どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

神戸どうぶつ王国 ペリカンフライト

モモイロペリカンは、徳山動物園にもボンペイとピーチという可愛いペアがいたし、いろんな動物園でも見ることができます。
ただ動物園のゲージの中だと翼を広げて飛んだとしても、そう長い距離ではないので、モモイロペリカンのダイナミックなフライトを見る機会はなかなかありませんよね。

神戸どうぶつ王国のペリカンフライト、おすすめします!

ペリカンたちが住むペリカンラグーンエリアは長方形の造りになっていて、その長い方の水路を利用してフライトを披露してくれます。

時間になると、くつろいでいる場所から6羽が一緒に移動してきます。

水路の両端にお魚の入ったバケツを持ったスタッフが立っていて、それをめがけて飛んでいきます。

最初はゆっくりと泳ぎなら向かっていくのですが、途中から1羽が羽を持ち上げ始めるとおもむろに広げて、バサッバサッと飛び始めます。すると後ろにいるペリカンたちも次々と飛んで行きます。

f0297893_17282915.jpg


(上手く撮れなくて残念なのだけど)

私はたまたまスタッフが持っているバケツの横にいたので、6羽が次々と飛んできてキキキーッ!と脚でブレーキをかけ、私のギリギリ前までやってきました。水しぶきが飛んできそうなほど近くに。
もぅ!楽しくて仕方ありませんでした。

ご覧になっている方からは、「うおーっ。」という歓声や、楽しそうな笑い声がずっと聞こえていました。

f0297893_17333243.jpg


止まり方もそれぞれで、まるでウエイクボードをやっているようだったり、大きく脚を開いてみたり、面白いのです!

f0297893_17345053.jpg


あまりにも楽しくて、一人で「しゅーっ。」と口走りそうになります。実際、ブレーキをかけているときはシューッと水の音がしているのです。

f0297893_1735557.jpg


3往復ほどしかしないと思いますが、だんだん疲れてくるのか飛ばないペリカンがでてきたり、ただ泳いであっちへ行き、こっちへ行きするペリカンもいて、自由なかんじも楽しめました。

そして終わったらみんなでまとまって帰っていくのですが、またその姿の可愛らしいこと♡

f0297893_17424058.jpg


むふふ♪

体も大きいので羽を広げると軽く1メートルは超えるのでしょうが、そんなペリカンたちのフライトが想像以上にダイナミックで、またブレーキのかけた方がコミカルで、あっという間の時間でした。

私は、その日にあったフライトタイムは全回観ました♪

神戸どうぶつ王国のペリカンフライトタイム!見逃したらもったいないです!
ぜひ「シューッ!」と言いながらご覧になってください。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-06-30 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

徳山動物園 お茶目なヤギさん

twitterにもアップしてみた、ヒツジのチェリーとヤギのやりとり。

f0297893_11461694.jpg


角もない2頭が何を始めるのかと眺めていたら、そのままじーっとしていました。
2頭なりのご挨拶なのでしょうね。

他のヤギと比べて、ひとまわり小さいこのヤギ。飼育員さんにお名前を聞いておけばよかった。
以前からいた2頭とは明らかに違うので、他園から来てくれたことに間違いはないのですが、やることがお茶目で私のアンテナがピーン!と立ちました。

なんでもブタたちやチェリーが横たわっているとその上に登ろうとするのだと飼育員さんから聞きました。是非いつか見てみたいものです。
チェリーは嫌がります?と尋ねたら、特になんでもないことのように振る舞っているそうで、2頭のご挨拶から見て取れるようにいいお友達なのでしょうね♪

私をニヤリとさせたこのヤギの行動。

葉っぱのシェードの下で気持ちよく眠るブタを、まるで見守っているかのようにそばにいました。

「ねぇ、ブタさん。ねぇ、眠っているの?」

f0297893_1205363.jpg


時々乗せている前脚を動かせて尋ねているようでした。
じーっと見ています。

「完全に眠っているのかな…。」

f0297893_1213016.jpg


ゆっくりとブタの鼻先に近づいていきます。
え?眠っている間にチュー♡でもするつもりなの、と思ったりして(笑)

すると

f0297893_1222164.jpg


ぺろぺろ。。
うーんと、うーんと、どうしよっかな、としばし迷ったうえで舐め始めました。

たぶん好きなんだろうなぁ、このブタさんのこと。
ふふふ♪
また会いたい動物が増えて困ってしまいます。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-06-29 19:00 | 動物園(中四国) | Comments(4)

ユキとホースの水

その日は前日にプール掃除だったようで、開園まもなくは、まだホースから注水していました。

いつもなら勢いよくプール中央に落下するように出されているのですが、この日はあまり勢いがなく、プールの淵ぎりぎりに水が落ちていました。

f0297893_18154236.jpg


これは開園直後に遊んでいたときのものですが、このあと一度お休みを挟んで午後にプールへ入りました。

ホースの水と戯れます。

f0297893_18193053.jpg


がぁーっ!

f0297893_18194751.jpg


遊んでみるものの、どうもいつもと勝手が違う。ザバーッとしたいけど、プールの淵にぶつかってしまいます。なんだか不完全燃焼です。

f0297893_18205495.jpg


そこへ、飼育員さんが水を止めに来られました。

水の流れ落ちる場所が変わったことで、ユキはそれを追いかけました。
飼育員さんがそのままにしていると

うれしそうに近づいていって

f0297893_18261211.jpg


バババババーっ 頭にあててみます。

f0297893_182641100.jpg


ぷぷぷ。ユキのこの顔が笑いを誘います。

今度は飼育員さんが運動場をキレイにしようと陸上へ水を流していると、ユキがあがって行きました。

どうするのかと眺めていたら、水の動きに押されるように運動場の奥から階段の端っこまで、まるでムーンウォークをするように後ろに下がっていきました。
面白かったんだけど、脚を踏み外すんじゃないかと気が気でなく、半分笑いながらも、「ほら。危ないよ。後ろ、よく見て、後ろ。ほら。」なんてずっと語りかけていました。

ユキは慣れたもので、自分の感覚で分かっているのでしょうね。
そろそろ端っこかもと思ったのでしょうか。後ろ脚で階段を確かめるように何度か踏んでそこで止まりました。

それからまたプールに入りました。

プールの淵を泳ぎ始めたユキを見て、飼育員さんがホースの水をその近くに落としたら!
ユキのスィッチがオンに!

「やめてぇぇ~。」

f0297893_18354599.jpg


のように見えますが、これかなりはしゃいでいます。

がぁぁぁーっ

f0297893_18363230.jpg


マーライオン、横向き風。


ホースの水があらゆる方向へ変わっていくので、「あれ?なんか違うな。あ!飼育員さんが持っているの?」

f0297893_18374947.jpg


って思っているかどうかわからないけど、時々ホースの出所を確認しながら

f0297893_18384272.jpg


楽しそうに遊んでいました。

f0297893_1839313.jpg


こういうときって、国内最高齢だということを忘れてしまいます。
ユキちゃん、すごい!

ユキちゃんのスィッチがオフになったところで、おしまい。

それでも

「えー、もう終わり?」

f0297893_1841146.jpg


って言ってるかどうか、これまたわからないけど、飼育員さんとお話しているようにも見えました。

時間にすればほんの数分の出来事でしたが、本当に楽しそうだったので、私もずーっとケラケラと笑いつつ幸せな時間を過ごしました。

ありがとう。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-06-27 19:00 | ユキ | Comments(0)

平川動物公園 ミュウ おめでとう!

先日、6月20日の朝にミュウが出産したと鹿児島の平川動物公園から発表されました。
平川動物園での繁殖は15年ぶりとのことで、待ちに待った吉報に私も大喜びしました。

f0297893_17321195.jpg


16歳で初産。
なかなか気の休まるときがないとは思いますが、まずは本当に嬉しいです!

ミュウは、以前私が住んでいた山口県周南市にある徳山動物園で長い間暮らしていました。

f0297893_17435023.jpg


パートナーのシャップが虹の橋へ旅立って独り暮らしでしたが、実はお嫁入りすることになったと聞いたのが、2014年7月、旅立つ1週間ほど前でした。
自分でもびっくりするくらいに涙が止まらなかったのを覚えています。

人懐っこくて、時に、行けばすごい勢いでこちらに向かってきて歓迎してくれる、私には大切な友達でした。

f0297893_17483738.jpg


淋しかったけれど、嫁ぎ先では母親になれるチャンスがあるのだと聞き、それがミュウの幸せになりますようにと願い、見送りました。

f0297893_1733354.jpg


悪天候のため1週間延びた出発の日、テレビカメラや応援に駆けつけた人たちに見守られる中、旅立ちました。

f0297893_17331637.jpg


f0297893_17332970.jpg


そのミュウがついに出産したとは、なんてステキなニュース!歓喜の舞を披露したい気分です♪
徳山動物園の飼育員さんたちもとても喜んでいらっしゃいました。

お父さんのコウスケくん、ありがとう。
飼育員さんもありがとうございます。

どうか無事に育ちますように。
アシカファミリーに会いに行ける日を楽しみにしています。

f0297893_17441980.jpg


ひとまず
ミュウ、おめでとう!
そして、ありがとう。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-06-26 19:00 | 動物園(九州) | Comments(0)

とくしま動物園 ユウキのおやつタイム

北海道 円山動物園から去年12月に引っ越してきたユウキです。
今まで何回か円山で会っているので、やっぱり親近感がわきます。

会いに行くと眠っていることが多いのですが、見るたびにキレイだなぁと思います。

f0297893_15401827.jpg


午後に園内を一周してユウキのところに戻ると、これからおやつをあげますとのことでした。

いったんユウキをお部屋にもどし、鶏頭(だったと思う)を5か所にセット。
ガラスの前や、岩のすきま、大きめの石の下、水の中、そしてスコップで穴を掘って土の中へ。

さぁ!ユウキの登場です。どうするかな?

女の子たちが、「鳥の頭だ!目がある!ぎぇー!」などと騒いでいるガラスの前をさーっと通り過ぎながら、パクリ!

岩や石に隠されたものは言うまでもなく、簡単に見つけていきます。
見えてはいないので、さすがオオカミの嗅覚ですね。

f0297893_1548248.jpg


土の中も場所など知らされているはずもないのに、隠された場所をしきりに嗅いでいます。

そして

f0297893_1554318.jpg


掘り始めました。何度か途中で嗅ぎなおし、

f0297893_15552898.jpg


うん!間違いない!と確信するかのようにまた掘って

f0297893_1604739.jpg


見つけだしました。

f0297893_15555792.jpg


ふふふ。顔は汚れたけど、嬉しそうです♪

f0297893_15571822.jpg




水の中に入れられたおやつは見えていたのかしら。

f0297893_15521929.jpg


何度か水に鼻を突っ込んでついに!

f0297893_155258100.jpg


拾い上げました。

なんという早業!ユウキにとっては、楽勝なおやつ探し。それでもよい刺激になりますね。
ユウキも楽しそうでした。

f0297893_168210.jpg


掲示には、「人懐っこくて寄ってくる」とありました。飼育員さんとの関係もよいのでしょうね。

私も楽しませてもらいました。
ユウキ、ありがとう。また会える日が楽しみです。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-06-25 19:00 | 動物園(中四国) | Comments(0)

ワオキツネザル親子と・・・

神戸どうぶつ王国でワオキツネザルたちを見ていたら、親子を発見。

f0297893_193299.jpg


どの動物でもやっぱり母ってすごいなぁと眺めていました。

f0297893_1934813.jpg


画像を家に帰って見ていたら

f0297893_1944993.jpg


親子を撮ったのだけど、そのむこうにまるで置物のようにこちらを向いているカモに目を奪われて

f0297893_1954624.jpg


私のツボをくすぐるのです。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-06-24 19:30 | 動物園(近畿) | Comments(0)

とくしま動物園 マーコとピュータ

とくしま動物園のピューマご夫妻。マーコさんと

f0297893_19172717.jpg


ピュータです。

f0297893_191742100.jpg


私の腕が未熟なもので上手く撮れなかったの、ごめんなさい。
マーコさんはもっと可愛いいし、ピュータももっとイケメンです。

この2頭、本当に仲良しでいつもひっつきもっつきしている印象があります。

f0297893_19192643.jpg


ピュータがマーコさんを毛づくろいしています。
ゴロゴロと聞こえていた気がしました。

ピュータはマーコさんが大好きなのですね。見ていたら手に取るほどにわかります。
個体紹介でも、「マーコには優しいのに飼育員には厳しい。」と書いてありました。ぷぷぷ

f0297893_19221198.jpg


マーコさんもピュータが大好きなんでしょう。
同じく掲示には、「毎朝ピュータが迎えに行かないとお部屋から出て行かない。」と記述が。これまた ぷぷぷ

よく鳴いている気がしたのは、なるほどそういうことでしたか。

f0297893_19235523.jpg


でもちょっと待ってよ。そんな場所じゃ、うまく乗っかることができないよ。
「もうちょっとこっちに来て。」

f0297893_19243587.jpg


と、マーコさんの体を動かそうとしています。ピュータ、しっぽ踏んじゃってますよ。

なんとか

f0297893_1925477.jpg


体勢にはもっていきました。
(でも交尾には至っていないと思われます…)

見て!しっぽ!
しっぽまで絡め合ってなんて仲良しなの。

ニコニコしている人たちを見るのとおんなじで、仲良しの動物を見るのって本当に幸せになれます。
ずーっと仲良しで、ずーっと元気でいてね。

良いお知らせを待っています♪
[PR]
by HGL-DTW | 2016-06-23 19:00 | 動物園(中四国) | Comments(0)

神戸どうぶつ王国 シタツンガとハシビロ先輩

初の訪問となった神戸どうぶつ王国です。

ポートライナーから景色を見ていて、「ん?ビニールハウスみたいなものがたくさんあるけどなんだろう。」と思ったとたんに見えたアルパカ♪
そっか。ここが、神戸どうぶつ王国なのですね。

f0297893_1846134.jpg


かわいいエントランスを抜け、マップを片手に歩き始めました。

それは、ペリカンラグーンへたどり着いたときのことです。
水辺にペリカンをはじめ様々な種類の鳥たち、ワオキツネザル、シタツンガがいるエリアです。
マップには絵はなかったのですが、ここに佇むハシビロコウがいました。

ハシビロコウを好きになったのは、動物園へ通いだして間もなくの頃です。
そんな私が歩みを止めないはずはなく、じーっと眺めていました。

f0297893_1851875.jpg


おぉ!美しい!
ハシビロコウの好きなところを挙げてみて、と言われたら、少しお時間よろしいでしょうか?と聞かねばならないほどたくさんあります。

歩いて場所を移動したハシビロコウにシタツンガたちがゆっくりと近づいていきます。

f0297893_18525816.jpg


最初は1頭が、そのあと3頭まとめて近づきました。
何が始まるのだろうと体に力がはいってきました。

ハシビロ先輩は、「来るなー!」と言っているようです。

f0297893_1854423.jpg


その脇からスルスルと近づいてきたシタツンガ。

f0297893_1856296.jpg


私には子どものように見えましたが、違ったのかな。
威嚇されて

f0297893_18571095.jpg


一瞬ひるんだようにも見えましたが、

f0297893_1857554.jpg


やっぱりハシビロ先輩にご挨拶したいようでした。

f0297893_18582393.jpg


このあたりで私はこれからどうなるのだろうと心臓がドキドキしていました。

「ハシビロさん、おはようございます。」

f0297893_18594196.jpg


特に嘴を動かしたりもしないで、じっとシタツンガを見つめていたハシビロ先輩です。

そしてこれでシタツンガも納得したのか、歩いていきました。

ふぅ~っ

f0297893_1904511.jpg


私は独りが好きだわ~。

f0297893_1911262.jpg


と思ったかどうかは知らないけれど、力が入っていた肩をほぐすようなハシビロ先輩でした。

争いごとが起こるのかそれとも?と全く見当がつかなくてドキドキしたけれど、「ほほぅ。」な出来事でした。
貴重な体験をありがとう。



[PR]
by HGL-DTW | 2016-06-22 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

とくしま動物園 にゅ~っとポロロ

ポロロに最後に会ったのは、2014年3月のことでした。
会うのは本当に久しぶりでゲートをくぐるとワクワクしました。

まずはポロロのおうちへ直行!
まだポロロは出ていませんでした。

あ!スイカ!

f0297893_1747254.jpg


と思っているうちに

f0297893_17481474.jpg


じゃーん♪ 堂々の登場です!
…にしても、どうしていつも眠そうな目。イッちゃんみたい( ´艸`)

スイカへまっしぐら。

f0297893_1748594.jpg


かぷっ!

f0297893_1750930.jpg


食べ始めたと思ったら

f0297893_17503035.jpg


早っ!
あっという間に完食です。

f0297893_17511293.jpg


きっれーい!
噂には聞いていたけど、ホントに好きなのね。
もちろんこの部分も食べますよ。

2年以上の月日が経って、ポロロは大きくなっていたし、

f0297893_17532364.jpg


何より楽しそうで、見ていて幸せな気持ちになりました。

f0297893_18161028.jpg


あの時は、徳島に来たばかりで獣舎にも独りぼっちという環境にも慣れていなかったポロロ。
でも飼育員さんをはじめ多くの人たちに愛されて大切にされているとわかったから、きっと大丈夫!と信じて帰りました。

今でも、飼育員さんは一日に何度もポロロのおうちへ足を運ばれ、おもちゃを投入し、様子を観て行かれます。嬉しいね、ありがたいね、ポロロ♪


では、おもちゃを持っている飼育員さんの姿を見たはずなのに、なかなか現れてくれなくて待ちくだびれた感があるポロロをお楽しみください。



こんな動画を撮ったことを忘れていて、見直しているときに、「何を撮っていたんだろう?」と思ったとたん、!!!!
笑ってしまいました。

伸びたり沈んだり…です(笑)。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-06-21 19:00 | 動物園(中四国) | Comments(0)

AWS ゴールデンターキン仔

今回の訪問で絶対見逃してはならないと意気込んでいたのが、もふもふゴールデンターキン仔。

会えるのが楽しみで、楽しみで。ワクワクしながらケニア号に乗り込みました。

だんだん近づいてきて、どこ?どこ?と慌てる自分。ちっちゃいのが立っているはずなんだけどな。
あれ?いないな、と思ったら

f0297893_2085119.jpg


お母さんのいる場所の近く、岩と同化していますね。

f0297893_2091787.jpg


むふふ、眠っていても可愛いのです。

ケニア号はそのまま通り過ぎてしまいましたが、後でウォーキングサファリするもんね。

ってことで、午後いち、歩き始めました。
ウォーキングサファリのいいところって間近で動物たちを見られるのはもちろん、好きなところで好きな時間過ごしていいこと。

ゾウたちにおやつをあげて、いろんな動物たちを見ながら進んでいきます。

さぁ。ターキン仔はどうしているかな?

まず目に飛び込んできたのはお父さん。

f0297893_20125620.jpg


生まれて初めてゴールデンターキンを見たとき、私はその美しさに言葉を失ったのを覚えています。
岩場のうえに颯爽と立ち、太陽に照らされた毛がまさにゴールドに輝きながら風になびいていたのです。

まだそんなゴールドの毛とは程遠いもふもふターキン仔は?

おっ、いたいた。

f0297893_20174558.jpg


ふふふ。かわゆい。

お兄ちゃん。

f0297893_20154254.jpg


お父さんと比べるとまだまだ小さいけど、babyが生まれたおかげで大きく成長しているのがよくわかります。

お母さんはトレーニングに呼ばれていきました。

f0297893_2017131.jpg


そのあいだに、なぜかエサ箱に入って行ったbaby。

f0297893_2019111.jpg


すると、お兄ちゃんがごぉぉぉぉぉーっと声をあげて追いかけてきました。

あわわわ。慌ててそこから出るbabyです。

f0297893_20195074.jpg


お母さんもトレーニングそっちのけで、兄弟の様子を見に来ました。

何がいけなかったのだろう…。

f0297893_20203283.jpg


私もよくわからなかったけど、エサ入れは入るものじゃありませんってことかな?

ふぅーん。

f0297893_20212749.jpg


しぐさの一つひとつが可愛くて

f0297893_2022528.jpg


つい長居をしてしまいました。

f0297893_20222383.jpg


また会いに行くね!
[PR]
by HGL-DTW | 2016-06-18 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite