どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

マリンピア松島水族館 アシカショー

マリンピア松島水族館では、笑ったこと、関心したこと、驚いたこと、泣きそうになったことなど、いろんな体験をさせてもらいました。
生き物をすごく身近に感じられる水族館で、88年もの長い間、みなさんに愛されてきた理由がなんとなくわかった気がしました。

さて。
ここのアシカショー。
楽しいと聞いてはいたのですが、いやー、ホントに。
アシカたちも担当のお姉さんやお兄さんもみんなが楽しそうなので、happyな気分になりました。
その証拠に、2回も見ちゃいました!
いえ、きっと一度見たら、もう一度見たくなると思います。
流れがわかっていても、何度見ても楽しいです。

たくさんのトレーニングを積んだのだと想像はするものの、あまりにも自然で、お姉さんとのかけあいや、お兄さんとのやりとり、アシカ同士の絡みあいが絶妙で本当に楽しかったです。

まず、ウォーミングアップをしましょうといって、お兄さんとランニングします。

f0297893_1914598.jpg


もぅ、ここで、すでに私の心を鷲掴みにされてしまいました(笑)
アシカたちの顔が楽しそうで♪

それから、バランス感覚やジャンプ力を披露してくれました。
ただのジャンプも見せてくれましたが、ルーシーちゃんは、鼻にボールをのせたまま、ジャーンプ!

f0297893_1945762.jpg


f0297893_1951379.jpg


f0297893_1952940.jpg


うぉぉ~!
見ている方が唸ります。拍手喝采!

玉入れをしてゲームをしたり、

f0297893_1965179.jpg


男子チームは1頭でがんばるのですが、女子チームは連携プレー。
1頭が泳いでボールを取って、陸にいる1頭にポイ~ンと投げるとそれを受け取ってかごに入れる。
これがもぅホント楽しすぎます♪

ザァー、ザァー、っと泳ぐ音。ペタペタと歩く音。がんばれーとみんなが応援する声。
ゲームのゆくえやいかに?!

それだけでも、ふふふ、ふふふって笑っていたのに、バレーボールまでやるっていうの。

f0297893_1993533.jpg


これはすごいですよ。
「えぇぇーっ。」「わぉ。」「きゃははは。」「すごーい。」
いろんな言葉が無意識にでてきます。

アタック!!

f0297893_19111240.jpg


おぉぉぉ! 見ている人がみんな声をだします。

15分があっという間に過ぎて、アシカたちは帰る時間になります。
ドアのむこうに帰ってしまうまで、目が離せませんよ。

いや~、楽しかった。
まだご覧になってない方、お急ぎください。
これを見ないなんて、もったいない!

f0297893_1916063.jpg


いっぱい笑ったから、鳴り止まない拍手に泣きそうになりました。

f0297893_19145720.jpg



楽しい時間をありがとう。
また会おうね、って手を振ったんだけど、またきっと会えるよね。
その時まで元気でいてね。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-04-27 19:30 | 動物園(東北) | Comments(0)

やっぱり好き イエアメガエル

ぱっと見たとき、「好き!」と思ったカエルさん。

f0297893_17395088.jpg



『イエアメガエル』という掲示を見て、そうだ!九州のグリーンパークで初めてお会いしたなぁと思い出しました。あのときも目にした瞬間、私の好きメーターが最大に振りきれそうになったのでした。
あのときもピントが全く合わなかったけど、今回もおなじく。

f0297893_17401162.jpg


グリーンパークのイエアメガエルさんは黄緑色だったけど?
このぼってり体型に、魅力的なお目目がたまりません。

帰って調べてみると、別名ホワイトアマガエルというそうで。
えー。黄緑色が茶色になって、名前には白色まで?とこんがらがりそうになりますが、変色させることができるんですって。別名のホワイトに関しては、命名者にちなんでいるそうなので、白色には変色しませんが(笑)。

にしても、なんでしょう。この可愛らしさ。

f0297893_1741026.jpg


お鼻がライトに照らされて、▽だし!
一人、「ひゃーっ、ひゃーっ。」と言いながら見ていました。
何時間でも眺めていられる。
やっぱり大好きなイエアメガエル。


@マリンピア松島水族館
[PR]
by HGL-DTW | 2015-04-26 19:00 | 動物園(東北) | Comments(0)

マリンピア松島水族館へ

仙台へは、本当ならもう少し後になって旅するつもりでいました。
予定を早めたのは、マリンピア松島水族館が、5月10日をもって88年の歴史に幕を閉じ、閉館すると知ったからです。
行きたいというよりはむしろ、行かなければならない、そんな気持ちをずっと持っていました。

2012年、徳山動物園で、『写真で見る東日本大震災と動物園・水族館』というパネル展示がありました。
被害の大きさに心を痛めながらも、そこから立ち上がる力強さや預かった命を守るということ、そしてそれぞれの園が多くの市民に愛され、大切にされてきたことを知り、胸がじーんとしました。
あの日以来、いつか訪れて、肌で感じてみたいと思っていたのです。


f0297893_169324.jpg


一度も訪れたことがないのに、見慣れたこのエントランス。
なぜか泣きそうになりました。

f0297893_161128.jpg


閉館までもう20日を切っているのですね。
たくさんの方がここで記念撮影をされていました。

印象的だったのは、来館されている方々が、「ここには前、ラッコがいたんだよ。」とか「クジラがいたよね。」「ここで写真を撮ったよねー。」「遠足はいつもここだったじゃない?」と過去の記憶を辿っていたこと。そして、「もったいないね。」とか「寂しいね。」と名残惜しそうに話されていました。おじいちゃんとおばあちゃんがお孫さんに、昔の水族館のお話を語られている姿も見受けられました。いいなー、と微笑ましく眺めていました。

メッセージの数々。

f0297893_16155640.jpg


近づいて写真を撮られている女性がいらしたのですが、ご本人のメッセージが掲載されているのかな。

ペンギンランドの前には『おもいで博覧会』が。88年の歴史が展示してありました。

f0297893_16172171.jpg


白黒を含むたくさんの写真、剥製、絵で語られるストーリーなどたくさんで、非常に見ごたえがありました。


通路には、震災復興写真展。

f0297893_16201538.jpg


「これから」を見つめて復興をめざした様子がひしひしと伝わり、目頭が熱くなりました。



ここから見下ろす情景。

f0297893_1629661.jpg


泥だらけだったあのときは想像できない、整然と並んだテーブルとイス。宙を泳ぐアシカ。

f0297893_17104277.jpg



みなさんのような記憶をたどることは私にはできませんが、私なりのいろんな思いが湧きあがって、この施設を忘れないようにあらゆる場面で心のシャッターを切りました。

今後は、仙台港の近くに新しい水族館がオープンするそうで、生き物たちはそちらへ移動するのですよね?
決して大きな水族館ではありませんが、掲示もたくさんあり、イキイキとしている生き物たちを見ることができ、見どころもたくさん。あっという間に閉館時間になりました。
ここでの楽しかったお話は、また後日。

f0297893_16445958.jpg



マリンピア松島水族館とみなさんの最後の時間がゆっくりと流れますように。
お引越ししても、生き物たちがまた幸せでありますように。
ステキな時間をありがとうございました。


あっ!余談ですが、水族館の近くにお見せがあると、twitterのフォロワーさんに教えていただいた『牡蠣カレーパン』。大きな牡蠣が入っていて本当においしかったです!ちなみにずんだメロンパンも食べました。
普段、カレーパンもメロンパンもあまり食べない私ですが、旅に出かけたらその土地の食べ物をたくさん食べたくなります。

f0297893_16564884.jpg


仙台から帰るときもご当地ものを買って帰るのに、かなり迷いました。あれもこれも食べたいし。ふふふ。
また行きます、仙台!また食べます、牡蠣カレーパン!
[PR]
by HGL-DTW | 2015-04-25 19:00 | 動物園(東北) | Comments(0)

今、最高齢がアツい! 八木山動物公園 ナナさん

ずーっとずっと行きたいと思いながら行けずにいた仙台。
以前住んでいた山口からだと地の果てまで旅するような時間を要するけれど、関西からならひとっ飛びで行けるからと、引っ越しする前からこの日を楽しみにしていました。

あぁ、もうただただ楽しくて夢のような時間でした。お話したいことがたくさんあります。

今日は、八木山動物公園に住むホッキョクグマ、ナナさんに登場していただきましょう。

朝いちばん。
(といっても、ホッキョクグマ舎にたどりつくまでひどく時間がかかりましたが(^_^;))

f0297893_1816860.jpg


お休み中ですね。

「あら、いらっしゃい。」

f0297893_18164049.jpg



ユキと同じ年齢、30歳のナナさんです。

f0297893_18173425.jpg


カナダ アシニボイン動物園生まれ。
今、私が最も行きたい海外の動物園のひとつ。
ナナさんのお母さんであるデビーは、世界最長寿記録を持つホッキョクグマです。
ナナさんもそのDNAを引き継いでいらっしゃるのでしょうか。

動きがゆっくり、と掲示にありましたが、私は特にそういう印象を持ちませんでした。
もしかしたら私の標準が「ユキ」だから?

13時30分~、飼育員さんのお話があるというのでそろそろかなと待っていると、ナナさんも何かを待っている様子。

f0297893_18221255.jpg


そしたら、ボチャン!と上からおもちゃが落ちてきました。

f0297893_18225918.jpg


濡れないようにうま~く陸にひきあげました。
遊ぶかと思いましたが、おもちゃを置きざりにして、てくてく歩き始めました。
そこで飼育員さんのお話が始まりましたので、そちらへ移動しました。
(ここのホッキョクグマ舎、非常に広いのです!)

カイくんとポーラさんを見ながらお話を聞き、「ほほぅ、なるほど。そうなのか。」と感心しておりました。
お話はスピーカーをとおして、ナナさんのおうち前でも聞けそうなので移動して聞こうかなと歩いていくと…

プールの水面が揺れています!

f0297893_18282554.jpg


「遅かったわね!」

いやーん、ナナさんったらいつの間に。

f0297893_18413658.jpg


「あっという間よ!」

f0297893_18292181.jpg


 こちらを見ています?

f0297893_18301630.jpg


ははは。笑っているのですか、ナナさん。

すごーく楽しそうです。
こうして見ていると、国内最高齢なんて思えません。
それは私だけの感想でなく、ご覧になっている方が皆さん、「最高齢なんて思えないよね。」「激しい!元気よねー。」などと言われていました。

「きゃはははー♪」

f0297893_1832434.jpg


はしゃぎまくりのナナさんです。
ホッキョクグマのベイビーもホントにかわいいですが、ユキをはじめ、この国内最高齢といわれる熟女グマの可愛らしいこと、この上ない!仔グマとはまた違った可愛らしさをお持ちです。

「私の後姿もいかが。」

f0297893_1835563.jpg



ステキすぎて目が離せませんでした。
今、国内最高齢がアツいです!
こーんなに楽しそうなナナさんに会えて、とても幸せな時間でした。
ありがとう!
[PR]
by HGL-DTW | 2015-04-23 19:00 | 動物園(東北) | Comments(0)

ユキのおやつタイム

その日(も)、ユキはとても眠かったのかしら。

f0297893_17125721.jpg


あくびを連発していました。

午後になって担当飼育員さんが、ユキの大好物、『蒸したサツマイモ』をおやつに持ってきてくれました。
ユキは、たいてい飼育員さんの気配を感じ取って立って待っています。
陸上での食べ方や水の中での様子を皆さんに見ていただけるように、担当さんはサツマイモをいろんな場所へ投げてくれます。
プールにサツマイモが投入されると、気分によっては飛び込むし、慌てて後ろ脚から階段を下りることもあれば、「はぁ~あ、めんどうくさい。」と言いたげにゆっくりとプールへ入ることもあります。

この日は。

f0297893_17231141.jpg


かたまっておられました。

プールのどの方向へサツマイモが飛んでも、ユキは目で追うことさえしませんでした。
ここに投げてくれない限りは、動きません、と言いたげに。
体調がよくないのかな、と心配したほどです。

「もうないよー。」と言って去っていく飼育員さんを恨めしそうに見ながら、「私、食べていません。サツマイモ、欲しいです。」とアピールしていました(笑)。

しばらくそこに立っていたのですが、おもむろに階段の方に向かっていきました。

f0297893_17283873.jpg


なんだかこの頭からユキの言いたいことがいっぱい聞こえそうな気がします。

『まったくもぉー、普通に足元に投げてくれたらそのまま食べられるっていうのに、なんだって水の中に投げちゃうのよ。あそこまで取りに行くとなると階段を下りなきゃならないし、泳がなきゃいけないし、潜って水圧に耐えなきゃならない。はぁー。』 って?



「!」

f0297893_17373330.jpg


階段にサツマイモがひとつあったのを見つけたユキ。もちろんいただきー!

f0297893_17382731.jpg



あはははは。
うれしそうだわ。幸せそうなお顔!ずぶ濡れだけど。

「もうないわよね。」

f0297893_17392637.jpg


確認中。

ないとわかると、また眠りにつくユキです。

f0297893_1740085.jpg



いつものように、脚がぷらり~ん。
お顔だけが濡れているのが妙におかしくて、こみあげる笑いをこらえるのに必死でした。

ユキちゃん、かわいすぎる。



念のために申し上げておきますと、私がシマウマベイベーを見に行っている間にプールに入ったようでして、サツマイモはすべて姿かたちがなくなっていました。食べたのね(笑)
体調が悪いかもと心配しましたが、午後からバッサバッサと泳いだユキちゃんです。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-04-19 19:00 | ユキ | Comments(0)

徳山動物園 しまうまベイベー

私が山口県から引っ越す前から、いつ産まれてもおかしくないよねっていうほど大きなお腹を抱えていたコウメお母さん。
先月、3月31日に待望のベイベーを出産したそうです。

私が見てきたコウメの赤ちゃんはこのベイベーで、アキ、小夏についで3頭目になります。

長くて、折れそうな細い脚。

f0297893_19271628.jpg


なのに、その華奢な脚で、決して広いとは言えない放飼場を猛ダッシュします。
どこかに激突しないかドキドキするので、やめてほしいのですが…。


シマウマベイベーといえば、ふわふわの毛です。

f0297893_19364340.jpg


最初にみたとき、お口に毛がついていると思ったのだけど、これは自前(笑)なのですね。
こんなに顔やお口などそこかしこが、質の違った毛で覆われていると初めて知りました。

f0297893_1938582.jpg


お母さんにべったりです。

f0297893_19311799.jpg


いや、もしかしたらお母さんがべったりとも言うかな?

コウメとベイベーは、お姉ちゃんの小夏のいる放飼場にでてくることになります。
小夏は、生まれてきたベイベーと仲良くしてみたいのですが、お母さんのコウメがそれをさせてくれません。
守りたい一心なのでしょうが、そもそもシマウマって群れで暮らす動物だというのに、コウメお母さんはどういった心境なのでしょう。

小夏は、コウメお母さんが大好きで、まるで磁石があるのではなかろうかと飼育員さんに言わせるほど、ひっつきもっつきで暮らしてきました。
なので、今の状況は少し、小夏にとっては試練のような気がします。

f0297893_19443095.jpg


親子に近づきたいけど、できないでいる小夏。

時間が少し必要なのかなと思いました。
飼育員さんの話では、最初の日と比べると、日に日に物理的にも精神的にも距離が近づきつつあるそうです。

小夏、ゆっくりのんびり行こー!

お母さんに構ってもらえないから、お隣のお父さんと。

f0297893_19484514.jpg


左が小夏、右がお父さんのリョウくんです。

とにかく、可愛いなぁとかせつないなぁと思いながら眺めていると、あっという間に時間が過ぎますのでご注意ください。

f0297893_19481146.jpg


私は結局、この日お昼ご飯を食べ損ねました。へへへ
[PR]
by HGL-DTW | 2015-04-16 20:00 | 徳山動物園 | Comments(0)

イコロ 落ち着きましたか?

13日朝早く、おびひろ動物園を出発して、夕刻に無事に上野動物園に着いたようですね。
かつての経験からおとなしくしていられるか心配だったけど、杞憂に終わったようでよかった。
成長ぶりをみせてくれた、さすがのイコロです。

イコロとキロルには、みなさんそれぞれに思い入れがあるようですが、それは私もおなじです。

ホッキョクグマの双子が生まれたというニュースは、信じられないような、それでいてとーってもうれしくて、毎日を彩りあるものにしてくれました。

その頃は、ホッキョクグマを見るために遠い北海道に行くなんて無理かなと思っていたのに、「行く!」と決めて飛行機に乗ったら、「あはは、着いちゃった!」ってな具合で、なんだこんな簡単なことなんだと思ったものです。

’09年6月。念願だった、恋い焦がれた彼らに、ついに会いました。

バシャバシャ泳ぎっぱなしのイコロと、泳がないでま~ったりしっぱなしのキロル。

f0297893_194914.jpg



毎日パソコンを開いては、ブログやSNSで彼らの成長を眺めるのが楽しみでした。

f0297893_1985814.jpg




あれから6年が過ぎました。
そのあいだ、いろんなことがあったね。
キロルとおびひろへ行き、そのキロルが浜松へ旅立ち、今度はお隣に妹のアイラが引っ越してきて、のぞき合いこしながら(笑)暮らしたイコロ。
ついに、独り立ちする日が来たんだなぁと感慨深く、これからの活躍を祈らずにいられません。

f0297893_1983288.jpg



何はともあれ元気でそして幸せでいてほしいな。
上野でも間違いなく人気者になるね。
私も必ず会いに行くよ。
パートナーのデアとは、どんなペアになるのか、今からわくわくしています!


今も、おびひろ時代にイコロとキロルが雪の中で仲良く眠っている写真を飾っている私です。
今度はその横に、イコロとデアの仲良し写真を飾れるかな?
そして、いつかデアとbabyの写真も・・・。

Good Luck!
[PR]
by HGL-DTW | 2015-04-14 19:30 | 動物園(北海道) | Comments(0)

ユキ マニアックでごめんなさい

マニアックすぎるのは十分承知で、
あえて


f0297893_18285559.jpg


こんなふうにお口まわりが見えて歯がチラりと見えると、一人ニマ~としてしまいます。


かつて、愛犬の頬(?)をめくって、犬歯を見たものです。
「こーんなにかわいい顔でも・・・」と言いながら、ぴらっとめくって、「きゃー、怖い!」などと一人遊びしました。

まさにチラリズム
んー、あらゆる妄想に駆られる私・・・
[PR]
by HGL-DTW | 2015-04-13 19:00 | ユキ | Comments(0)

ユキがいっぱい

花道に伏せて、ゆっくりとあたりを見回しているユキを何気なく見ていました。

わぁ!すごい!
ユキがいっぱい!

f0297893_21592321.jpg



水中の影ユキ。
水面に映るユキ。
そしてユキ。

なんだかうれしくて。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-04-12 22:30 | ユキ | Comments(0)

ユキに会えたしあわせな日

時間に追われる日が続いて、心に余裕がない一週間。
気がつけば、お友達に「お誕生日おめでとう」のメールを送ることも、ユキの来園記念日を祝うこともしていなくて、そんなダメダメな自分に落ち込みました。
そんな時は、ユキに会いに行こう!

今朝は7時前にウチを出たのだけど、ちょっとしたアクシデントがあって、ユキのところに着いたのはもうすぐお昼になろうかという時間でした。(そしてまた落ち込む…)

眠っているユキを見て

f0297893_2239524.jpg


泳いでるユキを見て

f0297893_22401165.jpg


日常のユキと時間を共にして

f0297893_22404054.jpg


あぁ、しあわせだったな。

日差しの角度で春の訪れを知り、道端でつくしを見つけて喜び、太陽に照らされてキラキラに輝くユキを見て、そろそろ新緑の季節がやってくると思う、そんな日々を過ごしたい。

f0297893_22405753.jpg



ユキ、私はとってもしあわせな気持ちで帰ってきたよ。
今日もありがとう。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-04-11 22:45 | ユキ | Comments(2)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite