どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

チャーチルより


ねぇ。そっち、お湯加減どう?

f0297893_18232164.jpg

そう聞きたくなるくらい、くつろいでいた彼。(たぶん)




[PR]
# by HGL-DTW | 2017-11-23 19:00 | 海外 動物園他 | Comments(0)

Assiniboine Park Zoo 続き…

前回からの続きです。

動物園へ訪問した初日の夜のこと。

動物園に隣接するAssiniboine Parkに(動物園はParkの一部になるのですが)、クマのプーさんの銅像があると聞いていたので行ってみたいなと思っていました。
Parkは、とても広そうなのでやみくもに歩いて探すのは時間がかかるし、何か手掛かりがないかとネットを検索していたところ、動物園内で「あれ?こんなシロクマのオブジェ見てないな。」という景色に遭遇しました。
そこで初めてその日に行っていないエリアがあることに気づきました。

そうです!私としたことが!
Journey to Churchillと並んで、Assiniboine動物園の目玉ともいえる
【LEATHERDALE INTERNATIONAL POLAR BEAR CONSERVATION CENTRE】のことを忘れていたとは。
言わば、ホッキョクグマの保護・厚生施設です。
様々な事情で孤児になったり、傷ついたりといった理由で保護されたホッキョクグマたちが暮らしています。

f0297893_17504016.jpg

Journey to Churchillからわき道にそれた場所からつながっています。
ここを進んで右手に折れると…

f0297893_17521801.jpg


こちらが入り口。

なるほど、NanuqとSikuがここにいるのね。

どうもここがかつてデビーたちが暮らしたホッキョクグマ舎をリニューアルして造られた場所のようですね。

入り口を入ると

f0297893_17551656.jpg


奥行きも広さも感じられない、下手な画像で申し訳ないです…(-_-;)

まず1か所。
左手にも運動場は広がっていますので、かなり広い造りです。
洞窟のような場所もあれば、水場ももちろんあります。

ここから奥へ施設が並んでいます。

f0297893_17583874.jpg

2つ目。

f0297893_17590208.jpg

これまた両端が切れてるけど…(-_-;) なんとなくわかっていただけたら…

そして3つ目。

f0297893_17592966.jpg


入り口入ってすぐの運動場に2頭いまして、3つ目の施設に2頭がいます。
真ん中は現在は空いているようで、それぞれの運動場をお掃除されるとき真ん中に移動させているようでした。

飼育員さんにお話を聞いたところ、入り口すぐの運動場にいるのは

York、3歳と

f0297893_18381262.jpg


Siku、2歳(右)

f0297893_18080010.jpg

いずれもオスと聞いて驚きました。
オス2頭が一緒にいるなんて。

f0297893_18091392.jpg

聞けば、Yorkは少し前までJourney to Churchillで大人のホッキョクグマたちと暮らしていたそうで、訪問した日の前日にSikuと一緒になったばかりでした。

これは、Sikuが大人になってJourney to Churchillへ移動したとき、大人たちと暮らした経験をもち、また自分とも一緒だったYorkがいることで環境に適応しやすくなると考えられているためで、Yorkと一緒にいることはSikuにとってはfirst stepということになります。

2頭一緒になったときから全く問題がないそうで、上手くやっていけそうだと言われていました。

Yorkは、大人たちともとてもうまくやっていたそうで、Yorkがしょっちゅうプールに入るので大人たちもつられて入っていたのだとか。
大人たちにも人気者で、そしてここではお兄ちゃん役として活躍すると言われていました。


そして3つ目の施設にいるのが、

Nanuq、2歳とJuno、2歳。いずれもメス。
(残念なのだけど、この2頭は識別できませんでした。)

f0297893_18183291.jpg

f0297893_18423842.jpg


ここの施設は、2重に柵があるので非常に撮りにくいです。私にはハードル高すぎなので、ぼんやり画像を量産してしまいました。

f0297893_18185137.jpg
f0297893_18442855.jpg



Nanuqは、昨年の11月に保護されてここに来ました。
対するJunoは、トロント動物園生まれです。お母さんの母乳がでなかったことで人工哺育となりました。
ここにやってきたのは、クマ社会への適応化の訓練のためで、いずれトロントへ戻るようです。
なんでもJunoのお兄ちゃんたちもここでその訓練をうけて、トロント動物園へ戻ったそうです。
素晴らしいですね!

少し前まで、Nanuq、SikuとJunoは一緒だったそうです。そちらも問題はなかったそうで、今後もメンバーチェンジを考えてやっていくつもりだとおっしゃっていました。

ここまでお話を聞いたら、「あ~、毎週、いやせめて毎月でもここに通えたらなぁ。」と思いました。
メンバーチェンジがどうなるのか、それぞれのホッキョクグマがどんな個性を見せるのか、自分で見届けたい。そして成長してJourney to Churchillへ移動したら、他のクマたちとどんなふうに暮らしていくのか、見てみたいなと思いました。


では、Sikuの一生懸命がんばっている姿をご覧いただきましょう。
途中で思わずツッコミたくなります( ´艸`)







[PR]
# by HGL-DTW | 2017-11-21 19:30 | 海外 動物園他 | Comments(0)

チャーチルから

遠くに見えた彼が

f0297893_16355924.jpg

少し近づいたところで(といってもかなり距離はあるけれど)

f0297893_16371466.jpg

いきなり寝転がったら

f0297893_16375306.jpg

凍った地表の感触を確かめるように

f0297893_16382796.jpg

体を動かせる

f0297893_16394220.jpg

あまりにも可愛いくて

f0297893_16402211.jpg

クスッと笑ったけど

f0297893_16405403.jpg

美しくもあり

f0297893_16412000.jpg

彼のことはなんにも知らないのに

f0297893_16414944.jpg

愛おしささえ感じて喉の奥がキュンとなる






[PR]
# by HGL-DTW | 2017-11-16 19:00 | 海外 動物園他 | Comments(0)

Assiniboine Park Zoo 【Journey to Churchill】②

洞窟のような場所は、至近距離でホッキョクグマを観察できるところでしたが、次のエリアは運動場全体を真横からズドーン!と見渡すように作られています。

f0297893_15183040.jpg

網になっている部分は、匂いや息遣いが聞こえるようになっています。安全のため必要以上は近づけないように囲いもありました。

大きさがわかるようにトリミングしまくった画像ではありますが、参考までにつけておきましょうか。

f0297893_15245651.jpg

願わくばこの網のところに来てほしかったけど…。少し離れたところにホッキョクグマが見えているのがおわかりになりますか。

ここから撮ったのがこちら。

f0297893_15324330.jpg

よく見ると4頭いますね。しかも飼育員さんらしい方の姿も。
この周辺で飼育員さんに会うことはありませんでした。聞きたいこと、たくさんあったのだけど…。

それからこちらも。

f0297893_15354961.jpg

向こうに見えているガラス面がレストランです。
(といっても実際はかなり遠いです。)

ここにも掲示物はありますよ。

トレーニングや

f0297893_15373323.jpg

エンリッチメントのこと

f0297893_15374240.jpg

に触れられています。

そこから進むと今度は

f0297893_15394746.jpg

え?なぜにヘリコプター?と思われるでしょうか。

このエリアは、チャーチルで実際に行われているホッキョクグマとの共生・保護について学ぶようです。

f0297893_15402748.jpg

調査のため、野生のホッキョクグマに麻酔をうつのは、とても高度な飛行テクニックを有するパイロットとスナイパー(?)が必要なのですね。

f0297893_15414268.jpg

チャーチルにいるあいだに、こうしてホッキョクグマの輸送を目にすることがあるかなと思いましたがありませんでした。
いえ、なんでしょう。複雑ですね。見たいような、見たくないような。いや、でもやっぱり見たいな。(どっちやねん

それからこの監禁場所のことも。

f0297893_15420082.jpg

実際に訪問しました(中に入ることは許されません)ので、また機会があるときにお話したいと思いますが、町へ出てきてしまったホッキョクグマを監禁する場所で以前は「Polar bear Jail」と呼ばれていたようです。
現在は「Polar bear holding facility」という少しホッキョクグマに配慮した(笑)名前になっているようです。

現状を学ぶことができて大変興味深いエリアだと思いました。


そこから進むと…

歩いている途中もチャーチルの街で見たような標識に似せて描かれた注意書きがあって、いちいちテンションが上がります♪

f0297893_15553401.jpg

そして最後の観察エリアに着きます。
ここはちょっとした小屋のような造りなので風に吹かれずにすみます。ガラス面が2つ。

f0297893_15585600.jpg

ここから左側をみると

f0297893_15593742.jpg

さっきの洞窟がある方向です。

そして右側。

f0297893_15593123.jpg

この右手にレストランがあります。

ここにあった掲示ですが、どうしてそのときにもっとちゃんと読まなかったのか帰って来てからすごく後悔しました。

f0297893_16014822.jpg



よっぽど冷えた体を温めたくて、レストランで何を飲もうかとそればかりを考えていたんでしょう。
自分に「しっかり!」と言いたい。

すごく大切なことが書いてあるんです。

f0297893_16065228.jpg

そもそも最初にホッキョクグマを目にしたときから、そこにあった「う〇ち」にとても興味を持ちました。
国内のホッキョクグマがするようなものとは確実に違っていて、それは牛を思わせるものでした。
食べるものが違うのかなと思ったくらいでしたが、暗いところで見たのもあってキラキラしているとは思いもよりませんでした。
もしもこれを読んでいたら、日差しがでたときに「う〇ち」を観察しに走ったかもしれません。残念!
それにしてもどんな研究をしているのでしょうね。非常に興味があります。

ここを後にすると

f0297893_16261880.jpg

レストランが見えてきました。

動物園のマップでご覧いただくとわかるようにここは大きな楕円形の運動場で、さまざまな方向から彼らを観察できるようになっています。

想像を超えて運動場が広いので、果たしてあの博物館のようだった、下から水中にいる彼らを観察できる施設とどんなふうにこの運動場がつながっているのか、彼らは毎晩寝室に戻るのか、など疑問に思ったこともたくさんあります。
にしても…掃除、大変だろうな。

さて。レストランへ入りましょう。

側面全体がガラスなので、お茶しながら、また暖かい場所でホッキョクグマを観察できます。

f0297893_16353458.jpg

飲み物はコーヒーにしました。なぜなら、

f0297893_16355763.jpg

Polar bear blendというステキな名前をもつこのコーヒーは、1ポンドにつき(およそ453g)につき25セントの寄付になるそうで、Assiniboine Parkにおける教育・保護・研究に使われるそうです。(豆の販売もありました。)

ここで暖かい飲み物に体を緩めてもらい、ホッキョクグマに顔を緩めてもらいます(笑)

f0297893_16561397.jpg

小高い場所のてっぺんにいるのでまるで地平線上にいるようでした。

f0297893_16570456.jpg

彼は(彼女かもしれないけど)この岩に体をあずけるのがお気に入りのようでマグネットにもなっていましたよ。

f0297893_16584315.jpg

てくてく歩く~♪

いつもひっつきもっつき。

f0297893_16590425.jpg

それからいつもこうして草を食んでるクマ

f0297893_16592354.jpg

ブタっ鼻が可愛くて

f0297893_16593416.jpg

一生懸命食べてる(笑)

f0297893_16594359.jpg


伏せても食べてる(笑) 眠る直前まで食べるつもり?

このクマには「ヒツジ」というニックネームをつけてあげました( ´艸`)

雪がなくても

f0297893_17001306.jpg

雑巾がけするんだね♡


出発前に調べたら、ここには9頭のホッキョクグマが暮らしているようだったので(実際にそれが正しいかどうかも曖昧なまま)それならあとの4頭、この5頭と日々交替で出てくるのかなと思っていました。

その日の夜までは…

つづく





[PR]
# by HGL-DTW | 2017-11-15 19:00 | 海外 動物園他 | Comments(0)

Assiniboine Park Zoo 【Journey to Churchill】①

タクシーがエントランスに近づくと、ネットで何度も見ていた風景が目に入ってきました。

f0297893_17583209.jpg

わぁー、ついに来ちゃったよ。

タクシーを降りようとしたとき、そこらじゅうにカナダガンがいることに気づきました。
(ボケボケですみません…)

f0297893_17543285.jpg

列をなして歩いているもの、草を食んでいるもの、そして空を飛んでいるもの…
もうそれだけでテンションがあがってしまったので、ドライバーさん、驚いただろうなぁ。

メンバーシップにサインアップして年パスを手に入れたら、よぉし!行きますよー。

f0297893_18021250.jpg

まずはホッキョクグマを求めて、Journey to Churchillへ向かいます。
いつもどおり、いろんなトラップにひっかかりながら…笑

この先にもカナダガンたちが自由に散策していました。

少し進んだ先の左側は、オオカミの施設を建設中のようです。

f0297893_18252538.jpg

(画像が暗くてごめんなさい。)


園内の地図。

f0297893_18133508.jpg

f0297893_18130713.jpg

Journey to Churchillは、番号で言うと⑨から始まります。

f0297893_18162435.jpg

イヌイットの人たちがこうして石を積むことでメッセージを伝えていたのはご存じでしたか?

f0297893_18163209.jpg

石の積み方に意味があるそうです。

f0297893_18161390.jpg


Journey to Churchillは、学びの場でもあるということですのでたくさんの掲示があります。
動物たちのことはもちろんですが、そういったイヌイットのことにも触れられていました。

f0297893_18201699.jpg


入り口にシロフクロウやホッキョクギツネがいます。

f0297893_11265597.jpg

数羽いるのですが、どこに隠れているか探すのが楽しくて~。

f0297893_11274856.jpg

クリスタルという名前の彼女。美しくて可愛かった♡


なぜ入口のオオカミの施設にふれたかというと、ここ

f0297893_18271147.jpg

本来はホッキョクグマ舎なのですが、現在はオオカミたちの住まいとなっているようでした。


歩みを進めるあいだにもホッキョクグマの生態や現状に触れたものがたくさんあります。

f0297893_18311899.jpg
f0297893_18313406.jpg

下方部分は円柱になっていて回すことができます。
シーズンごとの彼らの暮らしぶりに触れてありました。

f0297893_18312873.jpg

このあたりで、「結構歩いているけどまだホッキョクグマを1頭も見ていない…。」と思い始めました。

果たして、ホントに会えるのかなと思いながら進んでいくと

f0297893_18353817.jpg

おぉぉ!いよいよ近づいて来たかしら。

f0297893_18370943.jpg

入り口を入ると、中はなんとも洗練された美術館のようです。

f0297893_18381249.jpg

わぁ、やっとホッキョクグマがいそうな場所に来ました。

f0297893_18404447.jpg


でも姿はなし。
そこにいらしたガイド役の方によれば、まだ今日はどの子も見ていないからみんな眠っているんだろうねとのこと。

先へ進みます。

f0297893_18382306.jpg


イヌイットの人たちによる伝統工芸。石や骨を使ったカーヴィングがガラスケースに飾られていました。美しいものばかりです。

その先に、水のトンネルが見えてきました。

Yes!
そうよ、ここで泳ぐホッキョクグマを見たいのですよ。

f0297893_10542109.jpg

さぁ、いらっしゃい!

…と思うものの、なぜかアザラシが気持ちよさそうに泳いでいるという…

f0297893_10545027.jpg

結局、訪問中にここでホッキョクグマたちが泳ぐシーンを目撃することがなかったので、どんな構造になっているのかを知ることができませんでした。
(それでもここのアザラシたちはいろいろと魅せてくれました♪まるで腰に手をあてているような様子からもご想像できるかと思います。)

うーん、ホッキョクグマへの道のりが長い…

そう思いながら進んでいくと…

ついに!

f0297893_10573984.jpg

ちょっとした洞窟のようになっている場所で発~見!

遠くに2頭が見えますか?

(しかもどなたか画伯になってガラス面に何か描かれたようですね。)

f0297893_11000168.jpg

なんだかひっつきもっつきしています。

ここはお気に入りのお昼寝場所のようで、眠っている姿を何度か見ました。

f0297893_11022422.jpg
(脚、短っ、笑)

彼らと距離が近いので、ニマニマ出来事が盛りだくさんの場所になります。

うっすらと開いた口元。

f0297893_11063231.jpg

肉球とキラキラ光る毛。

f0297893_11065969.jpg

ステキな隠れ家の洞窟。

f0297893_11154598.jpg

といってももちろん見えている場所だけではありません。この向こうにもまだ広々とした運動場があるのです。
あまりに広大なので、このエリアで暮らす5頭を一度に見るのは至難の業です。

今日はひとまずここまで。

ホッキョクグマを観察できる場所は、これ以外にあと2か所、レストランを入れると3か所あります。

ひぇ~!です






[PR]
# by HGL-DTW | 2017-11-14 19:00 | 海外 動物園他 | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite