どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2017 ありがとう

今年一年、みなさまにとってどんな年だったでしょうか。
何年たっても拙いブログではありますが、足を運んでくださってありがとうございました。


チャーチルのロッジに遊びにやって来た彼からもひとこと。

『2017年。あばよ。』

f0297893_17441160.jpg


くる年もまたボチボチとおつきあいの程、お願い申し上げます。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-12-31 19:00 | 海外 動物園他 | Comments(0)

Polar Bear Holding Facility シロクマ監獄

f0297893_17585938.jpg


かつて『Polar Bear Jail』と呼ばれていたこの施設、現在は『Polar Bear Holding Facility』にかわっています。

この建物が建設された経緯には、ホッキョクグマとの共存をめざすチャーチルの人たちの思いがあったようです。
そもそもホッキョクグマたちが暮らす場所に人がやってきたわけですから、ハドソン湾が凍り始める頃になると動物と人が出くわすことが日常茶飯事のようだった1960年代。
人がクマに襲われる被害が相次ぎ、1968年に小さな男の子が襲撃されたことをきっかけに、人命を守る、また人命を尊重するあまりにホッキョクグマをむやみやたらと殺すことがないよう管理するためのプログラムが設立されました。
1970年代に入っても、クマと人がでくわすことは続いていて、とりあえずは捕まえてヘリコプターで移送させてはいたのですが、移送費が莫大かかるうえにすぐに街へ戻ってきたり、またなかなか街から出て行かないホッキョクグマは殺すしか手立てがありませんでした。
そこで1979年にこのホッキョクグマ用の施設建設が始まりました。

2006年にアップグレードされた施設ですが、1頭ずつ保有する檻と母クマと子どもを保有する檻もあるそうです。
そのうち5つの檻には、なんと!空調も備えつけられている(気温が高い時に使う)そうです。

街で捕まえられたり、コミュニティーの周囲に備えつけられたわなにかかったホッキョクグマがこの施設へつれてこられるわけですが、たいてい30日間を過ごします。親子は例外だそうですが。

そのわなは、排水管を利用したもの。

f0297893_21225911.jpg

f0297893_21233910.jpg


問題があるクマはもう少し長く滞在することもあるそうです。
この施設へ入ったら、耳にタグをつけられ、歯茎に番号の入れ墨を入れられます。捕らえられたときの体重や胴回り、体長などのデータがその番号で管理されるそうです。
滞在中は、水か雪を与えるのみ。食べ物はその後のことを考慮し、与えません。
期日が来たら、肩にミドリ色のスプレーをされヘリコプターでチャーチルの北へ移送されます。

ツアーガイドが数枚写真を見せてくださったので、許可をもらって撮らせてもらいました。(彼がシェアしてくれた写真には、FRONTIERS NORTH GUIDE提供と記述します。)

f0297893_20582788.jpg
                                 FRONTIERS NORTH GUIDE提供


f0297893_20585705.jpg
                                 FRONTIERS NORTH GUIDE提供






さて、前置きが長くなりました。

空港のすぐそばにこの施設はあります。
あまりの大きさにびっくりしました。

f0297893_20253723.jpg

ドアの大きさと比較すれば、それがどのくらい大きいかおわかりいただけるでしょう。

f0297893_20264188.jpg

ここは権限を与えられた人しか入ることができません。

内部の写真。
ネットで検索すればいろんな画像をみることができますので、興味がある方は探してみてください。

f0297893_21082590.jpg
                                       FRONTIERS NORTH GUIDE提供



ドライバー兼ガイドによれば、その時点で5頭が施設にいて、ちょうど昨日1頭やって来たところだとか。

ツアーの人たちは、建物の前で何枚も記念写真を撮っていましたが、なんだかそんな気持ちになれませんでした。

f0297893_21143029.jpg

5頭は、私たちの声や足音に耳をすませているんだろうな、どんなことを考えているんだろう、何をしているんだろうとそんなことばかり思っていました。

この施設に来たホッキョクグマの約3分の2がまたここに戻って来るそうです…。
常連さんもいらっしゃるそうですよ…。

バスに乗り込んで反対側へ回りました。すると

f0297893_21194292.jpg

なんてステキ!
共存することは簡単ではないけれど、チャーチルの人たちは私が思う以上にホッキョクグマを大切にしてくださっているのだと思いました。

もしも、最初にこちら側にバスを停められたら、ここまで感動しなかったかもしれません。
そんなツアーの進め方も憎いな(笑)と思いました。


施設の中には入られないし、確かに寒いのだけれど、もう少しここにいたい気分でした。
私も耳をすませて彼らの存在を感じながらこの施設の周りを歩いてみたい、そんな気持ちでここを後にしました。



参考資料:Churchill Wild  Polar Bear Blog【Churchill Polar Bear Alert Program protects both bears and humans】



[PR]
by HGL-DTW | 2017-12-28 19:00 | 海外 動物園他 | Comments(0)

ツアー2日目 in Churchill

チャーチルに着いてから、陽気な女性ドライバー兼ガイドのバスに乗り込み、チャーチル周辺の観光へ行きました。

チャーチルの歴史を語るうえで欠かせない場所、国定史跡のケープメリーやチャーチル港、

f0297893_17380358.jpg

1979年にアクシデントで不時着した飛行機のミスピギー

f0297893_17370582.jpg


などを見てまわりました。

天候次第では行けないかもと聞いていたのでどうなるか気がかりでしたが、なんとか行けはしたものの、ケープメリーではびっくりするほど吹雪いていて顔が痛くて寒かったです。
スタッフの後ろをついて歩く姿は、もはや映画、八甲田山を彷彿させるもので、顔をあげずにひたすら進みました。
対岸には、プリンスオブウェールズ砦が見えるそうですが、前出の画像のとおり辺り一面真っ白で何にも見えません。
そんな中じっとスタッフが解説してくれるのを聞いてたので、ぴゅ~ぴゅ~という風の音とバチバチと顔に当たる雪のようなものの印象しかないという(-_-;)

そんなわたしたちに同行してくださっていたのが

f0297893_17434796.jpg

この方です。
いつ何時ホッキョクグマが現れるかわからないそんな場所なのだということをひしひしと感じました。

実際、別のバスの人たちはこのあたりで野生のホッキョクグマを追い払う場面に遭遇したそうです。
私も見たかったなぁ。

バスを降りる前に注意を受けました。
『もしもホッキョクグマに遭遇したら、迷わずバスへ走って乗り込むこと。最初に乗り込んだ人からどんどん後ろに詰めて、間違いなくみんなが乗りこめるように。』

チャーチルの人たちは、家の前に車を停めるときでさえ、ロックしないのだそうです。
車がいざという時逃げ込める場所になるから。

この警告、街の中でも見ました。

f0297893_17532743.jpg

ここから先は行くことはできません。

f0297893_18112455.jpg

ホッキョクグマを目撃した人が専用の番号に電話をかけると、パトロールしている自然保護管が現場へ急行することになっています。クマも人も安全に暮らすためのプログラム、Polar Bear Alert Program(1980年に設立)によるものです。

f0297893_17545560.jpg

とはいえ


f0297893_18465198.jpg

こうして景色をみていると、ホッキョクグマが暮らしている場所に人がやってきたんだなと思わずにいられませんでした…。


この日はとても寒かったので、乗っているバスの窓ガラスは結露を通り越して凍り始めました。
車窓から眺めるはずの景色も凍った湖の底のようです。

ドライバーさんが、「あれが捕まえたホッキョクグマを輸送する車よ。」と教えてくださったので、慌ててシャッターを切るものの

f0297893_18171806.jpg

滲んで見えます。(フレームアウトしていることは気にしないでください笑)
削除しようと思ったけど、その日の天候を物語るものになるかなと残しておきました。

しばらくしたらまたドライバーさんが、「あ!ホッキョクグマが輸送されて来たわよ!」とおっしゃったので、今度は立ち上がって撮ってみました。

f0297893_18192449.jpg

そしたら、「Oh! It's empty.」って。
あー、緊張した!チャーチルに来て初めて目撃するホッキョクグマが麻酔の効いたクマになるのかと一瞬思ったりして。


長くなりそうなので、今回はこのあたりで。

次回は私が一番楽しみにしていた場所。

f0297893_17585938.jpg

Polar Bear Holding Facility
いわゆるシロクマ監獄、少し前まで「Polar Bear Jail」と呼ばれていた場所のお話です。
(といっても中には入られないのですがね。)




[PR]
by HGL-DTW | 2017-12-26 19:00 | 旅のおはなし | Comments(0)

Merry Christmas

世界中の動物たち
そして
動物たちを愛してやまない人たちに
たくさんの幸せ
降ってこい

f0297893_15483049.jpg



Happy Christmas!

アシニボイン動物園 Journey to Churchill にて


[PR]
by HGL-DTW | 2017-12-24 19:00 | 海外 動物園他 | Comments(0)

カナダへの旅

10月28日。ついに出発の日です。
旅そのものはもちろんですが、準備であれこれと買い物をしたり、ああかな、こうかな、などと妄想したり、そんな時間も楽しくて特別ですよね。
出発の日が来てほしいような、楽しみはずっととっておきたいようなそんな気持ちでした。

10月いっぱいまでは、関西国際空港からバンクーバーへの直行便が飛んでいるということで、出発は関空から。

第1ターミナルビルの4階につくと、いよいよだな~感が満載でした。

f0297893_17524174.jpg

出発ボード。
パタパタパタと音を立てるボードを探したけれど、こちらに取って代わったんですね。
私はあのアナログな感じがとても好きでした。

『出発ロビー飛行機の~♪ 翼が窓にうつる~♪』
心の中で聖子ちゃんがヘビーローテーションです。

「ユキ。いよいよ出発するよ。カナダへ一緒に帰るんだよ。」

f0297893_17565890.jpg

お気に入りの写真でつくったキーホルダーを持って、エアカナダ1952便へ乗り込みました。
機材は何だったんだろう。予想に反して狭いシートでした。

星野道夫さんの「旅をする木」を持って行ったけど、一度も開くチャンスがやって来ませんでした。
これから体験するであろう日々について考えると、興奮してしまって…。

日付変更線を通過してバンクーバーへ到着。
広い空港には、原住民のトーテンポールや芸術品が飾られていて、ホッキョクグマを見つけるたびに立ち止まって眺めていました。
(これが写真がうまく撮れていなくて残念…)

おぉ、カナダに来たなぁと実感。

f0297893_18053053.jpg


時差があることは、日本人の私には馴染みがないので、次の飛行機に乗り遅れないように気をつけておかなくちゃ。

まずは搭乗口を確認しに。

f0297893_18072985.jpg


ウィニペグ
この文字だけで相当テンションがあがりました。
最高気温が1℃、最低気温は-5℃か。やっぱり寒そうだな~。とは思うものの、ワクワクの方が勝っている!

比較的小さい飛行機に乗り換え。

f0297893_18124970.jpg

到着したウィニペグ空港は小さな空港でしたが、空港内に置かれているものが私の心をくすぐります。

f0297893_18145018.jpg

いろんなツアー会社があるんでしょうね。

私がお世話になるのは、こちらのFRONTIERS NORTH。

f0297893_18152425.jpg


おぉぉぉぉ!こんなふうにホッキョクグマに見つめられる時が私にもやってくるのか?
楽しみ~♪

でもまだですの。ツアーが始まるのは3日後。
ここからホテルのリムジンバスに迎えに来てもらって、そちらに3泊。毎日アシニボイン動物園へ通いました。
ええ、他にはどこにも行っておりません。
後日、ツアーの外国人観光客の人たちに言わせれば、「信じられな~い。博物館や観光名所は他にもいっぱいあるのに。」
うぅーん、もしウィニペグに別荘を持ったら行くことにしよう。

現地ツアー開始は、10月31日。
動物園を出たら、宿泊していたホテルに戻って荷物をピックアップ。空港近くのホテルに移動しました。
21時からツアーのオリエンテーションがありました。

f0297893_18242047.jpg

ボードが可愛すぎる♡

こうしてみると、3日で6本もツアーがあるのですね。
チャーチルの市内観光がついているもの、チャーチル市内のホテルに宿泊してバギーに乗って自然保護区へ出かけるもの、それからロッジに宿泊するものなど選択肢もたくさんで日数も違います。

翌朝、朝食を食べようとロビーへ降りると

f0297893_18275958.jpg

いちいち心をくすぐられるしかけになっております(笑)

空港の目の前のホテルに宿泊したというのに、搭乗する場所へは20分のバスライドでウィニペグ空港へ。
というのも、チャーチルまでチャーター便なのです。
セキュリティを通ることも荷物の預け入れなどは一切しなくて、飛行機に乗り込むだけ!

f0297893_18361673.jpg

ノリノール航空でチャーチルへ。

ガイドブックを見ながら

f0297893_18394485.jpg

コーヒーとおやつで

f0297893_18401107.jpg


約2時間30分の快適な旅でした。


チャーチルに降り立ったとき、なんだかじ~んとしました。

私の知っている日本のどの空港よりも小さく、まるでバスターミナルのようです。
その半分ほどを占めているんじゃないかと思わせるほどの空間に様々な展示品がありました。

f0297893_18441317.jpg


こんな展示品を見ていると、これから散財することになるんだろうな~と戦々恐々でした。

f0297893_18450206.jpg

これらの頭骨や爪は、レプリカでしたね。

f0297893_18451610.jpg


空港内には、ジュエリーを作って販売している作家さんもいて、その方がパスポートにホッキョクグマのスタンプを押してくれました。


f0297893_18544393.jpg

(上は、チャーチルの郵便局で。下がその作家さんがおしてくださったもの。)


それからこんなものも。
首輪は、ホッキョクグマの行動追跡調査に使われるものですが、よく見ると毛が付いたままになっていて、実際に使用されたものなのだなと思いました。

f0297893_18452238.jpg

あぁ。野生のホッキョクグマたちにどんなふうにどんな場所で会えるのかな。
早く会いたいなぁ。
そう思ったチャーチルの初日でした。

つづく…




[PR]
by HGL-DTW | 2017-12-22 19:30 | 旅のおはなし | Comments(0)

みさき公園 ブランの気持ち

ランさんにありがとうを言いに行きました。

f0297893_17553214.jpg

みなさんの目に映るランさんは私の持つ印象と全く同じで、高貴で誇り高く美しいものだったのだとメッセージを拝見して思いました。


ランさんが亡くなる2日前に訪問したとき、いつもと様子が違って見えたブランを私は、きっとランさんとのお別れが近いと悟って落ち着かなくて、心配しているのだと思ったのです。
「外には出ない、ここにいてランさんを見守らなきゃ。ねぇ、なんとかしてよ。」と言われている気がしていました。

だけど、寒いから外に出たがらないと担当さんがおっしゃったので、あぁ、いけない。私はまた擬人化していたんだなと反省しました。


そしてこの日。
珍しくブランは外に出ていました。

f0297893_18155477.jpg

ここ数週間、外にいるブランを見ていなかったので久しぶりに感じましたが、ブランのいる場所に少し違和感を覚えました。

f0297893_18182318.jpg

ブランがいつもは行かない場所、だけどランさんがよく座っていた場所。そこで立ち止まって匂いを嗅ぎ、悲しそうな声で鳴いていました。

f0297893_18224370.jpg

擬人化してはいけないと言われても、私にはブランの気持ちが聞こえてくるようでした。
動物も感情を持っているし、淋しいという感覚とは違うのかもしれないけれど…。
ランさんの姿を探している、そんな気がしました。
ブランはランさんが大好きだったものね。

ねぇ、ブラン。気持ち、わかる気がするよ。

f0297893_18401162.jpg

私もね、会えなくて淋しいの。

心にランさんの場所を見つけられるといいね、お互い。





[PR]
by HGL-DTW | 2017-12-18 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

みさき公園 ランさん おやすみなさい

12月9日。ランさんが虹の橋を渡ったと園から発表されました。

f0297893_18363651.jpg

もしかしたらお別れのときが近いかもしれないと覚悟していたつもりでしたが、私の覚悟など何の役にも立ちません。
訃報を聞いて何かに射られたような衝撃をうけました。

関西にやってきて、初めてみさき公園へ行ったときはスマトラトラが2頭いることなど知りませんでした。
そんな私に、スマトラトラのカッコよさや美しさ、野生下における彼らの現状を教えてくれたのが、他ならぬランさんとブランでした。

f0297893_18362595.jpg

遠くから投げかけてくれる優しい目。

f0297893_18370549.jpg

気品漂う姿。

f0297893_18361791.jpg

国内最高齢だというのに、そんなこと全く感じさせないランさんでした。

f0297893_18352692.jpg

ランさんに会えなくなってから、心の中にいろんな姿のランさんを思い描いています。

f0297893_18360869.jpg

高齢ということもあったので、一緒にお祝いできるお誕生日は、特別でとても嬉しいものでした。

19回目のお誕生日に、不器用と闘いながらお祝いボードを作りました。
(写真だけ撮って持ち帰りましたが…)

いつもお花が届いていましたね。

f0297893_18355306.jpg

ランさんにお見せしても、「??」な顔でしたね。(当たり前)

今年の20歳のお誕生日には、メッセージボードが用意されてたくさんのお祝いの言葉をもらっていました。

f0297893_18343640.jpg


行くたびに違ったメッセージボードに替えられていて、見るたびに泣きそうになりました。
聞けば3枚にも4枚にもなったとか。

みんなに愛されていると知って、私もとても嬉しかったです。


亡くなる2日前にお会いしたのが最後になりました。

寝室にいても、窓に近づいていくと必ず顔をあげてこちらを見てくれました。

f0297893_18482936.jpg

あなたに会えないのはとても淋しいです。
でももうしんどくはないと思うことで今は自分を慰めています。

f0297893_18353485.jpg

たくさんの思い出をありがとうございました。

f0297893_18350694.jpg

少しゆっくりやすんでください。
落ち着いたら、私の夢に遊びにいらしてね。

私はあなたの美しい瞳が大好きです。

f0297893_18351832.jpg


今もこれからもずっと。

f0297893_18364882.jpg

ありがとう。ランさん。
おやすみなさい。





[PR]
by HGL-DTW | 2017-12-14 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

Assiniboine Park Zoo こんがらがること

ワピチには秋田の大森山動物園で会ったことがあるのですっかり知っているつもりでいました。

アシニボイン動物園のワピチたちのお住まいの広いこと。

f0297893_18083341.jpg


横からずっと奥、すべてが彼らの運動場です。

大森山で初めてワピチを目にしたとき、その大きさにびっくりしたのですが、さすがにこれだけ敷地が広いと、もはや大きいのだかなんなのかわからなくなります。

f0297893_18102829.jpg


立派な角を持ったオスがいました。

f0297893_18145010.jpg

カッコいい!
シカたちを見ていつも思うことですが、これが毎年抜け落ちるなんて成長の過程とはいえ、もったいない気がしてしょうがないです。

ところでこのワピチの掲示にはElkとも書かれていて、へぇ~なるほど、ワピチはエルクなのねと思っていました。
カナダ滞在中にエルクの肉が出てきましたが、ワピチを食べちゃったのか…とも。(美味しかったです!)

ところが、先日あるところでヘラジカのことをエルクと呼んでいて、「えっ!!」とこんがらがってしまいました。
どう見ても、ヘラジカとワピチは違うでしょう。
どうも北アメリカでのみで通用することのようで、おおむねエルクとはヘラジカのことなんですって。
え、そしたら私ヘラジカ食べたのかなと思いましたが、カナダでの出来事なのできっとワピチだったのね。
わー、もうこんがらがります。

もっとわけがわからなかったのは、アシニボイン動物園で「Reindeer」と「Caribou」を飼育していること。
トナカイとカリブーって違うの?

こちらがReindeer

f0297893_18252935.jpg

Reindeerは2頭のメス。Journey to Churchillのエリアにお住まいです。
奥に見えるのが、以前ご紹介したホッキョクグマ舎ではあるけれど、現在はオオカミたちが住んでいるところです。

f0297893_18263113.jpg

そしてCaribouたちは、動物園のエントランス近くにいらっしゃいます。

f0297893_18280058.jpg

どこが違うの?

f0297893_18282168.jpg

顔が黒い?
そんな違いではないはず。

思えば、星野道夫さんの写真集に登場するのは、Caribouですね。

f0297893_18283455.jpg
これまたこんがらがって、よくわからないと滞在中ずっと思っていました。

帰国して調べてみると、Caribouは、アラスカに生息する在来種だそうで、Reindeerは家畜なんですって。
生物学的には同じだけれど、そもそもアラスカへ他の土地で生育したトナカイを連れてきて飼育したのだとか。
非常に興味深いお話でもう少し調べてみたいと思いました。

となると、見ただけではなかなか判断できないはずですね。

動物たちについて、少しずつ新しい何かを知っていくのが本当に楽しくて面白い今日このごろです。



[PR]
by HGL-DTW | 2017-12-11 19:00 | 海外 動物園他 | Comments(0)

Assiniboine Park Zoo で出会った珍しい動物たち

そこには掲示が一つもなかったので、なんという動物かわかりませんでした。
海外では、馴染みの深い動物なのかなとも思いました。

f0297893_18111070.jpg

広い放飼場の奥に1頭でいる姿がとても美しくて
曇天の下で決して明るくはないというのに
まるで、アニメに登場するシシ神様のように神々しく見えました。

f0297893_18112512.jpg

Mule Deer
ミュールジカ

f0297893_18113438.jpg

尻尾の先が特徴的ですね。
個人的には体色・配色が好みです。
口の周り、お尻周り、んー、いいですねぇ。


次は、Muskox
ムスク。ジャコウウシの方が一般的かな。

f0297893_18195780.jpg

ムスクは香水として有名だけれど、どちらかという甘い香りで、昔は惚れ薬とも言われていたとか?
彼らの迫力ある姿からちょっとかけ離れている気もします。加工されたものでなく、彼らの匂いを嗅いでみたいものです。
(にしても遠すぎる…)

ウィニペグのあるマニトバ州のマークにも使われています。
ほら、こんなところに。

f0297893_18232857.jpg

エスキモーミュージアムをはじめとするさまざまな場所で剥製を目にしました。
極寒の地で暮らすだけあって長い体毛、確か2層の毛で覆われているのですよね。そしてなんといっても特徴的なのは角でしょうか。
私はクリっとした目も好きです♡ 今回の旅でムスクのファンになりました。
カレンダーや雑誌などでみる彼らはとてもカッコいいのですが、私の撮ったものはどれも可愛らしいものばかりでした。
それはそれでよいけれど、次回リベンジしたいです!(行けるかどうかわからないけど…)


珍しくはないかもしれないけれど、思わず「うぉぉぉぉーっ!」と声をあげたのは、ブロングホーンを数頭目にしたので。

f0297893_16231220.jpg
(と言いつつ、写真はなぜか1頭だけど)

こんなふうに柵や檻のない広い場所で姿を拝見できて、とても新鮮でした。
金沢動物園にいらしたブッチくんのことを思い出しました。
首の白い模様が私のお気に入り♡


それから「アナホリフクロウ」さんは、1羽で。

f0297893_17044531.jpg

すごく美しいでしょう。
私の知るアナホリフクロウは、たいてい小さな網で張り巡らされた、お世辞にも広いとは言いがたい鳥舎にお住まいで、奥の暗~いところに佇んでいるのがほとんどでしたので、こうしてしっかりお姿を拝見できてとても嬉しかったのです。

後方に見えている建物がお家です。

f0297893_17081156.jpg

この建物、「Prairie Outpost」と書かれていて、手前の掲示にミーヤキャットの絵も見えるので、もしかしたら冬の間は展示をお休みしていてアナホリフクロウさんは間借りしているのかなとも思いました。
見えている右手が外の運動場、左手にドアがあってそこを入るとガラス張りのお部屋でした。

f0297893_17124827.jpg

思っていたよりもサイズ的に大きく感じました。これも明るさが影響しているのかしら…。


そして最後にこの方。

f0297893_17151270.jpg

私が撮影するには非常にハードルが高い場所でしたが、動きがあって非常に面白かったです!

テン?イタチ?
だとしたら、常に眠っている印象ですが、閉園間際だったからでしょうか。慌ただしく動いていました。

f0297893_17162507.jpg

意外に舌が長いのね。

f0297893_17214127.jpg

Yellow-Throated Marten
キエリテン

円形の建物に住んでいまして、中は温度管理がされていて暖かかったです。外周がそれぞれ外の運動場となっていました。
ほとんどが出入り自由になっていましたが、オセロットは「絶対に無理!」とでも思っていそうで、このキエリテンだけが外に出ていました。


今日はこのへんで。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-12-05 19:00 | 海外 動物園他 | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite