どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

タグ:ネコ科 猛獣たち ( 63 ) タグの人気記事

天王寺 ルースお母さんの水浴び

今日は、World Cat Day だそうですね。

今朝、車に乗ったとき、ウチの車は『今日はそろばんの日です。』とおっしゃいましたが。
動物仕様に変えてほしいなぁ(笑)。

そんなわけで、先日久しぶりに訪問した天王寺動物園より、ジャガーのルースに登場いただきます。

子どもたち、卯月小助と卯月佐助もそれぞれ別々の園に旅立って、お母さんのルースは一安心…とかはないのかな。
動物たちの親離れ、子離れのタイミングって母親が決めるのかな。
飼育下ではそれも難しそうだけど、そういうときって一寸の迷いもないのかな。
できることなら、そんなことをルースと話してみたいものです。

さて。
その日もいつものように酷暑。

ルースさんちの前を通ると

f0297893_17583687.jpg

タイヤをちょいちょいと前脚でつついていました。

タイヤで遊ぶつもり?

f0297893_17584864.jpg

よいしょ。ちょっと邪魔なのよね、
とでも言うようにタイヤを端へ追いやってから、ゆっくりとそこに入りました。

ふぅ~~~~~っ

f0297893_17591882.jpg


ジョジョジョーっ と水がこぼれます。
なんとも涼し気。

f0297893_17591850.jpg

タイヤを枕に

f0297893_17591851.jpg


あごを乗せたり

f0297893_17591954.jpg


『はぁ~、気持ちいいニャ♪』すりすり~なルースです。

f0297893_17591966.jpg


ネコ科の動物たちは水が苦手だと思われていますが、ジャガーやトラは平気です。(それぞれ個性はありますが)
いつだったかWild Lifeで野生のジャガーを見ていたら、池の中へザバサバ入ってワニを捕まえて食べていました。


ゆ~ったり浸かっていると思えば、急にスィッチが入って、

f0297893_17591770.jpg

このぉ~。 このぉ~。とタイヤと戯れます。

おぉ、毛の濡れた感じやパァーっと開いた髭が良いですね。

f0297893_17591791.jpg

ルースを見ていると、小助に見えたり佐助に見えたり、血の繋がりって嘘つけないものだなと思いました。

f0297893_17591749.jpg

気持ちよさそうで楽し気なルースを見て、私も暑さを忘れたひと時でした。

ガラス越しと日射しが私には難敵!
ジャガー本来の美しい色を撮ってあげられなくてごめんね…、ルース。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-08-08 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

王子動物園 よだれ王子 アトス

平川動物園で息子のボスキに会ったのが先だったから、アトスに初めて会った時はニヤリ( ̄▽ ̄)としました。
だって、そっくりだったから。
遺伝子ってすごいなぁとつくづく思いました。

アトスって、すっごくカッコいい姿で佇んでいるのに、なぜか、よだれがた~らたらだったり、木の上にいてよだれがぷら~んぷらんしてたり、そんなイメージがあるから私のなかでは「よだれ王子」。
そう!Prince of よだれ!(念のために申し上げておきますが、私は親愛を込めてこう呼んでいます。)

f0297893_19033574.jpg

ほらね。そういうところが、私の心を鷲掴みしてしまうのです。


先日は、暑さのあまりごろ~んと横になっていた王子。

f0297893_19055653.jpg

私に気づいて、こちらを見ました。

f0297893_19060350.jpg

「暑いね、アトス。」
そういう私をじっと見ていました。

すると

f0297893_19060906.jpg

こちらを見ながら手と手を合わせました。

何気ないしぐさ。
グランデじいさんもよくそうしていたなぁと思い出したりして。

クスッと笑った私をまだアトスは見続けていました。
いつものポーズなんだろうけど、わけもなくただただ嬉しくて。

f0297893_19061782.jpg

「お手手とお手手のしわを合わせて幸せ~♪ね。アトス。」


なんであのときあんなに幸せな気持ちになったのか、あとになって考えてもわからなかったけど、それでも幸せになれたんだもの、それでいいですよね♡

アトス。よだれ王子(あ、でもこのときはよだれ出てないね)ありがとう。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-07-20 19:30 | 動物園(近畿) | Comments(0)

王子動物園 ペッキー

王子動物園には会いたい動物たちがたくさんいます。
だから園にいるあいだ、あっちからこっち、こっちからあっちと移動しまくります。
帰るころにはフラフラになるほどに(笑)

間違いなく会えるのを楽しみにしている

マヌルネコのペッキー♪

f0297893_18103535.jpg

2007年8月20日生まれ。

隠れるのがとてもお上手なので、平たく運動場を見ていると見つけることができませんのよ。
隙間、岩場などに潜んでおられます。


f0297893_18104338.jpg


下手したら「毛」しか見えないこともあります(笑)。
だからあっちこっち行きながら何度もここに戻ってくるわけですが。


ペッキーって目が合うと、つい

f0297893_18105438.jpg


チッ!

って舌打ちしそうになります。

だって、ペッキーの顔がそんなふうに見えるから。

まぁ、なんといってもこの顔が私がこよなくペッキーを愛している一番の理由なのですが。
つい顔真似してしまいます。ぷぷぷ


まるで線を引いたように「眉」らしきラインがあって、口角がキリッとあがっていて。
怒っているわけじゃないと思うのだけど、なぜか、「ごめんなさい。」って言いそうになります。

ペッキー前は、私の懺悔場(笑)。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-07-03 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

八木山 バユの投げキス

今日、5月23日はキスの日らしいですね。

そんなわけで、バユさんからの投げキス~。 んぱぁ~♡

f0297893_12380716.jpg

うーん、ちょっと無理があるかなぁ。

じっと見ていると、演歌歌手が『あなたぁ~』って歌っているようでもあり。

いずれにしても、この杉良太郎も負けちゃうほどの流し目がお気に入りです。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-05-23 19:00 | 動物園(東北) | Comments(2)

岩手サファリパーク ボルタ

ずっとずっと会いたいと思っていたゴールデンタイガーのボルタくん。

f0297893_18083409.jpg


想像していたとおりのぽよよん癒し系。

f0297893_18090516.jpg


ボルタくんには、パーク内を回るバスに乗って会いに行きます。
GWともなるとそのサファリバスの待ち時間が相当長くなるそうで、1周を駆け足で(実際にはバスだから走らないけど笑)30分から40分ほどでまわるのだそうです。

f0297893_18104843.jpg


が、この日は平日で来園されている方もそこまででなく、また私が大阪からやって来たと知って、ゆっくりまわってくださいました。
ボルタのところでも少し長めに滞在してくださって、運転手兼ガイドをされる方の心遣いがとてもうれしかったです。
ありがとうございました!


会えてうれしいよぉ♡

f0297893_18111848.jpg

そう思っていたら、ボルタくんも前脚でハートを作ってくれました。(思い込み…)


f0297893_18093157.jpg

ボルタくんは、メスのアイちゃんと日替わり交替なのだそうです。
なんにも知らずに行ったけど、会えてラッキーでした。(アイちゃんに会えないのは残念だけど。寝室ウロウロのみ見られましたが…)

ボルタくん、時々バスのタイヤに嚙みついてパンクさせちゃうんですって。
今までかなりの本数、やられたそうです。

この日ものんびりまったりしていたのに立ち上がりバスに向かって歩き始めたので、ドライバーさんはすかさず、「バス、下がります!」と言って移動させました。素早い動きにこれまでの大変さがにじみ出ておりました。

(タイヤでなく草をむしっているボルタ)

f0297893_18095900.jpg



岩手サファリパーク。とっても楽しかったです。
他にもいろんな動物がいて、広い敷地を走っています。
また別のときにお話できればと思います。


私が訪れた日は、飛行機が降りられないかもしれないというほどの強風で、風雨という最悪の天気予報だったのですが、なんとも幸運なことに1滴の雨に降られることもありませんでした。

なんだかラッキー続きで楽しめたものだから、岩手が大好きになりました。
また行くぞー!!




[PR]
by HGL-DTW | 2017-05-04 19:00 | 動物園(東北) | Comments(0)

今をときめくサーバルキャット

肉食獣には違いないけど、猛獣というのには違和感があります。
モデルを思わせる長い脚、顔の半分以上もあろうかという大きさの耳。
その耳は土の中にいるネズミの動きまで感知できるとか。
ジャンプ力もかなりのものだそうですね。

f0297893_18403657.jpg

サーバルキャットが今話題を集めているそうで、彼らを目当てに動物園に足を運ぶ人も多いとか。
世情に疎い私としては、そうなの?といったところですが、どんな形であれ、たくさんの人に動物たちの魅力を感じてもらいたいです。

かく言う私も、今まで時間をかけてサーバルキャットを観察したことってないなぁと思いながら、その日も見ていました。

ふわぁ~っ

f0297893_18394943.jpg
夜行性と聞いていますが、このときは2頭ともお目覚めでした。

あ!

f0297893_18395456.jpg
春も近づくと恋の季節ですね。

…と思っていたら、スッと逃げられてしまいました。

上に乗っかろうとしていた子は、体裁が悪かったようで

「別に俺はそんなつもりじゃないさ。

f0297893_18400240.jpg
こうして枝で遊ぶのに忙しいから。」

f0297893_18401272.jpg
と、さっきまでの出来事をかき消すかのような仕草をしていました。

あまりに露骨な動きだったので、「ぷぷぷっ」と吹き出しそうになりつつも見ていると、さきほど身を翻して逃げて行った子がやってきて

f0297893_18401713.jpg
すりすりすり~。

おっと、これは男心をくすぐる?もしくは弄ぶ?仕草ではないの?

すりすりされた子は、「どっちやねん!」

f0297893_18402827.jpg
「女心はようわからんわ。」と後姿をみつめておられました。


こういうのってホント妄想会話でしかないのだけど、なんだか楽しいのですよね♪

今を時めくサーバルキャットはどんなふうに描かれているのかしら。
そちらも見てみるべきかな。





[PR]
by HGL-DTW | 2017-03-15 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

福ZOO お正月企画 トラだって木に登りタイガー

今年の初・動物園は、福山市立動物園でした。
年末に面白そうな企画が発表になったのでワクワク度120%での訪問となりました。
それが、

「トラだって木に登りタイガー」

動物園のfacebookには、吊り下げられたお肉めがけて軽やかに木を登っていくミルルさんの様子がアップされていて、実際に目にしたらどんなに迫力があるのだろうと楽しみでした。

開始の時間が近づいてきて、屋根の上に飼育員さんがスタンバイ。上からお肉を降ろしていきました。

f0297893_17524136.jpg
お肉が見えますか?
この位置をあげたりさげたりしながら、ミルルさんの気をひくようです。

様子を見ていたミルルさん、一瞬で木に登りました。

f0297893_17550728.jpg
開始前でしたので心の準備もしていませんでした。
その素早さと言ったら。「わぁっ!」と息を飲んでるあっという間の出来事でした。

この調子なら本番はいけそうね。

そうこうしているうちに時間になりましたので、では始めましょうと飼育員さんのお話が始まりました。
さっきと同じようにお肉を吊り下げてみたものの…
ミルルさんは全く木に登るそぶりを見せません。

お肉は気になっているものの、ウロウロと歩き回って落ち着かない様子です。
飼育員さんは、お肉の位置を変えてみたり、屋根からではなく通路側から棒を使ってみたりしてみますが。

ミルルさんと飼育員さんの攻防(笑)

f0297893_18013984.jpg
ここから前方には進めない構造になっていますので、ここでじーっと様子を伺います。

f0297893_18025795.jpg
きっかけを作ろうとして上からぽとりと落とされた肉にビクッ!と驚きながらも、くわえて洗いに行きます。

f0297893_18050972.jpg
土のついたお肉はダメなのかしら。しゃぶしゃぶしてから召し上がります。ふふふ、おもしろい!

f0297893_18055669.jpg
そのあとも時間をかけて飼育員さんがあれこれと手を変え品を変え試してくださいましたが、結局ミルルさんは木登りしませんでした。
挙句の果てには、通路側から棒を使って差し出された肉をはたいて落としたので、棒の先がひん曲がってしまいました(^^;)
さすがに飼育員さんも苦笑い…。

木登りは見られなかったけれど、何しろ動物相手ですもの、思い通りにはいかないことの方が多いものです。
私としては、この攻防が思いのほか楽しくて面白かったです。

十分満足していたのですが、なんとここでアビと交替することになりました。
普段は日ごとの交替ですので、一日にミルルさんとアビの両方に会えることはありません。
これはまるでグリコのような1粒で2度おいしいことになっちゃいました。

アビが登場しました。

f0297893_18114262.jpg
肉!あそこに肉がある!
わかっているけど、木には登りません。

にゅ~っ

f0297893_18131448.jpg
肉~。肉~。

f0297893_18134524.jpg
こうしてみると、体が長いのですね。
横から体長を計ってみたいとかお腹の模様を見て見たいとかいろんなことを考えながら見ていました。

なんとかはたいてお肉を落とし、ゲットすると、自慢げに咥えて水場へ。

f0297893_18161317.jpg

え?アビも洗うの?
けど、そこはちょっと深いよ?
f0297893_18163203.jpg

落とさないようにしないと、と思うか思わないうちに、あっ!落としちゃいました…

f0297893_18171936.jpg
あー。沈んだお肉。
どうする?アビ。

迷わず、お肉をとりに水の中へ入りました。

f0297893_18182652.jpg
「僕の肉。」

そこにあるのはわかっているはずなのですが、水深が結構あるために顔を底までつけることができなくて取りにいけません。

「僕のに~~~~く~~~~~!」

f0297893_18210001.jpg
なんとかして取ろうとザバザバすればするほど、水はどんどん濁ってどこにあるかわからなくなり、悪循環。

f0297893_18230620.jpg

それでも時々勢いで巻き上がって来たり、水の中でひらひらするお肉に翻弄されるアビ。

「僕の肉…。」

f0297893_18234429.jpg
もー、ホント楽しすぎたし♪

がっかりする暇など私には到底ありませんでした。

ミルルさん、アビ。ありがとう。
また会いにいくからね。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-01-22 19:00 | 動物園(中四国) | Comments(4)

ジャガーっ仔 卯月小助と佐助

天王寺動物園にて、4月生まれの小助と佐助。

f0297893_19203412.jpg


時間をたっぷりとっての再公開となったので成長しているなぁと思うものの、確か葉月旭くんとココちゃんに初めてお会いしたのもこのくらいの大きさだったなと記憶しています。

どんな動物でも、複数でいるとやりとりが面白いものですよね。それが成長途中の子どもたちならなおさらです。

私の持っているイメージでお話すると、卯月小助は、落ち着いた長男タイプ。
対して、卯月佐助は、やんちゃな次男坊。
ちょっかいを出しに行くのは佐助が多い気がします。

その日も
てくてくと歩いている小助に佐助が『にゃーーーーっ!』とちょっかいをだしました。

f0297893_19204542.jpg

が、表情ひとつ変えずにそのまま通り過ぎた小助を見て、佐助は


『えっ!?』

f0297893_19210474.jpg

『む、無視かよ!?』

f0297893_19211524.jpg

と逆に驚いていました(笑)。
もうその顔が可笑しくて一人笑い転げました、です。



[PR]
by HGL-DTW | 2017-01-16 19:30 | 動物園(近畿) | Comments(0)

天王寺のライオン姉妹 ルナとモナカ

ライオン舎にある掲示が好きです。

f0297893_17050965.jpg

読んでいて楽しいし、興味もわきます。

ほほぅ。ルナとモナカは私とおなじさそり座。
ガオウがかに座ということは、おなじ水の星座で愛称はイイのね♪

2頭の見分け方も書いてあるので、読みながら眺めていると…。

「あー、帰りたい。帰りたい。」

f0297893_17084836.jpg

と、ルナが扉をガリガリ。しているのを見たモナカが、

f0297893_17085825.jpg

「まだ閉園時間じゃないから帰られないよぉ。」とヨシヨシしに行きました。

「あっち行って。かーえーりーたーいの。」

f0297893_17090845.jpg


「もぅ、わかった。わかった。」


f0297893_17092263.jpg

「じゃ、私が遊んであげるから。機嫌なおしてよ。ね、ほら。」

f0297893_17093167.jpg

「なんでやねーん!」

f0297893_17094005.jpg


と飛び起きるルナを、「え?なに?いけなかった?」ときょとーんと見つめるモナカ。

そこでまた掲示を見ると、モナカのところに【少し鈍感なところがある天然娘】と書かれてあって、吹き出しちゃいました。ぷぷぷ。




[PR]
by HGL-DTW | 2016-11-15 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

みさき公園 ブラン

みさき公園 スマトラトラの運動場はとても広いから、私のカメラだとこの距離までしか届かないのだけど。

最近になって益々、カッコよさ、だだ上がりのブランをお届けします。

f0297893_1854010.jpg


ふぅー
かっこよすぎて

ごくっ
[PR]
by HGL-DTW | 2016-07-16 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite