どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:動物園(東海北陸)( 17 )

東山動植物園 ジュラくん

東山動物園で、7月29日生まれた、オスのキリン。
ジュラくんに会ったのは、命名式があった日でした。

公募された名前の中から、飼育員さんたちが事前に3つを選ばれていました。
その3つから、命名式に参加した全員がそれぞれにいいと思う名前を選んで、多数決で選ぼうという趣向を凝らした(?)選出方法でした。
私も参加できるなんて思っていなかったから、楽しかった!
記念のうちわをいただきました。ありがとうございます。

f0297893_2256288.jpg


多数票を獲得して、オスキリンは『ジュラ』というステキな名前をもらいました。

f0297893_22513467.jpg


命名式があったその日は、短時間ながら特別に、マオお母さんとジュラくんがいるサブパドック近くまで行かせてもらうことができました。

なんでしょうね。いつもそうではあるけど、こういう時って、より一層自分の顔の締りがなくなるような気がします(笑)。


ジュラくーん。

f0297893_2302994.jpg


ぐふふ。たまらない。
そう思いながら、ふと気づきました。

ジュラくん。いつも

f0297893_231165.jpg


見てる。

f0297893_2313149.jpg


見てる。

f0297893_2314757.jpg


ずっと見てるー!

おもしろいほど、こちらを見ています。
いわゆるカメラ目線。
ははぁーん、なるほど、自分がかわいいって知ってるのか(笑)。

とにかくほっぺが痛くなるほど、ずーっと笑い続けていました。
ありがとう、ジュラくん。
また会いに行くからね。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-09-18 19:00 | 動物園(東海北陸) | Comments(0)

東山動植物園 カリの女心

それは先月下旬、私が東山へ行った時のこと。
スマトラトラたちは眠っているだろうなと思ったら、なんと!お目目ぱっちりでいらっしゃいました。

運動場には、カリ。

f0297893_188010.jpg


何度も会っているわけではないのでオスのクンデと見分けられるか自信はなかったのだけど、顔を見た瞬間、カリですね、と思いました。
噂どおり、美しいスマトラトラです。

繁殖のため上野から来てくれたクンデと繁殖行動は、ないままなんでしょうか。
もったいないです。
カリとクンデは、美男美女のカップルですから、それはそれはうっとりするほどの美しいお子様が誕生すると思いますが。

クンデのBL契約はもう終わりが近いといろんな方が言われていますが、どうなのでしょう?
素人の私ごときが言うことではないですが、もう少し2頭に時間をあげてほしいなぁと思いました。
お互いを嫌いなわけではなさそうですものね。

カリ。展示場を歩いていたと思ったら、ごろ~ん。
「クンデさーん。来ないかな。」

f0297893_18161449.jpg


あっ、来てくれた~♡ うれしくてクニャクニャ(笑)

f0297893_1816543.jpg




これをクンデの部屋側から眺めると、

「クンデさーん。来ないかな。」

f0297893_18185897.jpg


「きゃーっ♪ 来てくれた!」

f0297893_18191970.jpg


クンデさんってカッコイイ!

f0297893_1820394.jpg


わっ!見えた!

f0297893_18204522.jpg



もし会えたならそのときは、あんなこともこんなことも聞いてみたいと思うのに、実際に会ってそばにいるときは、そのこと自体に満たされて交わす言葉さえもいらない気になる、そんな経験ありませんか?
もしかしてカリも同居していたときそうだったのかなと思ってみたり(笑)。
カリの女心、ちらり見えた気がしたのは気のせいかしら。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-09-14 19:00 | 動物園(東海北陸) | Comments(0)

東山動植物園 マヌルネコ

マヌルネコのハニーさん。2012年4月21日生まれ。

マヌルネコを初めてみた時、衝撃が走ってフリーズした記憶があります。
仙人のような趣があります。(私的感想。)

f0297893_1814676.jpg


(私ごときのような者には、まったく撮れないおうちにお住まいのことが多いです。東山もそうですが、上野動物園でもまともに撮れたためしがない。)


本当は高いところに登ったり、降りたりが得意なんだろうなと思うものの、いまだかつて一度もそんなところは見たことなく、いつもゆーったりしている印象があります。
なのでなおさら、仙人のイメージ?

考えてみれば、イエネコもそんなものですね。いつも眠っている。でもあるとき、タタタッと高いところへ登ってみたり、シュッシュッと降りてみたり。

f0297893_18142540.jpg


捉えどころのないマヌルネコ。それがまた魅力の一つかも。
毛の配色、なんともいえない目つきはハシビロコウにも通ずるものがあります。そして時に見せるキリッとした顔も。

f0297893_18145488.jpg


全部が好き。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-09-02 19:00 | 動物園(東海北陸) | Comments(0)

東山動植物園 サスカッチと私の共通点

どんなタイトルやの?と思われました(笑)?
当然です。
私はあんなに大きくないし、かっこよくないし、穏やかでもないし。
でもちょっとした共通点を見つけちゃいました♪



寝室にいるサスカッチを見ていたときのこと。

f0297893_18102272.jpg


外の様子を見ているようです。オーロラさん、どこかな?

そしたら

f0297893_18103622.jpg


へ?なにしてる?と思っていたら何度もこうして顔を横にします。
どうやらこれも外を見ているようでした。

私にだけそのように見えるのかも?と思っていた矢先に、隣でご覧になっているカップルが、
「見てる?のぞき見してる~!」
と、はしゃいでおられたので、やっぱりそうよね、と思った次第です。

そう思ってもう一度、画像を見直してください。
1枚目は両目で、2枚目は片目で!
反対の目ではやりません。
左目だけ。

おもしろい!左目で、ねぇ。
実は、私も右目より左目の方が視力がいいので、左目だけで物を見ることがあります。
ここまで露骨じゃないですが(笑)

ふふふ。
サスカッチと私の共通点を見つけました。

『よく見たいときは左目を使う。』 

やったー!


【ホントのところはのぞき見してなくて、ただ匂っているだけかもしれないのですがね。ただ、耳の位置、顔の角度など、私のしろくま指輪を使って検証はしてみたつもりです(笑)。】

f0297893_18334851.jpg


ふふふ♪
[PR]
by HGL-DTW | 2015-08-28 19:00 | 動物園(東海北陸) | Comments(0)

東山動植物園 ひとひねりの男 サスカッチ

サスカッチは、いつ見てもカッコよくて優しそうで、そしてオシャレなのです。

いつも「ひとひねり」があるホッキョクグマ。

プールでまったりするときも

f0297893_914989.jpg


ブイにあごをのせてみる。

出入り自由になっている寝室の入口で眠るときも。

f0297893_924645.jpg


まぁ、その枝、どこから持ってきたのですか?
と、言いたくなるでしょう。
この枝がここに置いてあるだけで、無機質に見える入口もまるで額縁のように変化するわけです。

なんてステキ!

サスくん
そんなあなたを眺めているといつも幸せになります。

ありがとう。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-08-25 19:00 | 動物園(東海北陸) | Comments(0)

東山動植物園 オーロラさんの七(?)変化

8月の毎週日曜日は、東山で「ホッキョクグマに氷をプレゼント」なるイベントが開催されているそうです。
行きたいと思いながらもなかなか行けずにいた東山へ、いざ!

うーん。前回も同じことを思いましたが、今回もやっぱり「一日じゃ足りない!」を実感しました。
何しろ動物たちが魅力的でずっと見ていたい。そうなると全く時間がないわけです。

東山のホッキョクグマ舎には、カナダで「大きな雪男」を意味するサスカッチと、オーロラさん、ミリーさんがお住まいです。

訪問した日の氷のプレゼント担当は、オーロラさんでした。

プレゼントされた氷をプールに落として、おいしそうに食べたオーロラさんです。

f0297893_18432862.jpg


オーロラさんって本当に美グマさん。うっとりします。


そのときの様子をお伝えするのももちろん楽しいかと思ったのだけど、プールの中に氷から融けて流れたおやつを探索にいったオーロラさんの変わりっぷりが可笑しくて、私はずっと笑い続けたので、マニアックなのは承知の上で(笑)ご覧いただきましょう!
マニアックと申し上げましたように、ごく一般的な暴れるとかはしゃぐとかそんなものではありません。


ゆーっくり、ゆーっくり。プールの水面や水中、そして底を探しながら、進んでいきます。

あ!背中だけ水に濡れていないせいで、カメみたいになっちゃいました。

f0297893_18493641.jpg


少しずつ深く潜ることで、濡れていない部分が減っていきます。
そうなると、今度は

f0297893_1850582.jpg


べ、ベストを着てるみたい。
くっくっく

こうなったらその先はどうなるのか。

見よ!

f0297893_18514217.jpg


氷山の一角?瀬戸内海に浮かぶ島?芸術です。ははは

最後は、

f0297893_18524692.jpg


ランドセルを背負ってるようになりました、とさ。


見るところが違う?重々承知しております。
やっぱり私って変わっているのかなぁ・・・。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-08-24 19:30 | 動物園(東海北陸) | Comments(2)

富山ファミリーパーク キリン家族

北陸の動物園へ行くのは、初めてのことでした。
何しろ、新幹線で新大阪へ、そこからサンダーバードに乗り換えて富山まで約5時間かかります(^_^;)

いつも思うことですが、日本全国どこでも2時間2000円以内で行けたらいいのに。←よくばり?

駅のバス案内所で
「全国のICカードが使えますか?」と聞いたら「全国のICカードっちゃ、なんね?」(少し違うかもしれない)と聞きかえされました。

あー、この方言。富山へ来たって気になります。
方言っていいですよね。最近の人は方言を使わない人が多くて、なんだか文化が消えて行くようで淋しいです。
方言と独特のイントネーション。大事にせんといけんね。(大事にしないといけませんね、の意。)

さて。
長い時間かけて辿り着いた富山ファミリーパーク。
「動物園」とイメージを持って行くと感覚が少し違うかもしれません。そんなことを思わせるところでした。
呉羽丘陵に位置し、里山を活かしたパークだけあって、歩いているだけで森林浴できました。

f0297893_15114924.jpg


他の予定もあり、大急ぎで回りましたが、いつかゆーっくり過ごしてみたいです。



いつになったら、キリンが出てくるのか、そろそろ心配になりますね(笑)

入口を入ってすぐ姿が見えるのが、アミメキリンとグレビーシマウマたちのお住まいです。

背の高い【きりごろう】と可愛らしい【こなつ】。その二人の息子【ナツゴロウ】、総勢3頭のキリン家族。

きりごろう。 2004年6月23日 桐生が岡動物園生まれ。
こなつ。 2002年7月30日 埼玉県こども動物自然公園生まれ。
ナツゴロウ。 2013年8月20日生まれ。ってことは、もうすぐ1歳のお誕生日が来るのですね。


f0297893_15183556.jpg


興味津々でこちらの顔をよく見るナツゴロウです。

そしてこちらがご夫婦。

f0297893_15205653.jpg


背の高さが違うのでお食事も大変そうなこなつさんです。

f0297893_15252680.jpg


こなつさん 「ふぅ~、首が疲れるわ。でもおいしいわ。」

そしてこちらが、きりごろう。

f0297893_15271831.jpg



ふふふ。おいしそうなお顔ですこと。

f0297893_15275944.jpg


ってか、ずっと気になっているんですけど、角にクローバーがついていますよ。


ふふふ、おいしいんだな。

「ほぃひーふぇふ。」(おいしいです)

f0297893_15323082.jpg



そういえば、このクローバーは、契約農家さんから仕入れていると小耳にはさみました。
どおりでおいしいはずよね♪

先着のご家族たちが、きりんにえさをあげているのを見ていましたが、きりごろうは、すごーく近くに寄って来ていました。近づきすぎて子供を泣かせていたほどです(^_^;)
こなつは、長~~~~い舌を伸ばして、子どもたちの手から上手に草をもらっていましたよ。


きりんたちを眺めるのが好きです。
なんだかゆーったりとした気持ちになれるから。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-07-12 19:00 | 動物園(東海北陸) | Comments(0)

東山動物園 ライオン兄弟

東山動物園への訪問から既に3か月が過ぎようとしていますが、ご紹介できていない動物たちがたくさんいます。

本日は、’12年6月18日生まれ、東山動物園では実に35年ぶりに誕生したライオンの子どもたちをご紹介します。

私が訪れた時間は、お母さんのルナ、それから子供たちのソラ(オス)とステラ(メス)が展示場にいらっしゃいました。
掲示によれば、時間帯によって、子どもたちがお父さんのサンと一緒だったり、お父さんだけの展示があるようでした。

さて、そのソラとステラ。見た瞬間に「わぁーっ」と声がでました。

f0297893_23264399.jpg


この年齢のライオンを見たのは初めてでした。
成獣になると消えるという斑点がまだはっきりと確認できて、子どものかわいらしさとか猛獣のかっこよさとかが混在する独特の雰囲気があります。
ソラのたてがみの生え具合が好きです!

f0297893_23292912.jpg


ステラには、安心と快適を備えたステキな枕のようですね。

いつかは活発に動いているところも見てみたいものですが、何しろ見たい動物たちが多すぎて、また移動距離があるので、はりつくことが難しいのが困りものです。

今はもっと大きくなっているんだろうなぁ。また会いたいです。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-04-19 19:00 | 動物園(東海北陸) | Comments(0)

東山のホッキョクグマたち

東山へ行ってからもう2ヶ月が経ってしまいました(^_^;) が、思い出しながら、その日の様子を。

午後になって、サスカッチと入れ替わりで展示場にでてきたミリーさん。
ゆっくりと降りてきます。

あら、なあにこれ?

f0297893_14584113.jpg


とりあえず遊んでみる、ミリーさん。

f0297893_14594981.jpg



しばらく段ボールをかぶってみたり、心肺蘇生をしたり遊んでいたのですが、サスカッチに見せたかったのか彼の部屋の前へ来ました。

「ねぇ、サス君がどうしてるか見て来てくれません?」

f0297893_1513867.jpg



おっけー!

見に行ってみると…

f0297893_152434.jpg


気にしてるような、サスカッチ。
ふはふは匂いをかいでいるようでした。
なんとなくですが、ミリーさんの影が見えますよね。

ミリーさんはサスカッチのことを怖がっていると聞いていましたが、どうなんでしょうね。
気にはなるけど、一緒になると怖いのかな。

ZOO友さんによれば、今シーズン、ミリーさんとサスカッチはほんの数時間同居したとか。
心境の変化があったのでしょうかね。





プールに浮いている白菜を取りたい、でも濡れたくなさそうなミリーさん。

f0297893_1552881.jpg


ふふふ♪ みんなおんなじ。
冬の寒い日に無駄に濡れたくはないのですね。

その頃、オーロラさんは。

f0297893_1564099.jpg



麻袋をふりまわしておられました(笑)

ストレス解消かな?と思ったけど、そんなふうではなく、ただただ楽しんでおられる様子でした。

オーロラさんとサスカッチの同居も終わってしまったとか?もうないのかな。
いつか見てみたいものです。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-03-29 19:00 | 動物園(東海北陸) | Comments(5)

I love your smile

札幌を旅立ったポロロとマルルは無事にそれぞれ徳島、熊本に到着したようです。
無事でよかった。
一人残されたララさんを思ったり、お母さんと離れた上に一人になった双子の姉妹を思うと、やっぱり胸が締め付けられそうになるけど

上を向こう。


私の切なさや不安な思いが、この親子に覆いかぶさることなどないように。
少しでも新しい生活にみんなが慣れて行けるように。
ホントはちょっとも大丈夫じゃないときも「だいじょうぶ。」って言われたら、なんだかほっとするから。

笑おう。




f0297893_17491320.jpg

                                                    (@東山動物園)
 




その顔がたぶんみんなを幸せにするから。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-03-04 19:00 | 動物園(東海北陸) | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite