どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

タグ:ホッキョクグマ ( 439 ) タグの人気記事

ユキ Talking to the moon

Bruno Mars が切々と歌う「Talking to the moon」は、私のお気に入りの1曲であり、とても大切に思っている曲です。

引っ越しを繰り返す運命にあって、たとえ会えなくなっても、空を見上げれば同じ月を見ることができる。
物質的には離れていても、そうすることで何かしらのつながりが欲しかったのかもしれません。
それは人ばかりでなく、動物たちもおなじ。

f0297893_17430299.jpg


そんなことを思いながらお月様を見ることが多かったので、完全に歌詞の中の人物にオーバーラップしていました。

目を閉じれば、窓辺に独り座って満月を見ている私がそこにいるようでした。

そんなことを友人たちともよく話したから、気がつけば「Talking to the moon」が私のテーマ曲になりました。


それは先日のこと。
ドライブしながら聴いていたFMで、その曲が取り上げられていて、DJが歌詞を読んでいきました。
いつもなら目を閉じたくなるほどウットリするはずなのに、急にこみあげてきた思いに自分でもびっくりしました。

なに?どうしたの、私。
悲しいのか、それとはまた違う感情なのかさえもわからず、ぽろぽろと涙がこぼれました。(運転中だというのに)

ごちゃ混ぜの気持ちの中から探り出したキーワード。

『ユキちゃん』

f0297893_17441264.jpg



窓辺に座ってお月様を見上げる自分のイメージがメインでいたから気づかずにいたけれど、これって私がユキに話しかけているみたいな曲なのね。

ユキちゃん。
お月様を見ながら話しかけている私の声が
遠く離れていても聞こえている?

それに応えてくれていたらいいな…


知っていたんだけどね
わかっていたんだけど
最近あらためて思うの、

f0297893_17444446.jpg


「You're all I had」




[PR]
by HGL-DTW | 2017-06-13 19:00 | ユキ | Comments(0)

ユキ 正直なきもち

ユキを見送ってから半年が過ぎました。

いつも心の中にいてくれるから淋しくないと思うはずが…

f0297893_13180133.jpg


おかしいな。
私の心の中にはいてくれないのかもしれない。
夢でも会うことができなくて、
会いたくて、会いたくて、仕方なくて
日が経つにつれ、会いたさが募る一方。

時間が過ぎれば、写真も懐かしい思いで見られると思っていたのに。

f0297893_13180850.jpg



会いたい気持ちを動画を見ることで安らぎに変えようと思うのに
へんだな。

f0297893_13180837.jpg


涙がぽろぽろでるから見ることができません。

大雨の日も
酷暑のときも
極寒でも
そこにいてくれたのに
会えなくなったなんて。

f0297893_13175773.jpg


ユキちゃん。
私の大切な大切なユキちゃん。
どうしたらまた会えるのかな。

f0297893_13185605.jpg

会いたいです。

私の叶わない願い。
届かない思い。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-06-08 19:00 | ユキ | Comments(2)

AWS 心をくすぐるクマ斗

最近のクマ斗(ブログ内で勝手にそう呼んでいます)は、どんどん体つきが大人びてきたように思います。
オホトさんは体がまあるいフォルムですが、対するクマ斗はがっちりして丸さはあまり感じられなくなりました。
大人への階段を上がっているのね。

だけどお顔は童顔です。

f0297893_18034510.jpg

何かにつけて可愛いと思ってしまいます。

f0297893_18035561.jpg

こんな後ろ姿を見せられた日にャ~、ふにゃふにゃになりそうです(笑)



じーっと見ているなと思ったら

f0297893_18042128.jpg

(すでにこの顔が可愛いのだけど…)


こっちを見ながら近づいてきます。

f0297893_18042939.jpg
んでもって

f0297893_18043800.jpg

ぶひ~


そ、それは、私へのチュウ♡ですか?
チュウ♡だと受け取ってよろしいんですか?

決して目を合わせないクマ斗です。ふふふふふふ

なんにしても心くすぐられます♪




[PR]
by HGL-DTW | 2017-06-02 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

八木山 国内最高齢 ナナさん

国内最高齢のナナさん 御年32歳です。
ユキと同じ年齢だと言われてきたので、ひと際思い入れのあるホッキョクグマ。

1年ぶりにお会いしました。
ナナさんは独特の可愛らしさがあるのですよね。

f0297893_18532979.jpg


眠っていることが多いとはいえ、てくてく歩く姿は足腰もしっかりしていて、お元気そうで嬉しかったです。

おもちゃをくわえたので、おっ!プールインか?とみんなが前のめりになります。

f0297893_19001142.jpg


「え?私、入りませんわ。( ̄▽ ̄)ニヤリ」

f0297893_18534984.jpg

ふふふ♪ そんなところもユキとおんなじ♪

特注だというシェードがついた運動場。
ぱっと見たかんじ、お月様をかたどったように思えて、なんとも雅なシェードです(笑)。
柔らかな雰囲気がナナさんにぴったりですね。

眠っていらしたので、一回りして戻ってみたら!

f0297893_19063272.jpg

おぉ!はしゃいでいます。

f0297893_19064055.jpg

なんとも楽しそうです♪

f0297893_19090053.jpg


ブルブルブル~♪

f0297893_19090892.jpg

「わぁ~、気持ちよさそうだね~。」とご覧になっている方々もニコニコ顔。


ちょっと頭も冷やしてみる(笑)?

f0297893_18540252.jpg

(ナナさんの運動場は私にとって撮影ハードルが非常に高くて難しいのですが、なんとなくでも雰囲気が伝わればうれしいです。)


背中ぴたっ。

f0297893_18540606.jpg

萌え~ にへら~

こういう姿には決まって、「うわぁ~っ、おっきぃ~。」と声が上がります。

ナナさんを見ていると、ユキのことが何度も思い出されました。

f0297893_18534498.jpg


ナナさん。
どうかお元気で過ごしてください。
ユキのぶんも、というと重くなるかもしれないけど、ずっとずっと長生きしてほしいです。

また会いに行きますね。

いつか、ナナさんの生まれ故郷、カナダのアシニボイン動物園へ訪問したいなぁ。


[PR]
by HGL-DTW | 2017-05-22 19:00 | 動物園(東北) | Comments(0)

八木山 ポーラまんぢゅう

1年ぶりの八木山へ。

訪問初日の閉園が近づいた頃のホッキョクグマ舎にて、見つけました、

ポーラまんぢゅう♪

f0297893_17310088.jpg

うひひひ。
こういうのって、マニアの心をくすぐるわ~

(きっと今このブログを読んでくださっているあなたもニマニマされていることでしょう( ´艸`))

しばらく見ていていると

f0297893_17310977.jpg

おっと。
肉球見せ。
これまた、にへら~( ̄▽ ̄)

すると

f0297893_17311987.jpg

おっと。
両脚、肉球見せですか。シビレます!

「ん?」

f0297893_17312678.jpg

何か気配を察したのかな。

まぁ、気に留めるでもなく

f0297893_17322076.jpg

ずっと見ていても飽きることのない姿。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-05-18 19:00 | 動物園(東北) | Comments(0)

AWS オホトさんとゴーゴの同居2017

15時のおやつタイムめがけてホッキョクグマ舎にたどり着いたら、あらまぁ!
オホトさんとゴーゴが同居していました。

f0297893_16243358.jpg

見ているかぎり、なんだかいい雰囲気♡

そのうち2頭ともプールイン!

f0297893_16235136.jpg


ふふふ♪ なんかいい音楽がながれてきそう♪
ニコニコしながら眺めていました。

が!しばらくすると、2頭ともテクテク歩き始めます。
それでもお互いを気にかけている様子ではあるのですが、うーん、微妙な空気感…。

ゴーゴは、どうするのが一番いいのか考えているようでした。

f0297893_16235899.jpg

無理に追いかけまわすようなことは決してしないゴーゴなのです。天王寺動物園の元担当さんが、「ゴーゴは考えて駆け引きをする。」とおっしゃっていましたが、まさにそんな感じなのかなと思いつつ見ていました。

すると…

f0297893_16240417.jpg

「わからんなぁ…。」とでも言うようにへたりこんでしまいました。
そうすると、オホトさんがゴーゴのお尻あたりを嗅ぎにやってきます。
そうなれば、ゴーゴも立ち上がってオホトさんを追尾します。

でもまた立ち止り、突っ立ったまま考える → へたりこむ → オホトさんがやってくる → 追尾する

これを何度も繰り返していました。

うーん、まだ期は熟してないのかな。

「どうしたらええんやろか。」

f0297893_16244453.jpg

「わかる?教えてくれへん?」

f0297893_16245467.jpg

「、、、。わかるわけないよな、やっぱり。」

f0297893_16250526.jpg

ガッカリ顔のゴーゴ。


「はぁ~っ。」

f0297893_16251743.jpg



しばらくするとプールに入ったオホトさん。ゴーゴが来るのを待っているように私には見えたけど、ゴーゴは入りたそうにするものの、最後まで入りませんでした。

f0297893_16444908.jpg


そのうちオホトさんも陸にあがり、閉園間際には熟年カップルのような姿になりました…とさ。


f0297893_16242265.jpg

あれこれ考えて緊張していたのか、このときのゴーゴはずっと耳がなかった!(いや、あるんだけれども…)

f0297893_16252774.jpg


ゴーゴは大丈夫!応援してるよ。

オホトさんとゴーゴにいい時間がやってきますように。

また次に期待~♪


あ、そうだ!おやつタイムのこと。
同居が始まっていたので今日のおやつタイムは無しだよね?とそばにいたお友だちに聞くと、「え、さっき終わったよ。」って言われてびっくり!
えー。
さっき何気に白菜のかけらがプカプカしてると思ってはいたけど、なんということ。
もう一度ガイドブックを見直したら、14時30分と書いてありました…。
うっかりしてた… うっかりはちべえ…




[PR]
by HGL-DTW | 2017-05-02 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

ユキのこと

先日、ユキのことをお友だちと話しながら、自分の感情がまるで人のもののようで、あらためて「そうだったんだね。」と自分の背中をトントンしたくなりました。

自分で話しながら、自分の声が耳に入ってきて、なるほどそう思っていたんだともう一人の自分がうなづく。
そんな経験、きっとみなさんにもあると思います。

f0297893_20063744.jpg

ユキがいなくなって、実際もっと取り乱すんじゃないかと思っていたのだけど、私の心はかき乱されることはなかったんです。
自分でも不思議なくらいに。
その理由がなんとなくわかった気がしました。

私、まだ向き合えていないのだと。

取り乱す自分が怖くて、心底悲しんでしまう自分が嫌で、ユキがいなくなったなんて思わないように考えないようにしているんだなぁと思いました。
頭では理解していますが、奥底では受け入れたくないと心が扉を固く閉ざしている、そんな印象を受けました。(自分のことなのだけど)


f0297893_20062648.jpg


徳山から関西へ引っ越したとき、毎日は会えなくなるけど徳山へ行けばまた会えるからと自分に言い聞かせたように、どこかへ行けばまた会えるんだと思うことで自分をなだめて来たのでしょう。
時間が経過して、その「どこか」が存在しないことに潜在意識が少しずつ気づき始めているのかもしれません。

だって
日を追うごとに、会えないことがじわじわと体にしみこんでくるんです。

ユキちゃん。会いたいよぉ。

f0297893_20061667.jpg


眠っているユキをただただ眺めていた数年前の自分を本当にうらやましく思います。


f0297893_20055957.jpg


【 画像はすべて2015年4月撮影 】




こんな話、別の自分だけの場所に吐き出してしまっておけばいいと思いもしたのだけど、もしも大切な存在を亡くした誰かが同じ思いをしていたら、ここにもこんな人がいたのだと救いになるかもしれないと思って、ここに思いを綴っています。

ユキのことは、
その時々の自分をこれからも綴っていこうと思います。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-04-26 20:30 | ユキ | Comments(0)

ユキ 入園記念日

『1986年4月9日。ホッキョクグマがカナダの動物園から仲間入り』

ホクトとユキがやって来た時は1歳半で、まだあどけない様子の残る仔グマでした。… 当時から仲の良い2頭でした。

~周南市徳山動物園50周年記念誌より~

タイムマシンができたら絶対に行きたい時代リストのトップにある1986年。
あどけない2頭を一日中見て過ごしたいものです。


f0297893_19370727.jpg


先日、久しぶりに徳山動物園を訪問しました。
ユキのおうちには今もパネルを置いてくださっていて、ユキちゃんはたくさんのお花に囲まれています。
月命日やお彼岸など折に触れてユキちゃんへの献花は絶えることがないそうで、担当飼育員さんも恐縮されつつも喜んでいらっしゃいました。

ユキはもうそこにいないとわかっていても、来園される方はみなさんがユキのおうちを訪れて、「よー、ぐるぐる回って泳いじょったのになぁ。」などと思い出を話されます。

私にとって、ユキのおうちは今でも不思議と落ち着く場所で、眠っているユキを見ながらベンチに座ってウトウトしたように、ユキがいなくてもそこでのんびり過ごせそうな気がします。

桜のシーズンになると、プールに浮かぶ花びらを一枚、一枚、食べて歩いていたなぁと思い出しつつ、からっぽのプールを眺めていました。

眠っていていても、背中しか見えないとしても、それがたとえ静止画のような場面でも、寸分違わぬ動きでぐるぐる泳ぎ続けていても、どんな姿でもいい、とにかくユキに会いたいなぁと静かに、強く、思いました。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-04-09 20:00 | ユキ | Comments(0)

AWS ねむねむクマ斗とてくてくゴーゴ

クマ斗は眠っています。


f0297893_19015271.jpg



ねむねむクマ斗。
こうしてプールの淵で眠ることが多いから寝顔がよく見えるんです。
気持ちよさそうだから、どんな夢を見ているんだろうと妄想にふけってしまいます。

f0297893_19021991.jpg



その横でゴーゴが、「あいつ、眠ってるのか。」って

f0297893_19020740.jpg



思っているかどうかわからないけど、てくてく歩いています。
実際、クマ斗を見ているかどうかよくわかりません。
てくてくゴーゴは、ちょっと虚ろに見える表情で行ったり来たりの繰り返し。

肉氷を落としていた頃のゴーゴを思うと、少し切ない私です。

オホトさんと同居が始まったとか。
思うところもいろいろあるけれど、また会いに行ってみようかな。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-03-17 19:30 | 動物園(近畿) | Comments(0)

ユキ 100日

動物たちが虹の橋へ旅立って悲しいときは、決まって笑わせてくれたユキ。

「笑っていてね。」
いつもそう言われた気がしました。

笑わせてくれるユキがいないから、どうしよう…と思っていたら、あった、あった。

f0297893_21531699.jpg

可愛いしっぽとおちり♡を見てニンマリ笑っていよう。

ユキはいないけど、不思議と気持ちが落ち着くユキのおうちへまた行くね。
またいろんな話をして一緒に笑おうね。

100日経っても大好きなユキ。
むしろもっと好きなユキ。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-03-07 19:00 | ユキ | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite