どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

男鹿水族館GAO ミルク

降る雪を楽しむように見上げるミルク。


f0297893_1832080.jpg



ぱくっ、ぱくっと口を動かしながら雪を追いかけていました(笑)





今年も動物たちのおかげで色彩豊かな一年でした。
来る年もみなさまとどうぶつたちにとって幸多い年でありますように。
ありがとうございました。
[PR]
by HGL-DTW | 2013-12-31 19:00 | 動物園(東北) | Comments(0)

男鹿水族館GAO 豪太

秋田 男鹿水族館GAO
この冬1歳になったミルクのパパ 豪太。


さっきまで展示場にいたのに、姿が見つからない。
おかしいな、と思いながら探していたら…


f0297893_16453281.jpg




顔が岩からにゅーっと伸びて出てきて半分だけ(笑)
そしてまたにゅーっと岩へ消えていきます。
さすが水族館に住んでいるだけあって、その姿は私に「うつぼ」を連想させました。


探している私を見るのが楽しそうな豪太でした♪
[PR]
by HGL-DTW | 2013-12-30 19:00 | 動物園(東北) | Comments(0)

姫路市立動物園 ホクトとユキちゃん

姫路市立動物園 ホクト。


f0297893_23384018.jpg



久しぶりにお会いできて本当にうれしかった。
あいかわらずのイケメンぶり。
うっかりしていたけど、ふとした時の顔が「ゴーゴに似ている」ことで、そうだ!兄弟だったなと思い出した私です。


実は、この日、姫路城大天守修理見学施設である『天空の白鷺』を訪問。
8階の展望窓から市内が見渡せると知って密かに楽しみにしていたのですが、上空からホッキョクグマ舎を見学しました。

あそこにホクトとユキちゃんがいるんだなぁと眺めていました。


f0297893_034677.jpg



パートナーのユキちゃんは、出産の可能性があるためお籠り中。
寝室にはシートが施してありました。


f0297893_23411970.jpg


ユキちゃんの寝室の前で、まずはユキちゃんが元気でありますように、そしてもしも可能なら無事に赤ちゃんが生まれますようにと手を合わせました。

あとになって、この日、この場所にいたユキちゃんの腕には小さな赤ちゃんが抱かれていたことを知りました。
赤ちゃんは残念な結果になりましたが、それでもそこに一瞬でも立ち会えさせてもらえたことに感謝しました。

ユキちゃん、どうかお体お大事にしてください。

ホクト。言葉で伝えたことはなかったけれど、二人をずっと応援しているよ。
これまでも、そしてこれからも。



f0297893_08162.jpg


また会いに来るね、そう言って手を振りました。
[PR]
by HGL-DTW | 2013-12-29 00:15 | 動物園(近畿) | Comments(0)

ユキ もふもふ


f0297893_19392547.jpg




ホッキョクグマだっていうのに、冬になるとめっきりプールに入らなくなる。
でもそのモフモフが見られるんだもんね。

幸せだなぁ。
[PR]
by HGL-DTW | 2013-12-26 19:00 | ユキ | Comments(0)

京都市立動物園 オク ルイ

アオイさんの息子、2010年6月17日のオクと翌日生まれのルイ。

オクは、猛獣のなかの猛獣というイメージでした。
とにかく撮りにくかった。
手元に残ったオクの画像といえば、えさを食べている後姿とこれくらい(T_T)

f0297893_1833254.jpg


オク、未熟でごめんね。



対して、三男のルイ。
クラスの中に一人はいる、おもしろくてそばにいると楽しい男子。そんなイメージかな。
人にすごく興味があって、いろんな人と遊んでいました。


f0297893_18373758.jpg





アムールトラたちが住む獣舎は、空中通路があって、頭上を移動する姿をみることができます。
私が見たのは、夕方のえさの時間でしたので、肉球をじっくり見るつもりだったのに、通路を抜けるのが早いこと!朝はゆっくり出て行くのでしょうね。それを見てみたいものです。

京都市立動物園発行のガイドブックによれば


f0297893_18491414.jpg


こういった造りになっています。
(オレンジの文字は私が書きたしています。)

私が行った日は、えさの時間になると、まずアオイさんが後ろの寝室へ。
ルイは、となりのBの寝室へ。
オクが、空中通路を通ってアオイさんがいた展示場へ移動してからAの寝室へ入りました。

この時のオク。すばやい移動で軽やかに地面に降りた後、パンチを繰り出しながらしきりに飼育員さんに対して、地鳴りのような声で呻っていました。怖いくらい迫力がありました。
いつものことなのか、「はいはい、お腹がすいたね。」と軽く流されていましたが…(^^;
少しお話を聞いてみたかったのですが、残念ながらチャンスがありませんでした。

この配置のおかげで、デルタエリアをあっちへ行き、こっちへ行きして楽しめます。
なにしろ時間が少なすぎて残念でしたが、次回はぜひゆっくり堪能したいです。


追伸 【ショップで販売されているガイドブック、かなりおススメです!】
[PR]
by HGL-DTW | 2013-12-24 19:30 | 動物園(近畿) | Comments(0)

京都市立動物園 アオイさん

京都へ行く楽しみのひとつに、アオイさんをはじめとするアムールトラたちに会うことがありました。

アオイさんのご長男、アビくんには福山動物園にてお会いしておりますので、アオイさんには、『ご挨拶が遅れました。』といったところでしょうか。


アオイさん。
奥に鎮座され、こちらを観察していらっしゃいました。

f0297893_14495377.jpg


美しくて高貴なイメージ。
みなさんが『姫』と呼ばれるのがわかるなぁと思いました。

ご挨拶すると丁寧に返してくれました。
発情が始まっているのでしょうか。
前に来てネコパンチしてみたり、すりすりします。
アオイさんがすりするするたびに、直前まで降っていたであろう雨のしずくをアオイさんのひげがはじいて、私の顔に飛んでくるので、「ぷっ!」とかいいながらもヘラヘラしてしまいました。

ここの獣舎はそれくらい動物たちを近くで感じることができます。
今度はゆっくり時間をかけて訪問して時間を過ごしたいところです。
[PR]
by HGL-DTW | 2013-12-22 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

平川動物公園 ホクト

去年撮影したものになりますが、ホクトとカナはどうしてるかなと思いながらデータを見ていたら、やっぱりイケメンだから、ブログに載せることにしました。

12年11月15日。初めて訪れた平川動物公園。
着いた時間が遅かったのと、順路から行くとホッキョクグマが一番最後になってしまうことなどなどでホクトに会えたのは閉園間際でした。

f0297893_22335797.jpg


1990年11月24日 旧東ベルリン フリードリヒスフェルデにあるベルリン動物公園出身。

同居しているはずのカナさんに会えなかったのが残念でしたが、もしかしてのニュースがあるのかなと楽しみな気がしたり、少し不安もよぎったり。



f0297893_22352359.jpg



とにもかくにもホクトのイケメンっぷりに心を奪われた私です。

日中はゆったりモードが多いホッキョクグマも、閉園間際って活発に動いてる時間だと思ったけど、この日のホクトにそれはあてはまらないようで、なんだか逆にこちらを観察されている気もしました。

ただ…
『もう帰りたい。』
そんな気分なのは、手に取るようにわかりました。


f0297893_22374895.jpg



うーん。そんな目で見られても、私は開けてあげられませんがね。

それでしたら、と自分でお願いするホクトでした。



f0297893_22383573.jpg



『あのー、ちょっとすみません。お願いしまーす。もう帰りたいんですけど。もしもーし。すみませーん。』



そんな声が聞こえそうな背中。
[PR]
by HGL-DTW | 2013-12-19 19:00 | 動物園(九州) | Comments(0)

アドベンチャーワールド 優浜

2010年8月10日生まれです。
今年9月26日、母 良浜から離れてひとり立ちしました。
お父さんは先日ご紹介した永明です。

入園してすぐに、優浜がいる「PANDA LOVE」に向かいました。

f0297893_18155746.jpg


お皿を持って、上手にミルクを飲んでいました。
『かわいく撮ってね!』と言ってるように見えます。

パンダってしぐさの一つ一つが悩殺的にかわゆいです。
まるまるしているので、コロコロ転がしてみたくなります。


それにしても、パンダにとってのお行儀のよい食べ方ってどうなのかな?と疑問に思うのですが、ご存知ですか?


f0297893_1816776.jpg



私が、こんな食べ方してたら、どこかの国の元大統領みたいに、のどに詰まらせて大変なことになっちゃいますよ。

だけどきっとこういうところが、パンダに心奪われる要因のひとつでもあるのでしょうね。
ここにいる間ずっと 『ふふふ♪ ふふふ♪』 を繰り返している自分に気づいて、これまた 『ふふふ♪』 なのです。



(パンダの爪の向きって興味深い!)
[PR]
by HGL-DTW | 2013-12-18 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(2)

京都市立動物園 美都さん

1979年8月8日 来園 (推定8歳にて来園)
マレーシア出身の美都さん。

f0297893_18283326.jpg



おぉぉ(泣)
きっと私が動物園に着く前には雨が降っていたのでしょうね。
残念ながら、外の運動場にいる美都さんに会うことはかないませんでした。

『美都さん。初めまして。お会いできてうれしいです。』

美都さんが子どもがあまり好きではないと聞いていましたので、できるだけ静かに大人の雰囲気でご挨拶しました。

じーっと私を見ていらっしゃいました。

ひとしきり私の観察を終えたのでしょうか、おもむろに奥からこちらに近づいてきてくれました。

すると…

シャッ!

水をかけられました。

私、以前徳山動物園に住んでいたマリ(アフリカ象)によくかけられていましたので、くるりと身をひるがえして逃げました。

『なーんで水かけるのぉ。』と笑いながら聞いてみました。


f0297893_1837460.jpg


じーっと私を見ています。

そこでマリとの出来事をあれこれと思い出して、気分はセンチメンタル。

そこでまた

シャッ!

『なーんで(笑)?』

じーっ。

完璧におもしろがっている様子です。
私がどういう行動をとるのか観るのを楽しんでいるように見えます。

こういう時のシャッ!は、ライナーではなく、フライのような水のかけ方をします。
私に逃げる余裕を与えてくれている気がします。

などを考えていると…

また

ご丁寧に淵の堀になっているところから水を鼻に吸い込んで

シャッ!!

『ふふふふ~♪』

何度繰り返したでしょうか。


そこには美都さんと私だけ。
極上の時間を過ごしました。
[PR]
by HGL-DTW | 2013-12-17 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

ユキ 裏側

普段見ることができないユキの裏側(?)をお見せします。

f0297893_1742437.jpg




『ん゛ーーーっ!』  こう見えて背伸びしています。

なんだかいろんなことを想像してしまう。


何が見えますか?
[PR]
by HGL-DTW | 2013-12-16 19:00 | ユキ | Comments(2)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite