どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ユキと離れる日

動物園にユキに会いに行くのが楽しみになってからずっと、心の片隅にあった気がかりなこと。
いつかやってくる引っ越しの日。
とうとうその日がやってくることになりました。

今年の初めに今のおうちに引っ越してきて動物園がより近くになったから、雪が積もった朝に歩いて動物園へ行って、運動場をぞうきんがけするユキを見るのを楽しみにしていたのに、その日を待たずに別の場所へ行かなくちゃいけないのは心残り。


f0297893_21454384.jpg



ユキちゃんは私を覚えていてくれるかな。

f0297893_21364037.jpg


時々思い出してくれるかな。

f0297893_21365954.jpg


久しぶりに行っても、ご挨拶しに来てくれるかな。

f0297893_2134428.jpg


私はわけあって今のようにユキに会えなくなることを話してはみたけど、ちゃんと伝わっているかな。



そんな思いをプールを歩いていたユキにつらつらと話していて、「私がユキを忘れないように、ユキちゃんも私のことを覚えていてくれるかなぁ?ははは・・・ユキちゃんは忘れちゃうよね。」と言ったら、ぴたっと歩みを止めてじーっと私の目を見ました。
まるで、「なんで?そんなわけないじゃん。」と言っているようで。

f0297893_2139738.jpg


偶然だとわかっているけど、もうそれだけで私は十分幸せな気持ちになれたから。


ユキちゃん。たくさんの幸せな時間をありがとう。
いろんなことを教えてくれて、私の世界を広げてくれてありがとう。
今みたいに会えなくなるのは本当に淋しくて、ユキちゃんのいない生活って想像できないけど、でも私、必ず会いに来るから。「また来た!」って言われるくらい来るから。
遠く離れていても、ユキちゃんが元気で幸せでいてくることを祈っています。
ユキ、大好き。

f0297893_2136267.jpg






引っ越しの荷造りも佳境を迎えて、数日後には周南市を離れます。
ここ数日間更新できないでいた間もたくさんの方にご訪問いただき、感謝しています。
少し留守をするかもしれないけれど、またここでお会いできますことを楽しみにしています。

f0297893_2139267.jpg


ひとまず
ありがとうございました。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-11-30 21:46 | ユキ | Comments(10)

ひびき動物ワールド シマオイワワラビーのえさやり②

シマオイワワラビーのえさやりタイムは、毎日14時からあるそうです。

さすがに毎日されているだけあって、スタッフの方々が準備をし始めるとソワソワして、受付のテーブルの下をくぐって、お迎えに来てくれました。

ワラビーたちと一緒に写真を撮ることができるので、スタッフのお姉さんがカメラチェックをするのに撮影を始めると、心得たものでポーズをとっているようにも見えました。

f0297893_20501427.jpg


ここにやって来てくれるのは、ほとんどが人に育てられた子なんだそうです。だから人馴れしています。

f0297893_20543495.jpg


「ねぇ、ねぇ。」と言って、このワラビーさんに袖をひっぱって催促されました。

4、5頭いてくれたと思いますが、その中で、「この子だけはそうではないんだけど。」という子がいました。その子はお母さんが人工哺育だったそうで、その影響が大きかったのでしょうね。

サツマイモを細くカットしたものをあげます。

f0297893_20582094.jpg


はい、どうぞ。  ははは、うれしそう。

f0297893_20583573.jpg


おいしいんでしょうね、うっとり。

f0297893_20593435.jpg


むしゃ、むしゃ。

f0297893_2101188.jpg


木枯らし紋次郎風。



おもしろいことに、その日私が被っていた帽子のひもがサツマイモの色にそっくりだったので、私のあごあたりに何度も手を伸ばしてきました。


もう手には何もなかったのですが、「はい。」というと

f0297893_2112221.jpg


うん?

とこちらを見る姿もまたかわいかったです。
あー、また会いたいな。




近いうちに行こうと思っていたけど、今度はバラの季節に行ってみるのもいいな。
そうなんです。ここグリーンパークにはバラ園があって、苗の販売もされていました。私が行った11月上旬でも花を見ることもできましたが、きっと5月あたりにはそれはそれはキレイな花が咲き誇っているんだろうな。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-11-25 19:00 | 動物園(九州) | Comments(0)

ユキ 気になるらしい

ひたすら水中バック転を繰り返しているので、メールの返信をしていたら、

f0297893_2133139.jpg



「見ないの?」とこちらを確認する。

「見てるよ。」と言うとまた5分ノンストップ水中バック転が始まる。メールの続きを、とし始めると、また

f0297893_21355736.jpg


「見てる?」とこちらを見る。


ユキのことを見ないで、お友達や飼育員さんと話し込んでいるとよく見られる行動でもあります。
全く気にしてなくてバック転ばかりをやっているようで、実のところやっぱり見ていてほしいのだなと思います。そういうところがまた可愛らしいなとまた好きになります。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-11-24 19:00 | ユキ | Comments(0)

ユキ ぶはっ

ユキが日課にしている(?)水中バック転ですが、初めてご覧になる方は、たいていユキが浮上してくるときの『ぶはっ!』に興味を示されます。
ペースが決まっているので、同じタイミングで聞こえるその音がおもしろいようです。
よく、「『ぶはっ!』だって、はははは。」とか、ユキと一緒に口にされる方も。

ユキにとってこの音は重要なようで、たまに『ぷすぅ』なんてことになったら、なんだか恥ずかしそうに見えるんですよね。
心の中で「もう一回!」って思っているんじゃないかと。



f0297893_21271028.jpg


あぁぁ、こんなふうに泡がたくさん見える時は吐くタイミングを間違っているとき。ぷすぅ、です。

いい音がするときは、

f0297893_21282434.jpg


これこれ!こんな泡になるときです。

やり直しでうまくできたときのユキ。

f0297893_21285655.jpg



なんだか嬉しそうでした!

こだわりがあるんだよね、きっと。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-11-23 19:00 | ユキ | Comments(0)

ユキ あれっ?

今日は予定がつまっていたのだけど、ほんの少しでもユキに会えるならとその中に動物園をねじ込んで、珍しく午前中に会いに行きました。

眠っている時間だなと思いながらスロープを上がると・・・

f0297893_1843188.jpg



ふぁぁぁ~。

なんだかもぞもぞしています。
体をカキカキしてみたり、ゆらゆら揺らせてみたり、うーんと伸びしてみたり

f0297893_18514666.jpg


まだ眠そうなユキでした。

f0297893_18522523.jpg


あれっ?えっ!?


f0297893_18524472.jpg


あれっ?寝すぎちゃいましたか、私?



いつも夕方に会いに来る私に気づいて、またこんがらがっちゃいましたか(笑)
ふふふ、ユキってほんとおもしろい。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-11-22 19:00 | ユキ | Comments(0)

ユキオさん 大好き

ユキオさんに会いに行きました。動物園に行くつもりで東京へ出かけたわけではなかったので、会えただけでうれしくなりました。

f0297893_194136.jpg


ガラス近くにいてくれるユキオさんはあえてそうしているのか、「ホッキョクグマを観察したい人はその場所で、私、ユキオを堪能されたい方は反対側へおまわりください。」、と言わんばかりに顔をこちらに向けることはしませんでした。

ガラス近くにいらっしゃる方々は、「根競べだな。」と言いながらユキオさんがこちらを向くのを待っていたり、「わぁ、大っきい!」「でかっ!」「あの脚見て!」など思い思いのことを口にしておられました。

ちらりとこちらを向く(この角度が最大でした。)ユキオさんは、みんなの思いの全てを知っている、そんな顔をしていました。

f0297893_1994441.jpg


ユキオさんの鼻回りに見える線が人間でいうシワのように見えて、とてもステキです。大人のホッキョクグマ感満載です。

ユキオさんのおうちをぐるっとまわりこむように歩くと腰のあたりにのぞき穴があるのをご存じでしたか?

f0297893_19153474.jpg


ここをのぞくときは必ず鼻をひくひく動かす私です。ユキオさんの匂い、どんなだろう・・・。


やっと顔を見ることができるところにやってきました。

f0297893_19164829.jpg



眠そうにしてはいるものの、時々顔をあげて、みんなのことを見ます。
鼻をねじらせておもしろい顔をしてみたりするユキオさんと目が合いました。

f0297893_19191617.jpg


とても優しい眼差しにふいに心が揺さぶられ、「やだー、ユキオさん。そんなお顔されたら泣いちゃうよー。」って口にしたときには、すでに涙がこぼれていました。


実はその日の私の心はぺしゃんこだったのです。そしたら、ユキオさんったら

f0297893_19223295.jpg


「大丈夫だよ。 It'll be all right.」って微笑んでくれました。

(T_T) もぅダム決壊・・・


ユキオさんはやっぱりユキオさんでした。
私の悲しい気持ちも辛い思いもすべて引き受けてくれた気がして、大きな懐のユキオさんに会いに行けてよかったと心から思いました。
そしてまた今まで以上にユキオさんのことが大好きになりました。
ユキオさん、ありがとう。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-11-20 20:00 | 動物園(関東) | Comments(2)

ユキ Happy Birthday♪

ユキちゃーん。
今日は一日遅れだけど、特別な日だよ。
昨日は残念ながら閉園日だったからお祝いできなかったね。


f0297893_1834692.jpg



かんぱ~い!

生まれて来てくれてありがとう。
ここにいてくれてありがとう。
元気でいてくれてありがとう。
今日も会えたことにありがとう。

思いつくありったけの言葉を送って、二人でお祝いしました。

30歳になったんだね。
30歳ってすごいことなんだよ、ユキちゃん。


f0297893_186825.jpg



ユキは、私のはしゃっぎっぷりに半ばあきれているかのようでしたが、去年とは違って笑ってくれている?


今年も一緒にお祝いできた誕生日。おめでとう!
いつも以上にユキにいーっぱい「大好き」を言った日でした。


f0297893_18125790.jpg



そしてなんだかユキも嬉しそうな日。
だから私も嬉しい日。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-11-19 19:00 | ユキ | Comments(4)

ひびき動物ワールド シマオイワワラビーのえさやり①

シマオイワワラビーのお話をしたときに、えさやりの時間については後日お話をしましょうと言いつつ、できずにおります。
今しばらくお待ちくださいませ。(するのだと思ったでしょ(笑)

今日はチラ見せ。

こーんなふうに待っていてくれます。

f0297893_2165941.jpg



ここに来てくれるのは、人とふれあうことに慣れていて来たい子だけが来るようでした。
前回ご紹介した、柵のないところをくぐって出迎えてくれました。

カメラを向けても

f0297893_21142127.jpg



こんな余裕たっぷり。かわいすぎる!


でもって


f0297893_21145225.jpg



いやいや、近すぎるでしょ、それは(笑)
[PR]
by HGL-DTW | 2014-11-17 19:00 | 動物園(九州) | Comments(0)

グリーンパーク 熱帯生態園

ひびき動物ワールドは、グリーンパークという施設に属しています。
このパーク内でグラウンドゴルフができたり、バラ園があったり、大きな芝生広場があったり、いろんな楽しみ方ができるようでした。

その中のひとつ、熱帯生態園へ行ってみました。
いやー、私には見ごたえがありましたよ。

まず入口にグリーンイグアナさんがいらしたのですが、展示場のライトが緑色で、本来のあのなんとも表現できないほどに美しい色を見ることができず、とても残念でした。
そして、福山動物園のグリーンイグアナさんのことを思い、あの大きさは果たして何歳なのか、今度伺ってみようと思いました。


さて、中に入ると、当然ですが湿度・温度ともに高めで、木々が生い茂りうっそうとした雰囲気です。

f0297893_204635.jpg



ひらひらと蝶々も舞っていました。オオゴマダラ、日本一大きな蝶だそうです。

f0297893_2064269.jpg




歩みを進めると、脇には、爬虫類や両生類、

f0297893_20915.jpg


(おなじみエボシカメレオン)


f0297893_2083835.jpg


f0297893_2084967.jpg


(イエアメガエル 私のツボにハマったようで、ここで思った以上に時間を費やしてしまいました。色もへんだかおかしいのだけど、ピントが全く合わなかった・・・。)


f0297893_20152685.jpg


(マルメタピオカガエル 死んでいるのかと思った。愛嬌のあるお顔で人気があるのはわかる気がします。)



いろんな種類の食虫植物や、

f0297893_20134022.jpg


(ひとつずつ解説があり、ほほーぅと感心しっぱなしでした。)


鳥に、

f0297893_20175930.jpg


(ヒムネオオハシ?オニオオハシ以外のオオハシたちは初めて見ました。)

f0297893_20353960.jpg


(シロムネオオハシでいいんですかね? この鳥たちも全くピントが合いませんでした・・・。)


そして、池や水槽に魚が泳ぎ、

f0297893_2022052.jpg


(レッドテールキャット 大食漢なんですって。親近感が湧きます!)


こんな生き物もいます。

f0297893_20183782.jpg


初めて見ました。パッと見、クモのように見えたのですが、ヤシガニという陸上で生活する最大のヤドカリだそうです。うーん、ヤドカリのイメージが変わりそう。『ハサミ脚は強大で、人間の指くらいなら簡単にへし折ってしまいます。』と書かれていました(^_^;) 指くらいならって・・・怖っ。


スッポンモドキがぶくぶくと泡が立ち上る水槽を気持ちよさそうに泳いでいたのを見て、とてもいい気分になりました。帰って確認したら、スッポンモドキがもはや「もどき」どころではなくなって、「すっぽんのようなもの」に進化していましたので、ここでは割愛させていただきます。


熱帯生態園。カンガルーたちに囲まれていた気分とはガラッと変わって、それはそれでとても楽しかったです。
うん、ここにもまた行きたいなー。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-11-16 21:00 | 動物園(九州) | Comments(0)

孤高のシマオイワワラビー

少しずつご紹介しているひびき動物ワールドのつづきです。

私たちが入ることができる、イースタングレーカンガルーさんたちがたくさん暮らしている大きな広場とは別の敷地で暮らすカンガルーさんたちもいました。
なんらかの理由があるのかないのかはわかりませんが、数十頭ほどがいました。
たとえばどんな理由か?と自分で妄想してみたのですが、あらぬ方向へどんどん走りしたのでやめることにしました。

ふと目をやると、あれ?
オオカンガルー(イースタングレーカンガルー)の中に一頭だけ、シマオイワワラビーがいます。
しかも、一頭だけだというのに、まったく違和感なく馴染んでいるようでした。

ちょうどそこにスタッフがいらしたので尋ねてみると、血統がはっきりしているので、ということでした。
へぇー。考えてみれば、100頭を超える飼育数で管理するとなると大変です。

それにしても、見れば見るほど、そのシマオイワワラビーは落ち着き払っています。
自分の体の何倍もあるオオカンガルーさんたちに囲まれて、しかもたった1頭だけのワラビーだというのに。


f0297893_2021333.jpg



まるで悟りを開いたようなこの姿はシマオイワワラビーの特徴で、オオカンガルーは落ち着いていると横になって寝そべるのに対し、リラックスするとこんなふうに座るのだそうです。


しばらくパーク内をめぐって戻ってきたときも

f0297893_204416.jpg


とぉーくの隅にいらっしゃいました。
余談ですが、この姿を見た時、団体行動のできない自分を思いとても親近感を持ちました。

f0297893_2054097.jpg


一人で淋しくないのかと思っていたのですが、聞けばこの方、自分のことをシマオイワワラビーと思っていないふしがあるそうで(笑)

孤高のシマオイワワラビー。
その時はとくに何も思いませんでしたが、どうしてオオカンガルーと一緒にしてみようと思われたのでしょうか。
すぐに馴染んだのでしょうか。聞いてみたいです。
やはりもう一度足を運んでみようかな。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-11-15 19:00 | 動物園(九州) | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite