どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ユキ( 221 )

ユキ 届きそうで届かないもの

何やらこちらをチラチラ見ているなぁと思ったら

はは~ん

f0297893_22293979.jpg


それが欲しいのね、ユキちゃん。

何が浮かんでいるのだろうと見てみると、どうもガムの包み紙のようでした。

「あれ、欲しい。」

f0297893_22315843.jpg


『うーん。でも、それ食べられないよ。』

それでも一度は口に入れたいと思っているのか、

f0297893_22332769.jpg


こうして近づいて来るのを待っているのです。

じーっ

f0297893_223343100.jpg


「ねぇ、あれ。」

『うーん。気持ちはわかるけど、取ってあげられないの。』

f0297893_22553075.jpg


伏せたり、いろんな体勢をしながら頑張っていたのだけど、プールを漂っていた白いものは手の届きそうもないところに行ってしまいました。

すっかりあきらめたと思っていたけど、これまた近くにプカプカと白いものがやって来たなぁと思っていたら、

「あ、来た!来た。」

f0297893_22381827.jpg


じーっ。

f0297893_22383694.jpg


食べられるかもしれないと思ったら、本気です(笑)!
なんとか手を出してみようと踏ん張ってみるのだけど、どうも上手くいきそうもなくて手を出すことができませんでした。あー、残念。


今度は小さな枝をプールに見つけたようです。しばらく立ったままで眺めて、いつものようにこちらをチラチラ見ていました。

どうするかなと思ったら、腹這いに。

f0297893_22464318.jpg


おっ!やる気か
安定した体勢。プールに落ちる心配はないし、思いっきり手を伸ばしました。

f0297893_2248534.jpg


開いた指先が一生懸命さを表していて可愛くて笑ってしまいました。

f0297893_2250585.jpg


「なんで笑うの?」とでも言いたげな顔。

真剣なユキちゃんに失礼なことしちゃった自分を反省。
『ユキちゃん、笑ったりしてごめんね。』

結局、プールに入ることを決めたようでした。
いつものように後ろ脚からプールに浸かり、ゆっくりとプールイン。

そしてついに、

f0297893_22521924.jpg


枝をゲットしました。

見てください。この幸せそうな顔を。

f0297893_22525325.jpg


くわえたまま、スリスリして毛づくろい。

f0297893_22532211.jpg


よかったね♪

そうそう。
あの漂っていた白いものも一応口に入れてみたものの、やっぱり出しちゃいました、とさ。ぷぷっ
[PR]
by HGL-DTW | 2016-03-24 19:00 | ユキ | Comments(2)

ユキ 輝く

春が近づくとユキの毛がワントーン明るくなります。

f0297893_18314225.jpg


太陽に照らされるとより一層美しさが増して見えます。

ふと水面に目をやると

f0297893_18371252.jpg


ユキの影がキラキラと輝いていました。

画像でうまく表現できない私の力量が残念なのだけど
本当にキレイで、ゆらゆら、キラキラしている水面のユキをずっと眺めていた私です。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-03-14 19:00 | ユキ | Comments(0)

ユキ 元気でいようね

2月9日、阿蘇カドリードミニオンのカアチャンが虹の橋へ旅立ちました。
会いたいと思いながら会えずにいて、やっと決心がついて会いにいく計画を立てた矢先の出来事でした。

かつて一度、現地へ行き入園券を購入しながらも、結局払い戻しまでして会いに行かなかった自分に、「どうして?」と問いたい気持ちも無きにしも非ず。でもその時の自分の気持ちを考えると仕方なかったかなと思ったりもします。

写真でしか知らないカアチャンですが、ホッキョクグマの写真が居並ぶ中でも比較的簡単に見つけることができるほど、醸し出す雰囲気や目力には独特ものがありました。
今頃はトウチャンと再会を楽しんで積もる話をしているかな。
心の底からありがとうを伝えたいです。その言葉に多くの思いを込めて。
心からカアチャンのご冥福を祈ります。

何度も絶望の淵から戻ってきてくれたカアチャンでしたので、また戻って来てくれると信じていた分、ショックでした。そしてユキと同じ(いろいろ議論もあるようですが)国内最高齢グループの1頭が虹の橋を渡ったことで心細さが増していたのだと思います。



時々、お友達が、ユキの様子をメールや写真、動画で知らせくれるのですが、いつもと変わらない様子だとしても嬉しいし、まるで自分がそこにいるかのように鮮やかにその場面を想像できます。
それだけでユキに会えたような気分で幸せになれます。

動画を見ても、ほとんどいつもと同じ動き。
運動場を左右に歩いたらしばらくしてプールに入り、探索して、バック転になる。

f0297893_1554048.jpg

                                                  (2016.1.25)

なのに、この当たり前のように思える行動のひとつひとつがとても大切に思えて、何度も何度も見直しました。
最初はニコニコ見ていたのになんだかじ~~~~~んとして、涙がポロポロこぼれました。

そのとき、あの歌が浮かんできたもの。
『そっか、私、ずっと泣きたかったんだ。』

f0297893_1558468.jpg

                                                  (2015.8.4)


痛そうにはしないけど、歩くスピードは遅くなりました。
今まではなんでもなかった階段が、上り下りを見ていると時としてドキドキさせられます。
水中バック転も回転の仕方が前とは違ってきました。その分、回転に要する時間も少し長くなったかな。

f0297893_15521883.jpg

                                                   (2016.1.25)

老いは隠せないなぁと思いつつも、動画のユキは、ご機嫌に見えて、そして元気そうで、それが何よりも嬉しくて、いろんな思いがぐちゃぐちゃになってポロポロと涙になってこぼれました。

f0297893_15555130.jpg

                                                   (2015.9.12)

飼育員さんもこれからのユキをどう飼育していくか、あれこれと考えていらっしゃるようでした。
ありがとうございます。どうかユキをよろしくお願いします。

f0297893_15572130.jpg

                                                   (2015.8.4)

私は何もしてあげられないけれど、元気でいてくれるように毎日祈るね。

f0297893_164621.jpg

                                                 (2015.6.12)

ユキ、元気でいてね。
元気でいようね。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-02-13 19:00 | ユキ | Comments(0)

ユキ 寒い日には・・・

ユキがプールに入るときは、豪快にジャンプすることを期待されている方がたくさんいらっしゃいます。
が、残念ながら皆さんのご期待に添える日はほとんどゼロに等しいと思われます(笑)。

以前からお話していますように、プールインは後脚から。まるでお風呂に浸かるように、がユキ流。
ご覧になっている方々は、想像とはかなり違ったプールインに驚きを隠せず、「えっ!」となるわけです。
私としては、そういう皆さんとユキとのやりとりが非常に楽しく、ツッコミが溢れていて笑えます。

さて。
寒くなるとめっきりプールへ入る回数が減ります。
しかも入るとなると、心臓発作を起こすことがないように(?)ゆっくりと確実に入っていきます。

スマホだと画面いっぱいにユキの様子が見えてわかりやすいのですが、アップしなおすとどうも見えにくくて、アップしては削除するを繰り返しておりました。でもやっぱり。なんとなくでも楽しんでいただけたら、と思いまして。

寒い日、プールインの様子をご覧ください。





私からのおすすめ【見どころ】が数か所あります!

まずは後脚が浸かったらフミフミしますよ。小さな動きでわかりづらいですが、後脚に注目です。
体が浸かった時の表情。「うっ!冷たっ!」って聞こえてきそうです。
あんなに時間をかけて入ったのに、もう上がるんかいっ、ってツッコんでください(笑)。
あと、歩くときに『キュッ』という音がします。姿が消えてからも聞こえています。ユキが歩くと聞こえる音です。
念のために申し上げておきますが、ユキのおうちは鴬張りではありません(笑)。
最後はプールの汚れ具合。どんだけプールに入ってなかったんですか?って言いたくなりますね。


おまけ。
その後のプール。

f0297893_1826128.jpg


うわぁ~。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-02-02 19:00 | ユキ | Comments(2)

ユキちゃんちの赤ペン先生

ユキのおうちにいると、次から次へと入れ替わり立ち替わりやってくる人たちの会話を特に聞くつもりもないのに、聞いていることがあります。
気づけば、心の中で、「それは違いますね~。」とチェックしていることがあります(笑)。
そんな経験ありませんか?

f0297893_18283023.jpg


まず一番よく耳にするのが、「何歳くらいなんだろう?」
掲示をみて、「昭和61年入園って書いてあるってことは…28歳?」(!)
「いや、でも入園ってことは、それよりも前に生まれていて3歳とかで来ている場合もあるよね。」
(おっと!いいところにお気づき♪ )

f0297893_1814158.jpg


あるとき、聞こえてきた会話。
「オスがおったよね?」「オスは、とべへ子作りに行ってて今はおらんのよ。」 (!)
「オスは死んだと思ったけど。」(ですね。)
「とべには今何頭おるん?」「えーと、3頭だね。」(!)

おもしろいなぁと思いました。情報は間違っていないけど、更新されていないのですね。
でもそれをご存じだとはすごいなぁと思いつつ、いちいちチェックしている自分をまるで赤ペン先生のようだと吹き出しそうになりました。

「寒い日は泳がんのじゃろ」「えー、シロクマは寒いのは平気よね。」とか、「肉食じゃろう?」「プールは海水なんじゃろうね。」などなど耳に入ってくる会話につい、赤ペンを持ちたくなります(笑)。

f0297893_18143980.jpg


「1頭は淋しいよね?」と話しかけられましたので、「うーん、どうでしょうね。意外と悠々自適かもしれないです。野生下では単独生活だそうですから。」とお応えしました。「へぇー、それならよかった!」と、嬉しそうにユキ舎を後にされました。

f0297893_18292622.jpg


他の方々がどんなことにご興味をお持ちで、どんなことをご存じで、どう考えていらっしゃるのか、お話から感じることができて楽しいです。
ってことは、やっぱり聞こうとして聞いているのかな、私(笑)。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-01-31 19:00 | ユキ | Comments(2)

ユキは待っていてくれた!(気がした)

1月は動物園訪問がなかなかできなかったので、約2か月ぶりの訪問になりました。

私のこと、忘れちゃってるんだろうなぁ・・・。
そんなことが頭をよぎり、ちょっとうつむき加減で門をくぐりました。

午前中は眠っていることが多いので、入口から順番にみんなにご挨拶しながらユキ舎へたどり着きました。
いつものようにドキドキしながらスロープをあがると、あらま!起きて立っていました。

「ユキちゃん!」

私を見たとたん、「わぁ!来てくれた!」という顔をし(た気がし)ました。
LINEスタンプでいう、『パァァァ!』と顔のまわりがキラキラとしているイメージ。
ゆっくりとこちらに近づいて来て、匂いを確かめるように鼻を高~くあげてフンフンしました。

f0297893_18244872.jpg


ええ、ええ、わかっていますとも。私の妄想だと。
それでも嬉しくてたまりませんでした。

いえ、もしかしてユキは私の心を映す鏡なのかもしれないと思ったのです。
会いたくて会えなくて、やっと会えたと思った感情がそう思わせたのかもしれないと。

そこに座ってしばらく私を見ていました。

f0297893_18294811.jpg


どうしていたの?久しぶりに会うね、とでも言っているかのようでした。(妄想ですが…)

しばらくユキと時間を過ごして、「ちょっと一周してくるね。」とユキ舎を後にしました。

かる~く半周して再びユキのところへ戻ったら、いつも通り眠っていました。

f0297893_18372170.jpg


「あ、お帰り。」

ユキは眠いのに、どうも気になって仕方ないようでした。

「眠いです・・・。」

f0297893_18382719.jpg


(下の耳が折れているところがツボ♪)

「いるよね?」

f0297893_18391351.jpg


うん、ここにいるよ。

あちらを向いてしばらくしたら、

「いーるーよー

f0297893_1840175.jpg


ねー?」

f0297893_18401387.jpg


うん、うん。ここにいますよ。

「もぅホント、眠いの。」

f0297893_18422015.jpg


はっ!「どこにも行ってないよね??」

f0297893_18424368.jpg


あははは。ええ、いますとも。
そんなに気になるなら、向きを変えて眠ればいいのにと思ったほどです。

違う場所へ移動しようとして、「ちょっと行ってくるね。」と言うと、

え?

f0297893_1844281.jpg


「なんですって?だーめー

f0297893_18443911.jpg


よぉぉぉー。」

f0297893_18445231.jpg


と近づいてきて言われた気までしました。(妄想もここまで来るとおしまい?)

キリンbabyのイロハに会えずにいたので帰る前に見に行こうとしたときも、「だ~め~よぉ~」と言われた気がして、「あ、だめね。」といったんは戻ったのですが、やっぱりと思い直し、ユキが後ろ向きになったときに走り出しました。

キリン舎まで急いだけど、結局イロハには会えなかったので、ユキのところに戻り、「ユキ、ただいま~♪」と言った時です。

私が立つ一番近い場所まで歩いて来たら、私の目をまっすぐに見て、目を三角、鼻を細く伸ばし

コォォォォー!

・・・叱られました(T_T)

妄想じゃなくて、本当に行ってほしくなかったのかも、とちょっとうぬぼれてしまいました。
それとも私の声が大きすぎた?テンション高すぎ?え?え?
そのあとは全く普通のユキだったのですが。

閉園の音楽がかかり、ぎりぎりまでユキと一緒に過ごしました。
「また来るからね。元気でいてね。」
そう言って手を振ると、悟ったように、そして今までずっとそうしてきたように、そっぽを向いてテクテク歩いていました。

そっぽを向いているうちにそこを去るのが、ユキと私のルール(笑)。

なんだか不思議な気持ちでした。
妄想だと思いつつも、そうでないような気もしたり。
なんにしてもなんだか嬉しくて、新幹線に乗って帰りながら、思い出しては一人ニマニマしたのでした。

今度は、時間をあけないように会いにいくからね、ユキちゃん。

f0297893_18585188.jpg


元気でいるんだよ。
いつもありがとう。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-01-28 19:30 | ユキ | Comments(0)

困ったときのユキ頼み

ブログ。
ここ数週間、書きたい気持ちはあるのに、指が動きません。
書いては消し、消しては書く。そんなことを繰り返しています。

しばらくのんびりやっていきます。
ちょっとブレイク。

こんなときは、かわいいユキちゃんに助けてもらおうっと。

プールへ注水するのにホースを使い始めた頃だったと記憶しています。
初めてこうして遊ぶ姿を見て楽しいやら、嬉しいやら。

出てくる水に直接手を当ててみる、ユキ。

f0297893_1857537.jpg


ホッキョクグマの後頭部ってなんでこんなにかわいいんでしょうねぇ。

f0297893_18573344.jpg


踏ん張った脚がツボです♪


(2014年4月6日撮影)
[PR]
by HGL-DTW | 2016-01-18 19:00 | ユキ | Comments(0)

ユキ 好きなものはとことん

最近は、めっきりプールに入らなくなったそうです。
寒くなったもんね。
という言葉が、ホッキョクグマにとっておかしなものだとわかっていても、寒くなるとホントに入らなくなります。
もしかしたら、今のユキには他の理由があるのかもしれないけど・・・。

ぱくぱくタイムで嫌々プールに入ったとしても、一度入ってしまえば苦にならないのでしょうか。
プールの中で取りこぼしたものを探していきます。

白菜が大好きなユキ。
だからどんな小さなかけらのようなものでも

f0297893_221782.jpg


見つけたら、丁寧に

f0297893_2211968.jpg


口へと運んでいきます。

f0297893_2213330.jpg




ふふふ。
食べられると思うものはなんでも口へ入れちゃうのですがね(笑)。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-01-14 19:00 | ユキ | Comments(0)

ユキエナジー欠乏症

ユキちゃん
会いに行けずに1か月以上が過ぎてしまいました。

ユキちゃんに会いたいよぅ。


「私もココロが淋しい・・・。」

f0297893_17153252.jpg


とか言ってるみたいなユキちゃん。(言うわけないけど)

いけない。いけない。
私のユキエナジーが、底を尽きかけている。
チャージしに行かねば!
[PR]
by HGL-DTW | 2016-01-13 19:00 | ユキ | Comments(0)

ありがとう 2015年

2015年。
できるだけ旅をして、たくさんの動物たちに会いに行こうと思った年でした。
いろんな出会いをして、たくさんのお別れもまた経験しました。

動物たち、そして皆様に感謝しています。ありがとうございます。

来る年をどう過ごすかは、年が明けたら思い描くことにして、まずは心と体の準備だけはしていよう!

f0297893_19321849.jpg


よいお年を。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-12-31 19:00 | ユキ | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite