どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:動物園(東北)( 37 )

八木山動物公園 ラクダ舎にて

八木山動物公園のラクダ舎には、コブコさんとラフさんがお住まいです。

twitterのTLにも時々登場するお二人は、すでに私の大切なお友達です。
初めて会うのにどこか初めてでないような気持ちもありつつ、会えるのをすごく楽しみにしていました。

まずは、ラフさん。

f0297893_22195670.jpg


放飼場を歩いていました。(ピンボケはデフォルト~)

なんだかとても楽しそうで、見ている私までウキウキしました。
しかも顔まわりの毛が風になびいて、そよそよととても気持ちよさそうです。
その証拠に、見てください、この笑顔!

f0297893_22252599.jpg


掲示を見て思ったのですが、この笑顔があるから「ラフ」ってお名前になったの?

f0297893_2227313.jpg


ラフさんがいてくれると、コブコさんも間違いなくhappyでしょうね。

コブコさんが立てなくなってから、どのくらいになるでしょうか。
藁が敷き詰められた寝室で過ごしています。

f0297893_223258100.jpg



コブコさんの回復を願って折られた千羽鶴が飾らたお部屋にいて、まあるいお目目でこちらをじっと見ていました。

f0297893_2232517.jpg



正直、びっくりしました!だってとってもお元気そうで目に優しさと力がありました。

f0297893_22304333.jpg



この目でじーっと見つめられて、私はこみあげてくる涙を我慢できませんでした。
歩けなくても元気でいてくれて、会えて本当にうれしくて、うぅぅぅっ・・・。
そして、そんな私をまた、コブコさんはじーっと見ていたのですが、そのときコブコさんの心の声が聞こえてきました。

『やだわ、この人ったら。私が死んじゃうとでも思っていたのかしら、まったく。』

え?

いやー、気のせいにしては相当リアル。
コブコさんの目がそう言ってた。

だから涙がぴたっと止まっちゃって(笑)



朝いちばんに行ったときは、シャッターが閉められていて、飼育員さんが「暖かくなれば、シャッターを開けて外の風を感じさせてあげたいのだけど。」と気にしておられました。
が、午後にはポカポカ陽気になったので、シャッターが開いていましたよ。

ラクダ舎は、私では上手く撮ることができなくて、ほとんど画像が残っていないけど、心でコブコさんとたくさんお話した気がして、思い出はたくさんできました。

帰る前に、ラフさんに「コブコさんをよろしくね~。」とお願いして、コブコさんに「次に会うときは、立っていてね。」とウインクして、「お二人とも元気でね。」と手を振りました。

ステキな時間をありがとう。
またね!
[PR]
by HGL-DTW | 2015-05-09 19:00 | 動物園(東北) | Comments(2)

八木山動物公園 ポーラさん

ポーラさんが美しすぎる件。

f0297893_19352450.jpg



しかもなあに、その『てへっ』な笑顔。

お気に入りの一枚。
見るたびに、クスッと笑わせてくれる。

ポーラさん、幸せにしてくれて
ありがとう。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-05-07 20:01 | 動物園(東北) | Comments(0)

八木山動物公園 チュウゴクワニトカゲさん

思わず視線の先を確認したくなった。


じーっ


f0297893_2264223.jpg



あなたの興味がそんなにもそそられるものって、なあに?


f0297893_2271791.jpg



こんな姿を見ると、動物に感情がないって誰が言ったんだろうと思わずにいられない。
こんなにも彼らの声が聞こえてきそうなのに。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-05-06 22:15 | 動物園(東北) | Comments(0)

八木山動物公園 gorgeousなカップル

八木山動物公園には、国内最高齢のナナさんのほかに、イケメンのカイくんと美しいポーラさんがお住まいです。

カイくん。

f0297893_16245528.jpg


私が心を焦がしつづけたホッキョクグマ、ロッシーのお兄さんです。
だからこそ、ずーっとずっと会いたいと思っていました。
思っていた以上にカッコよくて、息をのむ美しさです。

f0297893_16274294.jpg



そしてポーラさん。

f0297893_1628770.jpg


かわいくて、キレイ。
そしてずっと優しい表情をしているのが印象的でした。
幸せなのでしょうね、きっと。

カッコいいカイくんと美しいポーラさんのカップル。
この日は、つかず離れず。
とはいうものの、カイくんはいつもポーラさんのそばがいいらしい。

f0297893_16303280.jpg


いつもポーラさんを見つめていました。

f0297893_1631064.jpg


ポーラさんが場所を替えると、カイくんも場所を替えます。
ポーラさんの近くだけど、近すぎではない場所へ。常に気を遣って、心を配っているのがわかりました。

カイくんの思いとは裏腹に、ポーラさんはまだカイくんに近づいてほしくない様子でした。
午後の時間に観察に行ったとき、ポーラさんが真顔で走っていたので、「え?」と思ったら、大急ぎでカイくんから逃げていました(^_^;)
その真顔ぐあいがあまりにも深刻だったので、ちょっと吹き出しそうになりましたが…。(ごめんなさい)

でもちょっといい雰囲気の時間帯もあったのですよ。
飼育員さんも、「今日はいいかも。」とおっしゃっていました。

f0297893_16371651.jpg


お互いの匂いを確認中です。


このカップルにコウノトリがbabyを運んでくれる日がいつ来るのかとずっと待っているのですよ。
それはきっと私だけではないと思います。

f0297893_16345428.jpg



だって、
カッコいいとか美しいとかでは言葉が足りない、本当にgorgeousなカップルです。
うっとりと眺めているだけで時間が過ぎていきます。
どんなbabyが生まれてくるのか、ぜひこの目で見てみたい!
かといって、あんまりにもbaby、babyっていう口うるさい姑になりたくないので、二人の時間を楽しみつつ、よい流れになればいいなぁ。
いやでも待てよ。そんな悠長にもしていられない?
・・・などと、微妙な距離を残しつつ、幸せそうに眠っている2頭を見ながら、独り言を並べておりました。


今度の新月のお願いごとに加えることにします(*^_^*)
幸せな時間をありがとう。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-05-05 19:00 | 動物園(東北) | Comments(0)

マリンピア松島水族館 ゴマフアザラシ 

おたる水族館生まれの「ゆうき」です。

f0297893_20175291.jpg



どういった経緯で、この水族館にやってくることになって、どんなふうにして来たのかなど、水槽の周りには様々な掲示があります。

ぷっ!と吹き出したのは

f0297893_2018558.jpg


えー、それはいけません。
どんどんガラスを叩く人なんて、まさかいませんよね?

f0297893_20181874.jpg


心中お察し申し上げます。
どうか飼育員さんが心を痛めるなんてことがありませんように。


ここの水槽ですが、午前中プールに太陽光が差し込んで、そこを横切るゆうきを見て「わぁ!」と思いました。
その姿を撮りたくてがんばってみたのですが、ピントがあわない…


f0297893_20225869.jpg


私の思い、わかっていただけます?
キレイなんですよ、一口で表現できない「蒼色」。

お隣に二人組の女性がいて、カシャカシャといいシャッター音をさせていらっしゃいました。
「よし!いいんじゃない?」「わー、ホント。いいじゃーん!」などと嬉々としていらしたのですが、同じタイミングでシャッターを切っているはずなんだけど、私のカメラには、「あれー?」なものが量産されていました。

あれー?な画像ではありますが…。

顔を撮りたいのだけど、なぜか後頭部ばかりをみせてくれるゆうき。

f0297893_202765.jpg


それでもこの後姿が愛らしい。

角度を変えて見ると

f0297893_2028326.jpg


瞑想中ですか(笑)?


水族館の人気者だというのが、よくわかります♪

また会えるのを楽しみにしていますよ、ゆうき。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-05-03 19:30 | 動物園(東北) | Comments(0)

マリンピア松島水族館 アシカショー

マリンピア松島水族館では、笑ったこと、関心したこと、驚いたこと、泣きそうになったことなど、いろんな体験をさせてもらいました。
生き物をすごく身近に感じられる水族館で、88年もの長い間、みなさんに愛されてきた理由がなんとなくわかった気がしました。

さて。
ここのアシカショー。
楽しいと聞いてはいたのですが、いやー、ホントに。
アシカたちも担当のお姉さんやお兄さんもみんなが楽しそうなので、happyな気分になりました。
その証拠に、2回も見ちゃいました!
いえ、きっと一度見たら、もう一度見たくなると思います。
流れがわかっていても、何度見ても楽しいです。

たくさんのトレーニングを積んだのだと想像はするものの、あまりにも自然で、お姉さんとのかけあいや、お兄さんとのやりとり、アシカ同士の絡みあいが絶妙で本当に楽しかったです。

まず、ウォーミングアップをしましょうといって、お兄さんとランニングします。

f0297893_1914598.jpg


もぅ、ここで、すでに私の心を鷲掴みにされてしまいました(笑)
アシカたちの顔が楽しそうで♪

それから、バランス感覚やジャンプ力を披露してくれました。
ただのジャンプも見せてくれましたが、ルーシーちゃんは、鼻にボールをのせたまま、ジャーンプ!

f0297893_1945762.jpg


f0297893_1951379.jpg


f0297893_1952940.jpg


うぉぉ~!
見ている方が唸ります。拍手喝采!

玉入れをしてゲームをしたり、

f0297893_1965179.jpg


男子チームは1頭でがんばるのですが、女子チームは連携プレー。
1頭が泳いでボールを取って、陸にいる1頭にポイ~ンと投げるとそれを受け取ってかごに入れる。
これがもぅホント楽しすぎます♪

ザァー、ザァー、っと泳ぐ音。ペタペタと歩く音。がんばれーとみんなが応援する声。
ゲームのゆくえやいかに?!

それだけでも、ふふふ、ふふふって笑っていたのに、バレーボールまでやるっていうの。

f0297893_1993533.jpg


これはすごいですよ。
「えぇぇーっ。」「わぉ。」「きゃははは。」「すごーい。」
いろんな言葉が無意識にでてきます。

アタック!!

f0297893_19111240.jpg


おぉぉぉ! 見ている人がみんな声をだします。

15分があっという間に過ぎて、アシカたちは帰る時間になります。
ドアのむこうに帰ってしまうまで、目が離せませんよ。

いや~、楽しかった。
まだご覧になってない方、お急ぎください。
これを見ないなんて、もったいない!

f0297893_1916063.jpg


いっぱい笑ったから、鳴り止まない拍手に泣きそうになりました。

f0297893_19145720.jpg



楽しい時間をありがとう。
また会おうね、って手を振ったんだけど、またきっと会えるよね。
その時まで元気でいてね。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-04-27 19:30 | 動物園(東北) | Comments(0)

やっぱり好き イエアメガエル

ぱっと見たとき、「好き!」と思ったカエルさん。

f0297893_17395088.jpg



『イエアメガエル』という掲示を見て、そうだ!九州のグリーンパークで初めてお会いしたなぁと思い出しました。あのときも目にした瞬間、私の好きメーターが最大に振りきれそうになったのでした。
あのときもピントが全く合わなかったけど、今回もおなじく。

f0297893_17401162.jpg


グリーンパークのイエアメガエルさんは黄緑色だったけど?
このぼってり体型に、魅力的なお目目がたまりません。

帰って調べてみると、別名ホワイトアマガエルというそうで。
えー。黄緑色が茶色になって、名前には白色まで?とこんがらがりそうになりますが、変色させることができるんですって。別名のホワイトに関しては、命名者にちなんでいるそうなので、白色には変色しませんが(笑)。

にしても、なんでしょう。この可愛らしさ。

f0297893_1741026.jpg


お鼻がライトに照らされて、▽だし!
一人、「ひゃーっ、ひゃーっ。」と言いながら見ていました。
何時間でも眺めていられる。
やっぱり大好きなイエアメガエル。


@マリンピア松島水族館
[PR]
by HGL-DTW | 2015-04-26 19:00 | 動物園(東北) | Comments(0)

マリンピア松島水族館へ

仙台へは、本当ならもう少し後になって旅するつもりでいました。
予定を早めたのは、マリンピア松島水族館が、5月10日をもって88年の歴史に幕を閉じ、閉館すると知ったからです。
行きたいというよりはむしろ、行かなければならない、そんな気持ちをずっと持っていました。

2012年、徳山動物園で、『写真で見る東日本大震災と動物園・水族館』というパネル展示がありました。
被害の大きさに心を痛めながらも、そこから立ち上がる力強さや預かった命を守るということ、そしてそれぞれの園が多くの市民に愛され、大切にされてきたことを知り、胸がじーんとしました。
あの日以来、いつか訪れて、肌で感じてみたいと思っていたのです。


f0297893_169324.jpg


一度も訪れたことがないのに、見慣れたこのエントランス。
なぜか泣きそうになりました。

f0297893_161128.jpg


閉館までもう20日を切っているのですね。
たくさんの方がここで記念撮影をされていました。

印象的だったのは、来館されている方々が、「ここには前、ラッコがいたんだよ。」とか「クジラがいたよね。」「ここで写真を撮ったよねー。」「遠足はいつもここだったじゃない?」と過去の記憶を辿っていたこと。そして、「もったいないね。」とか「寂しいね。」と名残惜しそうに話されていました。おじいちゃんとおばあちゃんがお孫さんに、昔の水族館のお話を語られている姿も見受けられました。いいなー、と微笑ましく眺めていました。

メッセージの数々。

f0297893_16155640.jpg


近づいて写真を撮られている女性がいらしたのですが、ご本人のメッセージが掲載されているのかな。

ペンギンランドの前には『おもいで博覧会』が。88年の歴史が展示してありました。

f0297893_16172171.jpg


白黒を含むたくさんの写真、剥製、絵で語られるストーリーなどたくさんで、非常に見ごたえがありました。


通路には、震災復興写真展。

f0297893_16201538.jpg


「これから」を見つめて復興をめざした様子がひしひしと伝わり、目頭が熱くなりました。



ここから見下ろす情景。

f0297893_1629661.jpg


泥だらけだったあのときは想像できない、整然と並んだテーブルとイス。宙を泳ぐアシカ。

f0297893_17104277.jpg



みなさんのような記憶をたどることは私にはできませんが、私なりのいろんな思いが湧きあがって、この施設を忘れないようにあらゆる場面で心のシャッターを切りました。

今後は、仙台港の近くに新しい水族館がオープンするそうで、生き物たちはそちらへ移動するのですよね?
決して大きな水族館ではありませんが、掲示もたくさんあり、イキイキとしている生き物たちを見ることができ、見どころもたくさん。あっという間に閉館時間になりました。
ここでの楽しかったお話は、また後日。

f0297893_16445958.jpg



マリンピア松島水族館とみなさんの最後の時間がゆっくりと流れますように。
お引越ししても、生き物たちがまた幸せでありますように。
ステキな時間をありがとうございました。


あっ!余談ですが、水族館の近くにお見せがあると、twitterのフォロワーさんに教えていただいた『牡蠣カレーパン』。大きな牡蠣が入っていて本当においしかったです!ちなみにずんだメロンパンも食べました。
普段、カレーパンもメロンパンもあまり食べない私ですが、旅に出かけたらその土地の食べ物をたくさん食べたくなります。

f0297893_16564884.jpg


仙台から帰るときもご当地ものを買って帰るのに、かなり迷いました。あれもこれも食べたいし。ふふふ。
また行きます、仙台!また食べます、牡蠣カレーパン!
[PR]
by HGL-DTW | 2015-04-25 19:00 | 動物園(東北) | Comments(0)

今、最高齢がアツい! 八木山動物公園 ナナさん

ずーっとずっと行きたいと思いながら行けずにいた仙台。
以前住んでいた山口からだと地の果てまで旅するような時間を要するけれど、関西からならひとっ飛びで行けるからと、引っ越しする前からこの日を楽しみにしていました。

あぁ、もうただただ楽しくて夢のような時間でした。お話したいことがたくさんあります。

今日は、八木山動物公園に住むホッキョクグマ、ナナさんに登場していただきましょう。

朝いちばん。
(といっても、ホッキョクグマ舎にたどりつくまでひどく時間がかかりましたが(^_^;))

f0297893_1816860.jpg


お休み中ですね。

「あら、いらっしゃい。」

f0297893_18164049.jpg



ユキと同じ年齢、30歳のナナさんです。

f0297893_18173425.jpg


カナダ アシニボイン動物園生まれ。
今、私が最も行きたい海外の動物園のひとつ。
ナナさんのお母さんであるデビーは、世界最長寿記録を持つホッキョクグマです。
ナナさんもそのDNAを引き継いでいらっしゃるのでしょうか。

動きがゆっくり、と掲示にありましたが、私は特にそういう印象を持ちませんでした。
もしかしたら私の標準が「ユキ」だから?

13時30分~、飼育員さんのお話があるというのでそろそろかなと待っていると、ナナさんも何かを待っている様子。

f0297893_18221255.jpg


そしたら、ボチャン!と上からおもちゃが落ちてきました。

f0297893_18225918.jpg


濡れないようにうま~く陸にひきあげました。
遊ぶかと思いましたが、おもちゃを置きざりにして、てくてく歩き始めました。
そこで飼育員さんのお話が始まりましたので、そちらへ移動しました。
(ここのホッキョクグマ舎、非常に広いのです!)

カイくんとポーラさんを見ながらお話を聞き、「ほほぅ、なるほど。そうなのか。」と感心しておりました。
お話はスピーカーをとおして、ナナさんのおうち前でも聞けそうなので移動して聞こうかなと歩いていくと…

プールの水面が揺れています!

f0297893_18282554.jpg


「遅かったわね!」

いやーん、ナナさんったらいつの間に。

f0297893_18413658.jpg


「あっという間よ!」

f0297893_18292181.jpg


 こちらを見ています?

f0297893_18301630.jpg


ははは。笑っているのですか、ナナさん。

すごーく楽しそうです。
こうして見ていると、国内最高齢なんて思えません。
それは私だけの感想でなく、ご覧になっている方が皆さん、「最高齢なんて思えないよね。」「激しい!元気よねー。」などと言われていました。

「きゃはははー♪」

f0297893_1832434.jpg


はしゃぎまくりのナナさんです。
ホッキョクグマのベイビーもホントにかわいいですが、ユキをはじめ、この国内最高齢といわれる熟女グマの可愛らしいこと、この上ない!仔グマとはまた違った可愛らしさをお持ちです。

「私の後姿もいかが。」

f0297893_1835563.jpg



ステキすぎて目が離せませんでした。
今、国内最高齢がアツいです!
こーんなに楽しそうなナナさんに会えて、とても幸せな時間でした。
ありがとう!
[PR]
by HGL-DTW | 2015-04-23 19:00 | 動物園(東北) | Comments(0)

仙台 八木山動物園に住むユウキへ

ユウキ。元気ですか?
あの日から3年が経ちました。

あの日、あなたのことが心配で心配で。
どうしたら情報を得ることができるかあれこれと考えたのを思い出します。

こんな小さな頃から、

f0297893_19165188.jpg


いえ、サクラお母さんのお腹にいた頃からずっと見てきたのですから。

’09年8月11日生まれ。翌年10月6日に仙台の八木山動物園へ出発しました。
少し不安げな顔がのぞいていたように思ったけど、もうかすんで見えませんでした(T_T)


f0297893_19304179.jpg



仙台へ行ってわずか半年あまりの間に、東日本大震災やパートナーの死を経験し、まだ小さな心をどれほど痛めているかとずっと気がかりでした。
でもよく頑張りました。

私はあなたをすごく誇りに思っています。
お友達の写真などで今のユウキをみると、ちょっと顔が上を向くほどに(笑)。

そんなユウキのところに、去年かわいいパートナーが来てくれたんだってね。
しかもお母さんと同じ「さくらちゃん」って名前なんでしょ?
私、すっごくうれしかったんだから。




覚えてる?
仙台へ旅立つ前の日に
「またね。必ず会いに行くから。」
って約束したこと。


f0297893_19342935.jpg


ずっと約束を果たせないでいてごめんね。
今年は必ず会いに行くから。

元気でいてくれてありがとう。
今日と言う特別な日に、大好きなユウキへ。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-03-11 20:00 | 動物園(東北) | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite