どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

タグ:小動物たち ( 30 ) タグの人気記事

みさき公園 きっと「ふふふ♪」って言っちゃいます

みさき公園へ行くと、まずタンチョウさんに会って、となりのホオジロカンムリヅルさんにご挨拶したら、たどり着くのがアライグマやニッポンアナグマが暮らすエリア。

もっとも、たいていが眠っていて、起きているところを見られたら、何かいいことがあるんじゃないかと思うくらいにレアです。

眠っていたとしても、今日はどんな姿が見られるのかと思うとワクワクします。
当ブログではかなり登場頻度が高いアライグマたちは、あけっぴろげですのでつい「ふふふ♪」って言っちゃいます。

f0297893_15302179.jpg


そうね。暑いと布団からもこんなふうに足がでちゃうもんね。

違ったバージョンもあります。

f0297893_16304069.jpg


(にしても、ここの撮影ってハードル高し。っていつもそう言ってる気がしないでもないが…)



こんなふうに地面で眠る姿ってあんまり見たことないです。

f0297893_15310372.jpg


ひんやりして気持ちいいのかも。ちょっと歯が見えているところがいいね~。

こちらは別の日。

f0297893_15312440.jpg


そうまでして一緒に眠らなくてもいいと思うけど、一緒がいいんだろうね。

f0297893_15320592.jpg


仰向けでうっすらと口が開いて、そんな無防備な姿がふふふ♪です。


別の1頭がウロウロしていて、描いてくれた足跡。

f0297893_15323413.jpg


おぉ!こうしてみるとホンドタヌキとの違いがよくわかりますね。

ニッポンアナグマさんたちは、たいていケースの中で丸くなって眠っています。そのうえ、結構くもっていたり、太陽が反射したりで非常に見えづらいです。
あぁ、あそこにいるなと思うのが常ですが、この日は珍しく長~くなって眠っていました。

f0297893_15324295.jpg


足元には

f0297893_15325361.jpg


写りこみで見えにくいけれど、もう1頭が「し」の字で眠っていました。
穴掘りするために、爪がかぎ状になっているのがよくわかりますね。
彼女たちイタチの仲間なんですって。


ふふふ♪ついでに、プレーリードッグも。
何やら考えごと?

f0297893_15490724.jpg

じーっとしていました。



今年初めて、みさき公園のNight Zooに行きましたが、普段はこうして眠ってばかりの動物たちが

f0297893_15523127.jpg


動いている姿を見ることができて、とても楽しかったです。

f0297893_15530640.jpg



いかんせん、約1時間半という限られた時間で、飼育員さんたちのガイドを聞き、すべての動物たちに会うのは、私には過酷でしたが(笑)。あと1回残っているから、また行ってみたいです♪




[PR]
by HGL-DTW | 2017-09-05 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

あなたが噛んだ…

神戸どうぶつ王国のマーラたちは、決められたエリア内ではあるけれど、そのへんに寝っ転がったり、歩いていたり自由です。

できる限り邪魔しないように空間を楽しむことにしています。
だけど、興味をそそられるとつい近づいて話しかけてしまいます。

「あらま。おいしいの?」

f0297893_20161993.jpg


このマーラは、そばにいる子の耳をずーっとしゃぶっていました。
しゃぶられている子もじーっとしていています。

なんだかおもしろいなぁ。
小さい頃、毛布のすみっこやぼろぼろになったぬいぐるみをチュウチュウしながらでないと眠れない子っていましたよね。
かく言う私も、必ずガーゼをチュウチュウしていて、そんな証拠写真がたくさん残っています(笑)。

f0297893_20162979.jpg

そんなのと同じかどうかはわからないけど、なんだかこの2頭は幸せそう。
きっと落ち着くんだろうなと思いながら、眺めていました。

気がつくと、『あなたが噛んだ~、小指が痛い~♪』のフレーズが頭の中でヘビーローテーション。(年がばれる…)




[PR]
by HGL-DTW | 2017-04-16 20:30 | 動物園(近畿) | Comments(0)

美容院にて

美容院へ行きました。

カラーしている間はファッション雑誌を見るのが好きなのに、眠くてたまりませんでした。

カラーを流してトリートメントをしてもらい、「しばらく時間おきます。」と言われたとたん、

f0297893_20375849.jpg
遠のいていく意識の中で、絶対に口だけは開かないように気をつけようと思っていたけど、間違いなくこんな顔だったはず。

待てよ、こんなに可愛くなかったかもしれない…。



[PR]
by HGL-DTW | 2016-09-16 19:30 | 徳山動物園 | Comments(1)

みさき公園 無防備

今日は暑かったですね。
動物園へたどり着くまでにすでに汗だくだったような気がします。
それでも出かけていく私っていったい…(笑)

無防備という言葉が正しいかどうかわからないけど、今日のような暑い日は動物たちの寝相も面白くなりすぎてクスクスがいっぱいです。

アライグマたち

f0297893_18301544.jpg


冬はみんなで固まってまあるくなって眠っていたのに、バラバラ。

f0297893_18303882.jpg


暖かくなるにつれ、寝相も悪くなった気がします。開いた口が私の口を緩ませます。

そしてクマゴロウ。

f0297893_18311846.jpg


脚しか見えないし。

それからコツメカワウソ。これはどっちかな。リン?

f0297893_1832095.jpg


この寝姿を見ていて新しい発見をしました!
コツメカワウソの毛って太陽に照らされると金色(きんいろ、じゃなくて、こんじき)に輝くのです。あの輝き、たぶん金閣寺も真っ青。(たとえがイケてない…)

気を取り直して

ビーバー

f0297893_18355577.jpg


このときは、1匹だけがあおむけだったけど、次にまわっていくと

f0297893_18363716.jpg


ダブルあおむけ。

ブラン

f0297893_1837356.jpg


肉球が可愛いです。

ライオン姉妹も。

f0297893_18375296.jpg


私もこんなふうに眠ってることがあるような、ないような。

それから帰りに見たクマゴロウ。

f0297893_18373214.jpg


君はずっと同じ場所にいるのね(^^;)

仕上げは、アライグマ。

f0297893_18391831.jpg


怖いし(笑)。

暑い日はみーんなダルダル。
そんな日もあるよね。
今日もどうぶつたちとの楽しい時間♪
[PR]
by HGL-DTW | 2016-07-04 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(2)

みさき公園 南米の森ミニツアー

みさき公園は冬のあいだ休園日が多くて、なかなか行けずにウズウズしていました。
2月に入ったらどこかの土日で行ける日を見つけなくちゃと私を急き立てていたのは、「南米の森ミニツアー」なるものに参加してみたかったから。

ナマケモノやリスザルたちの住む南米の森は普段外から観るのですが、このツアーに参加すると獣舎の中に入って動物たちを間近に観察することができます。
ナマケモノはいつも眠っていて、どっちが頭で足がどうなっているのかさえ、わからないことが多いので、楽しみにしていました。

事前の説明を受けて、いよいよ獣舎へ。

その日は2月でも比較的暖かい日でしたが、入ったとたんカメラのレンズが曇って撮影できなくなりました(T_T) それもそのはず、お部屋の温度は29℃になっていました。
そんなときは観察、観察♪

まずはフタユビナマケモノたちにご挨拶を。

f0297893_197686.jpg


と言っても、みんなホント気持ちよさそうに眠っているのですがね・・・。

「触っても大丈夫ですよー。」と言われて、ちょっと緊張しました。
眠っているけどどうかな、と恐る恐る手をだしました。

f0297893_1983913.jpg


このお腹を触ってみました。

おぉ!思っていたよりも毛が硬い印象。カピバラみたいな毛だなと思いました。

触っても全く動じませんでした。もぅグースカピーです。
近くですから、爪もしっかり観察しました。
前が2本、後ろあしは3本なのですね。枝にひっかかりやすいようにそれはまるでS字フックのようでした。

現在7頭を飼育されているそうです。
気温が25℃を超えるようになると、木の枝を渡して外へと出ていくスカイウォークをするそうですが、その様子もいつか見たいな。

それからアルマジロ。
外からだとほとんど見えないので、こんなに近くで見られるのは感激でした!

ボールのように丸まったアルマジロをよく見るけれど、こんなパズルのように折りたたまれているなんて。

f0297893_19152612.jpg


「なんか用~?」

f0297893_19155056.jpg


うわぁ!耳が可愛いすぎる。まるで布のようです。
外は硬い一方で体は柔らかくてぷにゅぷにゅしています。
一瞬、体をにょーんと伸ばしてみせてくれましたが、シャッター追いつかず。

では次へ行きましょうって言われるのですが、待って、待って、まだ見ていたいよ、と心の中で。
外へ出るまでずっとそう思っていました(笑)。

リスザルたちの中で1匹、いたずら好きの子がいるのだと聞きました。
そういえば、テレビで見た時も、シュシュを取って逃げてたなと思い出してニヤリとしたとたん、やって来ましたよ。

f0297893_192031100.jpg


ちょっと見せて。今日は何枚着てるん?

f0297893_1921084.jpg


意外と薄着やね。ってなかんじで。

手を出してみると私の手の甲にリスザルさんの手を乗せて、これと同じように私の袖口を見ていました。
カメラのレンズを触ったり、帽子を取って逃げたり、ホントにいたずらが好きなんだって。
リスザルの手、ひんやりしています。そして柔らかい指先でした。

そこを抜けるとカピバラファミリーのお住まいへ。

お母さんの半分のサイズの子どもたちがとても人懐っこくて、「来てくれたの~♪ いらっしゃ~い。」とやって来てくれます。

f0297893_19252893.jpg


喉をなでられるのが好きなんですって。

f0297893_19261094.jpg


猫みたい(笑)。
途中でやめようものなら催促されるほどです。

そしてこのカピさんったらなぜか私のブルゾンがお気に入りのようであらゆるところをハミハミされていました。ぷぷぷ

時間にすれば10分ほど。あっという間に過ぎてしまいます。
楽しいからなおさらに!
出口で、「動物、お好きなんですね~。」とスタッフさんから声をかけられました。

へへへ。ばれちゃいました。
ってか、よく言われることなのですが、どうやら動物たちを見るときニコニコ笑っているのだそうで、全身で動物好きを表しているのでしょうね。
ハズカシイ・・・。

南米の森ミニツアーは、1人500円です。
サービスセンター前受付に参加券がぶらさがっていますので、好きな時間帯の券を取ります。
その時間になったら南米の森へ行き、現地で支払いを済ませて参加します。
次はカンガルーのえさやりに参加したいなぁ。
でも南米の森ミニツアー、また行こうっと。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-03-06 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

コビトマングースのおやつタイム

天王寺動物園に入るときは必ずと言っていいほど、入口にある『ごはんタイム・おやつタイム』の掲示をメモ代わりに撮るのに、なぜかまともに行けたことがほとんどありません・・・。
ましてや、『コビトマングースのおやつタイム』は14時からなので、イッちゃんのおやつタイムにかぶりがちでなかなか行けずにいました。

でも!その日は心に決めていたのです。よっぽどのことがない限り、見に行くと。

「イッちゃん、また後でね。」と足早に移動しました。

【コビトマングース舎の全体像は以前の投稿をご覧ください。】


コビトマングース舎に着くと、彼らはおやつタイムが近づいていることを知っているのかな、そわそわしているようでした。

f0297893_1824429.jpg


飼育担当さんが登場して、まずは個体の紹介をしながら、おやつをあげます。

f0297893_18253465.jpg


サチオくんは、食いしん坊なのだけど臆病なのだそうで、こんなふうに穴から半分体を出して恐る恐るおやつを口にします。そしてサッともとに戻る(笑)。

たいして、メグミさんは

f0297893_18264965.jpg


平気なのです。
体つきはメグミさんの方が少し小さいですね。

飼育員さんが、生態についてお話をしながらいろんな場所に違ったおやつを置いていかれます。

ミルワームは、デッキブラシの中へ。(苦手な方には申し訳ありません。)

f0297893_1830457.jpg


すると、すぐにやって来ましたよ。

f0297893_18312590.jpg


こんなふうに手で捕まえるのですが、やみくもに手を突っ込んだりしません。

じーっと

f0297893_18311120.jpg


目で探してから、手を入れていました。かなり真剣。

枯草のプールの中にもパラパラとミルワームをまくと、早速

f0297893_18392620.jpg


ガサゴソと見つけては食べています。上手く見つけるものだなとひたすら感心。

グラウンドに置いてあった容器。何のためかと思っていたら、小さく刻んだおやつをこの中に入れると、

f0297893_18334366.jpg


サササと入って行って、そのままお尻から出てきました。バックオーライ(って昭和?)

f0297893_18351445.jpg


いただきまーす♪

隣で見ていた親子が、「いろんな食べ方が見られて、楽しーい!」とはしゃいでいました。

今度は、小さな穴の開いたボールにミルワームを入れて置くと、

f0297893_18412464.jpg


上手に転がして、

f0297893_18414438.jpg


ウマウマ~♪

このボール。転がすことでおやつが出てくることにすぐ気づいたのかな。初めてのときは、どんな反応だったのでしょう。すぐに転がすことができたのでしょうか。聞いてみたかったな。

おもしろいのは、違ったおやつを置くたびに、「はい、そちらですね。それはこんなふうに…。」と見せてくれること。君ら、打ち合わせ済みですか(笑)。

横にいたカップルが、「これはおもしろい!こんなふうに見せてくれたら、動きもあって、いいよなぁ。〇〇動物園ではやってくれへんなぁ。」と言われていました。

自分がやっているわけではないのに、そんな周りの方々の反応がとても嬉しくて。
もちろん私もわくわくしながら楽しませていただきました。

ご存知の方も多いと思いますが、市民ZOOネットワーク主催エンリッチメント大賞2015で大賞を受賞した取り組みの中の一つです。
様々な動物におけるいくつもの工夫によって動物たちを生き生きと観察できるようになっただけでなく、それによって来園する多くの人たちがわくわくさせられることも受賞につながっていると思います。

考えてみれば簡単なことなのかもしれませんが、動物たちに寄り添っていてそれが動きを引き出させ、また私たちも魅せられるのですね。
すごいなぁ、こういったことがどんどんいろんな動物園に波及していくといいなぁと思いました。
天王寺動物園、飼育員さん、応援しております!

そうか。やっぱりいろんなおやつタイム、ごはんタイム、行かねばならない。
つくづく思ったのでした。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-02-15 19:30 | 動物園(近畿) | Comments(0)

長崎バイオパーク そういえば

気がつけば、バイオパークへ訪問したのはもう2か月も前のこと。
そういえば、いろんなことを少しずつお話したいと思いながらできておりませんでした。

バイオパークって、行く先々で楽しみや驚きなどが待ち構えているのですよ。
私がいちいち感情を弄ばれすぎ、と言われればそれまでなのですが、いや~、たまりません。

たとえば…そうですね、スカンク。
スカンクを見ることができる動物園ってどこかあったかな?と考えてみたものの、すぐに浮かんできませんでした。

スカンクのイメージとしては、アメリカで車で走行していると、「はっ!この匂い。スカンクだわ。」だったり、道路脇に事故で亡くなっている動物NO1といったものですが。

てくてくてくてく

f0297893_18434228.jpg


ひぇ~~~。モコモコのぬいぐるみがコロコロ転がるようで目が釘づけ。

f0297893_18445268.jpg


こんなにかわいい顔をしているって初めて知りました。

f0297893_18454573.jpg


毛並みも美しく、配色や顔つきもそれぞれ個性があって、興味深く観察しました。

f0297893_18481468.jpg



それからアライグマ舎もおもしろかったです。
何しろワラワラとアライグマがいて、道行く人たちにえさをねだっています。

f0297893_18504951.jpg


通路わきにえさの販売機があるのを、アライグマたちは知っているようです。
「それ!お願いしまーす。」とアピールすると、多くの人がその可愛らしさにノックアウト!購入して、あげていました。アクリルの隙間からえさを入れると、アライグマたちの足もとへ落ちていく造りになっています。

f0297893_15183769.jpg


眠っていても、まるでそこがアライグマのなる木のようでした。

f0297893_18512758.jpg


これ、ほんの一部です(笑)。

そうそう。
ダチョウと同居していたチャップマンシマウマを上から眺めていたら

ん?何してる?

f0297893_18543992.jpg


ふふふ。どうやらお尻を掻いているようです。
カキカキすると、お尻の皮がシワシワになるのがおもしろくて。

f0297893_1855409.jpg


お尻の動きにもれなく顔もついてくる。くっくっく。
こんなことでもいちいち楽しいから時間がいくらあっても足りなくなるのですねぇ・・・。


バイオパークの駐車場横に、『わん、にゃん ペットのふれあい広場 PAW』がありまして。
500円の入館料で、イヌ・ネコ・鳥・うさぎ・モルモットに爬虫類などとふれあえる場所です。
朝、到着したとき、私の好きなピレネー犬がうれしそうに走っているのを見てしまったので、短時間でも立ち寄ってみようと思っていました。

ここでもさまざまな出会いがあり、これまたゆっくりお話できるといいのですが、ちょっとおもしろかったこと。

最初はぬいぐるみかと思っていたのですが、よく見たら生きていた(笑)マーモセット。
マーモセットは、そこにいるカメムシが気になるようでした。

f0297893_1924920.jpg


ここまで近づくのにかなり時間を要したうえに、遊ぶの?食べるの?としばらく見ていたのですが、はっきりしなくて・・・。
でもそんなマーモセットを

f0297893_1941415.jpg


むこうの部屋にいるネコたちが狙っているという(笑)。
ネコたちは手をだしてみたり、マーモセットめがけて飛んでみたり、目が真剣でした。

結局、マーモセットはこのカメムシを食べちゃいました!
匂わないのだろうか、そればかりが気になりました。
だって、誤ってカメムシを掃除機で吸ってしまったときって大変なことになりますよね?

今日はここまで。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-01-16 19:30 | 動物園(九州) | Comments(2)

福山ZOO ケープハイラックスを探せ!

ふくZOOのケープハイラックスたちは、ボタンインコたちとの混合展示であることについては、以前ご紹介しました。

ハイラックス舎前にある張り紙?!

f0297893_17572169.jpg


6頭全部を見つけるのは結構至難の業です。

f0297893_1759475.jpg


(もっと下がって撮ればよかったんだけど(-_-;) あまりのセンスのなさに閉口。)

だいたい2頭くらいは、巣箱の上や岩の上にいて、簡単に見つけられます。

f0297893_1854034.jpg


そのあとは、柵の格子を探します。それで1頭くらいは見つけられるかな。

f0297893_1861773.jpg


なにしろ鉄筋の柱に上手く隠れたり、死角になる場所もあるわけで。

f0297893_1863469.jpg


見つけられるのが4頭くらいだとあきらめもつくのですが、5頭見つけられてあと1頭になっちゃうと、どうしてもあきらめられなくてずーっと探してしまいます。

f0297893_1865883.jpg


たまに、ハイラックスたちに弄ばれているのではないかと思ったりしますが。

f0297893_187134.jpg


全頭見つけた時と勝利感といったら、何物にも代えがたい。(って暇人か!)
楽しくて探さずにはいられなくないます。

あなたもいかがですか(笑)?
[PR]
by HGL-DTW | 2016-01-11 19:00 | 動物園(中四国) | Comments(0)

ミニレポ 福山ZOO お正月編

今年2日のふくちゃんはお話しましたので、他のアイドルたちの様子をお伝えします!

エイタくん。

f0297893_176878.jpg


相変わらずの3頭身。私が言ったんじゃないですよ、掲示にそう書いてありますから(笑)。

そしてオリーブ。

f0297893_1772332.jpg


こうして草をハミハミしていました。
顎を動かすたびに鼻周りの筋肉が筋を立てて動き、感心しながらも興味深くて、じーっと見ていました。

それにしてもこの2頭が同居しているのをご覧になった方がいらっしゃいますか?
どうなんでしょう?おっとりのエイタくんは、お転婆なオリーブをもてあますのでしょうか。
一度聞いてみたいとずっと思っているのですが、聞けないままでいます・・・。

それからキリンファミリー。

f0297893_17151526.jpg


こうして見ると、カリンとあんずってそっくりだわ!

f0297893_17155327.jpg


あんずちゃん、大きくなりましたね。

f0297893_17163888.jpg


ママが大好き♪ パパは? カリンちゃんはフクリンが近づくだけで走って逃げてますが。

アムールトラ舎。この日の担当は、アビ。

f0297893_17182832.jpg


(この方は4頭身か(笑))
力強そうな腕がステキ!カッコよくて、ぽおーっとなります。
アビは、ちゃんと目を見てフルルの挨拶してくれるから好き。

それから、久々のピンちゃん。

f0297893_17212030.jpg


カランコロンが独り立ちし、アニュイが出張にでかけて、淋しがっっていないかと気にはなっていたけど、なんとかやってるみたいでした。

猛獣舎は、一人でもケラケラ笑えたり、不思議がってみたりと楽しめるけど、いかんせん反射やらなんやらかんやらで私には撮れないですのよ~。
代わりに、心に焼きつけるべくしっかり観ます。

それから。アンソニーは、自分を抱きしめていました。

f0297893_1728923.jpg


キャンディーさんとマリさんはいつものように寝室。お二人ともお元気そうでした。
キャンディーさんはご挨拶すると必ず後ろから前のガラスのところまで出て来てくれます。
彼女の興味は、私のスマホ。正確にはスマホケースのようでした。「それ、なあに?どうなってるの?」って、ずっと見ていました。
悲しいかな。キャンディーさんの寝室は、ガラスが反射するので撮っても、私が写ってしまうという・・・。

相も変わらず体重測定しているミーアキャット。

f0297893_1736268.jpg


ちょっと片脚がはずれかけてるから、「年末年始ちょっと体重が増えたって気にしてる?」って聞いてみました。

それから、初めてリスのおうちへ行きました。

f0297893_17325553.jpg


ここでは、網とリスのスピードとの戦い。勝てるはずもなく・・・。

つまりは、
上手くは撮れないけれど、みんなお元気でした!
いつ会ってもステキな動物たち!今年もみーんな元気でいてね。また会いに行きま~す♪
[PR]
by HGL-DTW | 2016-01-09 19:00 | 動物園(中四国) | Comments(0)

長崎バイオパークが恐ろしく楽しすぎました

行ってみたいと思いながらも地図をひっぱりだしてアクセスを調べたら気持ちが萎えてしまっていた長崎バイオパーク。
ついに!行ってきました。

いやー、楽しかったぁ。
あいにくの雨に見舞われたものの(またかよ!)満喫しました。

アミメキリンのミズキが徳山動物園からここにお嫁入りしたので、会えるのもとっても楽しみにしていました。
あのテレビ番組にキリン舎の改築がでていたそうで、Beforeの放送後、Afterはあったのかな?

f0297893_2056294.jpg


ユージさんが描かれた看板♪

f0297893_20554320.jpg


元気そうだったし、すでに環境になじんでる様子で嬉しかったです。

f0297893_20562296.jpg


ニックに、「あれ、徳山から来た人たちなの。」って話して、「へぇ~。」ってニックがこちらをみている図。(妄想)

f0297893_20563647.jpg



ここでは、どうぶつのごはんタイムを毎日やっているそうで、11時からのコツメカワウソに始まり、15分間隔で時間をずらしながらキリン、カバ、アメリカビーバーなどと続いていました。
私にとっての問題点は、2つ。

その1。
まず11時にコツメカワウソへたどり着けない。開園まもなく滑り込んだはずなのに、そこまでのトラップがありすぎて、結局コツメカワウソ舎まで走る羽目に。おやうく終わってしまうところでした(-_-;)

f0297893_20581945.jpg


その2。
15分間隔が私には短すぎて、ヘラヘラと笑いながら楽しんでいて、はっと気づくと既にごはんタイムの時間になっていて、次の場所まで猛ダッシュしなければならないという・・・。しかも、結構アップダウンがありますので、もはやクロスカントリー気分でした。

気づいたら、ビーバーのごはんタイムを逃してしまっていて、私ったらなんてこと!

f0297893_20585254.jpg


カバ舎には、4頭がお住まいです。それはもう広い広い敷地だから、徳山のマルもここに連れてきたいと思ったほど。(全体を撮ったものがなぜか1枚もありませんでした。)

f0297893_20591248.jpg


出目くんが、プールの浅瀬をジャンプしたものだから、すごく大きな音がしてびっくりしたけど、おもしろかったなぁ。(全く撮れなかったので臨場感ゼロなうえに出目くんの顔も切れちゃってますが。)

f0297893_20592964.jpg


ごはんタイム(有料100円)の時間は知っているみたいでした。近くまで来て待ってくれています。
キャベツをぽーんとお口へ投げ入れて。思いもよらない場所に落ちたりもします(笑)。ごめんよー。

f0297893_20595155.jpg


バクのバクバクタイム(有料100円)では、入口で竹の棒を渡されて、「はて?」と思っていたら、その棒にくだものを刺して食べさせることができます。プラス!なんと!触っても大丈夫ですよって♪
毛は、どちらかというと硬めではあるけれど、肌がプニュプニュしている感覚で、イルカのようでした。(ってわかりにくいかしら・・・。)

f0297893_210883.jpg


ピントがあってなくてごめんなさい。
なぜかこの時に撮ったものは全部ブレブレでした(T_T)

可愛いいし、うれしいし、なんかドキドキするし。ごはんをあげてしまったらその場を離れなきゃいけないから、もったいなくて、ぐずぐずしちゃいました。

f0297893_210402.jpg



ブラジルバクと隣接するところにフサオマキザルがいます。ここでえさを向こう岸に投げていたのです(待っているオマキザルが見えますか?)が、見つけたの!これ!

しゅぱっ!

f0297893_2121058.jpg


と飛んでいくはずが、私がやるとコロ~ンと真下に落ちちゃって、待っていたフサオマキザルさんが「へっ?」って。ごめんなさーい。

f0297893_2123922.jpg


ミーアキャットはたまに勝手にそのあたりを歩いていますが、脱走しているのではないそうです。が、これ見ると驚きますよね。

f0297893_2125976.jpg


ってなぐあいに、時間がいくらあっても足りないほどでした。
まだまだお話していないことがあるので、少しずつしていこうと思います。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-12-05 19:00 | 動物園(九州) | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite