どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

とべ動物園 跳べ跳べピューマ!

とべ動物園で、あの子にも会いたい、この子にも会わねば、と、逸る心を落ち着かせながら1か所ずつこなしていこうと思っていた矢先!何やら園内放送が聞こえてきました。
ZOO友さんに不定期でイベントがあるときは、園内放送があるよ、って聞いていた気がしたから、耳を澄ませると、あと10分もすれば、ピューマのえさやりが見ることができると。

とべ動物園はこういったイベントのネーミングが素晴らしくセンスがあって、確かこのイベントも「ピューマのえさやり」といったものでなく、もっとカッコいい名前でした。

飼育員さんは、ただ単にピューマがえさを食べることにフォーカスしているのではないと言われ、「とぶ」という言葉を使われて、実際に空を飛ぶのではなくて、えさを食べるためによじ登っていく脚力・ジャンプ力を見てほしいとおっしゃっていました。
確か、こんなかんじだったなぁと思いながらブログタイトルにしてみましたが…。
ちょっと違う…(^_^;) これだとアニメを連想してしまいますねぇ。


こんなふうに飼育員さんが高~いところへ餌をあげますと


f0297893_1232564.png


シュッシュッシュッと登って行きます。

なるほど、高いところにあるえさを狙って登って行く様は、圧巻!!

そして


f0297893_12352144.png


食べる。


f0297893_1236363.jpg


食べる。



このピューマさんは食べた後で必ず



f0297893_12363629.jpg



「ご覧になりましたかー!?」


と観客を見ます。←これがかなりツボでした♪


しかもこの方、飼育員さんが少し高いところへあげると、
「ちょっとそれ、いつもより高めなんじゃないのっ?」ってなかんじで登るのを躊躇します。ふふふ

お名前がわからなかったのが残念でしたが、もう一方のピューマさんは遊ぶ気満々でしたので、少しかくれんぼをして楽しみました♪

いやー、ゲリラなイベント、楽しかったです。
[PR]
by HGL-DTW | 2013-10-31 19:00 | 動物園(中四国) | Comments(0)

レッサーパンダ リボンお母さん

レッサーパンダ リボンさん。
今年も6月25日に雌の赤ちゃんを出産してくれました。

この赤ちゃんは、母・リボンの「リ」と父・コタロウの「コ」をとって、『リコ』という名前になりました。
皆さんの投票により決まった名前ですが、他の候補よりもダントツ!多かったそうです。


私の目から見てリボンは、あまり子供に干渉しない母というイメージがありますが
皆さんはどう思っていらっしゃるでしょうか。

リボンさん
笹を食べるのに夢中になっています。


f0297893_17315861.jpg




それは、いかがなものかと思いますがね。

リコちゃんを押さえつけていることに気づいているのでしょうか。
[PR]
by HGL-DTW | 2013-10-29 19:00 | 徳山動物園 | Comments(0)

とべ動物園 砥愛ちゃん

今年6月1日に生まれたアフリカ象の砥愛ちゃん。

砥愛ちゃんを見つけた方からは必ず歓声があがります。

わー、とか、きゃーとか思い思いの言葉で表現されるわけですが、
そういう私も、とにかくかわいすぎて「反則よねー。」と言ってしまいます。

走るときなんて

てけてけてけてけてけ…

しかも小さな耳がぱたぱたぱた…


f0297893_16581211.jpg


シャッターは押してみるけど、ふふふ… 私に撮れるはずがない。




今なら大中小揃ってご覧いただけます。(ってどんなん(笑)?)
多くの方は、お父さんとお母さん、そして砥愛ちゃんと思っていらっしゃるようですが、ブブブー!
お母さんとお姉さんです。



f0297893_16584591.jpg


この3頭は飼育員さんが大好きで、からみたくてしょうがないといった様子。
飼育員さんがホースで展示場をお掃除していたら、ホースを鼻で持ちあげてみたり、踏んづけて水を出なくしてみたり、と思いつく数だけいたずらをしてみます。



この顔。





f0297893_1636791.jpg




さて、何をたくらんでいるのでしょう(笑)
[PR]
by HGL-DTW | 2013-10-27 19:00 | 動物園(中四国) | Comments(8)

はぁーっ

シロクマ好きのZOO友達と集合!ということで、先週とべ動物園へ行ってきました。
当日は、ナイトZOOもあるということで時間はたっぷり~♪

のはずが。
シロクマ好きではあるけれど、とべ動物園には会いたい動物たちがたくさんいます。
そんなわけで、たっぷりあるはずの時間はあっという間に足りなくなってしまいます。

しかも当日の天候は雨…(-"-)がーん
相変わらずの雨女。

それでもゾウ舎にて、収容前のゾウたちを観察できるチャンスに恵まれたときは、奇跡的に雨が上がり、写真もそれなりに撮れたような気がします。


だけど…


「はぁーっ。」




f0297893_17421735.jpg



お見せできるような写真がない…。


私以外はみなさん一眼のいいカメラをお持ちで、重厚で響きのいいシャッター音がカシャカシャと連続する中、私のコンデジの望遠がウィーンウィーンと出入りを繰り返します。
ホントいうとそこで「私も買い換えよう。」と思うべきところなのだろうけど、意外とそういうのが楽しかったりする私です。



さて。
写真は、とべZOOにいらっしゃるキングペンギンさん。
お名前をちらりと聞いたことがあるような…でも定かじゃないからやめておこう。
私はこの方が大好きでうっかりするとここで時間を費やしすぎることがあります。
歩き方、鳴き方、じっとしていても何かを考えていそうな様子。
一挙一動がおもしろくて目が離せないので、何時間でも見ていられるなぁと思います。
今回も後ろ髪を引かれながら、ペンギン舎を後にしました。

一人きりでお住まいなので、いつも「お友達になりたいなぁ。」と思います。
冬の間、外を散歩することもあると聞きました。
一緒に歩いてみたいな。
[PR]
by HGL-DTW | 2013-10-26 19:00 | 動物園(中四国) | Comments(2)

dream   カワウソ舎

開園を少し過ぎたあたりから、もうさっそく眠りにつく動物たちの多いこと。


みんな今日は
どんな夢をみているのだろう。


f0297893_20593267.jpg


ぴゃあ。
もはやこの方の寝相は芸術ともいうべき。
バンジージャンプして落ちてる夢かな?

あまりの衝撃に、隣で眠るカイくんの存在を思わず忘れそうになりました。



f0297893_2102950.jpg


ローズ。
フラダンスしてる?


もぅホント笑いが止まらない、カワウソ舎。
[PR]
by HGL-DTW | 2013-10-24 21:15 | 徳山動物園 | Comments(4)

Are polar bears left-handed?

ユキの利き手(脚)検証以来、気になり始めた「利き手」の存在。

欧米では、ホッキョクグマの利き手は「左」と言われているというのに、ユキの行動を見る限りではむしろ右利きに思えてしまいます。
そもそも本当に利き手など存在するのか?

それならちょっとネットで調べてみようかと思ったら、まぁどこまでいったら結論にたどりつくのだろうというくらいに「?」が広がってしまいました。
夏休みのあいだ、子供たちを対象にラジオやテレビなどでよくある「電話で聞いてみよう」みたいなものがあれば、子供のふりをして(バレバレだけど)聞いてみたいと思ったくらいです。

利き手からどのくらい広がったかというと、つむじの巻き方と利き手の関係から、北半球の低気圧(コリオリの力)とか、DNAが右巻きだとか、犬の80%が右利きなのに、猫はわずか20%にすぎないとか…。
知りたいことからどんどん離れて行く感があり、広がりすぎです。手に負えません。

なので、とりあえず基本に戻ってみようと

「Are polar bears left-handed?」で検索。


いやー、実におもしろい!

たぶん海外の知恵袋のようなところへつながったと思うのですが、その質問に対していろんな方々が思うままにお返事を書かれていました。


f0297893_1821288.jpg

               左手で押さえてお肉を食べています。(ってことは右利き?)

ホッキョクグマが左利きというのは、北極圏に暮らす原住民(イヌイット)の間で長い間信じられてきたことなのだそうで、言ってみれば「言い伝え」だったようです。
獲物をしとめる時、左脚を使う、と。

また同じ言い伝えで、「えっ!?」と思ったのが、

獲物を見つけると、自分をカモフラージュするために右脚で自分の鼻を隠して近づき、左脚で仕留めると。
3本の脚でどうやって獲物に近づくのだろう…と素朴な疑問が浮かびます。
ぴょこぴょこ歩く(走る?)ホッキョクグマの方がよっぽど目立つ気がしますが。

その他のお答えとしては、

私、今日獣医さんへ行って来たのですが、そこのパンフレットにはホッキョクグマが左利きって書いてありました。とか

地球上で完璧な左利きである唯一の種がホッキョクグマだとか。

一番笑ったのが(笑ってはいけませんが)

「左利きに決まっています。だって私、ホッキョクグマが大好きなのよ。その私が左利きなのだから。」

爆笑してしまいました。
万国共通!LOVEホッキョクグマ♪


f0297893_18313230.jpg

               青菜も左手で押さえて食べています。 (やっぱり右利き?)

PBI(polar bears international) 【ホッキョクグマの保護活動を推進し、教育・調査・研究をしている団体】がそれらのことについて書いているページがありました。

数年にわたって何百時間にも及ぶ調査の結果、ホッキョクグマに利き手は存在しない。
どちらかの前脚を好んで使うことなどなく均等に使う。
また、鼻を隠して獲物に近づくハンティングを一度も見なかったことなどの記述があります。

なるほど、そうですか。

先日、ユキのぱくぱくタイムを見た時、食べ物は全て左脚で押さえて食べました。
が、転がってくるリンゴを脚で止める時、さっと右脚を使いました。
だからやっぱり右利きでしょう、と言いたくなるわけです。

この話は今後つづいていくことになるでしょう。

それと…
PBIのサイトで同じページに「ホッキョクグマは獲物をしとめるために道具は使いません。」との記述がありました。

すぐに天王寺動物園のゴーゴのことが頭をよぎりました。


f0297893_19183053.jpg

                    天王寺動物園 ゴーゴ ('12年12月撮影)


ゴーゴは、吊り下げられた肉の塊を落とすために、木の棒を使っていました。
そのことで海外の本に載ったくらいの有名グマなのです。
このこともいつか調べてみたいと思いました。

長いお話になりまして失礼しました。

はぁ~、楽しかった♪
興味をもつこと、これってホントに大切です!
[PR]
by HGL-DTW | 2013-10-23 19:00 | どうぶつのおはなし | Comments(6)

ユキのポッケ

ユキのポケットには何があるの?

f0297893_1961592.jpg



子どもの頃、おばあちゃんにおつかいを頼まれて
「これ持って行き。」と腰に巻かれたエプロンのポッケから
がまぐちを出して、小さく折りたたまれたお金をもらったことを
懐かしく思い出しました。




念のために申し上げておきますが
ユキのお腹にポケットはありません(笑)
[PR]
by HGL-DTW | 2013-10-21 19:30 | ユキ | Comments(4)

ユキ トド

なんだかユキの座り方がかわいくてシャッターを押してみました。


f0297893_22112959.jpg





ユキ、かわいい。


ぶよぶよのお腹、親近感がわきます。


じーっと見ているとなんだか笑えます。


この写真を影絵のイメージで見てみてください。

ユキとの間に白いシートがあって、ユキの後ろ側から光を当てたとします。





見えてきましたか?



トド!


姿・形がトドそのものです!

ユキに聞こえるとまずいから、小さな声で
よろしくお願いいたします。
[PR]
by HGL-DTW | 2013-10-19 19:00 | ユキ | Comments(8)

カワウソ ローズ

もう何度もご紹介しているローズです。

いろんな方から、「いつ行っても起きているローズに会えない。」と聞きます。
そんな方には閉園間際がおススメ。

最初にご挨拶に行った時は、麻袋がもそもそ動く怪奇現象(笑)。

「ローズ!」って呼ぶと

f0297893_13513088.jpg


「さっきまで寝ていたんだけど、そろそろ起きようかと思ってたところ。」と顔を出しました。
相変わらず麻袋が大好きです。



園内をひと回りして、閉園の音楽がかかり始めた頃行くと


f0297893_13581636.jpg


水が流れ出てくるのが楽しいようで、手を突っ込んでみたり、その下であたかも打たせ水を楽しむかのよう。


f0297893_1354196.jpg


「ここ、なんだか楽しい~。」とはしゃいでおりました。

最近は、エアコンをかける必要がなくなったおかげで開け放たれた窓から名前を呼ぶと、
こちらに小走りでやってきて、立ち上がりますよ。
「ピィ!」ご挨拶もしてくれたりして。


ローズとコミニュケーションをとりたいと思われる方は是非閉園間際の動物園へどうぞ。
[PR]
by HGL-DTW | 2013-10-16 19:00 | 徳山動物園 | Comments(4)

ユキ 利き手(脚)を検証

ユキが右利きかな、と軽い気持ちで書いたブログに意外な反響をいただきました。
利き手の方が爪が伸びやすいとか、そもそも利き手なんかあるんだろうか、とか。

そこまで突き詰めて考える気はなかったのですが、私も検証したくなりました。

まずは手元にある動画を無作為に選んでみたところ、8割の確率で右脚がでていました。

書き出してみると

前かき(欲しい!というジェスチャー)    右脚が主 右脚のあと左脚でやることも
ジャンプの踏みこみ     右脚
食べ物を押さえる    左脚
氷を押したり、おもちゃを移動させる  おもに右脚
でした!

うーん、と考え込んでいたところ、
「ホッキョクグマの場合、食べ物を押さえる反対の手が利き手」という記事を見つけました。
利き手は、万一のときすぐ攻撃できるようにあけておく、のだそうです。

ということは、間違いなく「右利き」!と考えました。


たくさんの方がユキの動画をアップされていますがその中でも最も多いものが、ユキが日中プールにいる場合にほとんどの時間を費やす「水中バック転」。
それを見てみると、やはり右利きなんだろうなと推測できます。
それを反対側でやることはまずありません。
必ず、ユキにとって右端の位置でやります。

壁にタッチする順序は、
右前脚→左前脚→(ターンしてから)右後脚→左後脚→右後脚→ぶはっ!   です。

ジャンプする時もほとんどユキにとって右側へ飛びます。

少し前、しかも携帯で撮った動画ですが【つまり画像が荒いと言いたい(笑)】集めてみました。





あと、もうひとつ爪の削れ具合で思いつくことがひとつあります。
ユキは左脚が少し痛い時があり、重心を乗せたくないとか使いたくないことがあるのかな、と。
そうなると、右の爪が短くなるのもうなづけるような気もします。

よって、たぶん右利きだろうな、
右利きなんじゃないかな
右利きだと思う。
今度ユキに聞いてみよう。

…って結論ないのか!



欧米では、ホッキョクグマには利き手があってそれは「左」だというのが定説だそうですが、どうなんでしょう。何をもってそう考えられているのか、今後も調査・研究が必要かもしれません。



いやぁ、利き手検証。とても楽しかったです。
素晴らしい機会をありがとうございました!
[PR]
by HGL-DTW | 2013-10-14 19:00 | ユキ | Comments(4)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite