どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:動物園(近畿)( 228 )

神戸どうぶつ王国 ビントロングたち

ビントロングたちに会えるのは『アジアの森』。
このエリアには、レッサーパンダやコツメカワウソたちが住んでいます。

その森へ踏み込んだら、まず目に入ったのがビントロングでした。

f0297893_18405067.jpg


今までどの動物園でも檻越しにしかお会いしたことがなかったものですから、手を伸ばせば触れられそうな距離にいるビントロングに興奮を抑えられませんでした。

全景は、こんなかんじ。

f0297893_18424692.jpg


土のエリアもありますし、木の下には水も流れています。
ということは、水に入ることもあるの?と思い、聞いてみましたら、かつて数回メスのルナが入ったのを見たことがあるとおっしゃっていました。

「わー、見てみたい!」
いつかチャンスがあるといいな。

2度目に行ったとき、おやつをあげてみますね。とスタッフが奥へ回ると、嗅ぎつけたルナちゃんは木から降りて行きました。

f0297893_1850628.jpg


うわっ!しっぽの力がすごいんですね。
さすが樹上生活なわけです。

ターゲットトレーニングをしながら、おやつをもらいました。

f0297893_18523559.jpg


ルナちゃんは慣れっこのようで、スタッフのお姉さんがお話してくだっている間も、「ちょうだい。」とおねだりもします。

f0297893_18544337.jpg


一方、オスのダムくんですが、たいていは奥の擬木の上で眠っているのですが、おやつとなれば手前にやってきてくれました。

f0297893_18561171.jpg


ただし、下には降りることはしなくて、木の上でもらいます。

f0297893_18564756.jpg


ビントロングはなんといってもこの耳毛が特徴的で、見るたびにいつも「素敵ね!」と言います。

f0297893_1859587.jpg


ビントロングもハシビロコウと同じで、初めて見たときの衝撃度、不思議度、一目ぼれ度が高かった動物です。
なので、好きなところをあげてみて、と言われたら、お時間少しよろしいですか?と聞かねばなりません(笑)。

よく言われるコーン臭もフンフンとしっかり嗅ぎ、これこれ!とニンマリ♪

f0297893_193355.jpg


また全体像で見ていただいた位置に居ることが多いルナちゃんのおかげ(?)で、その下には抜け毛がたくさん落ちていました。
拾って帰ろうかとちょっと迷ったのですが、思いとどまった次第です。ふふふ

ビントロングの向いにレッサーパンダたちが住んでいるのですが、時々木の先端にやってきてビントロングたちを見るパンダたちが面白いです。

f0297893_198312.jpg


(今はやりのうすぼんやりでごめんなさい。)

今はまだ2頭の間に微妙な距離感が存在しているそうですが、その距離が少しずつ縮まっていつか嬉しいニュースが届くのを楽しみに待ちます。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-07-03 19:30 | 動物園(近畿) | Comments(0)

神戸どうぶつ王国 ペリカンフライト

モモイロペリカンは、徳山動物園にもボンペイとピーチという可愛いペアがいたし、いろんな動物園でも見ることができます。
ただ動物園のゲージの中だと翼を広げて飛んだとしても、そう長い距離ではないので、モモイロペリカンのダイナミックなフライトを見る機会はなかなかありませんよね。

神戸どうぶつ王国のペリカンフライト、おすすめします!

ペリカンたちが住むペリカンラグーンエリアは長方形の造りになっていて、その長い方の水路を利用してフライトを披露してくれます。

時間になると、くつろいでいる場所から6羽が一緒に移動してきます。

水路の両端にお魚の入ったバケツを持ったスタッフが立っていて、それをめがけて飛んでいきます。

最初はゆっくりと泳ぎなら向かっていくのですが、途中から1羽が羽を持ち上げ始めるとおもむろに広げて、バサッバサッと飛び始めます。すると後ろにいるペリカンたちも次々と飛んで行きます。

f0297893_17282915.jpg


(上手く撮れなくて残念なのだけど)

私はたまたまスタッフが持っているバケツの横にいたので、6羽が次々と飛んできてキキキーッ!と脚でブレーキをかけ、私のギリギリ前までやってきました。水しぶきが飛んできそうなほど近くに。
もぅ!楽しくて仕方ありませんでした。

ご覧になっている方からは、「うおーっ。」という歓声や、楽しそうな笑い声がずっと聞こえていました。

f0297893_17333243.jpg


止まり方もそれぞれで、まるでウエイクボードをやっているようだったり、大きく脚を開いてみたり、面白いのです!

f0297893_17345053.jpg


あまりにも楽しくて、一人で「しゅーっ。」と口走りそうになります。実際、ブレーキをかけているときはシューッと水の音がしているのです。

f0297893_1735557.jpg


3往復ほどしかしないと思いますが、だんだん疲れてくるのか飛ばないペリカンがでてきたり、ただ泳いであっちへ行き、こっちへ行きするペリカンもいて、自由なかんじも楽しめました。

そして終わったらみんなでまとまって帰っていくのですが、またその姿の可愛らしいこと♡

f0297893_17424058.jpg


むふふ♪

体も大きいので羽を広げると軽く1メートルは超えるのでしょうが、そんなペリカンたちのフライトが想像以上にダイナミックで、またブレーキのかけた方がコミカルで、あっという間の時間でした。

私は、その日にあったフライトタイムは全回観ました♪

神戸どうぶつ王国のペリカンフライトタイム!見逃したらもったいないです!
ぜひ「シューッ!」と言いながらご覧になってください。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-06-30 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

ワオキツネザル親子と・・・

神戸どうぶつ王国でワオキツネザルたちを見ていたら、親子を発見。

f0297893_193299.jpg


どの動物でもやっぱり母ってすごいなぁと眺めていました。

f0297893_1934813.jpg


画像を家に帰って見ていたら

f0297893_1944993.jpg


親子を撮ったのだけど、そのむこうにまるで置物のようにこちらを向いているカモに目を奪われて

f0297893_1954624.jpg


私のツボをくすぐるのです。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-06-24 19:30 | 動物園(近畿) | Comments(0)

神戸どうぶつ王国 シタツンガとハシビロ先輩

初の訪問となった神戸どうぶつ王国です。

ポートライナーから景色を見ていて、「ん?ビニールハウスみたいなものがたくさんあるけどなんだろう。」と思ったとたんに見えたアルパカ♪
そっか。ここが、神戸どうぶつ王国なのですね。

f0297893_1846134.jpg


かわいいエントランスを抜け、マップを片手に歩き始めました。

それは、ペリカンラグーンへたどり着いたときのことです。
水辺にペリカンをはじめ様々な種類の鳥たち、ワオキツネザル、シタツンガがいるエリアです。
マップには絵はなかったのですが、ここに佇むハシビロコウがいました。

ハシビロコウを好きになったのは、動物園へ通いだして間もなくの頃です。
そんな私が歩みを止めないはずはなく、じーっと眺めていました。

f0297893_1851875.jpg


おぉ!美しい!
ハシビロコウの好きなところを挙げてみて、と言われたら、少しお時間よろしいでしょうか?と聞かねばならないほどたくさんあります。

歩いて場所を移動したハシビロコウにシタツンガたちがゆっくりと近づいていきます。

f0297893_18525816.jpg


最初は1頭が、そのあと3頭まとめて近づきました。
何が始まるのだろうと体に力がはいってきました。

ハシビロ先輩は、「来るなー!」と言っているようです。

f0297893_1854423.jpg


その脇からスルスルと近づいてきたシタツンガ。

f0297893_1856296.jpg


私には子どものように見えましたが、違ったのかな。
威嚇されて

f0297893_18571095.jpg


一瞬ひるんだようにも見えましたが、

f0297893_1857554.jpg


やっぱりハシビロ先輩にご挨拶したいようでした。

f0297893_18582393.jpg


このあたりで私はこれからどうなるのだろうと心臓がドキドキしていました。

「ハシビロさん、おはようございます。」

f0297893_18594196.jpg


特に嘴を動かしたりもしないで、じっとシタツンガを見つめていたハシビロ先輩です。

そしてこれでシタツンガも納得したのか、歩いていきました。

ふぅ~っ

f0297893_1904511.jpg


私は独りが好きだわ~。

f0297893_1911262.jpg


と思ったかどうかは知らないけれど、力が入っていた肩をほぐすようなハシビロ先輩でした。

争いごとが起こるのかそれとも?と全く見当がつかなくてドキドキしたけれど、「ほほぅ。」な出来事でした。
貴重な体験をありがとう。



[PR]
by HGL-DTW | 2016-06-22 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

AWS ゴールデンターキン仔

今回の訪問で絶対見逃してはならないと意気込んでいたのが、もふもふゴールデンターキン仔。

会えるのが楽しみで、楽しみで。ワクワクしながらケニア号に乗り込みました。

だんだん近づいてきて、どこ?どこ?と慌てる自分。ちっちゃいのが立っているはずなんだけどな。
あれ?いないな、と思ったら

f0297893_2085119.jpg


お母さんのいる場所の近く、岩と同化していますね。

f0297893_2091787.jpg


むふふ、眠っていても可愛いのです。

ケニア号はそのまま通り過ぎてしまいましたが、後でウォーキングサファリするもんね。

ってことで、午後いち、歩き始めました。
ウォーキングサファリのいいところって間近で動物たちを見られるのはもちろん、好きなところで好きな時間過ごしていいこと。

ゾウたちにおやつをあげて、いろんな動物たちを見ながら進んでいきます。

さぁ。ターキン仔はどうしているかな?

まず目に飛び込んできたのはお父さん。

f0297893_20125620.jpg


生まれて初めてゴールデンターキンを見たとき、私はその美しさに言葉を失ったのを覚えています。
岩場のうえに颯爽と立ち、太陽に照らされた毛がまさにゴールドに輝きながら風になびいていたのです。

まだそんなゴールドの毛とは程遠いもふもふターキン仔は?

おっ、いたいた。

f0297893_20174558.jpg


ふふふ。かわゆい。

お兄ちゃん。

f0297893_20154254.jpg


お父さんと比べるとまだまだ小さいけど、babyが生まれたおかげで大きく成長しているのがよくわかります。

お母さんはトレーニングに呼ばれていきました。

f0297893_2017131.jpg


そのあいだに、なぜかエサ箱に入って行ったbaby。

f0297893_2019111.jpg


すると、お兄ちゃんがごぉぉぉぉぉーっと声をあげて追いかけてきました。

あわわわ。慌ててそこから出るbabyです。

f0297893_20195074.jpg


お母さんもトレーニングそっちのけで、兄弟の様子を見に来ました。

何がいけなかったのだろう…。

f0297893_20203283.jpg


私もよくわからなかったけど、エサ入れは入るものじゃありませんってことかな?

ふぅーん。

f0297893_20212749.jpg


しぐさの一つひとつが可愛くて

f0297893_2022528.jpg


つい長居をしてしまいました。

f0297893_20222383.jpg


また会いに行くね!
[PR]
by HGL-DTW | 2016-06-18 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

AWS チンパンジー舎にて

歩きながら、そういえばチンパンジー舎ってあんまり行ったことがないなぁと思いました。
時間がなくてそこまでたどり着けないというのが理由なのですが。

その日は、エントランスで購入した(100円)スタンプラリーを完成させるべく、スタンプを探して歩いていたのです。

f0297893_19381539.jpg


ちなみに完成したらプレゼントをもらえます♪

f0297893_911187.jpg



運動場にいるチンパンジーたちを眺めて、その横にちょっとした建物が見えたので、そこにあるのかなぁと思いながら向かってみると、そこにはガラス張りのチンパンジーの部屋がありました。

そこいた1頭は、突然やって来た私をじーっと見ていました。
えっ、ここにもお部屋があったんだなと驚きつつ、私も見ていました。

f0297893_19413448.jpg


なんともいえない感情が湧いてきました。
デジャヴ? 「あれ?どこかでお会いしました?」という感覚。

そんな私の感情なんて気にせず、おやつを食べています。

f0297893_19434723.jpg


そんな姿を見れば見るほど、やっぱりどこかで会った気がしてなりませんでした。
誰かに似ていたとか?真相はよくわかりません。

twitterで1枚画像をあげると、「日本平生まれのジーコだと思います。」と教えてくださいました。間違っていたらごめんなさいと言われていましたが、いえいえ間違いではないと思います。好きな方は、ちゃんと識別されますもの。

優しそうな顔で穏やかな表情をお持ちでしたので、てっきりメスだと思っていたら、オスだったんですね。日本平出身となれば、もしかしたらそちらでお会いしているかもしれませんが…定かではありません。
なんというか、魂の叫びみたいな感覚でした。ソウルメイト(笑)?

そんなわけで先を急ぐというのに、なかなか離れることができずにしばらくここで彼を眺めることになりました。

しぐさ一つ一つが人間っぽくて

f0297893_19494222.jpg


親近感がわきます。

f0297893_19501952.jpg


で、

f0297893_19504951.jpg


ふふふ♪ そういう流れになるよね(笑)。
より親近感が増すという現実。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-06-17 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

みさき公園のラマさん

何やらおかしな動きをするラマさんに目を奪われました。

f0297893_190936.jpg


歌を歌っている?お祈りをささげている?

「えー、何なに?」とつぶやきながら近づいてみます。

f0297893_1904533.jpg


でも声は出ていないし、顔を上に向けて右へ左へ動かしています。

そしたら、ぽろっと口からヘイキューブがこぼれ落ちました。

ふふふ♪ おもしろーい!
ご飯食べていたんだ。

まさか喉につまっていたんじゃないよね。

って、心配そうな顔になった自分を思って可笑しくなりました。

なになに?って不思議な顔から、にこにこ笑って、そこから心配顔。
私もラマさんに負けずと百面相だね(笑)

ラマさんは、そんな私を気に留めことなく、落ちたヘイキューブをまた口に入れて楽しんでいました。

いやー、楽しいです。
いつもありがとう。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-06-16 19:30 | 動物園(近畿) | Comments(0)

クマ斗 あくび

閉園まぎわ。スィッチの切れたクマ斗。

ガラス越しでごんやりなのが残念だけど、水面に映るクマ斗、

f0297893_18574724.jpg


あくびのクマ斗、

f0297893_18575752.jpg


閉じた顔がめっちゃ可愛いクマ斗

f0297893_18581089.jpg


をお楽しみください♪


(*アドベンチャーワールドはお名前を公にされないので、クマ斗は仮称です)
[PR]
by HGL-DTW | 2016-06-15 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

これから

昨日夕刻、バフィンさんとモモちゃんは、無事に浜松動物園に到着したようで、ほっとしました。

朝から何か情報があるかとSNSを見てずっと気にかけていたので、発表があったときは力が抜けるようでした。

f0297893_18413343.jpg


到着したらしたで、モモちゃんがやたらと黒くなっているから怖かったのかなと気になり、

f0297893_18425638.jpg


親子が別々の寝室なのではないかと気になり、

f0297893_1842662.jpg


イッちゃんが寂しがっていないか気になり…。

f0297893_1843960.jpg


ばあばは気の休まる暇がありません(笑)。


環境が変わった3頭ですが、ゆっくりと新しい時間に慣れていきますように。
みんなに乾杯!
[PR]
by HGL-DTW | 2016-06-14 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

バフィンさんモモちゃん ありがとう

明日の移動に備えて、運動場へ出なかった親子は今日はどんな一日を過ごしたのかな。

バフィンさん、モモちゃん。
ホントにありがとう。

伝えたいことはたくさんあるけど、言葉にするとなんだか安っぽく聞こえてしまいそうだから、それらは胸にしまい込んで、これからもどうか幸せでいてくれますように心から祈ります。

f0297893_17223842.jpg


まずは、無事に浜松へ到着しますように。
私たちの親子への感謝がお守りとなって、すべてうまく進みますように。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-06-12 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(3)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite