どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

タグ:サイ ( 3 ) タグの人気記事

CLEVELAND METROPARKS ZOO クロサイ舎

内容があっちこっちしますが、Cleveland Zoo のつづきです。

お友達と子どもたちがちょっと腹ごしらえをするというので、「じゃ、あたし、サイのエリアへ行ってくる。」と言って、しばしのお別れ。水を得た魚のようにさっそうと歩きだしました。
そこからサイのエリアまでそう遠くないはずなのに、なかなか着かなくてもどかしく、走ろうかと思ったほどです。

この動物園マップでサイ舎がご覧いただけます?

f0297893_1728315.jpg


オレンジの〇の場所です。

ここの動物園にはクロサイがお住まいです。



寝室は、通路側がガラス張りで私たちが見ることができる造りになっています。

f0297893_1719754.jpg


個々に分けないのかなと思ってみたり、収容したら扉を閉めて分けるようにできているのか、ちょっとよく見えなくてわかりませんでした。
ただ奥に見えている壁の向こうにも何かしらお部屋があるんだと思いました。外からみた寝室の大きさでそう思ったので、それは動物たちのものではないのかもしれないけど。

室内にある青いドラム缶は、フィーダーになっていました。

f0297893_17194192.jpg


このサイさん、頭でごんごんドラム缶を突いてみたり、角を穴に差して持ち上げたりしながら、中から出てくるおやつを召し上がっておられました。

運動場と寝室の出入り口はオープンで行き来自由。出たり入ったりを楽しんでいるクロサイがいました。

確認できただけで4頭。
名前の表示などはなかったです。

運動場はこんなかんじ。奥に見えている赤い屋根が寝室になります。

f0297893_17213416.jpg


見えにくいですが、木の奥には寝室と同じようなドラム缶フィーダーがあります。

f0297893_17242832.jpg


最初に行ったときは、そこで1頭がゴンゴンやっていました。

水場もありましたので、暑い日はここに入るんだろうな。見たかったな。

f0297893_17301845.jpg




このクロサイの角は、ソフトクリームみたいでステキでしたよ。

f0297893_17323680.jpg



運動場の片隅になにやら発見したクロサイ!

f0297893_17332342.jpg


しっぽがピーーーーン!「父さん、妖気だ!」なんて言っちゃう自分が・・・(笑)。

f0297893_17335054.jpg


ただの水ではないこと、容易に察しました。
おもしろい!

何度か通えばお友達になれる、そんな気がしました。かなわない夢ですが・・・。

どのクロサイもご機嫌な雰囲気で、ふふふん♪ ふふん♪ と歩いているように見えました。
だから私もとても居心地がよくて、寝室の前に行ってみたり、もう一度運動場側へ回ったり、ずっとずっとクロサイたちの陽気な波動を感じていたいと思いました。

私が記念のコインをサイにしたのも、この居心地のよさが決め手になったのでしょう。


今日もみんな元気にしているかなぁ。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-08-27 19:00 | 動物園(海外) | Comments(0)

金沢動物園 チャンプくん

2014年1月31日生まれ。インドサイのチャンプくん。
どんな生き物でもそうなんだけど、姿かたちがそのままミニチュアサイズになるbabyは、もうそれだけで悩殺的にかわいいです。
いろんな方々の画像でチャンプくんを見てきて、いつか会いにいかねばと思い続けてきたのですが、それがようやく達成できたのは、チャンプくんがもうすぐ1歳のお誕生日を迎える頃でした。

いやー。元気でやんちゃで、見ているだけでエネルギーチャージができちゃうようでした。

午前中は、お父さんのキンタロウさんが大きな運動場にいらっしゃいますので、交代でゴボンお母さんと一緒に登場したチャンプくんです。

f0297893_19502264.jpg


(こんな画像しかないのです・・・ すみません。)


広い運動場でテンションが上がるのか、走りまわります。そして止まる!

f0297893_1951316.jpg



親子が出たときは真っ白だった壁も、ぬかるんだ運動場を走るのでみるみる汚れていきました。

ドコドコドコドコ・・・
重厚な足音とチャンプくんの真剣な顔がとにかく見ていて楽しいです。


日差しも少ない寒い日だったのに、プールにも入ります。
1度目のプールインをうまく撮ることができなかった私を気遣って(?)もう一度入ってくれました(笑)

f0297893_19541055.jpg


「今度はうまく撮れた?」



真正面からお母さんにいどむポーズをとると、お母さんは「勝負!」と構えてくれます。


f0297893_19554878.jpg



チャンプくんの真剣な目に比べて、お母さんの目の優しいこと。
「はい、はい。やりましょうね。」って思っているかしら。

でもまったく歯がたたないチャンプくんです。

押されて逃げちゃったので、またチャレンジ。「いざ!勝負!」

f0297893_1958769.jpg



でもまたかる~くいなされてしました。

すると、チャンプくん。どうしたと思います?
ぐるっとまわりこんで、お母さんのお尻をボーン!!と鼻でついたのです。
さすがにびっくりしたお母さんですが、優しい目で
「はい。はい。あなたの勝ちね。」と言ってるようでした。

f0297893_2003863.jpg


「へへへー。僕、どんどん強くなるよー。」

なんだか姑息なかんじもしないでもないけど、これが許されるのがチャンプくんなのです(笑)


まだまだ親子のやりとりを見ていたいと思いながらも、時間はどんどん過ぎていきました。


インドサイ。脚の病気が死に至るケースが多いらしく、飼育員さんは足のケアに非常に気を遣われているようでした。
こうしてチャンプくんが無事に1歳を迎えることができたのも、飼育員さんたちの並々ならぬ苦労があったと思います。飼育員さん、そしてキンタロウさん、ゴボンさん。そしてチャンプくん。みんなありがとう。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-02-09 20:30 | 動物園(関東) | Comments(0)

平川動物公園 クロサイのサニー

久しぶりの平川動物公園。
最近、アシカのミュウが徳山からお嫁入りしたし、カピバラさんたちもここから来てくれたし、以前訪問したときは、ホッキョクグマのカナさんに会えなかったし、ビントロングの観察もしたいし、などなど。
ゆっくり園内を周ってみたくて、お出かけして来ました。

平川動物公園といえば、ゲートをくぐってすぐのアフリカの草原ゾーンが有名(もちろん私も大好きです!)ですが、そこから野生のイヌ・猫ゾーンへ行くあいだに、キリンやシマウマたちの寝室が並んでいるところがあります。

「クロサイはこちら←」とありました。
ちょっと奥に進んで、たどりついたクロサイの展示場。

茨城県日立市 かみね動物園より、平成24年11月16日来園の掲示。
クロサイのサニー。

展示場に着いたら、少し離れたところに佇んでおられました。

「サニーさん。」

呼びかけてみると、はっ!とこちらを振り向いて、おもむろにこちらに歩いて来てくれました。

f0297893_0541534.jpg


「わぁーっ!来てくれたの?ありがとう。 おはよう、サニーさん。」

f0297893_0551517.jpg


なんだかご機嫌がよさそうで、私に対してもあまり警戒していないように見えました。

・・・にしても、すごく近いです。
柵から手をださないでください。って掲示がありましたが、触りたくなる気持ちは理解できるなぁと思ってしまいました。
それほど、人懐っこいサニーさんです。

f0297893_0565754.jpg


こーんなに近くに来てくれて、ふぅ~っ、ふぅ~っ、と鼻を鳴らしながら、匂いをかいでいるようでした。
まつげがキレイにカールしていて、うらやましい。

ここでどれくらい時間を過ごしたでしょうか。

しばらくしたら、バックヤードから飼育員さんが出て来られて、サニーの話をたくさんしてくださいました。
恥ずかしながら、今までノーマークだったと言っても過言ではないほど、サイのことは何も知らなかったので、お話がとても興味深くて、ひとつひとつ感心しました。
たとえば、私の質問は、シロサイとクロサイの違いから始まりました(^_^;)
そんなことでも丁寧に答えてくださった飼育員さんです。

お話の途中で、サニーはおやつのさとうきびをもらいました。とてもおいしいそうに食べていましたよ。
甘いものなどはやはり大好きなので、与えすぎないように気をつけていらっしゃるそうです。
サニーはまたパンも好きなのだそうで、それはトレーニングの時にご褒美として与えていると言われていました。

へぇ、サニー。トレーニングもしているんだ。

サニーのことをいろいろと聞けて、そしてサニーと時間を過ごせて、この日以来、私はサニーの大ファンになりました。聞けば、サニーのファンは多くて、リピーターの方も多いそうです。わかるなぁ。

気づいたら、最初は「サニーさん」と呼んでいたのに、近い存在になったことで「サニー」と呼ぶようになっていました。
私ってわかりやすい(笑)!
[PR]
by HGL-DTW | 2014-10-10 19:00 | 動物園(九州) | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite