どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

AWS 道具を使うチンパンジー

最初にその光景に出くわしたときには、「何をやっているんだろう?」と思いました。

f0297893_17583180.jpg


小窓で誰かと話しているようでもあり、懺悔室で懺悔しているようでもあり…。

でもその手にあるものが見えてから

f0297893_18000022.jpg

そのものを道具として使っているんだなとわかりました。

小さな穴に実に器用に草の枝を差し込み、小刻みに出し入れを繰り返すと抜いて

f0297893_18001871.jpg

口に持っていきます。

なんとも器用なこと!


差し込んで

f0297893_18002469.jpg


ゴシゴシして抜いたら舐める。

f0297893_18003348.jpg

おぉ!こうしてみるとその枝は柔らかいのですね。

どこからその枝を持ってきたのか、それとも最初からそこに置いてあったのか、中には何が入っているのか、この個体以外のチンパンジーも同じことをやるのか(見て覚えるとしたらできるはず?)、聞きたいことがいっぱいあるのに、誰もいない…。

やっぱり設置していただきたい「なぜ?なに?窓口」です(笑)。

とても熱心にやっていました。
道具を使うなんて彼らにとってみたらpiece of cake!なんでしょうね。

f0297893_18004030.jpg

左利きなのかな?
小指が立ってるし。
私にもできるか、やってみたいな。

などといろんなことが頭に浮かんできました。

また観察しに行かねば。




[PR]
# by HGL-DTW | 2017-08-07 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

AWS サファリワールドのゾウたち

アドベンチャーワールドへ行ったら、よっぽどのことがない限り、サファリワールドを歩いて1周するウォーキングサファリへ行くことにしています。

ケニア号でまわるのももちろん楽しいのですが、立ち止まることができるし、動物たちと同じ空間を楽しめます。
毎日車で走る景色も、歩いてみると違ったものが見えることがあるでしょう。それに似ています。

ただ…
ここで質問したいことがあっても、そんなときにスタッフに会えたことがなく、結局何も聞けずに終わってしまうのが残念ではあります。

3か所くらいに電話をおいてくれたらいいのに。
受話器をとったら、スタッフが対応してくださるような。

「もしもし、なぜ?なに?窓口です。」

はっ!一人妄想してた…

本題に戻りましょう。

入り口から入って一番最初に見えてくるのが、アフリカゾウです。
ここでは3頭のメスが暮らしています。

f0297893_16081647.jpg

1頭は、アフリカゾウ特有の大きな耳をパタパタさせながら豪快な砂浴びを、もう1頭は、枝をパキパキいわせながら折りたたんでいました。

乾燥した日だったので、近くまで行くと砂煙がこちらまでやってきて、ヘラヘラ笑って見ていると口の中がザラザラする羽目になりました。

残りの1頭はといえば、

f0297893_16122857.jpg

水辺のそばで楽し気に泥浴びをしていました。横っ腹が泥の色になっていますね。
尻尾を左右へプリンプリンと振り、耳をパタパタさせています。

じーっと眺めていると、ある種のこだわりが見えてきました。

まず、水を吸い込んで

f0297893_16183757.jpg


足元にあるくぼみに入れ、踏み踏みします。

f0297893_16184974.jpg


そうしますと、いいかんじの泥水ができあがりますので、それを


f0297893_16145866.jpg

バッシャー!とかけるわけです。

うん、ほんといいかんじの泥水です。

顔に飛ばすときは目をつむるのですね(笑)。

f0297893_16150837.jpg


これが水分が少なくていいかんじの泥水ができないときは


f0297893_16144130.jpg

あれま。
パラパラの土が腰あたりへ飛んで行きました。

こんなことを繰り返していました。

しばらくするとその場を離れて

f0297893_16244052.jpg

紐のようなもので遊んでいました。

そしたら、別の場所で砂浴びをしていた1頭がやってきて、

f0297893_16171757.jpg


今度は私の番!と言わんばかりにくぼみを鼻でいじりはじめました。

f0297893_16282265.jpg

へぇ~、みんな同じくぼみを利用するんだね。
ただ彼女は、水を使いませんでした。なので、パラパラと土浴びをされていました。


以前、有料サファリツアーに参加したとき、アフリカゾウのバックヤードへ入らせていただきました。
3頭が寝室に戻ってくるのを待っていると、2頭はすんなりやってきたのですが、1頭がなかなか入ってきません。
スタッフが呼びかけても、姿は見えませんでした。
すると、戻っていた1頭が外へ迎えに行ったのです。その姿をみて、「あぁ、やっぱりゾウっていいなぁ。」と思いました。
もちろん2頭一緒に戻ってきました。
聞くところによると、運動場にいるあいだにちょっとしたいざこざがあったようで、すねていたのだそうです。
それを聞いて、もっとゾウに親しみを覚えました。


アフリカゾウがいるエリアは、日本の動物園のそれと比較すると広いので、ゾウたちは自由に歩き回っています。

f0297893_16392940.jpg


(といってもこんな中途半端な画像しかないのですが…。これはちょうど真ん中を切り取ったかんじになっていて、左右に広がっています。人が歩いているのが見えますか。)


アドベンチャーワールドにはアジアゾウもいるのですが、アフリカゾウたちのエリアと比べると極端に小さくて狭いので、彼らにも同じような場所・待遇をと思ってしまいます。
もしかしたら、一緒に写真を撮ったり、ゾウライドなどの目的であの場所にいるのかなと思うと、胸が苦しくなります。
それを含む様々な理由で、アジアゾウのところで立ち止まって彼らを見ることはあまりしません。
いつか、近い将来、広い場所に引っ越して2頭が仲良く遊んでいる姿を見せてほしいと心から願います。

サファリワールドにいるアフリカゾウたちのように。




[PR]
# by HGL-DTW | 2017-07-28 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

AWS イッちゃんみたいなバンドウイルカさん

アニマルランドからマリンウェーブへ抜ける橋を歩いていると、キュッ!キュッ!とイルカの鳴き声が聞こえてきました。

「何かやっているのかな?」
立ち止まってそこから見下ろせるイルカふれあいプールを見ていました。

突然、水面に顔を出したバンドウイルカ。

f0297893_17342953.jpg


魚をぽい~んと投げ飛ばして口でキャッチしました!

くわえたまま、またプールに沈んでいったかと思うと、また

ぽい~ん

f0297893_17343776.jpg

とても楽しそうに遊んでいます。

楽しさが声になるのでしょうね。

f0297893_17340730.jpg

くわえて振り回しながら、キュッ♪キュッ♪

見てください!この楽しそうな顔。

f0297893_17341495.jpg


ブルンブルン振り回します。

f0297893_17342190.jpg

ん~(-_-;)
すでにお魚はぼろぼろになっています…。

f0297893_17344535.jpg

鮭の頭だけを残してぽい~んとプールへ放り投げ、それをおもちゃにして遊ぶイッちゃんのことを思い出しながら眺めていました。

イッちゃん、元気かな。しばらく会っていない…。


(イルカさん、神出鬼没なので上手く撮られなかったけど雰囲気が伝わればうれしゅうございます。)




[PR]
# by HGL-DTW | 2017-07-26 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

王子動物園 結希とりり花のお絵かき 

現在、市原ぞうの国で暮らしているインドゾウの結希が、お友だちのりり花と王子動物園へ里帰りすると聞き、会いに行ってきました。

え、里帰り?と思われた方は、詳細が書かれています王子動物園のスタッフブログをご覧ください(笑)。

2頭はすでに千葉に帰っていまして、旬を逃した感は否めませんが、この話を両親にしましたら目をキラキラさせながら食いついて聞いておりましたので、時期を問わずこれはイケる!と思った次第です(笑)。

里帰りは、6月29日から7月15日の約2週間余りでした。
そのあいだ、『結希とりり花のわくわくイベント』が行われていて、2頭がおつかいしたり、お絵かきしたり、楽器を演奏したり、水鉄砲?してくれたり。


f0297893_19101283.jpg


いろんなことを披露してくれます。

思うことはいろいろあるけれど、やっぱり子ゾウって無条件に愛くるしいですね。
同じお母さんのお乳を一緒に飲んで育っただけあって2頭とも仲が良くて、いつ見てもウキウキが伝わってくるし、なんというのでしょう、人を喜ばせるのが好きというか、みんながニコニコ顔でいてくれることがとても嬉しい様子でした。

SNSでも彼らの様子はたくさんの方が紹介してくださったし、前述の動物園のブログ等でも拝見できたので、もう知っていることではあるのですが、実際に目にすると可愛くて楽しくて、心揺さぶられてウルウルしっぱなしでした。

中でも『お絵かき』は、素晴らしかったです。
大げさと思われるでしょう?でも実際ご覧になったら、みなさんきっとこっそり涙をぬぐうと思いますよ。

『神戸の風景』を描いてくれます。
鼻でブラシを持ったら、キャンパスの前でキュッと持ち上げます。
慎重に鼻を降ろす場所を選びつつ、パタパタパタパタ、平べったい筆を叩きつけるようにして描いていきます。

空を描いている結希くん。

f0297893_19230706.jpg

実際には、そばでゾウ使いさんが号令を出しておられるのだそうですが、それにしても画才があるなぁと感心しました。

私、彼らのように上手くは描く自信がありません。

そして、山並みを描くりり花ちゃん。
おぉぉぉぉ!山の斜面を描いていきます。


f0297893_19231976.jpg

後ろで待機している結希くんの鼻に注目!

f0297893_19232947.jpg

キャンパスを持っているお兄さんが大好きな結希くん。つい、ちょっかいをだしちゃうのだそうです。
もぅ、可愛いんだから。
お兄さんも半分困った顔をしながらも、ニコニコしていました。

それにしても彩色する部分と白を残す部分の配置が天才的です!

山の輪郭をりり花ちゃんが描いてくれたので、続きを描いていく結希くん。

空も山も一色だけでなく2色を使い分けているという手の(鼻の?)込みようです。



f0297893_19233964.jpg

今度は、細い筆を持たされたりり花ちゃん。
なんと、海上を飛ぶカモメを描きました!

f0297893_19234772.jpg

「わぁー、すごい!」

空・山・神戸の街並み・そして海・カモメ。
そして最後に結希くんが高く挙げた鼻を慎重にキャンパスへ持って行き、シューッ!と線を引きました。


f0297893_19235567.jpg

ランドマーク、ポートタワーです!
(結希くんのお鼻、ブルーの絵具がついていますね( ´艸`) がんばってくれた証。)



出来上がった絵がこちらです。

f0297893_19240592.jpg

わぁー。すっごくお上手!
神戸を愛し、王子動物園に長い間通っていらして、園や動物たちを愛している方がご覧になったら号泣間違いなしだわと思いました。
私でさえ、ウルウルしていてファインダーからの景色がよく見えませんでしたもの。

日本で絵が描けるゾウは3頭いるそうで、そのうちの2頭が腕前を披露してくれたことになります。

ご覧になっていた大勢の観客からたくさんの拍手をもらって、キュゥと言いながらお辞儀していました。
これがまた可愛らしい♡

時間にすれば短かい間でしたが、とーっても楽しかったです♪
楽しませてくれてありがとう。

まだ3歳の子ゾウたち。
市原ゾウの国で、年上の仲間たちにゾウ社会のことを教わりながら大人になっていくのですね。
これからの彼らの日々が幸せであふれていますように心から祈ります。

またきっとどこかで会おうね!




[PR]
# by HGL-DTW | 2017-07-24 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

王子動物園 よだれ王子 アトス

平川動物園で息子のボスキに会ったのが先だったから、アトスに初めて会った時はニヤリ( ̄▽ ̄)としました。
だって、そっくりだったから。
遺伝子ってすごいなぁとつくづく思いました。

アトスって、すっごくカッコいい姿で佇んでいるのに、なぜか、よだれがた~らたらだったり、木の上にいてよだれがぷら~んぷらんしてたり、そんなイメージがあるから私のなかでは「よだれ王子」。
そう!Prince of よだれ!(念のために申し上げておきますが、私は親愛を込めてこう呼んでいます。)

f0297893_19033574.jpg

ほらね。そういうところが、私の心を鷲掴みしてしまうのです。


先日は、暑さのあまりごろ~んと横になっていた王子。

f0297893_19055653.jpg

私に気づいて、こちらを見ました。

f0297893_19060350.jpg

「暑いね、アトス。」
そういう私をじっと見ていました。

すると

f0297893_19060906.jpg

こちらを見ながら手と手を合わせました。

何気ないしぐさ。
グランデじいさんもよくそうしていたなぁと思い出したりして。

クスッと笑った私をまだアトスは見続けていました。
いつものポーズなんだろうけど、わけもなくただただ嬉しくて。

f0297893_19061782.jpg

「お手手とお手手のしわを合わせて幸せ~♪ね。アトス。」


なんであのときあんなに幸せな気持ちになったのか、あとになって考えてもわからなかったけど、それでも幸せになれたんだもの、それでいいですよね♡

アトス。よだれ王子(あ、でもこのときはよだれ出てないね)ありがとう。




[PR]
# by HGL-DTW | 2017-07-20 19:30 | 動物園(近畿) | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite