い講演会があると知ったときには既に連絡メールを送信していたほど
心待ちにしていた11月2日。大阪へ。

cafeに行く前に…



f0297893_12503192.jpg



f0297893_1250854.jpg





この方にお会いしなくちゃ、始まらない!

「ゴーゴ、おはよー。」




f0297893_12493544.jpg






ホッキョクグマ舎へ近づいて来る子どもがしきりに
「コワイ!こわい!」と繰り返して半べそになっていまして。
なんだろう?と思っていたら
どうもゴーゴのまゆ毛が怖いらしく。(まゆ毛ではないけど(・_・;))
かわいいやら可笑しいやら。

「まゆ毛のせいで怒ってるみたいやな。」ととなりのカップルにも言われていたけど…。




実のところ、ゴーゴは少し怒ってるらしい。
飼育員さんのお話によれば
「バフィンをどこに隠したんや!」と僕に対して怒ってる、とおっしゃっていました。

(ご存じない方のために。バフィンは出産の可能性があり、その準備のためお籠り中です。)

ゴーゴは、私の想像をはるかに超えた『考えるホッキョクグマ』だと
今回の講演会やお話を聞いて確信しました。

その Gallery Cafe *Kirin* での
ステキで楽しくて♪濃密な時間についてはまた後日ゆっくりとお話します。



余談なんですが
結構、ゴーゴを撮影したつもりでしたが、びっくりするくらい全て、ええ、そう全部が
ピンボケでした(-"-)!!
動く被写体、どうやったらちゃんと撮れるのですか?
[PR]
by HGL-DTW | 2013-11-05 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite