どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ユキ( 228 )

ユキ 寒い日には・・・

ユキがプールに入るときは、豪快にジャンプすることを期待されている方がたくさんいらっしゃいます。
が、残念ながら皆さんのご期待に添える日はほとんどゼロに等しいと思われます(笑)。

以前からお話していますように、プールインは後脚から。まるでお風呂に浸かるように、がユキ流。
ご覧になっている方々は、想像とはかなり違ったプールインに驚きを隠せず、「えっ!」となるわけです。
私としては、そういう皆さんとユキとのやりとりが非常に楽しく、ツッコミが溢れていて笑えます。

さて。
寒くなるとめっきりプールへ入る回数が減ります。
しかも入るとなると、心臓発作を起こすことがないように(?)ゆっくりと確実に入っていきます。

スマホだと画面いっぱいにユキの様子が見えてわかりやすいのですが、アップしなおすとどうも見えにくくて、アップしては削除するを繰り返しておりました。でもやっぱり。なんとなくでも楽しんでいただけたら、と思いまして。

寒い日、プールインの様子をご覧ください。





私からのおすすめ【見どころ】が数か所あります!

まずは後脚が浸かったらフミフミしますよ。小さな動きでわかりづらいですが、後脚に注目です。
体が浸かった時の表情。「うっ!冷たっ!」って聞こえてきそうです。
あんなに時間をかけて入ったのに、もう上がるんかいっ、ってツッコんでください(笑)。
あと、歩くときに『キュッ』という音がします。姿が消えてからも聞こえています。ユキが歩くと聞こえる音です。
念のために申し上げておきますが、ユキのおうちは鴬張りではありません(笑)。
最後はプールの汚れ具合。どんだけプールに入ってなかったんですか?って言いたくなりますね。


おまけ。
その後のプール。

f0297893_1826128.jpg


うわぁ~。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-02-02 19:00 | ユキ | Comments(2)

ユキちゃんちの赤ペン先生

ユキのおうちにいると、次から次へと入れ替わり立ち替わりやってくる人たちの会話を特に聞くつもりもないのに、聞いていることがあります。
気づけば、心の中で、「それは違いますね~。」とチェックしていることがあります(笑)。
そんな経験ありませんか?

f0297893_18283023.jpg


まず一番よく耳にするのが、「何歳くらいなんだろう?」
掲示をみて、「昭和61年入園って書いてあるってことは…28歳?」(!)
「いや、でも入園ってことは、それよりも前に生まれていて3歳とかで来ている場合もあるよね。」
(おっと!いいところにお気づき♪ )

f0297893_1814158.jpg


あるとき、聞こえてきた会話。
「オスがおったよね?」「オスは、とべへ子作りに行ってて今はおらんのよ。」 (!)
「オスは死んだと思ったけど。」(ですね。)
「とべには今何頭おるん?」「えーと、3頭だね。」(!)

おもしろいなぁと思いました。情報は間違っていないけど、更新されていないのですね。
でもそれをご存じだとはすごいなぁと思いつつ、いちいちチェックしている自分をまるで赤ペン先生のようだと吹き出しそうになりました。

「寒い日は泳がんのじゃろ」「えー、シロクマは寒いのは平気よね。」とか、「肉食じゃろう?」「プールは海水なんじゃろうね。」などなど耳に入ってくる会話につい、赤ペンを持ちたくなります(笑)。

f0297893_18143980.jpg


「1頭は淋しいよね?」と話しかけられましたので、「うーん、どうでしょうね。意外と悠々自適かもしれないです。野生下では単独生活だそうですから。」とお応えしました。「へぇー、それならよかった!」と、嬉しそうにユキ舎を後にされました。

f0297893_18292622.jpg


他の方々がどんなことにご興味をお持ちで、どんなことをご存じで、どう考えていらっしゃるのか、お話から感じることができて楽しいです。
ってことは、やっぱり聞こうとして聞いているのかな、私(笑)。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-01-31 19:00 | ユキ | Comments(2)

ユキは待っていてくれた!(気がした)

1月は動物園訪問がなかなかできなかったので、約2か月ぶりの訪問になりました。

私のこと、忘れちゃってるんだろうなぁ・・・。
そんなことが頭をよぎり、ちょっとうつむき加減で門をくぐりました。

午前中は眠っていることが多いので、入口から順番にみんなにご挨拶しながらユキ舎へたどり着きました。
いつものようにドキドキしながらスロープをあがると、あらま!起きて立っていました。

「ユキちゃん!」

私を見たとたん、「わぁ!来てくれた!」という顔をし(た気がし)ました。
LINEスタンプでいう、『パァァァ!』と顔のまわりがキラキラとしているイメージ。
ゆっくりとこちらに近づいて来て、匂いを確かめるように鼻を高~くあげてフンフンしました。

f0297893_18244872.jpg


ええ、ええ、わかっていますとも。私の妄想だと。
それでも嬉しくてたまりませんでした。

いえ、もしかしてユキは私の心を映す鏡なのかもしれないと思ったのです。
会いたくて会えなくて、やっと会えたと思った感情がそう思わせたのかもしれないと。

そこに座ってしばらく私を見ていました。

f0297893_18294811.jpg


どうしていたの?久しぶりに会うね、とでも言っているかのようでした。(妄想ですが…)

しばらくユキと時間を過ごして、「ちょっと一周してくるね。」とユキ舎を後にしました。

かる~く半周して再びユキのところへ戻ったら、いつも通り眠っていました。

f0297893_18372170.jpg


「あ、お帰り。」

ユキは眠いのに、どうも気になって仕方ないようでした。

「眠いです・・・。」

f0297893_18382719.jpg


(下の耳が折れているところがツボ♪)

「いるよね?」

f0297893_18391351.jpg


うん、ここにいるよ。

あちらを向いてしばらくしたら、

「いーるーよー

f0297893_1840175.jpg


ねー?」

f0297893_18401387.jpg


うん、うん。ここにいますよ。

「もぅホント、眠いの。」

f0297893_18422015.jpg


はっ!「どこにも行ってないよね??」

f0297893_18424368.jpg


あははは。ええ、いますとも。
そんなに気になるなら、向きを変えて眠ればいいのにと思ったほどです。

違う場所へ移動しようとして、「ちょっと行ってくるね。」と言うと、

え?

f0297893_1844281.jpg


「なんですって?だーめー

f0297893_18443911.jpg


よぉぉぉー。」

f0297893_18445231.jpg


と近づいてきて言われた気までしました。(妄想もここまで来るとおしまい?)

キリンbabyのイロハに会えずにいたので帰る前に見に行こうとしたときも、「だ~め~よぉ~」と言われた気がして、「あ、だめね。」といったんは戻ったのですが、やっぱりと思い直し、ユキが後ろ向きになったときに走り出しました。

キリン舎まで急いだけど、結局イロハには会えなかったので、ユキのところに戻り、「ユキ、ただいま~♪」と言った時です。

私が立つ一番近い場所まで歩いて来たら、私の目をまっすぐに見て、目を三角、鼻を細く伸ばし

コォォォォー!

・・・叱られました(T_T)

妄想じゃなくて、本当に行ってほしくなかったのかも、とちょっとうぬぼれてしまいました。
それとも私の声が大きすぎた?テンション高すぎ?え?え?
そのあとは全く普通のユキだったのですが。

閉園の音楽がかかり、ぎりぎりまでユキと一緒に過ごしました。
「また来るからね。元気でいてね。」
そう言って手を振ると、悟ったように、そして今までずっとそうしてきたように、そっぽを向いてテクテク歩いていました。

そっぽを向いているうちにそこを去るのが、ユキと私のルール(笑)。

なんだか不思議な気持ちでした。
妄想だと思いつつも、そうでないような気もしたり。
なんにしてもなんだか嬉しくて、新幹線に乗って帰りながら、思い出しては一人ニマニマしたのでした。

今度は、時間をあけないように会いにいくからね、ユキちゃん。

f0297893_18585188.jpg


元気でいるんだよ。
いつもありがとう。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-01-28 19:30 | ユキ | Comments(0)

困ったときのユキ頼み

ブログ。
ここ数週間、書きたい気持ちはあるのに、指が動きません。
書いては消し、消しては書く。そんなことを繰り返しています。

しばらくのんびりやっていきます。
ちょっとブレイク。

こんなときは、かわいいユキちゃんに助けてもらおうっと。

プールへ注水するのにホースを使い始めた頃だったと記憶しています。
初めてこうして遊ぶ姿を見て楽しいやら、嬉しいやら。

出てくる水に直接手を当ててみる、ユキ。

f0297893_1857537.jpg


ホッキョクグマの後頭部ってなんでこんなにかわいいんでしょうねぇ。

f0297893_18573344.jpg


踏ん張った脚がツボです♪


(2014年4月6日撮影)
[PR]
by HGL-DTW | 2016-01-18 19:00 | ユキ | Comments(0)

ユキ 好きなものはとことん

最近は、めっきりプールに入らなくなったそうです。
寒くなったもんね。
という言葉が、ホッキョクグマにとっておかしなものだとわかっていても、寒くなるとホントに入らなくなります。
もしかしたら、今のユキには他の理由があるのかもしれないけど・・・。

ぱくぱくタイムで嫌々プールに入ったとしても、一度入ってしまえば苦にならないのでしょうか。
プールの中で取りこぼしたものを探していきます。

白菜が大好きなユキ。
だからどんな小さなかけらのようなものでも

f0297893_221782.jpg


見つけたら、丁寧に

f0297893_2211968.jpg


口へと運んでいきます。

f0297893_2213330.jpg




ふふふ。
食べられると思うものはなんでも口へ入れちゃうのですがね(笑)。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-01-14 19:00 | ユキ | Comments(0)

ユキエナジー欠乏症

ユキちゃん
会いに行けずに1か月以上が過ぎてしまいました。

ユキちゃんに会いたいよぅ。


「私もココロが淋しい・・・。」

f0297893_17153252.jpg


とか言ってるみたいなユキちゃん。(言うわけないけど)

いけない。いけない。
私のユキエナジーが、底を尽きかけている。
チャージしに行かねば!
[PR]
by HGL-DTW | 2016-01-13 19:00 | ユキ | Comments(0)

ありがとう 2015年

2015年。
できるだけ旅をして、たくさんの動物たちに会いに行こうと思った年でした。
いろんな出会いをして、たくさんのお別れもまた経験しました。

動物たち、そして皆様に感謝しています。ありがとうございます。

来る年をどう過ごすかは、年が明けたら思い描くことにして、まずは心と体の準備だけはしていよう!

f0297893_19321849.jpg


よいお年を。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-12-31 19:00 | ユキ | Comments(0)

ユキ おもしろface

ユキが、ぼーんやりしているときでも何気なくユキを眺めるのが好きです。
そうすると、かわいいところやおもしろいことに気づくことがあります。

今までも何度となくあったユキのおもしろface。

ひとつめ。
まるでチークを塗ったようなほほ。

f0297893_19154064.jpg


決まって左側。右のほほがそんなふうに見えることはあまりない気がします。
かわいいでしょう♪

そしてふたつめ。
口裂けユキ。

これって画像にすると非常にわかりづらくなるのだけど。

f0297893_19174385.jpg


いかがでしょう?
口の切れ目からうっすらと延びた線。

f0297893_19182785.jpg


私には青色の線に見えるので、地のペイントがつくのかしら?と思ってみたり。
それとも地のペイントの反射でそう見えるだけなのかしら?と思ってみたり。

にしてもやっぱり

f0297893_19202939.jpg


ぐーっと延びた線を見るたびに、「口が裂けてる~。」と一人にんまりしてしまいます。

マニアックすぎますかね?
[PR]
by HGL-DTW | 2015-12-17 19:30 | ユキ | Comments(0)

ユキ ただいま

午前中はたいてい眠っていることが多いユキです。
その日も気持ちよさそうに眠っていたので、他の動物たちに挨拶に行くことにしました。

ユキ舎に戻りました。
ユキが眠っていたとしても、それを妨げることがないように、そぉーっとスロープを上がります。

ユキは、指しゃぶりをしている子どものように手をなめていました。

f0297893_17222147.jpg


カシャっ、というシャッター音に気づき、

f0297893_17224617.jpg


こちらを見ました。

そのあとのユキのちょっと甘えたような顔がとてつもなく可愛いうえに、

f0297893_17233555.jpg


まるで「帰ってくるの遅かったね。」なんて言われた気分になりましたので、「ユキ、ただいま~。」と言いながらデレ~っとなる私です。

もはや一人劇場です・・・
[PR]
by HGL-DTW | 2015-12-10 19:00 | ユキ | Comments(0)

ユキ 1年が過ぎたね

徳山へ向かう新幹線の中で気づきました。
『そうか。ちょうど1年前の今日だったな。
荷物を積んだ引っ越しトラックを見送り、マンションの前で友達たちと記念撮影をしてから、動物園へ向かったのは。』

f0297893_1835220.jpg


ほとんど毎日のようにユキに会いに行く生活から、一変。楽しみを取り上げられるようで不安ではあったけど、なんとかなるものですね。

f0297893_18351827.jpg


月に一度くらいの訪問になったけれど、それでもユキに会いに行けるのは幸せだし、お友達も様子を知らせてくれたりでユキエナジーが空っぽにならずに一年が過ぎました。

f0297893_18363471.jpg


おもしろいのは、周南に行くと約束もしていないのに通りで知人に会ったりします。びっくりしながらも、本当にご縁がある方なんだなと思うのですが、そういう人たちは、「え?なんで?もう住んでないよね?」とひとしきり驚いた後は必ず、「ユキちゃんに会いに来たの?」って聞いてきます(笑)。
どうしてみんな誰か人に会いに来たって思わないのだろう(笑)。
そうかと思えば、私があまりにも周南に姿を現すので、つきあってる男性がいるの?とか(笑)。
なんてこと!

話が逸れましたが。
今でもできることなら周南にいて、毎日のようにユキに会いに行きたいと思っています。
だってユキちゃんは、私の太陽だから。

f0297893_18365369.jpg


ユキは、私のことをもう覚えていないんだろうなぁと思いながらも、心の片隅にはそれでも!覚えているに違いない、覚えているんじゃないかな、覚えていてほしいなぁ・・・と気持ちが行ったり来たりします。

f0297893_18371422.jpg


まずは、ユキちゃん。
離れて暮らした1年(なんか恋人同士みたいだけど)、元気でいてくれてありがとう。
そこに居てくれて、本当にありがとう。
ユキが元気でいてくれるからこそ、どこか違った園にも遠征できる気がします。

f0297893_18373624.jpg


生涯をかけてユキに片思い。
それでもずっとずっと大好きなユキ。

f0297893_1838144.jpg


また会いに来るから元気でいてね。
本当はいつもよりちょっと淋しく感じたけど、いつものように手を振ってユキ舎を後にしました。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-12-07 19:00 | ユキ | Comments(2)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite