どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

タグ:爬虫類 両生類 甲殻類 ( 7 ) タグの人気記事

みさき公園 ミシシッピワニ

ともすると素通りしてしまいそうな場所にいる、ミシシッピワニさん。
冬場や湿度が高いときなどはアクリル板が曇っているし、目線はまるで目隠しのように覆われていてのぞき込まないと見えない造りなのです。

しかもスロープにありますので、撮影するときはちょっと恥ずかしいポーズになったりします(-_-;)
だけどそうしていると、「何がおるん?」と興味をもってくださる方がいたりして、私、みさき公園の動物アピール親善大使です。(勝手に)

たとえいつもと同じで剥製のように見えたとしても必ずのぞき込んで姿を確認します。
太陽の差し込み具合で見え方が変わる背中、指先、足先、しっぽ、そして目、それらを見るのが好きです。

3月初旬のある日。
この日はお天気がよくて、水滴が時おり水場に落ちてくると波紋が広がってとてもキレイでした。

f0297893_18502675.jpg



ミシシッピワニさんは、9割がた、こちらに顔をむけていません。

f0297893_18475048.jpg


だけどその時どきで体勢が違うので観察できる部位も変わります。
この日は広げた手がもみじのようでじっと見ていました。

それが、昨日は珍しくこちらを向いていたのです。
こんなことめったにありません。

ふと、目線を隠すように覆われている場所に隙間があることに気づきました。

もしかして

f0297893_19105652.jpg


おぉ!見える!

ドキドキしながら隙間に目を近づけると、「見てるー!」

f0297893_1911921.jpg


いつかバサーッ!と来るんじゃないかと怖いんだけど、つい見たくなります。
何度も覗いて見ては、「怖い!」とジタバタしました。だけど、目がとってもキレイ!

そこへ小学生くらいの女の子がお母さん(?)と一緒に遣って来たので、
「ねぇ、怖いんだけど、ここ見て。じっとこっちを見てるから。」、と言うと、恐る恐るのぞいてくれました。

「わっ!こわっ!」

「怖いよねー。でも楽しい♪」と笑うと、笑ってくれました。
通りがかりのおじさまが、「めったにこっちを向いてることはないから今日はラッキーやで。」と話されていて、親子づれは、「えかったなー。」と喜ばれていました。

初めて知ったんだけど、前脚と後ろ脚では指の数が違うのですね。しかも爪がある指とそうでない指がある。

前脚。

f0297893_1953943.jpg


後ろ脚。

f0297893_1955939.jpg


うわー。
知らないことが多すぎて、知れば知るほど奥が深くて興味深いです。

生き物ばんざい!
[PR]
by HGL-DTW | 2016-04-07 19:30 | 動物園(近畿) | Comments(0)

八木山動物公園 チュウゴクワニトカゲさん

思わず視線の先を確認したくなった。


じーっ


f0297893_2264223.jpg



あなたの興味がそんなにもそそられるものって、なあに?


f0297893_2271791.jpg



こんな姿を見ると、動物に感情がないって誰が言ったんだろうと思わずにいられない。
こんなにも彼らの声が聞こえてきそうなのに。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-05-06 22:15 | 動物園(東北) | Comments(0)

やっぱり好き イエアメガエル

ぱっと見たとき、「好き!」と思ったカエルさん。

f0297893_17395088.jpg



『イエアメガエル』という掲示を見て、そうだ!九州のグリーンパークで初めてお会いしたなぁと思い出しました。あのときも目にした瞬間、私の好きメーターが最大に振りきれそうになったのでした。
あのときもピントが全く合わなかったけど、今回もおなじく。

f0297893_17401162.jpg


グリーンパークのイエアメガエルさんは黄緑色だったけど?
このぼってり体型に、魅力的なお目目がたまりません。

帰って調べてみると、別名ホワイトアマガエルというそうで。
えー。黄緑色が茶色になって、名前には白色まで?とこんがらがりそうになりますが、変色させることができるんですって。別名のホワイトに関しては、命名者にちなんでいるそうなので、白色には変色しませんが(笑)。

にしても、なんでしょう。この可愛らしさ。

f0297893_1741026.jpg


お鼻がライトに照らされて、▽だし!
一人、「ひゃーっ、ひゃーっ。」と言いながら見ていました。
何時間でも眺めていられる。
やっぱり大好きなイエアメガエル。


@マリンピア松島水族館
[PR]
by HGL-DTW | 2015-04-26 19:00 | 動物園(東北) | Comments(0)

グリーンパーク 熱帯生態園

ひびき動物ワールドは、グリーンパークという施設に属しています。
このパーク内でグラウンドゴルフができたり、バラ園があったり、大きな芝生広場があったり、いろんな楽しみ方ができるようでした。

その中のひとつ、熱帯生態園へ行ってみました。
いやー、私には見ごたえがありましたよ。

まず入口にグリーンイグアナさんがいらしたのですが、展示場のライトが緑色で、本来のあのなんとも表現できないほどに美しい色を見ることができず、とても残念でした。
そして、福山動物園のグリーンイグアナさんのことを思い、あの大きさは果たして何歳なのか、今度伺ってみようと思いました。


さて、中に入ると、当然ですが湿度・温度ともに高めで、木々が生い茂りうっそうとした雰囲気です。

f0297893_204635.jpg



ひらひらと蝶々も舞っていました。オオゴマダラ、日本一大きな蝶だそうです。

f0297893_2064269.jpg




歩みを進めると、脇には、爬虫類や両生類、

f0297893_20915.jpg


(おなじみエボシカメレオン)


f0297893_2083835.jpg


f0297893_2084967.jpg


(イエアメガエル 私のツボにハマったようで、ここで思った以上に時間を費やしてしまいました。色もへんだかおかしいのだけど、ピントが全く合わなかった・・・。)


f0297893_20152685.jpg


(マルメタピオカガエル 死んでいるのかと思った。愛嬌のあるお顔で人気があるのはわかる気がします。)



いろんな種類の食虫植物や、

f0297893_20134022.jpg


(ひとつずつ解説があり、ほほーぅと感心しっぱなしでした。)


鳥に、

f0297893_20175930.jpg


(ヒムネオオハシ?オニオオハシ以外のオオハシたちは初めて見ました。)

f0297893_20353960.jpg


(シロムネオオハシでいいんですかね? この鳥たちも全くピントが合いませんでした・・・。)


そして、池や水槽に魚が泳ぎ、

f0297893_2022052.jpg


(レッドテールキャット 大食漢なんですって。親近感が湧きます!)


こんな生き物もいます。

f0297893_20183782.jpg


初めて見ました。パッと見、クモのように見えたのですが、ヤシガニという陸上で生活する最大のヤドカリだそうです。うーん、ヤドカリのイメージが変わりそう。『ハサミ脚は強大で、人間の指くらいなら簡単にへし折ってしまいます。』と書かれていました(^_^;) 指くらいならって・・・怖っ。


スッポンモドキがぶくぶくと泡が立ち上る水槽を気持ちよさそうに泳いでいたのを見て、とてもいい気分になりました。帰って確認したら、スッポンモドキがもはや「もどき」どころではなくなって、「すっぽんのようなもの」に進化していましたので、ここでは割愛させていただきます。


熱帯生態園。カンガルーたちに囲まれていた気分とはガラッと変わって、それはそれでとても楽しかったです。
うん、ここにもまた行きたいなー。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-11-16 21:00 | 動物園(九州) | Comments(0)

わっしょい 福山市立動物園②

わっしょいお祭り気分でまわる福山動物園のつづき。

カピバラさん。
太陽は照りつけていなくてもムシムシして暑いので、沐浴中。
こうして見ると、前脚の水かきがよく見えます。

f0297893_951442.jpg


子どもたちに泳ぎを見せているように見えました。「ごらん、こうして泳ぐのよ。」

f0297893_9533861.jpg


というより、ホントは自分たちが泳ぎたいだけだったりして。




ワラビーたちは、檻の外に生えたクローバーを食べようとがんばっています。

f0297893_953567.jpg


奥の子がクローバーを口にすることができて食べていたら、お隣の子に横どりされちゃいました。

「あ、あ、ちょっと。返してよ。」「いやだ。」

f0297893_955596.jpg






あの展示場のヒミツを知ってから、観察が楽しみになったケープハイラックス。

f0297893_9565031.jpg


こちらを見てまた微笑んでくれたけど、その鼻についているものは「盗食事実」を表していますね(笑)
やっぱり…

f0297893_9564430.jpg



んー、檻がまったく抜けてなくてごめんなさい。




もうおなじみになったこの光景。

f0297893_9572078.jpg


約1.5キロね。
お盆の間にそれくらい体重が増えた私。そっか、ミーアキャット1頭分か。

・・・。 げっ
落さなければ…



すっごく驚いたのは、エボシカメレオン。
いつもミドリなのに、茶色になってた。へぇー、ここに2匹いたのか。
と思って「ん?」 カメレオンってことは色が変わるんだ。

f0297893_1034389.jpg


えーすごい!新鮮な驚き!
しかも、二股に分かれた足で枝を器用につかみながらゆっくりと移動していました。なるほど、生態に則した脚の形なのですね。おもしろい!
これを見て、エボシカメレオンの足がどうなっているのか帰ってから調べました♪

帰る前にもう一度のぞいてみたら、

f0297893_1041583.jpg


わーっ、ミドリになってる。
ずっと観察していればよかったかな。

もっと驚くことといえば、私が爬虫類館でじーっと観察していること。
しかもこの日、レッドテグーとボールパイソンのふれあいがあると園内放送があり、帰りかけた足をとめて爬虫類館に急ぎ戻ったのでした。



わっしょい動物園、まだ続きます。次回は草食系たち。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-08-20 19:00 | 動物園(中四国) | Comments(0)

福山市立動物園 爬虫類館

園の中央に位置する、ちっちゃな建物の爬虫類館には必ず足を運びます。
最近になって、なんとなく私は、トカゲやカメなどが実は好きなのではないかと思い始めています。(遅!

エボシカメレオン

f0297893_17514484.jpg


肩にひらひらのレースをまとったように見えるのは脱皮のあと?ふふふ、おしゃれさん。
結構高い場所にいらしたので、お顔を拝見できなくて残念でした。


アルダブラゾウガメ

f0297893_20353222.jpg


なんでこんな顔でこちらを見るのだろうと目が釘付けになりました。
ずっと私を見ながら、土を蹴っていました。

前脚。

f0297893_17582869.jpg


後脚はちょっと見えにくい。

f0297893_17584844.jpg



こんなにも前と後ろで形態が違うことに、初めて気づきました。


アルダブラゾウガメと聞いてすぐに思い浮かぶのは、夢見ヶ崎動物公園に住む「ナンバーファイブ」のこと。
いつか彼に会いに行って、彼の隣に住んでいたヘラジカの「ポロウ」の話を彼とするのが、私の夢です。
もうすぐポロウが虹の橋へ旅立って1年が来ますね。


そして
グリーンイグアナ。
私の一番のお気に入り。
だって、息を飲むほど美しい!まず、この色彩が好き。

f0297893_20351232.jpg



f0297893_20352163.jpg


先月行った時は、てへぺろでした。

f0297893_1815548.jpg



最後は、あっくん。

f0297893_20352100.jpg


なぜあっくんだけ、あっくんなのか?

あっくんは、普段は展示されていなくてバックヤードにお住まいだそう。
この日は日光浴に出ていらっしゃいました。名前は聞いたのに、種名をたずねていないという…。
どなたかご教示くださいませ。


こんなふうに、爬虫類館にいると、あれこれと思考が止まることがありません。
時々それに妄想や想像が加わり、あっという間に時間が過ぎてしまう場所なのです。

【追記】
あっくんは、レッドテグーというトカゲの仲間なのだそうです。
本当はもう少しほっそりしているそうですが、あっくん、ダイエットをしたそうで、お腹まわりのもたついたかんじは、その結果のびちゃったからなんですって。
触らせてもらったのですが、たぷたぷして親近感が湧きました気持ちよかったです。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-07-29 19:00 | 動物園(中四国) | Comments(3)

脱皮 エボシカメレオン

最大で全長は65㎝にもなるそうで、食性は植物質も食べるが、動物食傾向の強い雑食。
イエメン固有種で、海に面した乾燥地帯の標高1200~2000mの高地に生息すると掲示がありました。



f0297893_923517.jpg



こんなふうに脱皮してるカメレオンを初めて見た気がします。
実際には見たことはあっても興味がなかったのかもしれませんが。

脱皮なんて成長の一過程のようなもので、放っておけば勝手にするものとそれこそ勝手に思っていましたが、そうじゃないんですね。
温度、湿度など管理できていないと、脱皮不全によるトラブルの発症も起こり得るのだと知りました。


興味ってすごいですね。
『知りたい』と思うことで、また世界が広がります。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-01-16 19:00 | 動物園(中四国) | Comments(2)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite