どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

タグ:草食系 ( 67 ) タグの人気記事

みさき公園 キリン舎のこと

先日、みさき公園へ行きました。
園内に入って、キリン舎が見え始めると、そのまわりに植えられているネムノキに首をのばしている仙一さんが見えました。

『えー、また誰か食べさせようとしているのかな。』

いつだったか、そんなふうに首を伸ばす仙一さんに来園者がその木を押して食べさせる姿を目撃したことがあります。
仙一さんはとても嬉しそうに食べていたのですが、勝手に与えてはいけませんね。

よく見ると、そうではなくて木のそばで作業している飼育員さんが見えました。

こちらが完成後です。

f0297893_22213028.jpg
白いひもで枝が固定されているのが見えますか?
その作業をされていました。

仙一さんが欲しそうに首を伸ばすと、多くの方が木を押すという行為にでてしまい、結果、木がへし折られてしまうのだそうです。
だから動かないように固定したとのことでした。

聞けば、この木。
野生のキリンが暮らすサバンナに地生するアカシアの仲間のネムノキ。

アフリカに暮らすキリンたちの故郷を思って、飼育員さんがなんと種から植えて育てられたのだそうです。

f0297893_22213090.jpg

青い空に緑が映えてステキでしょう。
そんなこだわりも是非知ってほしいとおっしゃっていましたので、そこで私が一人、お話を聞いているのがとてももったいない気がしました。

そして鉢植えが2つおいてあります。
こちらは、先ほど話にでました「サバンナ・アカシア」です。
解説がありまして、そういえばこの木、ドキュメンタリーなどを見ていると必ず目にしますね。

f0297893_22212967.jpg

このトゲトゲ!

f0297893_22220093.jpg

キリンたちがおいしそうに食んでいるのをよく目にしますね。トゲが刺さらないか心配でドキドキしますが、目を閉じながら器用に食べます。
下に枝葉がなく傘のような形になることから、英名をアンブレラ・ツリーというのだそうです。

なぜこれも地植えしなかったのかと思っていたら、日本の冬は寒すぎるそうでその時期はお部屋に入れるんですって。
このアカシアもいつの日かお部屋に入れられなくなるほどに大きくなって、傘のように成長するのでしょうね。

大切に育てておられるのがよくわかりました。
それは、仙一さんや音羽さんを大切に思うからこそであり、お話をきけてとても嬉しかったです。

よかったね!
仙一さん。音羽さん。

f0297893_22220083.jpg

ネムノキ、大きくなったときは彼らに与えられることもあるそうです。
ただ!だからといって、私たち来園者が勝手に与えてはいけません。

まず消毒してあります。(致死量には至らないそうですが)
それはきちんと管理されているので、その管理のもと飼育員さんが与えられます。
また、園内には夾竹桃(毒性をもつ)や楠(殺虫成分がある?)など、動物の体調に影響を与えるものもあるそうですので、落ちているから、もしくは動物たちが欲しがるからといって、勝手に与えることは絶対にしないでください。

動物たちには、安全にそして幸せに暮らしてほしいです。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-06-20 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

AWS ある日のアルパカ親子

ファミリー広場にいるアルパカの親子。

f0297893_18424115.jpg


立ち振る舞いがシンクロしていることが多くて、見ていてとても楽しいです。

f0297893_18430887.jpg
                                   (いずれも2017年1月撮影)


先日、様子を見に行きましたら、

f0297893_18443328.jpg

母は、寝そべって水を飲み、息子は母の体についた草を食べていました。

f0297893_18444047.jpg
母は、口からじょぼじょぼ~水がしたたる。
息子は、ひたすらむしゃむしゃ食べる。

f0297893_18444785.jpg
母、じょぼじょぼ~
息子、むしゃむしゃ

いつまで続くんじゃい( ´艸`)




[PR]
by HGL-DTW | 2017-06-04 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

八木山 ユウキの仮装パーティー♪

飛行機のタイムスケジュールが変更になったおかげで、空港で30分も電車を待たないでもよいかもしれないチャレンジができるようになりました。
待たないでよい、わけではないのです。

フライト到着予定時刻は、8時30分。仙台空港駅から電車が発車するのが、8時38分。
定刻通りに着いたとしても微妙な時間です。
ただ私にとって30分のロスは大きいので、とりあえず走るよねー!

仙台上空ですでにソワソワしていた私です(笑)。
ほぼ定刻に到着。ちょっと小走りで駅に急ぎました。
おかげで9時30分頃には、動物園前に着きました。

できることなら、開園まもなくの動物たちに会いたいですもの。

西門から入って、遠くにアフリカ園が見え始めるともぅドキドキします。
新緑のアフリカ園は青々としていて、気持ちがよかったです。
また別の機会にご紹介したいと思います。

さて。
ユウキ。徳山出身。大好きな次男坊。

f0297893_15572615.jpg

もう何度もお話していますが、お腹にいるときから、トラックに揺られて園を旅立つところまで見送った思い入れの深いキリンです。

遠くに姿を見つけました。
見ていると、シマウマと追いかけっこをしているようです。
とりあえず状況確認に急ぎました(笑)。


ふふふ♪ やってる、やってる。

f0297893_15583113.jpg

もっとも私には、遊んでほしいユウキと彼から逃げるシマウマにしか見えませんでしたが。ぷぷぷ
だけどシマウマも嫌がっているようには見えませんでした。

f0297893_15584002.jpg
じーっとシマウマのことを見ているユウキ。

普段の彼らの関係性はどうなんでしょう。気になります。



午後になって再び訪れたとき。
テクテクと歩いて木枝の山へ近づき、顔を突っ込みます。

f0297893_16095708.jpg

「おいしい枝、見つけたかな?」と言いかけて…えっ!

f0297893_16100604.jpg
あれまぁ!

f0297893_16102920.jpg

あはははは 立派な角になりました。

慌てたりしていません。
まるでそうなることを求めているかのようにゆっくりとした動きで、

f0297893_16105071.jpg

楽しんでいるかのようにも見えました。

ユウキの仮装パーティー。
私を笑わせたから、大成功だね♪

f0297893_16103739.jpg

今回、ユウキに会って、立派に成長したなぁと目を細めて見ました。
ふさふさの尻尾を見たら、ゴンタお父さんとサクラお母さんは羨ましがって喜ぶよ、きっと。(え、そっち?)

パートナーのサクラさんと仲良くして元気でいてね。
また会いに行くからね。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-05-20 19:00 | 動物園(東北) | Comments(0)

虹の橋へ旅立ったリョウくん

徳山動物園の正門をくぐると一番に姿が見えるのがシマウマ舎なので、最初に声をかけるのがリョウくんでした。

話をよく聞いて、応えてくれるシマウマファミリー。
ずっとそう思ってきたので、このシマウマ舎ではいつもおしゃべりをしました。

仙台八木山から来てくれたイケメンのグラントシマウマ。

f0297893_11471936.jpg

まるで散髪から帰って来たばかりのように鬣が短くきれいに整っていて、それがなおさらイケメンっぷりを増幅させていました。
蹄が伸びすぎたせいで脚を痛めたこともあり、座っていることが多かったのですが、私が話しかけると必ず耳をそばだてて聞いてくれました。そしてしっぽを振って感情を表してくれたものです。

f0297893_11472952.jpg

コウメとのあいだに娘たちも誕生して、そのたびに小鹿のようなシマウマベイビーに会わせてくれました。
歴代の娘たちはみんなリョウくんが大好きで、柵越しにスリスリしたりお話する姿をたくさん見ました。
飼育員さんによれば、実は暴れん坊だそうで向かってくることもあったとか。
臆病で子煩悩なリョウくんしか知らない私には想像もできない姿です。

そんなリョウくんが私は大好きでした。

お別れは突然にやってくるものです。
また会えるって全く疑いもしなかったリョウくんが、1月6日に虹の橋へ旅立ったそうです。

知らせを受けたときは胸をどんと叩かれた思いでした。悲しかった…
私の話につきあってくれるお友だちをまた見送ることになりました。

リョウくん。
もう脚が痛くないから、たくさん歩いて草を食んでね。
そちらで何か困ったことがあったら、ユキを訪ねるんだよ。
少しゆっくり休んでね。

ありがとう。

おやすみなさい。



[PR]
by HGL-DTW | 2017-01-19 19:00 | 徳山動物園 | Comments(0)

真似っこイロハ



f0297893_20470680.jpg
サクラお母さんの真似をしているイロハ。

そういえばこんなふうに、お母さんを見上げながら舌を出している仔キリンをいろんな園で見ます。
どんな意味があるのでしょう。
ただの真似っこ?それともお母さんの口元からのおこぼれを待っている?本能?

本当のことを教えて、イロハ。



[PR]
by HGL-DTW | 2016-09-17 19:00 | 徳山動物園 | Comments(0)

みさき公園 なんでもない幸せ

みさき公園のラマさんち。

裏側から見ると

f0297893_18351551.jpg


「こんにちは。」
って顔をのぞかせていたりします。

ふふふ♪ と思って安易に近づきすぎるとツバが飛んできますよー(-_-;)
わかっていても、つい近づきたくなります。

たまに

f0297893_18365863.jpg


え?誰のお部屋だったっけ?と思ってしまいそうな図になっています(笑)。

なんでもないことだけど楽しい!



そして
カンガルーたちが住む場所は、私にとって究極の癒し。

吹き出してしまう寝姿がどこかに必ずいるし

f0297893_18574887.jpg


面白いことになっていたり

f0297893_1858342.jpg


ピョンピョンしていたり

f0297893_18581643.jpg


耳を噛んでいたり

f0297893_18585825.jpg


ストレッチしていたり

f0297893_18591562.jpg


自由な空気が流れていて、「そっか。私もありのままでいいんだ。」と勇気づけられます(笑)。



なんでもないことが楽しくて、なんでもない幸せ。
それがどんなに有り難いことか考えさせられる日。
8月6日。広島に原子爆弾が投下された日。

今日と言う平凡だけど平和な、なんでもない日。
だけど貴重で大切なかけがえのない日。
心から感謝します。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-08-06 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

京都市動物園 キヨミズさんの水のみ

キリンが水を飲むところを見ることはあっても、そのときの舌の使い方や飲み方を間近で観察するのは難しいですよね。

京都市動物園のキリン舎にはいいものがあるのですよ。
水の入ったバケツが透明なので、その様子を見ることができます。
設置されたときに一度見てみたいと思っていたのに、なかなかタイミングが合いませんでした。

が。
今回の訪問で、ちょうどキヨミズさんが水を飲んでいる場面に出くわしました。

f0297893_174627100.jpg


ペロペロと舌を出して、首を回すようにして、必死に飲んでいるように見えました。

そして

f0297893_17475183.jpg


はぁ~、ぐるじ~ぃ(苦しい)とでも言うように息継ぎをします。

キリンの水の飲み方ってなんか命がけのようだなぁと思いながら、そこにある掲示に目をやりました。

【キリンはふつう、口を水面に浸けてズーズーと吸って飲みます。】

え?
キヨミズさんの飲み方って全然違うよね。
そう思ってもう一度キヨミズさんが水を飲むのを観察しました。

ペロペロ ジャバッジャバッ

f0297893_17452265.jpg


ふわぁ~、ぐるじ~ぃ

f0297893_17482155.jpg


やっぱり違います。
それで掲示を読み進めました。

ぷぷぷぷ ははははは
そんなオチが待っていたとは!

f0297893_1756654.jpg


大人になっても吸って飲むことができないんだって。
それでこんなジャバジャバの命がけになっちゃうんだ( ´艸`)
キヨミズさんがそこで水をのんでくれたおかげで、この掲示が数倍楽しいものになりました♪


では、彼の非常に珍しくて参考にならないとされる(笑、ごめんなさい。)水飲みをご覧ください。



キヨミズさん、いつも楽しませてくれてありがとう。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-08-03 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(2)

徳山動物園 お茶目なヤギさん

twitterにもアップしてみた、ヒツジのチェリーとヤギのやりとり。

f0297893_11461694.jpg


角もない2頭が何を始めるのかと眺めていたら、そのままじーっとしていました。
2頭なりのご挨拶なのでしょうね。

他のヤギと比べて、ひとまわり小さいこのヤギ。飼育員さんにお名前を聞いておけばよかった。
以前からいた2頭とは明らかに違うので、他園から来てくれたことに間違いはないのですが、やることがお茶目で私のアンテナがピーン!と立ちました。

なんでもブタたちやチェリーが横たわっているとその上に登ろうとするのだと飼育員さんから聞きました。是非いつか見てみたいものです。
チェリーは嫌がります?と尋ねたら、特になんでもないことのように振る舞っているそうで、2頭のご挨拶から見て取れるようにいいお友達なのでしょうね♪

私をニヤリとさせたこのヤギの行動。

葉っぱのシェードの下で気持ちよく眠るブタを、まるで見守っているかのようにそばにいました。

「ねぇ、ブタさん。ねぇ、眠っているの?」

f0297893_1205363.jpg


時々乗せている前脚を動かせて尋ねているようでした。
じーっと見ています。

「完全に眠っているのかな…。」

f0297893_1213016.jpg


ゆっくりとブタの鼻先に近づいていきます。
え?眠っている間にチュー♡でもするつもりなの、と思ったりして(笑)

すると

f0297893_1222164.jpg


ぺろぺろ。。
うーんと、うーんと、どうしよっかな、としばし迷ったうえで舐め始めました。

たぶん好きなんだろうなぁ、このブタさんのこと。
ふふふ♪
また会いたい動物が増えて困ってしまいます。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-06-29 19:00 | 動物園(中四国) | Comments(4)

神戸どうぶつ王国 シタツンガとハシビロ先輩

初の訪問となった神戸どうぶつ王国です。

ポートライナーから景色を見ていて、「ん?ビニールハウスみたいなものがたくさんあるけどなんだろう。」と思ったとたんに見えたアルパカ♪
そっか。ここが、神戸どうぶつ王国なのですね。

f0297893_1846134.jpg


かわいいエントランスを抜け、マップを片手に歩き始めました。

それは、ペリカンラグーンへたどり着いたときのことです。
水辺にペリカンをはじめ様々な種類の鳥たち、ワオキツネザル、シタツンガがいるエリアです。
マップには絵はなかったのですが、ここに佇むハシビロコウがいました。

ハシビロコウを好きになったのは、動物園へ通いだして間もなくの頃です。
そんな私が歩みを止めないはずはなく、じーっと眺めていました。

f0297893_1851875.jpg


おぉ!美しい!
ハシビロコウの好きなところを挙げてみて、と言われたら、少しお時間よろしいでしょうか?と聞かねばならないほどたくさんあります。

歩いて場所を移動したハシビロコウにシタツンガたちがゆっくりと近づいていきます。

f0297893_18525816.jpg


最初は1頭が、そのあと3頭まとめて近づきました。
何が始まるのだろうと体に力がはいってきました。

ハシビロ先輩は、「来るなー!」と言っているようです。

f0297893_1854423.jpg


その脇からスルスルと近づいてきたシタツンガ。

f0297893_1856296.jpg


私には子どものように見えましたが、違ったのかな。
威嚇されて

f0297893_18571095.jpg


一瞬ひるんだようにも見えましたが、

f0297893_1857554.jpg


やっぱりハシビロ先輩にご挨拶したいようでした。

f0297893_18582393.jpg


このあたりで私はこれからどうなるのだろうと心臓がドキドキしていました。

「ハシビロさん、おはようございます。」

f0297893_18594196.jpg


特に嘴を動かしたりもしないで、じっとシタツンガを見つめていたハシビロ先輩です。

そしてこれでシタツンガも納得したのか、歩いていきました。

ふぅ~っ

f0297893_1904511.jpg


私は独りが好きだわ~。

f0297893_1911262.jpg


と思ったかどうかは知らないけれど、力が入っていた肩をほぐすようなハシビロ先輩でした。

争いごとが起こるのかそれとも?と全く見当がつかなくてドキドキしたけれど、「ほほぅ。」な出来事でした。
貴重な体験をありがとう。



[PR]
by HGL-DTW | 2016-06-22 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

AWS ゴールデンターキン仔

今回の訪問で絶対見逃してはならないと意気込んでいたのが、もふもふゴールデンターキン仔。

会えるのが楽しみで、楽しみで。ワクワクしながらケニア号に乗り込みました。

だんだん近づいてきて、どこ?どこ?と慌てる自分。ちっちゃいのが立っているはずなんだけどな。
あれ?いないな、と思ったら

f0297893_2085119.jpg


お母さんのいる場所の近く、岩と同化していますね。

f0297893_2091787.jpg


むふふ、眠っていても可愛いのです。

ケニア号はそのまま通り過ぎてしまいましたが、後でウォーキングサファリするもんね。

ってことで、午後いち、歩き始めました。
ウォーキングサファリのいいところって間近で動物たちを見られるのはもちろん、好きなところで好きな時間過ごしていいこと。

ゾウたちにおやつをあげて、いろんな動物たちを見ながら進んでいきます。

さぁ。ターキン仔はどうしているかな?

まず目に飛び込んできたのはお父さん。

f0297893_20125620.jpg


生まれて初めてゴールデンターキンを見たとき、私はその美しさに言葉を失ったのを覚えています。
岩場のうえに颯爽と立ち、太陽に照らされた毛がまさにゴールドに輝きながら風になびいていたのです。

まだそんなゴールドの毛とは程遠いもふもふターキン仔は?

おっ、いたいた。

f0297893_20174558.jpg


ふふふ。かわゆい。

お兄ちゃん。

f0297893_20154254.jpg


お父さんと比べるとまだまだ小さいけど、babyが生まれたおかげで大きく成長しているのがよくわかります。

お母さんはトレーニングに呼ばれていきました。

f0297893_2017131.jpg


そのあいだに、なぜかエサ箱に入って行ったbaby。

f0297893_2019111.jpg


すると、お兄ちゃんがごぉぉぉぉぉーっと声をあげて追いかけてきました。

あわわわ。慌ててそこから出るbabyです。

f0297893_20195074.jpg


お母さんもトレーニングそっちのけで、兄弟の様子を見に来ました。

何がいけなかったのだろう…。

f0297893_20203283.jpg


私もよくわからなかったけど、エサ入れは入るものじゃありませんってことかな?

ふぅーん。

f0297893_20212749.jpg


しぐさの一つひとつが可愛くて

f0297893_2022528.jpg


つい長居をしてしまいました。

f0297893_20222383.jpg


また会いに行くね!
[PR]
by HGL-DTW | 2016-06-18 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite