どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

タグ:ゾウ ( 54 ) タグの人気記事

王子動物園 ズゼとマック

ゾウ舎が近づくと水の流れる音が聞こえてきました。

王子動物園の運動場には、自動給水装置があります。
柱にある赤いボタンを押すと水が出るしくみになっています。

マックがボタンを押してはジャージャー流れ出る水を楽しんでいました。

f0297893_18105041.jpg

体にはかけずに顔だけ水に濡らすので、こーんな顔になっていました。

f0297893_18113924.jpg

お面をかぶっているみたいでしょう。ふふふ♪

おもしろいなぁとみていると、もっとおもしろいことをやっていました。

まずは動画でご覧ください。




なぜ?なぜ?どうして?
なぜズゼさんの運動場に水を流しに行くのでしょう?

耳をパタパタさせながら、キュゥと鳴いていますよね。

ズゼさんはというと、特に気にする様子もなく、少し離れたところにいました。

最初はたまたまかと思ったのだけど何度かやっていたので、マックは意思を持ってこの行動をしているはず。
何を思っているのでしょうね。マックの心の中をのぞいてみたいです。


しばらくしてゾウ舎に戻ったとき。

今度はズゼさんの鼻がマックのいる運動場に伸びています。

f0297893_18251518.jpg


え?何しているんだろう…と進んでみると

f0297893_18262353.jpg

鼻を伸ばしてつかんだ土でじみ~に砂浴びをしていました(笑)。

いや、なんで?
マックの運動場の土じゃないとだめなの?
いや、マックの匂いのする土がいいの?

f0297893_18273752.jpg

あ。また伸ばしてる(笑)。

きっとお互いがお互いのこと、大好きなんだなぁと思った次第です。


へへへ♡

f0297893_18291519.jpg


幸せな気持ちにしてくれて、ありがとう。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-09-21 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

福山市立動物園 ふくちゃん しっぽの役割

先日、とべ動物園でアフリカゾウたちを眺めていて、ふくちゃんのしっぽは長いんだなーと改めて思いました。
体が小さくてしっぽが長いのがボルネオゾウの特徴と言われていることを思い出し、なるほどと納得しました。

さて。
ふくちゃんは、その日もいつもどおり午後から運動場に出てきました。
この日は、ポン菓子とスイカがセットしてあって、ふくちゃんがどんな表情を見せてくれるのかワクワクしながら待ちました。

一番最初はポン菓子!でした。
話には聞いていたけれど、ホントに大好きなんだなって見ていてよーくわかりました。

f0297893_13175930.jpg

上手に鼻を巻き込んでまとめて口へ運んで行きます。
ふくちゃんの顔を見ていると、「私、これ好きなんよねー。」と言ってそう( ´艸`)

スイカは、いつもどおり♪

f0297893_13190629.jpg

グシャっ!豪快な音とともに見ている人たちから歓声があがりました。
ふふふ、楽しい♪

ひととおり食べおわったら、次はどんなふくちゃんを運動場で見られるのかなとワクワクです。


砂浴びを始めたふくちゃんを見て、おもしろいことに気づきました。
今までは鼻の動きばかりに目を取られていて気づかずにいた、しっぽの役割。

なんとしっぽは「まぶす」んですね。

しっぽの位置にご注目ですよ。

鼻で砂を掴んだら

f0297893_13254676.jpg


持ち上げて

f0297893_13255618.jpg

シャーっ!
尻尾で全体にまぶす。

f0297893_13263073.jpg


もう一度見ていると、やっぱりしっぽがまんべんなくまぶしていきます。

f0297893_13290069.jpg


おぉぉぉぉ!おもしろい!


f0297893_13291756.jpg


(顔の近くでシャーっするときは目をつむるのですね、笑)

f0297893_13340155.jpg

鼻の動きと連動してしっぽがまぶす役割をするとは。

横だけでなく、上からの砂浴びも

f0297893_13342142.jpg

おぉ!しっぽが動いていますね。

f0297893_13342989.jpg


こうなると他のゾウたちはどうしているのか気になるところです。

どの動物もそうですが、しっぽは感情を表したり、虫を追い払ったり、いろんな役割がありますが、こんなこともあったとは。
ボルネオゾウのしっぽが長いことも影響があるのかな。

右だけしかしないのかな。もしかして右利き?などと思っていたら

f0297893_13404200.jpg


おぉぉ、豪快に飛んで行く砂と草。しっぽが左側をまぶしていきます。
そうでしょう、そうでしょう。両方しなくてはね。

f0297893_13405265.jpg


背中に乗った草と先端をしまい込んだしっぽがツボ♪

f0297893_13410211.jpg


かわいすぎるじゃろう、ふくちゃん。


こんな姿が連続するので、ふふふ♪しっぱなしで帰るころにはほっぺが痛いのです。


いつも楽しませてくれてありがとう。
長い闘病生活で気持ちも塞ぎそうなところ、飼育員さんや園の皆さんがサポートしてくださって治療が続けられることに心から感謝申し上げます。
そして、ふくちゃんが菌に負けないように、これからも元気で過ごせるように心から祈ります。

f0297893_13411253.jpg

また会いに行くけんねー。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-08-21 19:00 | 動物園(中四国) | Comments(0)

AWS サファリワールドのゾウたち

アドベンチャーワールドへ行ったら、よっぽどのことがない限り、サファリワールドを歩いて1周するウォーキングサファリへ行くことにしています。

ケニア号でまわるのももちろん楽しいのですが、立ち止まることができるし、動物たちと同じ空間を楽しめます。
毎日車で走る景色も、歩いてみると違ったものが見えることがあるでしょう。それに似ています。

ただ…
ここで質問したいことがあっても、そんなときにスタッフに会えたことがなく、結局何も聞けずに終わってしまうのが残念ではあります。

3か所くらいに電話をおいてくれたらいいのに。
受話器をとったら、スタッフが対応してくださるような。

「もしもし、なぜ?なに?窓口です。」

はっ!一人妄想してた…

本題に戻りましょう。

入り口から入って一番最初に見えてくるのが、アフリカゾウです。
ここでは3頭のメスが暮らしています。

f0297893_16081647.jpg

1頭は、アフリカゾウ特有の大きな耳をパタパタさせながら豪快な砂浴びを、もう1頭は、枝をパキパキいわせながら折りたたんでいました。

乾燥した日だったので、近くまで行くと砂煙がこちらまでやってきて、ヘラヘラ笑って見ていると口の中がザラザラする羽目になりました。

残りの1頭はといえば、

f0297893_16122857.jpg

水辺のそばで楽し気に泥浴びをしていました。横っ腹が泥の色になっていますね。
尻尾を左右へプリンプリンと振り、耳をパタパタさせています。

じーっと眺めていると、ある種のこだわりが見えてきました。

まず、水を吸い込んで

f0297893_16183757.jpg


足元にあるくぼみに入れ、踏み踏みします。

f0297893_16184974.jpg


そうしますと、いいかんじの泥水ができあがりますので、それを


f0297893_16145866.jpg

バッシャー!とかけるわけです。

うん、ほんといいかんじの泥水です。

顔に飛ばすときは目をつむるのですね(笑)。

f0297893_16150837.jpg


これが水分が少なくていいかんじの泥水ができないときは


f0297893_16144130.jpg

あれま。
パラパラの土が腰あたりへ飛んで行きました。

こんなことを繰り返していました。

しばらくするとその場を離れて

f0297893_16244052.jpg

紐のようなもので遊んでいました。

そしたら、別の場所で砂浴びをしていた1頭がやってきて、

f0297893_16171757.jpg


今度は私の番!と言わんばかりにくぼみを鼻でいじりはじめました。

f0297893_16282265.jpg

へぇ~、みんな同じくぼみを利用するんだね。
ただ彼女は、水を使いませんでした。なので、パラパラと土浴びをされていました。


以前、有料サファリツアーに参加したとき、アフリカゾウのバックヤードへ入らせていただきました。
3頭が寝室に戻ってくるのを待っていると、2頭はすんなりやってきたのですが、1頭がなかなか入ってきません。
スタッフが呼びかけても、姿は見えませんでした。
すると、戻っていた1頭が外へ迎えに行ったのです。その姿をみて、「あぁ、やっぱりゾウっていいなぁ。」と思いました。
もちろん2頭一緒に戻ってきました。
聞くところによると、運動場にいるあいだにちょっとしたいざこざがあったようで、すねていたのだそうです。
それを聞いて、もっとゾウに親しみを覚えました。


アフリカゾウがいるエリアは、日本の動物園のそれと比較すると広いので、ゾウたちは自由に歩き回っています。

f0297893_16392940.jpg


(といってもこんな中途半端な画像しかないのですが…。これはちょうど真ん中を切り取ったかんじになっていて、左右に広がっています。人が歩いているのが見えますか。)


アドベンチャーワールドにはアジアゾウもいるのですが、アフリカゾウたちのエリアと比べると極端に小さくて狭いので、彼らにも同じような場所・待遇をと思ってしまいます。
もしかしたら、一緒に写真を撮ったり、ゾウライドなどの目的であの場所にいるのかなと思うと、胸が苦しくなります。
それを含む様々な理由で、アジアゾウのところで立ち止まって彼らを見ることはあまりしません。
いつか、近い将来、広い場所に引っ越して2頭が仲良く遊んでいる姿を見せてほしいと心から願います。

サファリワールドにいるアフリカゾウたちのように。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-07-28 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

王子動物園 結希とりり花のお絵かき 

現在、市原ぞうの国で暮らしているインドゾウの結希が、お友だちのりり花と王子動物園へ里帰りすると聞き、会いに行ってきました。

え、里帰り?と思われた方は、詳細が書かれています王子動物園のスタッフブログをご覧ください(笑)。

2頭はすでに千葉に帰っていまして、旬を逃した感は否めませんが、この話を両親にしましたら目をキラキラさせながら食いついて聞いておりましたので、時期を問わずこれはイケる!と思った次第です(笑)。

里帰りは、6月29日から7月15日の約2週間余りでした。
そのあいだ、『結希とりり花のわくわくイベント』が行われていて、2頭がおつかいしたり、お絵かきしたり、楽器を演奏したり、水鉄砲?してくれたり。


f0297893_19101283.jpg


いろんなことを披露してくれます。

思うことはいろいろあるけれど、やっぱり子ゾウって無条件に愛くるしいですね。
同じお母さんのお乳を一緒に飲んで育っただけあって2頭とも仲が良くて、いつ見てもウキウキが伝わってくるし、なんというのでしょう、人を喜ばせるのが好きというか、みんながニコニコ顔でいてくれることがとても嬉しい様子でした。

SNSでも彼らの様子はたくさんの方が紹介してくださったし、前述の動物園のブログ等でも拝見できたので、もう知っていることではあるのですが、実際に目にすると可愛くて楽しくて、心揺さぶられてウルウルしっぱなしでした。

中でも『お絵かき』は、素晴らしかったです。
大げさと思われるでしょう?でも実際ご覧になったら、みなさんきっとこっそり涙をぬぐうと思いますよ。

『神戸の風景』を描いてくれます。
鼻でブラシを持ったら、キャンパスの前でキュッと持ち上げます。
慎重に鼻を降ろす場所を選びつつ、パタパタパタパタ、平べったい筆を叩きつけるようにして描いていきます。

空を描いている結希くん。

f0297893_19230706.jpg

実際には、そばでゾウ使いさんが号令を出しておられるのだそうですが、それにしても画才があるなぁと感心しました。

私、彼らのように上手くは描く自信がありません。

そして、山並みを描くりり花ちゃん。
おぉぉぉぉ!山の斜面を描いていきます。


f0297893_19231976.jpg

後ろで待機している結希くんの鼻に注目!

f0297893_19232947.jpg

キャンパスを持っているお兄さんが大好きな結希くん。つい、ちょっかいをだしちゃうのだそうです。
もぅ、可愛いんだから。
お兄さんも半分困った顔をしながらも、ニコニコしていました。

それにしても彩色する部分と白を残す部分の配置が天才的です!

山の輪郭をりり花ちゃんが描いてくれたので、続きを描いていく結希くん。

空も山も一色だけでなく2色を使い分けているという手の(鼻の?)込みようです。



f0297893_19233964.jpg

今度は、細い筆を持たされたりり花ちゃん。
なんと、海上を飛ぶカモメを描きました!

f0297893_19234772.jpg

「わぁー、すごい!」

空・山・神戸の街並み・そして海・カモメ。
そして最後に結希くんが高く挙げた鼻を慎重にキャンパスへ持って行き、シューッ!と線を引きました。


f0297893_19235567.jpg

ランドマーク、ポートタワーです!
(結希くんのお鼻、ブルーの絵具がついていますね( ´艸`) がんばってくれた証。)



出来上がった絵がこちらです。

f0297893_19240592.jpg

わぁー。すっごくお上手!
神戸を愛し、王子動物園に長い間通っていらして、園や動物たちを愛している方がご覧になったら号泣間違いなしだわと思いました。
私でさえ、ウルウルしていてファインダーからの景色がよく見えませんでしたもの。

日本で絵が描けるゾウは3頭いるそうで、そのうちの2頭が腕前を披露してくれたことになります。

ご覧になっていた大勢の観客からたくさんの拍手をもらって、キュゥと言いながらお辞儀していました。
これがまた可愛らしい♡

時間にすれば短かい間でしたが、とーっても楽しかったです♪
楽しませてくれてありがとう。

まだ3歳の子ゾウたち。
市原ゾウの国で、年上の仲間たちにゾウ社会のことを教わりながら大人になっていくのですね。
これからの彼らの日々が幸せであふれていますように心から祈ります。

またきっとどこかで会おうね!




[PR]
by HGL-DTW | 2017-07-24 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

盛岡市動物公園 飼育係となかよしガイド

平日、盛岡市動物公園へ行くなら「飼育係となかよしガイド」がおススメ!とフォロワーさんから聞いておりました。

好きな動物を選んで、お話を聞かせてほしい!こんなことしてみたい!とお伝えすると、飼育員さんが要望にそってガイドをしてくれます。

私の場合、どの動物を選ぶかでかなり迷いました。だって特別な時間を過ごせるわけでしょう。
うーん、迷うよぉ。
できることならぜ~んぶ!とか言いたいくらいですから。
やっとの思いで動物を選んでも、エンリッチメントのことだったり、その個体のことだったり、聞きたいことは山ほどあってなかなか決められませんでした。

f0297893_19125739.jpg

私に与えられた時間は1時間!
事前に言われたのは、「園内が広いので移動するだけでもそれなりの時間を要します。」

OMG! なんてこと。

うん。わかった。じゃあ、走るよ(笑)!

f0297893_19140520.jpg


それぞれだと思うのです。
1種の動物とみっちり濃密時間を過ごすか、それともいろんな動物と向き合うのか。
私は後者を選びました。

f0297893_19165358.jpg

いやぁ!楽しかった!

f0297893_19155640.jpg


1時間なんてあっという間です。


どの動物も飼育員さんが通っただけで、いえ、もっと言うとあの制服を見るだけで態度が変わりますよね。
それだけでも動きがあって面白いものです。
あの制服を自分が着たらどうするのかなってことは、きっとみなさん一度は妄想したことがあるはず(笑)。
そのうえにお話を聞けたり、寝室へお邪魔させてもらったり、エサをあげさせてもらったり。

f0297893_19142293.jpg


ガイドの内容やどんな楽しみ方をしたのかは、画像で想像してみてください。

盛岡に住む動物たちのお話を聞き、見て、感じて、それぞれの個性を知ることができて、貴重な体験でした。
そしてより一層、彼らを身近に感じることができました。
動物たちみんながお友だち~♪

f0297893_19145598.jpg


しかもこれ無料なのです。
(盛岡市動物公園さん。有料にされたらいいと思います、私。)

ほら、もう行きたくなったでしょう(笑)

私もまた行くぞー!!


*ご参考までに訪問日の1週間前までに電話で申し込みが必要です。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-05-12 19:00 | 動物園(東北) | Comments(0)

ふくちゃん お誕生日おめでとう!

4月28日に19才になった「ふくちゃん」。
遅ればせながら、お誕生日おめでとう!

昨年は、結核を発病して大変な時期でお祝いできませんでした。
今年こうしてお誕生日を迎えられてみんなで祝福できるとは、なんて嬉しいことでしょう。

辛い治療もずっと続けてくれるふくちゃん。
ありがとう。
そして、多岐にわたる分野からアプローチしてネットワークをつなぎ、できることならなんでもやろうと尽くしてくださり、ふくちゃんを守ってくださるスタッフの方々に深く深く感謝申し上げます。
お礼を伝える言葉をあれこれと探してみるものの、これまでの日々を思うとどんな言葉も陳腐に思えてしまいます。

ならば!お祝いにかけつけよう!
そう決めたのは数日前でした。

4月29日。
イベント自体も久しぶりでしょうから、ふくちゃんはどんな様子かな、またスイカを豪快に踏んづけるのかな、とワクワクしながら開始を待ちました。

悲しいかな、いい場所で見たいと早くからふくちゃん前にいたものの、来園された他の方々にも見ていただきたく、ビミョーな位置取りになりました。そんなところから撮った「なんだかなー」な画像でお送りします(笑)。

準備が始まりました。
サトウキビの「オメデトウ」が出来上がったら、なにやら運んでこられました。

f0297893_12031420.jpg

何なに?
ボウルを外したら、黒いぷるんぷるん。ゼリーのようだけど?

そのまわりにフルーツやお野菜が飾られて、ステキなケーキが出来上がりました!

f0297893_12032628.jpg

「祝 19さい」
この文字をうまく入れて撮るのが私には至難の業でした。つつじとバーに阻まれるの巻。

ゼリーのように見えたものは、黒糖の寒天だそう。ふくちゃん好きそう♪
バーに隠れてよく見えないけど、そのうえにも落花生入りの黒糖の寒天がのせてあります。

結核と闘うためにタンパク質を摂るのに、落花生はよいそうです。
しかもふくちゃんの好物ですものね。



さぁ!ふくちゃんの登場です。
ゆっくりと運動場をまわるように登場して、鼻をあげてお祝いに来られた方々にご挨拶してくれました。
(動画はtwitterにアップしました…ので)

この時点でうるうるして前が見えないよ~。
しっかりせねば。

ゆっくりとケーキに近づきました。
鼻先でどんなものでケーキが作られているかを確かめて…

f0297893_12033813.jpg

ぐじゃっ!黒糖寒天を踏んづけました!
吹っ飛んでいく落花生( ´艸`)

ふくちゃんの流儀。
こうしてみるとふくちゃんの脚がとっても大きいのだと驚かされます。

一番最初に口にしたのは落花生のように私には見えました。

ふくちゃん応援隊のfacebookにバースデーイベントの動画がアップしてありますので、ぜひご覧になってください。
その映像の中にもありましたが、今回メロンやスイカは踏んづけることなく口へ入れ込み、じょぼーじょぼーと果汁をしたたらせて食べました。

f0297893_12035623.jpg

ゆっくりとそれぞれの食べものを楽しんでいました。
マンゴーを持って砂山へ行ったり、寒天やぶどうを食べながらもぶっ飛ばしてみたり( ´艸`)

f0297893_12040868.jpg

ほら、耳をパタパタさせながら、こんなにキレイに平らげたのですよ。

f0297893_12042151.jpg

ふふふ♪ なんだか嬉しそうな顔に思わず私もニコニコしちゃいます。


りんごが二つ残っているのが意外でした。
ひとつ、口に入れて食べました。

f0297893_12043163.jpg

残りのひとつも食べるのね、と見ていると

f0297893_12043941.jpg

ぐじゃっ。踏んづけました。
小さくして食べる、ふくちゃんの流儀。ふふふ

オメデトウの文字のサトウキビもひとつずつ食べていました。
ケーキはおおむね食べましたね。

これからは遊びの時間。
消防ホースで作られたフィーダーの中にあるおやつも鼻を器用に使って取り出します。

f0297893_12044931.jpg


砂浴びもして

f0297893_12045991.jpg

砂山で大きな石を見つけたので運びます。

f0297893_12080036.jpg

なんだか牙がはえたみたいになってる(笑)

そして牙がはえたまま、タイヤで遊ぶ♪

f0297893_12051104.jpg

しばらくしたら、もうお部屋へ帰る準備が始まります。

今日は楽しかったね♪

f0297893_12052423.jpg

結核との闘いは、薬やそれに伴う副作用との闘いでもあります。だるさ、吐き気、食欲不振などが表れるそうです。
実際、少しだるそうに私には見えました。それから鼻の使い方を見て、調子がいまひとつなのかなと思いました。
それでも、また今日も明日もあさってもまだ長い時間をかけて治療を続けなければなりません。

ふくちゃん。ありがとう。おめでとう。
おめでとう。ありがとう。

何度もそう言って手を振りました。
f0297893_12053447.jpg


「ふくちゃーん。またねー!」

治療をしてお部屋に入っていく様子を園長もずっとご覧になっていました。
園内を歩くことはもはや「園長の常同行動」と言われているそうで(笑)、ふくちゃんはもちろんのこと動物たちを大切に思ってくださるのがとても嬉しいです。園長のツィートはいつも楽しいですものね。

それからこの日は、市長もお見えになっていました。
ふくちゃんへの差し入れを渡されて、「面倒をかけて申し訳ないけど、あげてください。」と(言葉は正確ではないけど)飼育員さんへの気遣いもお持ちなところなど、もぅ益々ふくZOOを応援しちゃうわ、私!

ふくちゃん。
辛い治療が続くけれど、みんなが応援しているよ。

f0297893_14161182.jpg


(正門に飾ってあったとても可愛い寄せ書き)


お祝いできた日。この日は、ふくちゃんやふくちゃんと一緒に結核と闘って来られたスタッフの方々にとっても嬉しい日だったのではないでしょうか。私も一緒にお祝いできて感激でした。
病気と隣り合わせの日から抜け出せるように祈ります。引き続き全力で応援します!

そして
飼育員さんともお話しましたが、来年、20歳のお誕生日を盛大にお祝いしましょう!




[PR]
by HGL-DTW | 2017-05-10 19:00 | 動物園(中四国) | Comments(0)

ふくちゃん募金キャンペーン

日本唯一のボルネオゾウ ふくちゃんの募金キャンペーンを開催中です。

詳細は、チームふくちゃんによるブログをご覧ください。
ご協力よろしくお願いします。

http://fukuchan17.exblog.jp/26310607/
[PR]
by HGL-DTW | 2016-10-30 12:52 | 動物園(中四国) | Comments(0)

ふくちゃんに会えた!

ふくちゃんの容態がよくないと知ったのは、10月7日のことでした。
動物園のホームページを読むと、「静かに見守ってください。」と書いてあるというのに、頭の中では、「ある程度の覚悟をしてください。」と変換されてしまい、青ざめてかなり凹んでしまいました。
その後数日、ふくちゃんのことが気になって仕方ありませんでした。

9日。
ふくちゃんの姿は見られないだろうけど、お部屋の外からでも『元気になれオーラ』をメラメラと送ろう!と決めて、動物園に行くことにしました。

ゾウ舎に近づくと、人止め柵が見えて

f0297893_12004542.jpg
現実を押しつけられたようでこれまた凹みました。

そんな私の視線に飛び込んできたのが、な、なんと!ふくちゃんの姿でした!

「ふくちゃん!ふくちゃんが出てる!」
頭の毛が逆立つほどの興奮でした。クララが立った!そんな気分です。

f0297893_12052089.jpg
ゆっくり、ゆっくりと運動場を歩いていました。

会えると思っていなかったので、姿を見ることができただけでも本当に嬉しくて、しかも想像していたよりも元気そうでその時点ですでに半べそでした。

いつもならこの小窓にぴったりとくっついてふくちゃんとコミュニケーションを図ろうとするのですが、人止め柵もあったことだし、なるべくそぉーっと見守るべきと思い、少し離れたところから様子を見ました。

うーん、元気とはいうものの、少し伏し目がち。食べていないということでしたから無理もありません。

それでも大好きなタイヤで遊んだりも。
f0297893_12173420.jpg
背中を見て、はっとしました。
それは砂浴びをした後だよね。そっか、そんなこともできたんだね、よかった!

飼育員さんが集まってきました。治療前のトレーニングが始まるのかな。
散らばったタイヤをかたづけていくふくちゃんです。

f0297893_12221430.jpg
飼育員さんに渡すと褒めてくれます。

f0297893_12220201.jpg
それからまた別のタイヤをかたづけました。

何も食べないとしたら、トレーニングはどうするのだろう。治療はできるのかな。そんなことを考えていたら、飼育員さんたちが運動場へ入って来られました。
腰にトレーニングのためのご褒美を持った飼育員さんを見て少し安心しました。
f0297893_12095185.jpg
食べてくれるかな?
さほど興味はなさそうでしたが、それでも口に持っていきました。そのあと茎を飼育員さんに戻しました。

んー、ふくちゃん。少しずつでも食べようね。

普段より足取りもゆっくり、指示には完璧に従えてないようには見えましたが、それでもそこは飼育員さんたちがうまくリードしてくれます。そしてプールへ。
f0297893_12272381.jpg
このあたりで立ち止まりましたが、またやり直してプールの中からタイヤを持って来ました!すごーい!まだお片付けの途中でしたか。

f0297893_12290364.jpg
(ふくちゃんを犯罪者みたいに目隠ししてしまった。ごめんなさい。人止め柵の外からだとなかなかいい場所を選べず、こんな画像しかないです…。)

そのあとの流れは普段と変わりなく。
体重測定ができない代わりにメジャーで胴回りを計測してもらいます。

f0297893_12314413.jpg
(この姿、何度見ても可愛くてニンマリしちゃいます。)

体を洗ってもらい、渡されたホースでお口をゆすぎます。
f0297893_12333522.jpg
脚のケアも忘れず。飼育員さんがヨシヨシしながら、褒めてくれてるのかな。
f0297893_12345959.jpg
「ねぇ、今日の私どうだった?」と聞かれた気がしました。
f0297893_12361180.jpg
ふくちゃん。今日もいいね!よくできたよね。

飼育員さんが、「これから部屋で治療をするので、今日はお部屋に戻ります。最後にご挨拶するのでよかったら手を振ってください。」とおっしゃいました。

バイバ~イ

f0297893_12392378.jpg
ふくちゃん。みんなが、ホントにみーんなが応援してくれているから、元気になろうね。
応援してくださる方々の思いも一緒に、手を振りました。

撮影もして、念じつつ手を振り、「あ、いつもより鼻の上げ方が低いな。」とか思いつつ、この一瞬が非常に忙しい私です。

いつもは外でする治療も今はお部屋の中なのかぁ。そう思いながら、ふくちゃんのお尻が消えていくのを見守りました。

今回の出来事は、私にいろいろな教訓を残してくれました。
ふくちゃんはまだ治療中で完治まで時間がかかること。
そのあいだには容態の急変もあること。
そして
どんな状況にあっても、こんなにふくちゃんが頑張っているのに、私が凹んでどうする!ということ。

そう、ふくちゃんが結核に感染していると知ってから、合言葉は『ふくちゃんは絶対によくなる!』
何千回、何万回だって口にして悪い気などぶっ飛ばしてやる!

ふくちゃん。少しずつでも元気になあれ。




[PR]
by HGL-DTW | 2016-10-12 19:00 | 動物園(中四国) | Comments(4)

ふくちゃんの砂浴び

この場所でふくちゃんが立ち止まると砂浴びが始まる予感。

ふふふ♪ その日も御多分に漏れず。

(小窓側から撮影したのでうすぼんやりでごめんなさい。)

f0297893_11484828.jpg


砂浴びすると必然的に口が開くことになるので笑っているように見えるのは事実なのだけど、それにしても本当に楽しそう♪

f0297893_11491434.jpg

今まであまり気にしたことがなかったけれど、鼻が上がるのと同じようにしっぽも動くのですね。

何度か背中に砂を乗せたら、体をゆっさゆっさと左右に震わせます。
するとサラサラと背中から砂が落ちてゆきます。

f0297893_12264945.jpg

1本の筋で落ちることもあれば、背中全体から落ちることもあり。
その砂が模様となって、地味な色合いながら装飾されたようにも見えます。

おもしろいなぁと様子を見ていて、これまた面白いことに気づきました。

f0297893_11490773.jpg


パサァーッ!から鼻を下に降ろす一瞬

f0297893_11491434.jpg


ピタっと動きが止まります。

まるで鼻から空中へ放たれた砂が背中へ落ちてゆく感覚を楽しむかのように。

f0297893_12322826.jpg

パサァーッ。サラサラサラ…

f0297893_12330478.jpg

ここでピタっ!

おもしろーい♪

何を思っているんでしょうね。
「おぉ、今の砂の乗っかり具合はパーフェクトだわ。」とか思っているのかなと一人妄想して、これまた顔が緩んでしまうのでした。




****
ご存じの方も多いと思いますが、日本で唯一のボルネオゾウであるふくちゃんは、現在結核治療(関連記事はこちら→ http://yuki0409.exblog.jp/25215143/)をつづけています。
野生動物の闘病は、当のふくちゃんは言うまでもなく、獣医師や飼育担当の方々にとって、多くの困難を伴います。
それでもふくちゃんのご機嫌が良い日もそうでない時も、毎日治療して完治を目指しています。
治療は一年以上に及ぶであろうとのこと、そしてそれには資金も必要となります。

小さなとき福山動物園に来てくれてそれ以来ずっと、私たちを益々ゾウ好きにさせてくれて、故郷ボルネオのことを学ばせてくれているふくちゃんには絶対に元気になってもらう!全力でふくちゃんを応援する!ふくちゃんのことを知って、応援してくれる人をどんどん増やすぞ!そんな思いをこめて、『ふくちゃんは絶対によくなる!』が合言葉の【チームふくちゃん】がブログを書いています。
ふくちゃんへ募金する方法などにもふれていますので、ぜひご覧になってください。
皆様のご協力に感謝申し上げます。





[PR]
by HGL-DTW | 2016-09-29 19:00 | 動物園(中四国) | Comments(4)

ふくちゃん 見て、見て~

タイヤで遊んでるふくちゃん。

「見て~。ねぇ、見て~。」


f0297893_11401443.jpg
なんだろう?

なるほど!

そっか。

『鼻で持っているんじゃないんだよー。口でくわえているんだよー。』

ふくちゃんの目がちょっといたずらっぽく見えたときの出来事。




タイヤで遊ぶふくちゃんは楽しそうで嬉しいけど、お友達が来てくれたらもっともっと楽しいんだろうなぁと思ってしまう。
今でもお友達が来てくれたらいいのにって思う私は、諦めが悪いのかな…。




[PR]
by HGL-DTW | 2016-09-28 19:00 | 動物園(中四国) | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite