どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:動物園(関東)( 38 )

多摩動物公園 タスマニアデビル

それはもうずいぶん前の話でまだ私が動物園通いをしていない頃のお話。

テレビで初めてタスマニアデビルを見たのですが、一瞬で心を鷲掴みにされました。
それ以来ずっと会いたいと思っていたのですが、日本では永らく会うことのできなかった動物です。
2016年にタスマニア州から2頭が多摩動物公園へ来園し、6月に公開となりました。

行きたいと思いながらなかなか行けずにいましたが、やっと今月の上旬に行ってきました。

多摩動物園って行かれたことがある方なら、どれほど広くてどれほどのアップダウンがあなたの足をカクッカクにさせるかご存知と思いますが、とにかく久しぶりなのでできる限り全部を見て回りたいと思ったのです。
といっても、入り口からはるか遠くにあるオーストラリア園のタスマニアデビル舎。
開園間際を逃したらきっと眠っちゃうに違いない、わき目もふらずに行くぞ!
そう思っていたはずなのに、入り口付近のヤギで早速足止めをくらいました…。

ありとあらゆる動物にひっかかりながらも、「また後でね。」と言い残して進み、やっと到着しました。

ん?どこ?
もしかしてまだでていないのか、それとも見えない場所ですでに眠ってしまっているのか、そんなことを思っていたら視野に動くものが…。

たたたたた…

f0297893_14392139.jpg
早っ!

走り抜けていきました。

想像していたよりもずっと小さな小悪魔たち。

「あらま。いらっしゃい。」

f0297893_14392969.jpg
きゃーっ!
なんて愛らしい!

凶暴な動物なんだとみんなが口をそろえて言いますが、それはきっとこの歯のせい?肉食獣ですものね。
夜行性で、主にワラビーなど死体を集団で食すそうで、夜な夜な奇声を発する、また体が黒いことからデビルという名がついたのだとか。

f0297893_14393623.jpg

基本的に臆病な動物だと聞いていましたが、そんな様子は感じられませんでした。

f0297893_15023581.jpg

姿・耳の形・ヒゲの張り具合に鼻や目の周り、お尻の付け根にある白いラインに、首回りの白いライン。ホントに非の打ちどころがないです。

野生下では、「デビル顔面腫瘍性疾患」という伝染病によって絶滅の危機に瀕しています。
単独生活ではないことが、この伝染病の拡がりを止められない一つの要因でもあるようですが、なんとか終息に向かうことを祈ります。

楽しそうな姉妹。

f0297893_14394577.jpg



会えて嬉しかったです!

憧れの小悪魔。
できることなら、何時間かこの2頭を見ながら時間を過ごしたかったけれど、また午後から来るねと言ってこの場所を後にしました。



[PR]
by HGL-DTW | 2017-03-30 19:00 | 動物園(関東) | Comments(0)

はな子さんに逢いに

はな子さんが虹の橋へ旅立ってから3か月が過ぎました。

井の頭へ行こうと思ったのは、はな子さんの特設展示があると聞いたこともあり、はな子さんの面影を追ってみたくなりました。
f0297893_11451182.jpg
非常に見ごたえのある内容でした。
はな子さんの69年という生涯に沿って展示がしてありますが、それ以前のゾウたちのことや
f0297893_12003594.jpg
日本の飼育施設や飼育の仕方について
f0297893_12040695.jpg
また、日本の動物園に慣れている私には簡単に想像できない素晴らしい環境にある海外の展示にも触れられていました。

f0297893_12043129.jpg

はな子さんが使ったという遊具たち。
f0297893_12085686.jpg

一つひとつがなんだかとても愛おしくて、触れてみたい衝動に刈られました。
映像が流されていて、熊手やほうきをつかってカキカキするはな子さんがとても楽しそうで思わず私もにっこりしてしまいました。

f0297893_12135378.jpg

また別の場所では、はな子さんのための食事を用意する映像も流されていました。それはそれは大変なご苦労があったことでしょう。
晩年はな子さんの環境について論議がありましたが、この映像を見ていただきたいと思いました。
はな子さんへの並々ならぬ愛がなければあそこまではできなかったと思います。
私が見えているものはほんの切り取られた部分でしかなく、もっと立体的に物事を捉えなければいけないと実感しました。

嗜好も日替わりのはな子さんがおいしく食べられるように、試行錯誤されたことにも触れられていました。
f0297893_12204328.jpg

69年のあいだに様々な出来事があり、モートに二度も落ちたこと、引っ越しが大変だったことなど私の知らないはな子さんがたくさんいました。

f0297893_12241962.jpg

f0297893_12243440.jpg


f0297893_12245940.jpg

おやつタイムは、はな子さんのおうちに入り、おやつをあげていました。どうぞ触れてみてくださいとはな子さんをスリスリしてそのうえ記念撮影までさせてもらっている方々の映像も。羨ましくてたまりませんでした。
その人になった気分で、はな子さんの匂いや肌触りを想像し、じーっと映像を見ました。

f0297893_12245254.jpg
今度のはな子さんのお誕生日会には行こうと決めていたけど、それが延期になり、結局はな子さんには会えなくなりました。

古い映像もたくさん流れていて貴重なシーンの数々を見ることができます。
あぁ、こんなはな子さんに私も会ってみたかったと何度も思いました。
「はな子さんの一日」が繰り返し映し出される前に置かれた小さなイスに腰かけて、私は何度も何度もその映像を見ました。
f0297893_12251213.jpg
最後に、ここで気持ちを書こうと思いペンを手に取ってみたものの、思いが溢れすぎて言葉になりませんでした。
悲しいとかそんな思いじゃないのに、ただただ涙があふれて胸がいっぱいでした。

飼育員さんからのメッセージを読むと、はな子さんに寄り添ってこられた様子が伝わってきて、これまた涙が…。
画像向かって右手につりさげてあるものは、はな子さんへのみなさんのメッセージが数秒ごとに映し出されています。

結局ここで長い時間を過ごしました。
外に出たら雨が降ったあとで、どうやら通り雨があったようでした。はな子さんのおかげで濡れずに済みました。

はな子さんは旅立ったというのに園内にははな子さんの面影があちこちに残っていて、上手く言えないけど、はな子さんはまだそこにいてくれる、そんな気がしました。

ランチはちょっとしたものを持参していたのだけど、はな子さんとおしゃべりがしたくて、はな子カフェで「ぞうさんべんとう」を買って食べました。


f0297893_12443814.jpg
あの場所で、はな子さんはぽかぽかの太陽を背中に浴びながら佇んでいたなぁと思い出しました。

実はこの日、他の園とのはしごを考えていました。
でも思いがけず長居することになり、帰りの新幹線の時間まで井の頭で過ごしました。
初めて訪問した日から井の頭が好きですが、とても居心地のいい時間で益々大好きになりました。




[PR]
by HGL-DTW | 2016-08-30 13:05 | 動物園(関東) | Comments(4)

はな子さん ありがとう

5月26日、69歳のはな子さんが虹の橋へ旅立ちました。

f0297893_22304486.jpg


虫の知らせというものなのでしょうか。
私はこの悲しいお知らせが届く直前まで、2月に録画しておいた「ドキュメント72時間」のはな子さんの番組を観ていたのです。

番組を見始めて、はな子さんが映し出されたとたん、初めてはな子さんに会った日のことを思い出していました。

はな子さんの体からにじみ出る独特のオーラ。
まるでこれまでの生涯を体で語るようで、ぐっとこみあげるものがあります。

映像の中でもあの日と同じように、子どもからお年寄りまでゾウ舎にやってきては、はな子さんに声をかけていきます。
やってくる人達がそれぞれ抱える思い。
それを優しく包み込むように、そこに居るはな子さん。
いえ、はな子さんにそんなつもりはないのかもしれません。
それでも、はな子さんの存在そのものがすべてを受け入れてくれるようでした。

それゆえに、それぞれの人の中でそれぞれのはな子さんがいて、その人なりの思いではな子さんを感じ、接して来られたようでした。あの日も同じことを思いました。

みなさんがそれぞれの言葉ではな子さんを語られるとき、「わかります。わかります、その気持ち。」と言って何度うなづいたことでしょう。

そこに居ることで、はな子さんは多くの人の癒しとなり、支えとなってくれたのだと思いました。
近いうちに、そんなはな子さんに会いに行かねば。
そして、「ありがとう。どうか長生きしてください。それがみんなの願いです。」とお伝えしようと心に決め、番組を見終えました。

その直後に飛び込んできた突然の訃報。

メソメソしていても、はな子さんは喜ばないとわかっているのです。
だけど…。
あの場所にいつも居てくれたはな子さんを失った現実が、私の心に影をおとしています。
またこの悲しみと折り合いをつけなくちゃならない・・・。

最初で最後になったあの日、もっともっとお話して帰ればよかった。
また必ず会えると信じて疑わなかった自分が悔やまれてなりません。

f0297893_22303051.jpg


振り返れば辛い日々が長く続く時期もあった、はな子さん。
そんな時がありながらも、そこに居ることでみんなを癒し、慰め、励ましてくださったこと、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

そして
飼育に携われた方々もご苦労の連続だったこととお察しします。
はな子さんに尽くしてくださり、本当にありがとうございました。

はな子さん。
あなたの魂は旅立ったけれど、今までと同じようにいつも心にいてください。
長い、本当に長い間、(あわよくばもっともっと長く甘えていたかったけれど)ありがとうございました。

ずっと大好きなはな子さんへ
[PR]
by HGL-DTW | 2016-05-27 19:00 | 動物園(関東) | Comments(4)

井の頭動物園にお住まい ゾウのはな子さん

吉祥寺の駅を降りて歩き始めたとたん、ここ好き!と思いました。
なるほど関東で住んでみたい場所でいつも上位に選ばれるわけです。
がちゃがちゃしたかんじがないというか、落ち着いた空気が漂っている街です。

お天気がよかったこともあり、本当に気持ちがよくて、清々しい。もしも近隣にすんでいたら、お散歩コース間違いなし!緑もあり、池にかかった橋を渡って入口に到着しました。

午前中だけという短い滞在でしたが、「はな子さんに会わなければ。」と思い始めて長い時間が経過しましたので、まずはご挨拶のつもりで伺いました。

途中、様々なトラップに予定通りまんまとひっかかりながらも、なんとか近くまで。
アムールヤマネコさんちから、向こうがはな子さんのいらっしゃる場所よねと見た視線の先に、はな子さんは佇んでいらっしゃいました。

f0297893_19522183.jpg


体から滲み出るはな子さんの思い。
はな子さんが過ごしてきたこれまでの日々が体に刻まれているようで、私は尊敬と威厳の念を持って、ゆっくりゆっくりと、はな子さんに近づきました。

「はな子さん。初めまして。」

今年、国内最高齢69歳になられたはな子さん。
こちらを見てはいないのですが、それでも私という存在を感じていてくれた気がしました。

お気に入りの場所があるようで、そこからあまり移動せずに遊んでいました。

f0297893_20155032.jpg


何をつかんでいるのだろうと見ると、短いホース。

f0297893_20151100.jpg


激しい動きはないものの、やはり楽しそうでして、ホースで遊ぶのが好きなのでしょうね。

f0297893_2020076.jpg


まるでここから脚を出したら鬼ね、とでも言われているように後脚を残して(笑)。

f0297893_20233795.jpg


好物だというバナナがそばにあったので食べるのを見てみたいと思いましたが、私がいる時間では叶いませんでした。

印象的だったのは、みなさんがはな子さんに声をかけられること。
初老の男性は、「よぉ!はな子さん。調子はどうだい?」と話しかけ、小さな子どもは、「はな子~、久しぶり!」と駆け寄って行きました。
そうして声をかけてははな子さんを眺めています。私がいる間じゅうずっと、はな子さんから離れない方も。

決して当たり前ではないのだけれど、そこにはな子さんがいてくれることは、みなさんにとって当然のことであるかのように感じました。愛されているのですね。


それは、はな子さんの寝室の掲示にも表れていました。

f0297893_20283212.jpg


f0297893_20284369.jpg


f0297893_20285613.jpg


f0297893_2029994.jpg


限られた時間しかないというのに、夢中で読みました。心がじーんとしました。

f0297893_2030620.jpg


思いだけでなく、日々大切に飼育してくださっているのだとわかります。


こちらは寝室入口、実物大のはな子さんパネル。

f0297893_20495339.jpg


f0297893_20565234.jpg


f0297893_2057744.jpg


69年という時間を過ごしたはな子さんの心には、どんな記憶があるのでしょう。
どんなことが好きで、どんな傷を抱えていて、どんなことをしているときが楽しいの?
はな子さんとたくさんお話してみたいと思いました。

はな子さん、ここに居てくれてありがとう。

f0297893_20334724.jpg


これを見たら、うるうるしました。

はな子さんの頭上には、真っ青な空が広がり、日差しが温かくはな子さんを包んでいました。

f0297893_20594816.jpg



どうかはな子さんがこれからも元気で幸せであるようにと祈ります。
お誕生日会には是非行って、みなさんとお祝いしたいものだと思いました。

今度はゆっくり、はな子さんに会いたいです。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-01-27 19:00 | 動物園(関東) | Comments(0)

イコロ いろいろ

おやつタイムになると、これまた分身の術が使いたくなる上野動物園です。

上からも見たい。

f0297893_18352247.jpg


水中も見たい。

f0297893_18353616.jpg


ガラスの下からも見たい。

f0297893_18355170.jpg


あの飼育員さん(どの?笑)の投げるスライスしたソーセージ。うまーくカーブしますよねぇ。

f0297893_18384096.jpg


シュルシュル~とイコロの口元へ流れていくかんじ。すごいなぁっていつも感心するのです。

f0297893_18451698.jpg


あの方、海面で石ころをピョンピョンさせるの、絶対上手だと思う!
そうなると、イコロも見たい。
飼育員さんの投げ方も見たい。
より一層忙しくなります(笑)。
実際、ソーセージの握り方からして違いますよ、ね。←力説!

穴から顔を出すイコロがこれまたとんでもなくかわいいので、同じようなものが量産されるとわかっているのにやたらとシャッターを押します。

f0297893_18441257.jpg


f0297893_18443362.jpg


この穴に顔を出しているイコロを水中でみるとき、またどんな顔をしてたくさんの人を骨抜きにしているのだろう(笑)と想像するだけで、ニマニマしてしまいます。

f0297893_18471587.jpg


いろいろイコロ。
楽しませてくれてありがとう。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-01-08 19:00 | 動物園(関東) | Comments(0)

イコロ 内腿キュッ

今日は、12月訪問したときのイコロの様子を。

そういえば、散髪に失敗した毛は、もう伸びたかな(笑)。

イコロっておやつタイムが終わると、隣の運動場へ移動する流れがわかっているから、(もしかしたらコロコロと転がってくるおやつに興味があるだけの話かもしれないけど(笑))、通路で待つんですよね。

f0297893_17585687.jpg


反対側の観覧場所からは死角になるし、こんなふうに顔をあげてくれると影ができてわかりやすいのだけど、とにかくここにイコロがいる間は、「ホッキョクグマはいないねぇ。」という言葉があちこちから聞こえてきます。

ただ私がじーっと立って見ているものだから、「見えますか?」とか「います?」と聞かれることもあります。
そんなときは、「あそこに。」って言えるのですが。

考えてみれば、デアが土の運動場へ移動するところを見たことがないので、デアもイコロと同じようにこうして待つのかしら?もっとも、デアは日常的にここに来ることが多い気がしますが。いつか見るチャンスに恵まれるといいなぁ。

さて。
扉が開いて

f0297893_18165541.jpg


低~くなって入ってくるイコロです。

何かを食べてる模様。

f0297893_1834529.jpg


すると、内腿をキュッ!と

f0297893_1844968.jpg


閉める仕草をしました。

はて?と思いながら見ていると、

f0297893_1854090.jpg


コロコロコロコロ~。
茹で卵が転がっていきました(笑)!

f0297893_1817577.jpg


止められなかった!股の間を転がって行ったか。←イコロ心の声

f0297893_1862954.jpg


むしゃむしゃ。
おいしくいただきました♪


この場所から転がるおやつを追って、イコロがくるくる回るのがかわいくて好きです。
(これは10月訪問のとき)

f0297893_18152911.jpg


ほんのひとときだけど、何が起こるかわからない移動時。
楽しくてわくわくします♪
[PR]
by HGL-DTW | 2016-01-07 19:00 | 動物園(関東) | Comments(0)

イッちゃん 仕事納めですか

今日は仕事納めの方も多かったのではないかしら。

今年、がんばった方もそうでない方も、いいことがあった人もそうでなかった人も、ひとまずお疲れ様でした。
今日はゆっくり湯船に浸かって疲れを癒してください。

イッちゃんが、慰労してくれるそうですよ。

『みなさーん、お背中流しましょうか。』

f0297893_18462610.jpg


優しく流してくれるかな。
バッサーッ!ってかけられそう(笑)。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-12-28 19:00 | 動物園(関東) | Comments(0)

鳥界の花魁 ヘビクイワシ

ホッキョクグマ舎から近いこともあって、上野動物園に行くと必ずご挨拶するヘビクイワシ。
この方、人好きなのでしょうか。
私は上野にしょっちゅう行けるわけではないのでわからないけど、お見かけする時は必ずといっていいほど、柵のそばに立っていらっしゃいます。

なので、柵を抜くことが難しい・・・。

f0297893_18363580.jpg


それでも観察するにはもってこいですよね、近くで見られるのですから。

f0297893_18372291.jpg


今まで気づかずにいたのですが、なんて長い睫!

f0297893_1838465.jpg


思わず、「今度、貸してね。」とお願いしました。

前回訪問した際、ちょうどヘビクイワシのガイドをされていたので、聞きにブースに行きました。

f0297893_18421091.jpg


羽を実際に触らせてもらったりお話を聞いたりして、学びの場であるのはもちろんですが、何よりガイドの方々の顔がキラキラと輝くのを見るのが好きです。
ヘビクイワシのことが大好きで、話しはじめると止まらないのだろうなぁ。
きっと私もホッキョクグマのことを語りはじめたら、ずっと続きそうだもの(笑)。
わかります、その気持ち!と思いながら、お話を聞きます。

こんなに美しいヘビクイワシが1羽でいるのはもったいない。是非ペアを見つけてほしいですね、という話で盛り上がりました。

食性にヘビが含まれていることでその名がついたとも言われていますが、その見事な冠羽が羽根ペンを連想させることから、英名はsecretary(書記官)だそうです。なるほど、わかります。

f0297893_18501456.jpg


セットしなくても、パーマをかけなくても、雨が降って湿度が高くても、朝が来ても、変わることのない美しい冠羽。

『鳥界の花魁』と心よりお慕いしております。

f0297893_18555614.jpg


あー、美しい!
[PR]
by HGL-DTW | 2015-12-27 19:00 | 動物園(関東) | Comments(0)

額縁の中のデア

イコロはその後、カットのお直しに行ったかしら。

同じ日。
デアが牛骨をガジガジした後は眠そうだったので、西園へ向かい、戻ったときにはタイヤと戯れていました。
デアのタイヤ遊びは初めて見ましたが、考えながら遊んでいる様子が伝わってきて、とても新鮮で楽しかったです。

まずは咥えて、よいしょっと

f0297893_15373588.jpg


ボーーーン!タイヤが壁にぶつかって落ちてしまいました。

f0297893_15382685.jpg


デア「・・・・。落ちちゃったんだけど・・・。」

ぷぷぷ。こちらを見なくても(笑)。
そうね、落ちちゃったね。もう一度やってみたら。

気を取り直して。

f0297893_1540361.jpg


よし!上手くできました。

何度か繰り返した結果、自分がタイヤをくわえる角度がまずかったのだと悟ったようでした。
咥えあげたタイヤがここを通過できるように、角度を変えながら進んでいきました。
素晴らしい!

首にかけて遊びはじめると、そこらじゅうでシャッター音がしていました。

f0297893_15483551.jpg


デアがこちらを向こうものなら、

f0297893_154855100.jpg


うぉぉぉ!とかきゃーっ♪とかそんな声が聞こえました。くっくっくっ、アイドルみたい。

それからしばらくこの場所で遊んでいました。
ただ、土の展示場から来られる人には全く見えない場所です。
みなさん、「あれ~、入っちゃった。」と残念がっています。

でも時々少しだけ顔をだして、

f0297893_15512663.jpg


「ここにいますわ。」

私からは、まさに額縁に入ったデアが見え隠れして見えます。

f0297893_15504351.jpg


f0297893_15524632.jpg


一番のお気に入りはこれ。

f0297893_1553823.jpg


楽し~い♪
[PR]
by HGL-DTW | 2015-12-24 19:00 | 動物園(関東) | Comments(0)

散髪に失敗した?イコロ

先週、旧友に会うために東京へ行きましたので、少し早目に移動して、短い滞在ではあるけれど上野動物園へ行ってきました。

開園と同時に入れるなら、今日こそわき見もふらずホッキョクグマ舎へまっすぐ向かおうと決めていました。

何度か止まりそうになりましたが、「今日こそは、今日こそは。」と口ごもりながら進み、到着!
まだだ~れもいませんでした。
イコロもデアも(笑)

待っていると、ガチャガチャと音がしたあと、ゴゥーと鳴き声が聞こえた気がしたので、わくわく待っていましたら、

f0297893_190313.jpg


うれしそうな顔でイコロが登場!

「きゃーっ♪ イコたん、おはよー。」
こんな顔を見たら、きゃー♪と言わずにいられませんね。かわいすぎです。

相変わらずのイコロでしたが、

f0297893_193464.jpg


今回の訪問でずっと気になっていたこと。

左の首まわり。どうしたんだろう。

f0297893_195196.jpg


最初はどこかでスリスリしすぎて毛がなくなったのかと思ったけど、見れば見るほど人工的なカットに見えて、なんだか散髪に失敗した僕。

f0297893_1981297.jpg


散髪に失敗したイコロ。
お直しはきっと7日間内なら無料でしてくれるはずだからね(?)。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-12-23 19:30 | 動物園(関東) | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite