どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

タグ:オセアニアの方々 ( 18 ) タグの人気記事

王子動物園 桜花ちゃん

2016年9月25日生まれ。
先日お会いしたとき、ずいぶん成長したなぁと思いました。

f0297893_18190858.jpg


初めて桜花ちゃんに会った時は、まだ木の下にブルーのマットが敷き詰めてあり、お母さんのウミさんにしがみついていました。

f0297893_18185869.jpg

もう自分で歩いて行って葉っぱを食べるんですもんね。

そこにやってくる人たちの、「わー、見て。ちっちゃいのがいるよ。赤ちゃんがいるよ。」「かわいーい♡」
「コアラってかわいいね。」「抱っこしてみたい。」会話が聞こえてきます。

いやぁ、ホントかわいいですよねと心の中でお返事する私です。

が。抱っこは爪が刺さりそうでチクッとしそうです。
私は一向に構いませんが。
それからコアラはくさいと聞いたことがありますが、どうなのでしょうね。
臭い=悪臭ではないので、私としてはぜひとも嗅いでコアラの匂いを体験したいところですが…。
おっと、話がそれましたね。

さて。そんな桜花ちゃん。

とっても可愛いのに

f0297893_18204460.jpg

いつもはこんなに可愛いのに

f0297893_18295918.jpg

見てください。この

f0297893_18303769.jpg

ママをぺしっする悪っいお顔!

f0297893_18311829.jpg

さらにギュウ。斜め下を向いているせいで(?)顔に影が入ってむしろ恐い?

f0297893_18323008.jpg

力を入れているのか、奥歯をかみしめてるみたいにも見えますね。

だけどやっぱり何かをアピールするそのしぐさが可愛いって思ってしまいます。
ママはどうするのかなと見ていたけど、全く気にもしていない様子でした。

どんな動物でもそうですが、1頭でいるよりも2頭いることでやりとりが生まれるし、その分表情も多様性に富む気がします。
そういう意味でこうしてお母さんと一緒にいられる時期は貴重なのかもしれません。

どうかこれからも元気ですくすくと成長してください。
また会いに行ける日が楽しみです。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-09-24 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

AWS アカカンガルー

サファリウォークを楽しんでいました。

アカカンガルーが気持ちよさそうに眠っているところへ、近づく一羽のカラス。

f0297893_18262162.jpg

いたずらの匂いぷんぷん。

見ていると、やっぱり。
腰のあたりのツンツンとついて飛び去りました。

むくり

f0297893_18275408.jpg

「へ?ふぁふぃふぁほうへふふぁ?(何か用ですか?)」
寝ぼけまなこで尋ねられた気がしました。

じーっとこっちを見るので、「私じゃないよ~。」と言うと、ぱたり。
また眠りに落ちました、とさ。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-06-03 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

ムリっ!

3月に訪問した八景島シーパラダイスや多摩動物公園、京都市動物園に東山動物園。もっと言うと、神戸どうぶつ王国もみさき公園にも行ったんだけど、全然ブログが追いついていないのです。

時間をかけて書くという作業が

f0297893_21153953.jpg


「ムリっ!」

さささっと書けたらいいのになぁ。

こちらはみさき公園のカンガルー。
この子はよくこうして前脚を器用に動かせます。

ここのカンガルーたちを眺めるのがとても好きなので、持参したお昼ご飯を食べるときは、南米の森でベンチに腰掛け、上からカンガルーたちを見ながらもぐもぐします♪
まさに至福の時。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-04-15 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

多摩動物公園 タスマニアデビル

それはもうずいぶん前の話でまだ私が動物園通いをしていない頃のお話。

テレビで初めてタスマニアデビルを見たのですが、一瞬で心を鷲掴みにされました。
それ以来ずっと会いたいと思っていたのですが、日本では永らく会うことのできなかった動物です。
2016年にタスマニア州から2頭が多摩動物公園へ来園し、6月に公開となりました。

行きたいと思いながらなかなか行けずにいましたが、やっと今月の上旬に行ってきました。

多摩動物園って行かれたことがある方なら、どれほど広くてどれほどのアップダウンがあなたの足をカクッカクにさせるかご存知と思いますが、とにかく久しぶりなのでできる限り全部を見て回りたいと思ったのです。
といっても、入り口からはるか遠くにあるオーストラリア園のタスマニアデビル舎。
開園間際を逃したらきっと眠っちゃうに違いない、わき目もふらずに行くぞ!
そう思っていたはずなのに、入り口付近のヤギで早速足止めをくらいました…。

ありとあらゆる動物にひっかかりながらも、「また後でね。」と言い残して進み、やっと到着しました。

ん?どこ?
もしかしてまだでていないのか、それとも見えない場所ですでに眠ってしまっているのか、そんなことを思っていたら視野に動くものが…。

たたたたた…

f0297893_14392139.jpg
早っ!

走り抜けていきました。

想像していたよりもずっと小さな小悪魔たち。

「あらま。いらっしゃい。」

f0297893_14392969.jpg
きゃーっ!
なんて愛らしい!

凶暴な動物なんだとみんなが口をそろえて言いますが、それはきっとこの歯のせい?肉食獣ですものね。
夜行性で、主にワラビーなど死体を集団で食すそうで、夜な夜な奇声を発する、また体が黒いことからデビルという名がついたのだとか。

f0297893_14393623.jpg

基本的に臆病な動物だと聞いていましたが、そんな様子は感じられませんでした。

f0297893_15023581.jpg

姿・耳の形・ヒゲの張り具合に鼻や目の周り、お尻の付け根にある白いラインに、首回りの白いライン。ホントに非の打ちどころがないです。

野生下では、「デビル顔面腫瘍性疾患」という伝染病によって絶滅の危機に瀕しています。
単独生活ではないことが、この伝染病の拡がりを止められない一つの要因でもあるようですが、なんとか終息に向かうことを祈ります。

楽しそうな姉妹。

f0297893_14394577.jpg



会えて嬉しかったです!

憧れの小悪魔。
できることなら、何時間かこの2頭を見ながら時間を過ごしたかったけれど、また午後から来るねと言ってこの場所を後にしました。



[PR]
by HGL-DTW | 2017-03-30 19:00 | 動物園(関東) | Comments(0)

みさき公園 なんでもない幸せ

みさき公園のラマさんち。

裏側から見ると

f0297893_18351551.jpg


「こんにちは。」
って顔をのぞかせていたりします。

ふふふ♪ と思って安易に近づきすぎるとツバが飛んできますよー(-_-;)
わかっていても、つい近づきたくなります。

たまに

f0297893_18365863.jpg


え?誰のお部屋だったっけ?と思ってしまいそうな図になっています(笑)。

なんでもないことだけど楽しい!



そして
カンガルーたちが住む場所は、私にとって究極の癒し。

吹き出してしまう寝姿がどこかに必ずいるし

f0297893_18574887.jpg


面白いことになっていたり

f0297893_1858342.jpg


ピョンピョンしていたり

f0297893_18581643.jpg


耳を噛んでいたり

f0297893_18585825.jpg


ストレッチしていたり

f0297893_18591562.jpg


自由な空気が流れていて、「そっか。私もありのままでいいんだ。」と勇気づけられます(笑)。



なんでもないことが楽しくて、なんでもない幸せ。
それがどんなに有り難いことか考えさせられる日。
8月6日。広島に原子爆弾が投下された日。

今日と言う平凡だけど平和な、なんでもない日。
だけど貴重で大切なかけがえのない日。
心から感謝します。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-08-06 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

神戸どうぶつ王国 ゆかいな仲間たち

1か月もたたないうちに2度目の訪問をしようと決めたのは、初回訪問時に行っていないエリアがあると気づいたから。
何気なく、あれ?そういえばアカカワイノシシを見ていないな。それにハシビロコウは1羽じゃなかったはず…から始まって、持ち帰ったしわしわボロボロになったマップをのばしながら見直してびっくり!でした。どんだけ興奮したのか、自分!

7月16日に熱帯の森がリニューアルオープンするそうなので、それを待とうかとも思ったのだけど、人も多くなりそうで人酔いしてしまうので、早めのリベンジとなりました。

気になっていたのは、少し前にお伝えしたハシビロ先生とシタツンガ。
見る限りは、すでにそこにいることが当たり前になった様子ですっかり落ち着いていました。

朝、一番のシタツンガ。

f0297893_19422194.jpg


水の中を散歩中。

f0297893_194282.jpg


本来はもっと光と影のコントラストがはっきりしていて、キレイだったのです。
「キレイ~!」と言いながら撮ったのに、私の腕がイケてなくて残念でした(T_T)

行けずじまいエリアに行けたことで、王国に住む4羽すべてのハシビロコウに会うことができました。

いや~ぁ。一瞬にして私の心をつかんだハシビロコウだけのことはあるなぁとしみじみ思いました。
動かない鳥と言われていますが、私に言わせると「何をするかわからない鳥」といったところでしょうか。

ざわざわざわと膨らんでみたり

f0297893_19464189.jpg


おもむろに羽を広げてお座りになりフリーズ。日光浴ですね。

f0297893_19471680.jpg


(両端切れるの巻。とほほ。)

そうかと思うといきなり飛んでみたり

f0297893_19491197.jpg


(まともに撮れたのはこの着地シーンのみ。とほほ。)

まったく目が離せません。
できることなら、一日中彼らに張りつきたいです。なんだか想像しただけで楽しい予感がします♪

至近距離で会えたアカカワイノシシ。

f0297893_19511684.jpg


2頭出ていましたが、泳いで、お相撲して、そしてお昼寝して。生き生きとしていました。

そして
ペリカンフライトの何度見ても楽しいこと!

いいポジションを確保して、さてこれからと思いきや予期せぬ方が目の前に。

f0297893_19514974.jpg


それは

f0297893_1953378.jpg


シロトキ。
ペリカンたちがご褒美にもらうはずの魚のおこぼれを待っていました。

コツメカワウソたちは、追いかけっこして遊んでいます。動きが早すぎて全く追いつけません。

f0297893_19563049.jpg


f0297893_19571733.jpg


遊んで、おやつをもらって、そして一緒に眠って、すっごく仲良しです。彼らのお話は別の機会に詳しくしたいと思っています。

そういえば。
ナマケモノがいつ行ってもクスッと笑わせてくれます。
頭が水に浸かっているのですが、

f0297893_2033740.jpg


この体勢になるまでが面白かったですね。素晴らしい腹筋をお持ちなのだと知りました。

レッサーパンダ3兄弟も動きがあって会話が聞こえてきそうです。

f0297893_2055392.jpg


やっと3頭がなんとなく見分けられるようになったかなぁ。
(左から、スズちゃん、朝日くん、ひなちゃん)

おやつをもらうときの朝日くんが招き猫のようで

f0297893_2084411.jpg


アピール度がハンパないです!

f0297893_2091079.jpg


そうそう。バードパフォーマンスショーは是非ともご覧あれ。

f0297893_20115535.jpg


私、不本意ながら、初回見たとき、鳥たちの飛ぶ姿に圧倒されて話がまったく頭にはいっていませんでした。
鳥の種類が違うと飛び方が全く違うし、羽の広げ方など特徴的で非常に興味深いです。
しかも私たちの顔や頭上すれすれを飛んで行くものですから、みなさん首を縮めたり、頭を抱えたりします。
おぅ!とかわぁ!とか言いながらも、楽しくてしょうがない様子でした。
画像を確認して気づいたのですが、ご覧になっている方全員が笑顔でした!
私がヘラヘラしている顔もどなかの画像に存在するのだと思うと恥ずかしいですが(^^;)

外のエリア。アウトサイドパークにいるカンガルーたちは氷をもらっていました。

f0297893_20301572.jpg


こんな風景は今のシーズンならでは、ですよね。

まだまだご紹介しきれませんが、もうこれだけでも十分みなさんの行きたい気持ちを刺激しているのではないかとほくそ笑んでおります。うしし
[PR]
by HGL-DTW | 2016-07-09 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(2)

長崎バイオパーク オオカンガルーの収穫

自由きままに時間をすごしているオオカンガルーたちのエリアに私たちが入っていく造りになっています。

えさをガチャガチャで買おうとしていると、すでに近づいて来て

f0297893_2118444.jpg


「くださ~い。」と催促されます。
この小さな子に私はシャツのすそをひっぱられて、ドロドロになりました。
でもなんだかうれしくて、「やめてよ~。」とか言いつつ、ヘラヘラしているのはなぜでしょう(笑)。

ふと見ると、むこうに立ち上がっているカンガルーが。

f0297893_2120524.jpg


何を見ているんだろうと思ったら、

f0297893_21202497.jpg


「これはもう収穫してもよさそうね。」って。

「あら、こっちもよさそう。」

f0297893_21205854.jpg


って。

もしかして中に人が入っているんじゃないかとお腹のチャックを確認しました。
チャックはありませんでした。(当たり前)
[PR]
by HGL-DTW | 2015-12-06 19:00 | 動物園(九州) | Comments(0)

みさき公園 カンガルー舎

人はよく動物園の「サル山」がまるで人間模様を見ているようで楽しいとおっしゃいます。
私、それと同じ感情をカンガルー舎で抱きます。

この日もいつものようにニマニマしながらカンガルー舎にいたとき。

のーんびりした時間が流れていて、みんなまーったりとしていました。

突然バンッ!という音がして、カンガルーたちは一斉にその音から遠ざかるようにすっ飛んで行きました。
どのカンガルーがそんな音を出したのかわからなかったけど、それはそれは素早い動きでした。

「あー、びっくりしたぁ。」
そう思っていたら、遅れること20秒ほど。
小屋の中から2頭のカンガルーが「え?なになに?」、とぴょんぴょんでてきて、あたりを見回しました。

もうそのときの空気感といったら!爆笑してしまいました。私の声が園内に響き渡るかと思うほどの声で。今思い出してもお腹がよじれるほどおかしくて、ふっふっふと笑いながらこれを書いているほどです。

小屋からでてきた2頭は、いったい何が起こったのかわからなくてきょとんとしていて、外にいたカンガルーたちは、「アホか。」とか「遅いねや。」とか「野生なら死ぬで。」とかそんなふうに一見あきれた様子で見ていて。あー、可笑しい。(一人だけ)
えぇ。わからない、つまらない、でしょ?重々承知しております。現場にいないとわからないだろうなぁ。

あげくの果てに、(まだ話し続ける私もどうかと思うけど)
その2頭は、「音を出したのは、あなたなの?」と私を見つめます。すると、外にいたみんなが、「え?あなたなの?」と一斉に私を見ました。

思わず、「いやいや違うよ。私じゃないわよ~。」と言ってしまいました。あー、可笑しい。



さて。気を取り直して。

そこにいた親子の様子。

f0297893_8354323.jpg


「お母さん。耳、匂わせて。」

f0297893_836765.jpg


お母さんの耳はどんな匂い?かなり匂いフェチらしい(笑)。

f0297893_8363813.jpg


お母さんのこと大好きなんだと思うけど

f0297893_8373580.jpg


乗っかっちゃうんだ。
何をされても母は強しですね。

このあと、さっきお話した事件が起きて、仔カンガルーはお母さんのお腹に入りました。

f0297893_8385597.jpg


お母さんのお腹ってかなり伸びるとは聞いていたけど、ホントだね。

f0297893_8391291.jpg


近づいてみると、よくわかる。

f0297893_840212.jpg


しっぽも脚もでちゃってるけど(笑)


それにしても、あーお腹が痛い。笑いすぎました。
楽しませてくれてありがとう。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-09-22 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

みさき公園 どうぶつえんエリア

昨日からの続きです。

メインゲートをくぐって目に飛び込んでくるのは、キリンでしょうか。

オスの仙一。もしかして関西の方ってこの名前をつけるのが好きなのかなと思っていたら、彼は静岡の浜松市動物園生まれ(’03年10月12日)でした。

f0297893_19111114.jpg



f0297893_19112631.jpg


こんな撮り方しかできなくて、ごめんね、仙一くん。


女の子は、音羽ちゃん。パッと見た瞬間、とてもおしとやかで上品な印象を持ちました。

f0297893_1912123.jpg


出身を見て、なるほどと膝を打ちました。(おやじかっ!)’09年7月11日 京都市動物園生まれ。

f0297893_19124252.jpg



いずれはその時が来るのでしょうが、私が訪問したときには、同居していませんでした。
美男美女カップルですので、将来が楽しみですね!


みさき公園は、カンガルー舎探検というイベントもされています。定員があるようですが、今度チャレンジしてみようかな。
カンガルーたちはいつでも癒しと笑いを提供してくれます。

朝のミーティング中。

f0297893_19161673.jpg



背中がかゆいの?カキカキ

f0297893_19164791.jpg


こういう子を見ると手を貸してあげたくなります。

眠っているのだけど、その手がなんだか気になります(笑)。

f0297893_19173443.jpg



テレビの前にそのまま運んだらしっくりきそう。

f0297893_19183296.jpg



ケージ前には、カンガルーの紹介がありました。
1頭、目が見えていないだろうなと思えるカンガルーがいて気になっておりました。
その子は、「インギィ」という名前だそうで、平成19年6月1日生まれとありました。目が見えなくても音と匂いで人や餌の場所がわかるのだそうです。
こういう掲示はいいなぁと、いつも思います。
短い紹介文のなかに飼育員さんの愛がいっぱいつまっている気がします。

f0297893_1919718.jpg



アメリカビーバーさんもいました。
ガラス越しで見えにくかったけど、二人でひっつきもっつき、なんだか楽しそうなのはわかりました。

f0297893_19232219.jpg



それから、毛づやがよくてかわいいツキノワグマ。2頭で暮らしていますが、1頭はすでにまっくろの塊と化していて、この方はメスのクマコさんかな。

f0297893_19251554.jpg


やってくるひとたちが自分にえさをくれないかと実はひそかに待っています(たぶん)。
ご心配なく。クマ用のえさが販売されています。

とびとびでしかご紹介できていないのですが、機会を見つけて他の動物たちのお話もしたいと思います。


「また来てね~!」ってイルカたちも言ってくれたから、また近いうちに訪問します!

f0297893_19262952.jpg

[PR]
by HGL-DTW | 2015-02-24 20:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

ひびき動物ワールド シマオイワワラビーのえさやり②

シマオイワワラビーのえさやりタイムは、毎日14時からあるそうです。

さすがに毎日されているだけあって、スタッフの方々が準備をし始めるとソワソワして、受付のテーブルの下をくぐって、お迎えに来てくれました。

ワラビーたちと一緒に写真を撮ることができるので、スタッフのお姉さんがカメラチェックをするのに撮影を始めると、心得たものでポーズをとっているようにも見えました。

f0297893_20501427.jpg


ここにやって来てくれるのは、ほとんどが人に育てられた子なんだそうです。だから人馴れしています。

f0297893_20543495.jpg


「ねぇ、ねぇ。」と言って、このワラビーさんに袖をひっぱって催促されました。

4、5頭いてくれたと思いますが、その中で、「この子だけはそうではないんだけど。」という子がいました。その子はお母さんが人工哺育だったそうで、その影響が大きかったのでしょうね。

サツマイモを細くカットしたものをあげます。

f0297893_20582094.jpg


はい、どうぞ。  ははは、うれしそう。

f0297893_20583573.jpg


おいしいんでしょうね、うっとり。

f0297893_20593435.jpg


むしゃ、むしゃ。

f0297893_2101188.jpg


木枯らし紋次郎風。



おもしろいことに、その日私が被っていた帽子のひもがサツマイモの色にそっくりだったので、私のあごあたりに何度も手を伸ばしてきました。


もう手には何もなかったのですが、「はい。」というと

f0297893_2112221.jpg


うん?

とこちらを見る姿もまたかわいかったです。
あー、また会いたいな。




近いうちに行こうと思っていたけど、今度はバラの季節に行ってみるのもいいな。
そうなんです。ここグリーンパークにはバラ園があって、苗の販売もされていました。私が行った11月上旬でも花を見ることもできましたが、きっと5月あたりにはそれはそれはキレイな花が咲き誇っているんだろうな。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-11-25 19:00 | 動物園(九州) | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite