どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:動物園(関東)( 38 )

ズーラシア アフリカのサバンナ

時系列があっちいったりこっちいったりしますが、上野訪問の翌日、ズーラシアへ行きました。
10月19日のことです。

とにかくいつ行っても、まず全部の動物たちに会うのが不可能なズーラシア。
新しくオープンした「アフリカのサバンナ」には、どうしても行きたかったので、歩みを止めるな作戦でいこうと思っていたのですが、あらゆる場所で動物たちに不意打ちをくらってしまい、目的地に着いたのは午後1時を回っていました・・・。

それはそれは広大な敷地に、草食動物と肉食動物が混合展示されています。
この草原エリア、どのくらいの広さかというと野毛山動物園とほぼ同じだそうです。

「気持ちいい~!」それが第一印象です。お天気もよかったのも手伝って、まず深呼吸しました。
残念なのは、見るのに一生懸命で画像がほとんどないという…。

新築の雰囲気がぷんぷんと漂うクロサイ舎にたどり着いたら、

f0297893_1334879.jpg


お顔を拝見できなかったのは残念なのだけど、掲示を読んで、くすくすと笑ってしまいました。
天王寺のクロサイ、トミーのことを思い出し、少し切なくもなりましたが。
今後に期待が高まりすぎちゃって、「また次回会おうね、よろしく頼むぜ。」ってニマニマしながら通り過ぎました。

そこから動物たちを見渡せる場所へ移動しながら、開閉可能な大きな扉を見つけました。
なるほどここの扉を閉じたら、そこにできる通路を通ってクロサイは寝室と運動場を行き来するんだなと想像できる場所があって、いつかその瞬間を見たいものだと思いました。


さて。
最初にシマウマが目に飛び込んできました。うれしそうで楽しそうで3頭がウキウキしているように見えました。

f0297893_1302225.jpg


観覧場所の足もとは低く掘り下げてあって、ちょっとしたモートのようになっています。
降りるにはちょっと危ないかなというほどなのですが、1頭がいとも簡単にトコトコと下って行って、それを間近に見ることができました。
「えーっ!」と驚いている私を尻目に、平気な顔をして颯爽と反対側へ登り歩いていきました。野生的でカッコよかった!

また歩みを進めると、ガラス面にやって来ました。
遠くにキリンたちが草を食んでいる姿が見えました。

ここにチーターも一緒にいるってことなんだよね。どこにいるんだろう。
こういう場所にいると闘志が湧きます。絶対に見つける!そう思っていたら、なんと

f0297893_13142280.jpg


ここにいますが。

という顔をしたチーターが目の前にいらっしゃいました!わぁお!
灯台下暗しとはこのことですね(笑)。

そばで見ていた家族連れが、「チーターとキリンって一緒に居て大丈夫なのかな。チーターがキリンを食ったりしないのかな。」と心配されていました。
チーターは、自分よりも体の大きな動物は襲わないそうで、その習性を利用したのがこの展示のおもしろいところですね。

オス2頭、メス2頭がお住まいのようですが、いつか見分けられるようになってみたいものです。

さぁ、また探索開始!

見えないときは、木の上にあるやぐらにいるかもと書いてありましたが

f0297893_13184054.jpg


見えませんねぇ。

あっ!

f0297893_1319434.jpg


遠くで見えづらいですが、動いているものが!見つけました!チーターだ!

腰をおろしてくつろぎ始めます。
これまたそばで見ていた人たちが、「チーターは全然見えない。」と言っていまして、教えて差しあげたいのだけど話しかける勇気がなくて、心の中で『あそこにいます。』と叫んでいるのですが、聞こえるはずもなく。
こういう時は、私のシャッター音が役に立つのです。
カメラを構えたその先をご覧になって、「あ!あそこ!」ってことになるのですが、この時ばかりはちょっと遠すぎたかもしれません。

f0297893_14441411.jpg


見えますか?矢印がついたところにいます。写真をのばしてご覧ください(笑)。

おっと!そこにキリンが近づいてきました。

f0297893_14571047.jpg


(後ろに緑のパラソルが見えています。前出の写真、木の奥に見えているパラソルの大きさと比べてもらえると少しは広さが想像しやすいかもしれません。)

わーっ、ドキドキする!
チーターは、キリンは、どうなるかしら?

f0297893_145573.jpg


へぇー。おもしろい!
キリンがにゅうっと首を折ると、チーターは体を低~くして、シャアアアアっ! 威嚇しました。

2頭が近づいて、チーターに目をやると

f0297893_145530100.jpg


またシャァァァっ!
キリンたちは、さして気に留めるでもなく「はん?」といった様子でむこうへ歩いていきました。

いやぁ、楽しいです。
こういった動物同士のやりとりをみるのは。

ここまで来てもまだ草原エリアの半分も歩いていませんの。
とりあえず今日はこのあたりで。

ズーラシアへ行くといつも思うのは、宿泊施設を完備してもらいたいということ。
いつか、この草原エリアで一日まるごと過ごしてみたい。
そんなことを思いながら歩いていました。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-11-01 19:00 | 動物園(関東) | Comments(2)

いやもぅ、どうしたらいいの 恩賜上野動物園

今月、あちこちと旅をしていて、先週末から歩数計が素晴らしく優秀な数字をはじきだしております。
ご紹介したい動物たちがたくさんいすぎて、「いやもぅ、どうしたらいいの?」状態になっています。

動物園にいる時必ず思うこと。
「もっと見ていたい。」
どの動物もできることなら時間をかけて観察したい。
「さ、次へ行こう。」なんて言ってる人たちが本当に羨ましいほどです。
最低1時間は、じっくりと観たいですねぇ。どんな「びっくり」が待っているか、想像しただけで顔が緩みます。
でもそんなことしたらあっという間に閉園時間になってしまいますから、なんとか後ろ髪ひかれながらも次へ進むことになるのですが・・・。

今日は、そんなふうに心を残してしまいそうになった面々をご紹介しましょうか。

アジアゾウのアティ。上野に住む唯一のオスです。

f0297893_18374855.jpg


なんですの?この笑顔。
ただただ右から左へ、左から右へと歩いているというのに、こんな顔でした。
私には笑っているようにしか見えなくて、「なんで?何なの?」とか口にしながら、私までへらへら笑い続けて見ていました。
これ、笑っていないのでしょうか?
パンダ舎へ急いでいたのに足を止められてしまい、しばらく眺める羽目に(笑)なりました。


そしてエリマキキツネザル。

f0297893_18411469.jpg


簡単にスルーするはずの場所だったのに、動きがおもしろくて、つい。
そういえば、前に来た時もここでしばらく足止めを食らったのを思い出しました。
どちらかといえばピエロを思わせるほどの滑稽な動きなのに、ふとした瞬間の美しさ。

f0297893_1843395.jpg


ほぅ。 うっとりしちゃいました。

西園に行く一番の理由は、フォッサに会いたいから。(といいつつ、一通り周ってみんなに会うけど(笑))
日本では上野でしか会うことができません。
眠っていることが多いのだけど、この時は起きていてくれました。

f0297893_18452121.jpg


オスのベザ。
木登りは得意なので、細い枝でもヒョイヒョイと登って行きます。登った場所で、小枝を

f0297893_18501553.jpg


ハミハミ。

「あー、あー、そんなことしてたら・・・。」って言うか言わないかのうちに

f0297893_18505858.jpg


バサッ。 食いちぎってしまいました。

f0297893_1851264.jpg


へっ!落としてやったぜ!
ってなドヤ顔。


それからクマたちの丘にお住まいのコツメカワウソたち。
私はここの造りが好きで、川の流れがあって、そこを2頭が泳いだり(写真は撮ってみたけど、ただの川にしか見えなかった…)、潜ったりして、観ていて楽しい場所です。

f0297893_18565115.jpg


眠るときも一緒なのです。

f0297893_18571239.jpg


そういえば、マレーグマ舎の大きな木で見つけた!

f0297893_1905737.jpg


もちろんマレーグマ舎とは隔離してありますが、こんなところにハクビシンさんがいらっしゃるなんて!

f0297893_1915380.jpg


以前、子ども動物園エリアにいらしたけど、その方たちとは違うのかな。
街では害獣扱いされる彼ら。こんなに美しくてかわいい生き物を害獣にしちゃうのは、ヒトなんですよね。

動物たちとの共存。
そんなことも考えながら動物園を巡ります。

やっぱり時間が足りない・・・。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-10-29 19:30 | 動物園(関東) | Comments(0)

イコロは体育会系

おやつタイムが始まって、陸やプールを右へ左へ楽しそうにおやつを食べに行くイコロ。
合間に見せるスマイルもステキなんです。

f0297893_19212345.jpg



水中のイコロももちろんいいのだけど、一番見てみたかったのは、あの「穴」からイコロが顔を出すところ。

飼育員さんもわかっていらっしゃる!それを狙っていい場所へアジを投げてくれました。

そこへ

f0297893_19245269.jpg


バサッー!と顔をだしました。

f0297893_19252477.jpg


「アジさん、こんにちは!」

f0297893_19255529.jpg


「いただきます。」

f0297893_19261441.jpg


「んー、ウマウマ。満足です。ありがとう。」
って、ふんわり系だったのに、急に

f0297893_19271944.jpg


キリッ!!

「はい!次ぃ~!」 
体育会系に変わったイコロです。

ふふふ♪ 楽しーい。

左のほっぺには、ボウシゲラさんのようなまんまるチークがあってかわいいですね。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-10-28 19:00 | 動物園(関東) | Comments(0)

リーリーの心の中

閉園まぎわのリーリー。

f0297893_18461531.jpg


パンダって寝転がって食べるからすごいなっていつも思う。
もしも私がパンダの真似をして食べようものなら、喉に詰まらせていつかのブッシュ大統領みたいになってしまうな。

おいしそうに、しかも
「みなさん、どうぞご覧ください。」とでも言うように、こちらを向いて食べているリーリーです。ふふふ♪

f0297893_185011.jpg


味わっているのか
ぼんやり食べているのか
はたまた今日一日を振り返っているのか、どうなんだろう。

『今日来てたあの子、かわいかったなぁ。』 なんて思ってたりして・・・

f0297893_1855188.jpg


あーっ!
って顔した。

図星だった?リーリー(笑)!
[PR]
by HGL-DTW | 2015-10-27 19:00 | 動物園(関東) | Comments(0)

ハシビロ先生は監視中

f0297893_18312773.jpg


いつ何時でも
あなたの動きは見られているのです・・・
[PR]
by HGL-DTW | 2015-10-26 19:00 | 動物園(関東) | Comments(0)

イコロとさつまいも

あぁぁぁ

f0297893_18203164.jpg



こんなにイコロに見つめられるなら
たとえ食べられるのだとしても

サツマイモになりたい・・・。


いや、待てよ。
でも食べられたら後がないな、

とか気持ちが行ったり来たりします。

(暇人だと思わないでください。)
[PR]
by HGL-DTW | 2015-10-25 19:00 | 動物園(関東) | Comments(0)

イコロに会う旅

イコロに会うのは本当に久しぶりで、もしかして姿を見たら泣いちゃうんじゃないかと思ったほど。
かれこれ2年は確実に過ぎています。
上野に引っ越した頃は少し痩せてるようで心配もしていたんだけど、そんな気持ちはぽーん!とどこかへ飛んじゃった。

イコロぉぉぉぉ

f0297893_19381189.jpg


まだまだ子どもだと思っていたのに、立派になったね。カッコいい。

テシテシと歩いている。あ!

f0297893_19394777.jpg


お尻に枯葉がついてますよー。そんなところがまたイコロっぽいかも(笑)

いろんなイコロを見ました。水中のイコロは楽しそうで

f0297893_19411741.jpg


それにとても美しくて

f0297893_19414346.jpg


またかわいくて

f0297893_1942026.jpg


カッコよくて

f0297893_19421555.jpg


見ていて本当に楽しかった♪

f0297893_19431711.jpg


そんなイコロをたくさん遺したくてシャッターを切ったのだけど、私には無理みたいってことに後になって気づき、『シロクマのようなもの画像』が量産されました(-_-;)
それからは心の中にいろんな表情のイコロをたくさん遺すことに集中しました・・・。


上からみたり

f0297893_19465776.jpg


下から見たり

f0297893_19543458.jpg


もう時間がいくらあっても足りない。
そんな上野でのお話を少しずつしていきたいなと思っています。

f0297893_19475866.jpg


小さな運動場でのイコロを見て、だんだんデナリんに似てくるなぁと実感。

何はともあれイコロが上野に馴染んでいてくれて本当にうれしかった。
そして会えてうれしかった!
[PR]
by HGL-DTW | 2015-10-23 20:00 | 動物園(関東) | Comments(0)

初めまして ボウシゲラさん

先日、恩賜上野動物園へ行ってきました。
空港で朝日が昇るのを見たのに、目的地の天候は雨。雨女、健在です!
でもそのおかげで土曜日だったのに、それほどの混雑はありませんでした。
(といっても混んでいるのですがね・・・)

上野動物園に一日滞在して、園内のすべての動物に会えたことがありません。
全く時間が足りません。
なので、今日はこれだけは絶対見よう!と決めてから行動します。

メインをホッキョクグマにして、東園をざっくり周ろうと決めた初日。
午後からトラとゴリラに会い、そのあと通り抜ける感覚で足を踏み入れた『バードハウス2階』は、とんでもないトラップでした。
まさかそこで予想もしない長い時間を費やしてしまうとは!

見たことのある鳥から、初めて見る美しい鳥など、木々のあいだを見え隠れする鮮やかな色に目を奪われながら、先へ進んだはずなのにもう一度引き返したりして眺めていました。

ふと目に留まった鳥。

f0297893_19511041.jpg


えー!かわいーい。

f0297893_19515068.jpg


いやーっ、すっごくかわいい!

ほっぺのチークがより一層可愛らしさを増すのでしょうね。
後で知ったのですが、この斑紋はオスにしかないのだそうです。となると、メスも見てみたいものですが、上野動物園にはこのオス一羽のみがお住まいのようですね。
手元の資料によれば、2006年に上野動物園にやって来たそうです。

私が「えーっ、何?」「すっごくかわいい。」を連発していたせいでしょうか、コンコンと足元の木をくちばしでつついて、「キツツキです!」とアピールしてくれました。なるほどね(笑)

掲示をみると

ボウシゲラ
キツツキ目 キツツキ科
分布 東南アジア

とありました。


私が興味津々なことに気づいたのでしょうか。このボウシゲラさん、すぐに私のところに飛んできてくれました。

f0297893_19583857.jpg


突然のことで驚くやら感激するやら。
「こんなかんじで見える?」 ええ、とてもよく見えますとも(笑)
なんて人懐っこいボウシゲラさんなんでしょう!

f0297893_2015360.jpg


これも後でわかったことなのですが、この方、こうして来園者によく愛嬌をふりまいているそうです。
にしても、私のところにやって来てくれてすっごく嬉しかったです!
ありがとう。

可愛らしいピンクのほっぺは言うまでもなく、首を傾げる仕草や

f0297893_2033134.jpg


首から喉元にかけてオレンジ色が

f0297893_2041690.jpg


画で創作されたように完璧で、私は一目で恋に堕ちてしまいました!
考えてみれば、昔から鳥は苦手でした。人って変われば変わるものなんですね。


大変です。
また上野で行かなければならない場所が増えてしまいました・・・。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-10-22 20:30 | 動物園(関東) | Comments(0)

セスジキノボリカンガルー

日本国内ではズーラシアでしか飼育されていないセスジキノボリカンガルー。
初めて見たときの感想は、「心を捕える不思議な動物」。
名前からして、区切るところを間違えたら絶対に言えそうになくて、キンカジューと同じくらいインパクトがあります。(キンカジューは、初めてその名前を目にする人は半数以上がキカンジューと早読みしてしまうのではないかと・・・)
背中にスジのある木登りが上手な(木の上で暮らす)カンガルー、と思うと簡単ですが。

f0297893_224197.jpg


ほらね。こんなふうに背中にスジ模様があります。
体は案外小さいのです。体長と同じくらい長いしっぽをお持ち。
木登りするとき、このしっぽでバランスを取るのですね。

今まで写真や動画でしか見たことがなく、会いたいと思いながらもなかなか実現しませんでした。
以前、ズーラシアを訪問したときは、公開されていなかったし(T_T)

ついにお会いすることができました!

f0297893_22442437.jpg


毛並み、配色、模様、動き、そして目の色の美しさ。
すべてが新鮮で時間を忘れて眺めていました。

f0297893_224852.jpg


手や足の先は白くて、長い爪は木登りのため?

f0297893_22505031.jpg


セスジキノボリカンガルーという名前のとおり、木登りはお手のもの。ササササ・・・と登っていきます。
対して、木から降りるときのぎこちなさといったら、「もしかして高所恐怖症ですか?」と尋ねたくなるほどです。お尻から降りていくのですよ。ほら、ユキがプールに入っていくときのように。
しぐさが可笑しくて、笑いをこらえるのに必死でした。

f0297893_22523260.jpg



地面で普通に歩くので(カンガルーって「歩く」という動きはしませんよね。)カンガルーということを忘れているのですが ぴよーん、ぴよーんと飛んで移動するのを見ると、「あ!そうだった。カンガルーなんだ。」と思い出すことになります。そのくらいカンガルーとは思えない動物なんです。(私だけの感覚なのかもしれないけど)

f0297893_2258676.jpg


時々、葉っぱを食べていました。

私の記憶では、ワリさんとタニさんの2頭がお住まいのはず。となると、私がお会いしたのはタニさんかな?
もっとも私はつい先日まで私が会ったのは「ワニ」さんだと思っていたのです。
2頭がごっちゃになった名前(^_^;)

とにかく楽しくてできることならずーっと眺めていたかったなぁ。


この遠征あたりから、あまりシャッターを切らなくなりました。
もっと動物と向き合いたい、感じたい、と思ったのです。
その両方ができるほど器用な人だったらよかったのだけど。

動物たち、ばんざーい。いつもありがとう。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-02-27 19:30 | 動物園(関東) | Comments(0)

ズーラシア チンパンジー舎にて

ズーラシアに行かれた方なら経験があると思いますが、入園してからまさに時間との闘い。
開園を待って入ったけれど、その日は閉園時間まではいられないタイトなスケジュール。
時間配分がカギとなります。

知っていたのに、知っていたはずなのに…
アカアシドゥクラングールやテングザルは、寒さが苦手ということでお留守だったというのに、お昼を迎える頃にまだ園内の3分の1も周れていないという現実。

そんな私が駆け足ながら、チンパンジー舎までたどり着けたのは奇跡の出来事のようでした。

そこでは寝ていたり、遊んでいたり、みんなが思い思いの行動をしていました。
撮影したのは(できたのは、とも言う(笑))この1枚。

あまりにも後ろの風景画に溶け込んでいて、最初は絵かと思いましたよ。このままずっと静止していたし。

f0297893_20484964.jpg


もしかしたら、見破られずにすむかチャレンジしているのかも、ふふふ、と思ったほどです。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-02-19 21:00 | 動物園(関東) | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite