どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

アマラ & ヴィドゥラ

日本とスリランカの国交樹立60周年を記念して、スリランカから贈られた、
アマラ(メス、8歳)とヴィドゥラ(オス、5歳)。

去年の11月に来日して、3月に寄贈式があったと記憶しています。
お披露目式には、アマラだけが出てくれて、まだ施設に慣れていないヴィドゥラは参列できませんでした。

私が多摩へ行った時は、そんなことはもう、みじんも感じさせないほど、二人はリラックスしていました。

ちょうどアヌーラ(オス、推定60歳)との入れ替わりで展示場にでてきたところでした。

f0297893_16135440.jpg


アマラ。
あまりにもかわいくて口から出た言葉が、「きゃーっ!」
出番が来る前に体にお化粧を施したかのように見えますね。
若いことも手伝って、なんだか銅像のようです。


f0297893_16173175.jpg


ヴィドゥラ。
これまた楽しそうにプールに浮かんだみかんを上手に鼻で掴んで食べています。

この二人。
なんだかウキウキなんです。だから見ているだけでこちらもウキウキしてきます。


ふふん♪ ふふん♪ ラリラリラ~♪ ふふん♪ 


f0297893_16202326.jpg


なんか楽しそうでしょ。お話しながら、むしゃむしゃしたり、遊んだり。

できることなら、ずーっと眺めていたかった、そんな二人です。
また会いたいな。
[PR]
# by HGL-DTW | 2013-08-14 21:00 | 動物園(関東) | Comments(6)

じょーーーーーっ

とにかく暑いから

頭がぼーっっとするのね。

そんなときは

f0297893_21225726.jpg


もうこれしかない。





じょーーーーーっっ!
[PR]
# by HGL-DTW | 2013-08-13 21:25 | 徳山動物園 | Comments(0)

プロレッスァーパンダ

一時期はこの展示場には7頭のレッサーパンダが飼育されていましたが、お嫁入りして現在は4頭。

一番年上のアヤメ。双子のカリン、イチゴ。唯一のオス、のんた。

人間模様ならぬレッサーパンダ模様がおもしろい展示場です。

この日は、櫓に(たぶん)カリンとのんたかな。

寝転がっているのんたの鼻先に自分のお尻を近づけて…

f0297893_2353696.jpg


時々振り向いて、その正確な位置を確認しつつ…

「何がしたいんだろう。」と思ったとたん


f0297893_2355169.jpg


うりゃっ!
背中からのんたに倒れる!


f0297893_23562496.jpg


そんなことする奴はこうしてやるっ、ってことで

「てへへ、いててて…。」

やられています。
[PR]
# by HGL-DTW | 2013-08-11 23:00 | 徳山動物園 | Comments(4)

お暑うございます。

昨日は、部屋の温度が32℃になりました。
そして今日も「用がなければ、できるだけ外出を控えてください。」なんて言葉をあちこちで耳にすると、動物たちはどうしているか気になってしまいます。

車にだって寒冷地仕様があるのなら、ホッキョクグマにも南国仕様があればいいのにね。

ユキはどうしてるかな?


f0297893_1814540.jpg


ユキの展示場は、今年シェードがついたことともうひとつ、暑さ対策がしてあります。

ユキが眠ったり歩いたりする場所に、一日中水が流れるようになっています。
この写真で、プールにせり出した部分から水が流れている様子がおわかりいただけると思います。
ホッキョクグマ舎に近づくと、この水の流れる音がチョロチョロと聞こえて、なんとも涼しげ。

そしてユキの体の周りの影から、そこに水が存在する様がなんとなくわかっていただけるかとも思います。

ユキにとってほんの少しでも涼になれば…と飼育員さんが話されていましたが、ユキはとても気持ちよさそうにしています。

なんだか
「はぁ~~~っ」って声が聞こえそうですね。

水のあるところを歩いてみたり
水が流れてくるところへ行って水を飲んでみたり。

ユキはここ2年、連続で夏に体調を崩しているので
今年は夏の疲れがでないように、どうかこの暑さを乗り切ってほしいものです。



さてさて、閉園間際の動物園。
ユキの様子を見ながら、ふと…
他に誰もいなかったから、そこにあおむけになって写真を撮ってみました。

ええ、もう汚いとか汚れがどうとかそんなことはお構いなしです。
いい年の女性が(いい年?)腹筋をぷるぷるさせながら、カメラを構えている様子をご想像ください。
(別に想像しなくてもいいのですがね 笑)


ユキは展示場からどんな景色を見ているのか。
展示場に行くわけにいかないから、とりあえずギリギリのところまで近づいてみようと。
ユキの視線を追って、その位置からパシャリ



f0297893_18311164.jpg




んー、あんまり臨場感がないけど
ま、いっか♪
[PR]
# by HGL-DTW | 2013-08-09 21:05 | ユキ | Comments(4)

いとしのチューバッカ

近くの動物園にはいないから、いつどこでどんなふうに好きになったのかわからないけど
なぜだかあの体つきやお顔、そしてお鼻に口、すべてがかわいくて大好きなウォンバット。

日本全国でも私の記憶が正しければ5園でしか会うことができないはず。
ペアで飼育しているところは1園のはずだから(違っていたらごめんなさい。)
これからウォンバットに会うのはどんどん難しいことになっていくのが淋しい…。

多摩動物園へ行きたかったのは、とべ動物園から行った砥夢くんやトラファミリーに会いたいなど、いろんな理由があったのだけど、その中でも行きたい理由no.1に長い間リストアップされていたのが

『ウォンバットのチューバッカに会いに行く!』でした。

昼間はほとんど眠っているらしいから、起きてるチューバッカに会えるとしたら朝しかないかなと入園と同時にまっしぐら、チューバッカの元をめざしました。

チューバッカのおうちって
正門から遠い…

着いた時には息切れが…汗

f0297893_1517289.jpg


あぁ…、寝てる

それでもやっぱりかわいいな~。このまるっこいかんじがたまりません。

チューバッカのところには、すでに大きなカメラを持った先客がいらっしゃいました。
ガラスの写りこみ防止に使われるのか、大きな黒い布をガラス前に広げておられました。
そしてガラスをタオルのようなもので拭いてくださっていました。

ほほぉ~
すごいなぁ~

この方もチューバッカの大ファンなのだろうなぁと嬉しく思いました。

しばらく眺めていましたが、微動だにしないチューバッカ。
ちょっと違う動物たちに会ってくることにしよっと。


それから数時間後。
もう帰らなければいけない時間が来て、もしかしたら、とかすかな望みを抱いて向かったチューバッカのおうち。


f0297893_15174183.jpg


ね、寝てるか… やっぱり…

あー、でも朝は体しか見えなかったけど、頭が見えるな~♪

チューバッカ、ありがとう。
今日はお顔を見ることができなかったけど、念願かなって会えてうれしい。
また来るから。必ず来るから元気でいてね。
と、お別れを言うと

f0297893_15175679.jpg



あっ、あーーーーっ、お顔が見えたぁぁ

ほんの一瞬の出来事でお見せできるとしたらこの1枚の写真しかないのですが
それでも

チューバッカがご挨拶に起きてくれた気がして、もうそれだけで幸せ度が200%くらいアップしました。

ありがとう、チューバッカ。
今度はおうちを散歩しているチューバッカを見れるように
今夜の新月にお願いをします。

また会おうね。
[PR]
# by HGL-DTW | 2013-08-07 21:00 | 動物園(関東) | Comments(2)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite