どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:動物園(東北)( 39 )

今、最高齢がアツい! 八木山動物公園 ナナさん

ずーっとずっと行きたいと思いながら行けずにいた仙台。
以前住んでいた山口からだと地の果てまで旅するような時間を要するけれど、関西からならひとっ飛びで行けるからと、引っ越しする前からこの日を楽しみにしていました。

あぁ、もうただただ楽しくて夢のような時間でした。お話したいことがたくさんあります。

今日は、八木山動物公園に住むホッキョクグマ、ナナさんに登場していただきましょう。

朝いちばん。
(といっても、ホッキョクグマ舎にたどりつくまでひどく時間がかかりましたが(^_^;))

f0297893_1816860.jpg


お休み中ですね。

「あら、いらっしゃい。」

f0297893_18164049.jpg



ユキと同じ年齢、30歳のナナさんです。

f0297893_18173425.jpg


カナダ アシニボイン動物園生まれ。
今、私が最も行きたい海外の動物園のひとつ。
ナナさんのお母さんであるデビーは、世界最長寿記録を持つホッキョクグマです。
ナナさんもそのDNAを引き継いでいらっしゃるのでしょうか。

動きがゆっくり、と掲示にありましたが、私は特にそういう印象を持ちませんでした。
もしかしたら私の標準が「ユキ」だから?

13時30分~、飼育員さんのお話があるというのでそろそろかなと待っていると、ナナさんも何かを待っている様子。

f0297893_18221255.jpg


そしたら、ボチャン!と上からおもちゃが落ちてきました。

f0297893_18225918.jpg


濡れないようにうま~く陸にひきあげました。
遊ぶかと思いましたが、おもちゃを置きざりにして、てくてく歩き始めました。
そこで飼育員さんのお話が始まりましたので、そちらへ移動しました。
(ここのホッキョクグマ舎、非常に広いのです!)

カイくんとポーラさんを見ながらお話を聞き、「ほほぅ、なるほど。そうなのか。」と感心しておりました。
お話はスピーカーをとおして、ナナさんのおうち前でも聞けそうなので移動して聞こうかなと歩いていくと…

プールの水面が揺れています!

f0297893_18282554.jpg


「遅かったわね!」

いやーん、ナナさんったらいつの間に。

f0297893_18413658.jpg


「あっという間よ!」

f0297893_18292181.jpg


 こちらを見ています?

f0297893_18301630.jpg


ははは。笑っているのですか、ナナさん。

すごーく楽しそうです。
こうして見ていると、国内最高齢なんて思えません。
それは私だけの感想でなく、ご覧になっている方が皆さん、「最高齢なんて思えないよね。」「激しい!元気よねー。」などと言われていました。

「きゃはははー♪」

f0297893_1832434.jpg


はしゃぎまくりのナナさんです。
ホッキョクグマのベイビーもホントにかわいいですが、ユキをはじめ、この国内最高齢といわれる熟女グマの可愛らしいこと、この上ない!仔グマとはまた違った可愛らしさをお持ちです。

「私の後姿もいかが。」

f0297893_1835563.jpg



ステキすぎて目が離せませんでした。
今、国内最高齢がアツいです!
こーんなに楽しそうなナナさんに会えて、とても幸せな時間でした。
ありがとう!
[PR]
by HGL-DTW | 2015-04-23 19:00 | 動物園(東北) | Comments(0)

仙台 八木山動物園に住むユウキへ

ユウキ。元気ですか?
あの日から3年が経ちました。

あの日、あなたのことが心配で心配で。
どうしたら情報を得ることができるかあれこれと考えたのを思い出します。

こんな小さな頃から、

f0297893_19165188.jpg


いえ、サクラお母さんのお腹にいた頃からずっと見てきたのですから。

’09年8月11日生まれ。翌年10月6日に仙台の八木山動物園へ出発しました。
少し不安げな顔がのぞいていたように思ったけど、もうかすんで見えませんでした(T_T)


f0297893_19304179.jpg



仙台へ行ってわずか半年あまりの間に、東日本大震災やパートナーの死を経験し、まだ小さな心をどれほど痛めているかとずっと気がかりでした。
でもよく頑張りました。

私はあなたをすごく誇りに思っています。
お友達の写真などで今のユウキをみると、ちょっと顔が上を向くほどに(笑)。

そんなユウキのところに、去年かわいいパートナーが来てくれたんだってね。
しかもお母さんと同じ「さくらちゃん」って名前なんでしょ?
私、すっごくうれしかったんだから。




覚えてる?
仙台へ旅立つ前の日に
「またね。必ず会いに行くから。」
って約束したこと。


f0297893_19342935.jpg


ずっと約束を果たせないでいてごめんね。
今年は必ず会いに行くから。

元気でいてくれてありがとう。
今日と言う特別な日に、大好きなユウキへ。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-03-11 20:00 | 動物園(東北) | Comments(0)

クルミルクの展示場

ミルクが釧路動物園に移動して数日が過ぎました。
ミルクはがんばっているそうです。
クルミはどうしているかしら。

GAOのクルミルクの展示場は、たくさんの『♪』がある場所でした。

f0297893_1845299.jpg


大きく分けて3か所で観覧できます。

A この3か所のうち、唯一屋外での観覧場所です。ドアをあけて外へ出ると、テラスのようになっています。
親子の息づかいや水に飛び込む音など体に響くように聞こえてきます。

私が絶対に撮りたいと思っていたシーン。
「日本海を眺めるホッキョクグマ」は、ここから撮影できます。


f0297893_18551753.jpg


B 横長に展示場を見ることができます。
ここでの楽しみはやはり!オレンジの囲みがあるところにホッキョクグマがやってくることでしょう。
おもちゃが隠してあったり、ミルクは自分で押し込んだりもします。

ここで眺めているとこちらを意識してやってくることが多いなと思いました。
こちらに駆けてきた!と思うやいなや、座り込んでミルクを待っていると…

来た!


f0297893_18553550.jpg


こんなことになり


f0297893_1856643.jpg


またこうなったりするのですが


f0297893_18561622.jpg


私は撮影することに慣れていないうえに、自分の目で見たい気持ちの方が先行するので、それはそれは忙しいことになります。一人であたふたする自分が可笑しくなります。

C 最初の画像はここから撮影しました。屋外のAよりは低い位置にありますので必然的に至近距離で見ることができます。
親子と一緒に(もちろん並んでは無理ですが(笑))日本海を眺めることもできます。

一番のお楽しみといえば、足元に親子がやってきた時で、ここには小さな窓がありチャンスに恵まれると親子がこちらを向いてくれたりします。


f0297893_18582870.jpg


(向いてくれてないけど 泣)


どこにいても楽しくて、いつエキサイティングな出来事が起こるかワクワクドキドキします。




クルミとミルクが今、それぞれ、どんな気持ちでいるか深追いすると切なくなるから
顔をあげて、どうか二人が幸せで楽しい毎日を送れるように応援しつつ、
遠く離れたこの地からではありますが、happyオーラを送っています。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-02-05 19:30 | 動物園(東北) | Comments(2)

豪太 水面

いつか話にきいたことがある。
朝いちばんで豪太のところへ行くと、豪太がこちらを向いて待っててくれるって。
それはきっと限られた人だけに起こることだとわかっていても、奇跡を期待するものなのです。

f0297893_21274229.jpg


待っててくれるなんてファンとしたら感激ですものね。

奇跡とは、「起こり得るが極めて可能性が低い事象が起こること。」(ニコニコ大百科より)
そう簡単にはいかないのです。

なかなかプールに入らなかったこの日の豪太。
それでも豪太と水面にうつる豪太をこんなふうに眺めることができるなら、それもまたよしと思えました。





f0297893_21363681.jpg



「動」のなかにも存在する「静」。
青と碧。そして癒し。
不思議と耳を澄ませたくなる光景です。




はぁーっ。豪太。
つぶされてもいい、一度この青いポリタンクになってみたい…。
私のちいさなつぶやきが聞こえる。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-01-11 19:00 | 動物園(東北) | Comments(0)

クルミルク 赤いブイ

男鹿水族館GAO

昨日に引き続き、母娘のやりとり。


f0297893_21394919.jpg


ミルク 「お母さん。あたし、それで遊んでみたいんだけど。」

クルミ 聞こえないふり


f0297893_2140476.jpg


ミルク 「ねぇ、お母さん。その赤いの。」

クルミ 引き続き聞こえないふり  (どんな顔しているのか見てみたい)


f0297893_21413817.jpg


ミルク 「えいっっ!」

クルミ 逃げる


f0297893_21422553.jpg


クルミ 「ほら~、これ~。トマトみたいに赤いでしょ~。欲しいなら、いらっしゃーい。」

ミルク (はぁーっ。また始まったよ。)


f0297893_2143521.jpg


クルミ 「ほほほほ♪」

ミルク (…いいの。私、大人だもん。) しらーん顔


どっちが母でどっちが娘かわからなくなるときがあります(笑)
クルミは決していじわるしているのではなく、一緒に遊ぼうと誘っているように思いました。

常に見ている人たちの笑いが絶えない展示場です。
もうすぐこの親子に別れの日がくるのは、やっぱり切ないです。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-01-10 19:00 | 動物園(東北) | Comments(0)

クルミルク 水泳選手とコーチ

男鹿水族館GAO
クルミとミルクの展示場は、常に会話が存在しています。
それほど母娘のやりとりが楽しくて、つっこみどころがいっぱいです。
展示場から離れられないと言われるのがよくわかります。


f0297893_18284646.jpg




コーチ(ミルク) 「オッケー!ラップ上がって来てるよ!ラスト1回いってみよう!」

選手(クルミ) 「はい、コーチ!」




念のために申し上げておきますが、ミルクが茶グマになっていますが、正真正銘のホッキョクグマです。
プールに入ると白くなります(笑)
[PR]
by HGL-DTW | 2014-01-09 19:00 | 動物園(東北) | Comments(0)

豪太の顔真似

豪太のおやつタイム。

置いてあるポリタンク?の顔真似してる


f0297893_11165554.jpg




わけないか。

でも見れば見るほど、笑える。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-01-05 19:00 | 動物園(東北) | Comments(2)

男鹿水族館GAO ミルク

降る雪を楽しむように見上げるミルク。


f0297893_1832080.jpg



ぱくっ、ぱくっと口を動かしながら雪を追いかけていました(笑)





今年も動物たちのおかげで色彩豊かな一年でした。
来る年もみなさまとどうぶつたちにとって幸多い年でありますように。
ありがとうございました。
[PR]
by HGL-DTW | 2013-12-31 19:00 | 動物園(東北) | Comments(0)

男鹿水族館GAO 豪太

秋田 男鹿水族館GAO
この冬1歳になったミルクのパパ 豪太。


さっきまで展示場にいたのに、姿が見つからない。
おかしいな、と思いながら探していたら…


f0297893_16453281.jpg




顔が岩からにゅーっと伸びて出てきて半分だけ(笑)
そしてまたにゅーっと岩へ消えていきます。
さすが水族館に住んでいるだけあって、その姿は私に「うつぼ」を連想させました。


探している私を見るのが楽しそうな豪太でした♪
[PR]
by HGL-DTW | 2013-12-30 19:00 | 動物園(東北) | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite