どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

セスジキノボリカンガルー

日本国内ではズーラシアでしか飼育されていないセスジキノボリカンガルー。
初めて見たときの感想は、「心を捕える不思議な動物」。
名前からして、区切るところを間違えたら絶対に言えそうになくて、キンカジューと同じくらいインパクトがあります。(キンカジューは、初めてその名前を目にする人は半数以上がキカンジューと早読みしてしまうのではないかと・・・)
背中にスジのある木登りが上手な(木の上で暮らす)カンガルー、と思うと簡単ですが。

f0297893_224197.jpg


ほらね。こんなふうに背中にスジ模様があります。
体は案外小さいのです。体長と同じくらい長いしっぽをお持ち。
木登りするとき、このしっぽでバランスを取るのですね。

今まで写真や動画でしか見たことがなく、会いたいと思いながらもなかなか実現しませんでした。
以前、ズーラシアを訪問したときは、公開されていなかったし(T_T)

ついにお会いすることができました!

f0297893_22442437.jpg


毛並み、配色、模様、動き、そして目の色の美しさ。
すべてが新鮮で時間を忘れて眺めていました。

f0297893_224852.jpg


手や足の先は白くて、長い爪は木登りのため?

f0297893_22505031.jpg


セスジキノボリカンガルーという名前のとおり、木登りはお手のもの。ササササ・・・と登っていきます。
対して、木から降りるときのぎこちなさといったら、「もしかして高所恐怖症ですか?」と尋ねたくなるほどです。お尻から降りていくのですよ。ほら、ユキがプールに入っていくときのように。
しぐさが可笑しくて、笑いをこらえるのに必死でした。

f0297893_22523260.jpg



地面で普通に歩くので(カンガルーって「歩く」という動きはしませんよね。)カンガルーということを忘れているのですが ぴよーん、ぴよーんと飛んで移動するのを見ると、「あ!そうだった。カンガルーなんだ。」と思い出すことになります。そのくらいカンガルーとは思えない動物なんです。(私だけの感覚なのかもしれないけど)

f0297893_2258676.jpg


時々、葉っぱを食べていました。

私の記憶では、ワリさんとタニさんの2頭がお住まいのはず。となると、私がお会いしたのはタニさんかな?
もっとも私はつい先日まで私が会ったのは「ワニ」さんだと思っていたのです。
2頭がごっちゃになった名前(^_^;)

とにかく楽しくてできることならずーっと眺めていたかったなぁ。


この遠征あたりから、あまりシャッターを切らなくなりました。
もっと動物と向き合いたい、感じたい、と思ったのです。
その両方ができるほど器用な人だったらよかったのだけど。

動物たち、ばんざーい。いつもありがとう。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-02-27 19:30 | 動物園(関東) | Comments(0)

とべ動物園 キリンの瞳に大接近

2月22日の「ネコの日」にちなんで、ネコ科動物限定ガイドがあると知って、松山行きの飛行機を予約したのは1月のことでした。
実は、このイベント、昨年も開催されて、行く予定にしていたのに体調がよくなくて泣く泣く断念しました。
今年こそは!と意気込んでいたはずなのに、少し早めに並ぼうと事務所へ向かった時にはすでに長蛇の列となっていました。

ははは・・・(^_^;)

もちろん、参加できませんでした。
でもまぁ、寝室へのご招待はないにしても、ガイドは一緒に聞けますよ~とのことだったので、ガイドを聞かせてもらって参加した気分になってみたりして。

参加できなかったのは残念だったけど、さほど落胆しませんでした。だってそれならそれで別の楽しみ方もありますし。

そこで『キリンの瞳に大接近』。
普段は入ることのできないキリンの寝室へご招待いただけるイベントです。
動物園への訪問は平日のことが多い私にとって、日曜日のみに開催されるこのイベントは夢のまた夢のようなものでした。
徳山動物園から婿入りした「リュウキ」に近くで会ってお話できたらなぁとずっと思っていたのです。
ねこ歩きに参加できなかったことで、その機会が思いがけずやってきました。

「では、ご案内します。」
寝室へ入ります。

f0297893_22374361.jpg


これは、奥から入口に向かって撮ったものです。
一番手前がユウマ、真ん中がさくらちゃん、そして入口から一番近いところにリュウキがいます。
もぅドキドキですよ。なんというか元カレに会う気分。


f0297893_2225886.jpg


「リュウキ。」

何度か名前を呼びながら、近づいてきてくれるのを待ちました。

「リュウキ、おいで。」

f0297893_22263713.jpg



少し遠巻きにこちらを見ていましたが、わぁー!近づいてきてくれました。




f0297893_2228495.jpg



「来てくれたのー!ありがとー。」とかなんとか言ってたような気がしますが、もう気持ちが高ぶっていてよく覚えていません。

近づいてきてくれても、私から手を出したりしませんよ。あくまでも近づいてくれるのを待ちます。
驚かせたくないし、怖がらせたくもないし。
以前、徳山動物園でキリンのえさやりを体験したとき、じっと待っている私のほっぺに、ゴンタさんがお口のもふもふをタッチしてくれたことがありました。
あのときは本当にうれしかったし、あの感覚は一生忘れないと思います。

そんなことやリュウキが小さかった頃のこと、旅立ちの練習をしていた頃のことなど、いろんなことを思っていました。

「ボク、大きくなった?」

f0297893_22352626.jpg


ふふふ。大きくなったね。
ゴンタお父さんはゆうに5メートルはあるから、リュウキももっと大きくなるよ。


メンズのあいだにいるさくらちゃんは、うまく撮れませんでした。
これは、リュウキとお話していたところ。奥がさくらちゃんです。(よく見えませんが・・・

f0297893_22423752.jpg



それからユウマは、

f0297893_22431379.jpg



f0297893_22433283.jpg



あわわわ。近すぎてびっくり。
リュウキもそうだったけど、鼻息がぶ~~~~~~~って。

楽しすぎてもぅフニャフニャ。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-02-25 23:00 | 動物園(中四国) | Comments(0)

みさき公園 どうぶつえんエリア

昨日からの続きです。

メインゲートをくぐって目に飛び込んでくるのは、キリンでしょうか。

オスの仙一。もしかして関西の方ってこの名前をつけるのが好きなのかなと思っていたら、彼は静岡の浜松市動物園生まれ(’03年10月12日)でした。

f0297893_19111114.jpg



f0297893_19112631.jpg


こんな撮り方しかできなくて、ごめんね、仙一くん。


女の子は、音羽ちゃん。パッと見た瞬間、とてもおしとやかで上品な印象を持ちました。

f0297893_1912123.jpg


出身を見て、なるほどと膝を打ちました。(おやじかっ!)’09年7月11日 京都市動物園生まれ。

f0297893_19124252.jpg



いずれはその時が来るのでしょうが、私が訪問したときには、同居していませんでした。
美男美女カップルですので、将来が楽しみですね!


みさき公園は、カンガルー舎探検というイベントもされています。定員があるようですが、今度チャレンジしてみようかな。
カンガルーたちはいつでも癒しと笑いを提供してくれます。

朝のミーティング中。

f0297893_19161673.jpg



背中がかゆいの?カキカキ

f0297893_19164791.jpg


こういう子を見ると手を貸してあげたくなります。

眠っているのだけど、その手がなんだか気になります(笑)。

f0297893_19173443.jpg



テレビの前にそのまま運んだらしっくりきそう。

f0297893_19183296.jpg



ケージ前には、カンガルーの紹介がありました。
1頭、目が見えていないだろうなと思えるカンガルーがいて気になっておりました。
その子は、「インギィ」という名前だそうで、平成19年6月1日生まれとありました。目が見えなくても音と匂いで人や餌の場所がわかるのだそうです。
こういう掲示はいいなぁと、いつも思います。
短い紹介文のなかに飼育員さんの愛がいっぱいつまっている気がします。

f0297893_1919718.jpg



アメリカビーバーさんもいました。
ガラス越しで見えにくかったけど、二人でひっつきもっつき、なんだか楽しそうなのはわかりました。

f0297893_19232219.jpg



それから、毛づやがよくてかわいいツキノワグマ。2頭で暮らしていますが、1頭はすでにまっくろの塊と化していて、この方はメスのクマコさんかな。

f0297893_19251554.jpg


やってくるひとたちが自分にえさをくれないかと実はひそかに待っています(たぶん)。
ご心配なく。クマ用のえさが販売されています。

とびとびでしかご紹介できていないのですが、機会を見つけて他の動物たちのお話もしたいと思います。


「また来てね~!」ってイルカたちも言ってくれたから、また近いうちに訪問します!

f0297893_19262952.jpg

[PR]
by HGL-DTW | 2015-02-24 20:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

みさき公園 どうぶつえんエリア

みさき公園へは初めての訪問だったので、やりたいことは全部やってみようと決めておりました。

入園したらまずシャイニースタジアムへ。
イルカと記念撮影とカワウソと遊ぼ♪という2つのイベントにサインアップ。いずれも先着順ですのでわき見をせず、まっすぐに向かいました。

どうぶつえんエリアといっても広いのですよ、これが。しかもうっかりなめてかかるととんでもなく時間を忘れてしまうことになりますのでご注意。わたくし、ひとつ立ち直れないほどの失態を・・・。なんと、ペンギンウォークを見逃してしまいましたの。




まずは、ペンギンとアシカに出会いました。

アシカ好きの私なので、アシカたちを見ていると時間を忘れます。
3頭がお住まいでした。ご家族だと思いました。

f0297893_20323090.jpg


オスをみていると、徳山動物園にいたシャップを思い出し、メスを眺めていると、徳山にいて鹿児島の平川動物園へ旅立ったミュウを思い、気分はノスタルジック。
小さな体の子どももスイスイ泳いでいました。

f0297893_20353199.jpg


ときどき、こうして観察も。

アシカってヒトをとてもよく見る動物だと思うのですが、そう思うのは私だけでしょうか。
私の目の前を通り過ぎる時、必ずといっていいほど、こちらを見ているような気がします。

f0297893_20373057.jpg



もう少しプールが大きいといいのにね。徳山動物園のフンボルトペンギンのプールを貸してあげたくなりました。もともとアシカが住んでいたあのプール、ペンギンには大きすぎるのか、半分しか使っていなかったもの。今はどうなのかな?
そんなことを考えながら少し歩みをすすめます。

カピバラのプールへお湯が注がれていて、運が良ければ入っているのをみられるかも?と書かれていましたが、みなさん次から次へとお入りになります。

f0297893_20511318.jpg


子どもたちには大人が入ると湯量が増していいですね。(笑)


そうそう。フタユビナマケモノがいらっしゃって、ぶらさがって眠っていたり、寝転がってあらぬ姿で寝ていたりしていたのですが、そのいずれも映り込みがひどくて撮影は無理でした。
そこで落胆していたのですが、そんな私をびっくりさせる出来事が。

ナマケモノなのに、ゆーっくりのはずなのに、おしゃべりなんて聞いてたらすぐに夕方がきてしまいそうなのに、私の目の前をさっそうと通り過ぎてゆく・・・

f0297893_2055477.jpg


はーい

f0297893_2056384.jpg


わたし

f0297893_20561790.jpg


ナマケモノ



速っ。行っちゃったよ。
驚いたなー。そんなに速く移動できちゃうなんて。しかも1歩?ん?なんというべきかわからないけど、手が長いものだから移動距離が想像以上に長いのです。


それからミツオビアルマジロもいらして、いつも丸くなって眠っているか、どこかに隠れていてよく見えません、というイメージなのに、このアルマジロは、ふしぎの国のアリスの冒頭にでてくるウサギのように忙しそうであたふたしておられました。あまりの動きの速さに私の腕では撮影できませんでした。

でもとにかく楽しい!
もう撮影なんてどうでもよくなりました。今日は楽しむぞー!

それからイルカのショーを見て

f0297893_2105517.jpg



パフォーマンスをしながら、プールの中からドヤ顔でこちらをみているイルカたちの表情が楽しくて可笑しくて、笑いっぱなしでした。

そのあとでイルカと一緒に写真を撮りました。
ポーズを決めているイルカに感謝の気持ちをこめて私もポーズをとりましたら、そばで見ていたスタッフが「ステキなポーズ!」といって褒めてくださいました。ふふふ

つぎは・・・

f0297893_212267.jpg


これ~。

ピンクのサンダルに履き替えて順番を待ちます。
手を消毒してカワウソが待っているお部屋に入りました。


f0297893_21636100.jpg



コートのポケットに手や顔をつっこもうとしたり、背中から頭の上に乗られちゃいました。ふふふ
お礼に癒しのマッサージを施し中。

2頭がいて、スタッフがお名前を紹介してくれましたが、カワウソとふれあいに夢中で忘れちゃいました(^_^;) 確か、ララというメスとその姉妹の子だったとうっすらと記憶が・・・。

それにしても時間があっという間にすぎて、すぐに交替になりました。

あー、また行きたい。

みさき公園のどうぶつえんエリア。まだまだ続きます。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-02-23 21:30 | 動物園(近畿) | Comments(0)

ズーラシア チンパンジー舎にて

ズーラシアに行かれた方なら経験があると思いますが、入園してからまさに時間との闘い。
開園を待って入ったけれど、その日は閉園時間まではいられないタイトなスケジュール。
時間配分がカギとなります。

知っていたのに、知っていたはずなのに…
アカアシドゥクラングールやテングザルは、寒さが苦手ということでお留守だったというのに、お昼を迎える頃にまだ園内の3分の1も周れていないという現実。

そんな私が駆け足ながら、チンパンジー舎までたどり着けたのは奇跡の出来事のようでした。

そこでは寝ていたり、遊んでいたり、みんなが思い思いの行動をしていました。
撮影したのは(できたのは、とも言う(笑))この1枚。

あまりにも後ろの風景画に溶け込んでいて、最初は絵かと思いましたよ。このままずっと静止していたし。

f0297893_20484964.jpg


もしかしたら、見破られずにすむかチャレンジしているのかも、ふふふ、と思ったほどです。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-02-19 21:00 | 動物園(関東) | Comments(0)

みさき公園 ブランと肉片

私が訪問した日は、13:30~ ライオン&トラえさやり体験がありました。
もっとも私は、えさをあげる人ではなく、もっぱら見る人ですが(笑)。
じっとしていることが多い猛獣たちも、えさがもらえるとしたら何かしらアクションを起こすかも。

なるほど、ライオンたちはやる気満々で、開始前から飼育員さんから目を離さずにじーっと待っています。
それに対して、ブランは、

f0297893_19331669.jpg


草のベッドに伏せています。

あ、動きはじめたと思ったら、すぐにまた伏せて

f0297893_1934080.jpg


ふあぁぁぁ・・・

さして関心ない?


かと思えば、ストレッチしたり。ウォーミングアップかな。

f0297893_19352442.jpg



えさに特別興味がないのかな。


すると、女性が「ブラン!ブラン~!いくよ~。」と呼びかけて、お肉を投げてくれました。


画像だけだと近くに見えますが、実際ブランはこのあたりにいます。

f0297893_19374773.jpg



遠っ!

目が合ったら投げてください、と言われていましたが、果たして目が合ったかどうかは、遠すぎてわかりにくいですね。でも

ブラン、やってきました。


ところが、その方が投げてくれた肉片は、あろうことか池ポチャ。

f0297893_19401560.jpg


矢印のあるところに落ちました。
あそこにあることは気づいている様子。さて、ブランどうする?

f0297893_19411238.jpg



f0297893_19412964.jpg


チョイチョイ 水面をかいています。
(無理でしょう、それは)

f0297893_19432773.jpg


ヴイを動かせてみる?

f0297893_19454293.jpg


脚を浸けることはできたのですが、顔を水に浸ける勇気はありませんでした。(飼育員さん談)


結局、そのお肉はあきらめてしまいました。

f0297893_19471074.jpg


チッ!食べられなかったよ。

f0297893_19474033.jpg


なんつって。てへへ。
違うところに投げてもらったお肉は食べることができたからいいんだもーん。


ブラン。 インドネシア語で「月」を表すステキな名前です。
2013年5月21日 仙台八木山動物園生まれ。
当時、4頭出産のニュースに是非会いに行きたいと思いながら叶わずにいました。
みさき公園へやってきてくれたおかげで会うことができ、うれしいです。
今年の春には、ブランの兄弟に会いに行こうと思っています。

ブラン、また会いに行くね!
[PR]
by HGL-DTW | 2015-02-17 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

ユキカバ 再び

ユキちゃん。ずいぶんきれいな毛並みになったね。

f0297893_1841539.jpg


抹茶色(笑)もかなり解消されました。
太陽に照らされて全身がキラキラ輝く日も近い。


おねむになったとき、ペロペロ前脚をなめるのは、相変わらず。

f0297893_184281.jpg


赤ちゃんの指吸いのようなものなのかしら。
こういうことって、かなり多くの人にも経験があるものですよね。
毛布の隅っこを握っていないと眠れなかったとか、ぼろぼろになっても手放せないぬいぐるみの耳をぎゅうぎゅうしながら眠ったとか。
かくいう私も、子供の頃、ガーゼをチュウチュウしながら眠りにつくのが常でした。(おっと、思わぬ暴露話)



この日は、プール掃除の日で、運が良ければまた『ユキカバ』が見られるかも、と思っていたら・・・


f0297893_18424162.jpg


ふふふ。
ユキカバ降臨!楽しそうなお顔♪

ちょっとテンションが高かったようで、はしゃいでいました。


「見ていてね。いくよー。」

f0297893_1843447.jpg


それっ!

f0297893_18431976.jpg


体をねじりながら頭を水中に突っ込んでザバザバします。



一番可笑しかったこと。

閉園の音楽が鳴り始めて、ユキはいつものように右へ左へとウォーキングをしていました。

f0297893_18433546.jpg


そのとき、ZOO友さんがお土産をくださったのです。
「わぁー、ユキちゃん、見て。こんなステキなものもらっちゃった。」といいながら、高々と持ち上げてユキに見せました。
それから、「これはあなたに。」「これはユキママさんに。」とお土産を交換していると・・・

ユキが花道へやってきて、「私にもちょうだい。」といって前かき(前脚をシャッシャッとこする動作。)をしたのです。

f0297893_18435645.jpg



あはははは(≧▽≦)!!
「あ、ユキちゃんにお土産がなかったねー。」と言うと、「あら、ないのね。」と納得したようにまたウォーキングに戻りました。

それにしても可笑しかった。
いつものように楽しい時間をありがとう、ユキちゃん。
会ったばかりなのに、もぅ会いたくて仕方がない私です。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-02-16 19:00 | ユキ | Comments(0)

ユキ~ 会いに来たよ

バレンタインデー。愛を告白する日ならば、ユキに会いに(^_^)

ユキに会えずに1か月以上が過ぎてしまいました。

ユキの運動場へのスロープを上るときのわくわく感といったら、なんとたとえればよいかわからないほどです。
気持ちを落ち着けるために

「さあて、ユキちゃんはどうしてるかな?」と独り言を言いながら、上がってみると・・・

f0297893_221416.jpg


ふふふ。
まあるい背中が見えました。
眠っています。

f0297893_2221276.jpg



ふふふ
この脚を見るのが好きです。
こうなるとニマニマが止まりません。


あっ、頭を持ち上げました。

f0297893_2233548.jpg


背伸び~

「ユキ~。」

f0297893_2244788.jpg


ちらりとこちらを見ましたが、また眠ってしまいました。
まだまだ眠い時間帯です。

まあるい背中を見ながら、毎日、ほんの10分でもユキに会えたらと動物園に通い詰めていた、数か月前の自分をうらやましく思い出していました。
だけどこうして会えた日をうれしく思い、元気でいてくれるユキに感謝もしつつ、幸せな時間を過ごしました。

ちょっとがんばって起きてみたけど、眠そうな顔。

f0297893_22174764.jpg


あまりにも眠そうだったから、「まだ眠っていてもいいんだよー。」と声をかけました。
どんなときもかわいいユキです。




翌日15日は、2012年に突然虹の橋へ旅立ったサバンナゾウ マリの命日でもありますのでお花を供えてきました。

f0297893_22164091.jpg


その数日前に、クロヒョウのミーも旅立ったなとかいろんなことを思いだしながら手を合わせました。

みんなありがとう。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-02-15 22:30 | ユキ | Comments(2)

みさき公園 カピバラの湯

さむ~い夜には、あったかお風呂で温まろう。

f0297893_19441623.jpg



ほんとに気持ちよさそうでした。一緒にあったまりたかったな。ふふふ
[PR]
by HGL-DTW | 2015-02-14 19:30 | 動物園(近畿) | Comments(0)

しっぽのあるひつじ

初めてみたときは、おしりに毛が固まってくっついているものだと思っていたのです。
だって、いまだかつて、しっぽのあるヒツジを見たことがなかったものですから。
しっぽは、生後まもなく切り落とされる(断尾)と聞いていたような。


f0297893_19244294.jpg



お名前と生年月日、そして識別するための特徴がかかれたボードに「しっぽがあるよ。」と書かれていることで、やっぱりしっぽなのかと驚きました。
掲示っていろんなことを知ることができて、いいな。
そこからまた興味がわきますし、この個体を知るきっかけにもなります。

2013年2月28日生まれ ツクシさんというそうです。

なんだかうれしくなりました。ツクシさんですか、と話しかけてみたりして。
ふふふ。元気でいてくれてありがとう。掲示を作ってくれた担当さん、ありがとう。

金沢動物園にて。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-02-13 19:00 | 動物園(関東) | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite