どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

タグ:霊長類 ( 10 ) タグの人気記事

ときわ動物園 いろいろ

私の記憶が薄れてしまう前に書かなければと思いつつ、早2か月…。
記憶をたどりながら、ときわ動物園をまわってみましょう。

入り口で入園券を購入。私は、徳山動物園のパスポートを持っていますので徳山割引♪
そこで出てきた絵柄がなんだか顔の黒いサル。

f0297893_18294000.jpg

みさき公園でスマトラトラの掲示を読む人たちが、ス・マ・ト・ラ・ト・ラと一文字一文字を追っていくのと同じように、そこに書いてある文字を読みました。
「ハ・ヌ・マ・ン・ラングール」。まるでカタカナを覚えたての幼児のようだなと思いながら、初めて聞くサルの名前です。

入り口を入るとアジアの森林ゾーン。
まずは、ハヌマンラングールに会います。

f0297893_18350208.jpg
ラングールという名前がついているので、私の知っているドゥクラングールと照らし合わせてみたものの、どうでしょう?
毛並みの美しさは似ていますが…。
調べてみると、ドゥクラングールはほとんど樹上生活なのに対して、ハヌマンラングールは地上で生活するのだそうです。
言われてみれば、それぞれ運動場の造りが全然違います。

聞くところによれば、このハヌマンラングール、国内に6頭しかいないそうです。しかもオスが一頭。
うち4頭をときわ動物園で飼育。繁殖が非常に難しく、人工授精も視野に入れ、糞中ホルモンを調べられているそうです。
今後が楽しみですね。

ときわ動物園は、敷地面積はそれほど広くありません。
が、順路を蛇のような道にすることで1周するとそれなりの距離を歩いていることに驚かされます。

そして一番特徴的なのは、そこにあった木々や緑をあえて残して利用することで野生の生息環境を再現し、動物たち本来の行動を発揮させる「生息環境展示」です。

動物園の外にいるときから、すでにシロテテナガザルたちの鳴き声が響き渡っていました。
それを耳にするだけで、早く園内に入りたくて速足になりました(笑)。

それはそれは楽しそうで、枝から枝へ飛び移りながらブラキエーションを披露してくれたり、それぞれが自由にそれぞれの時間を楽しんでいました。


ふほほぉ~い♪

f0297893_19163409.jpg


f0297893_19004662.jpg


f0297893_18534741.jpg

f0297893_19010267.jpg

f0297893_19005821.jpg

小さなbabyをつれたママも。

f0297893_18532102.jpg

こちらはひっつきもっつきを楽しんでいた家族。

f0297893_18533090.jpg
お話を聞くまで3頭いるってわからなかった(笑)。

このテナガザルは何をしているんだろうと思ったら、

f0297893_19045361.jpg
手で水をすくって飲んでいました。ふふふ、楽しい♪

それぞれの島でグループを管理しています。
黒い毛色の個体がここにはいませんが、午前中には1頭出ていました。高い木の上で大きな声で鳴いていました。

先へ進みましょう。
ボンネットモンキーは、びっくりするほどワラワラと大所帯。

f0297893_19190054.jpg
(なのに、この写真って…)

これ以上増えたら飼育場所がないという声も聞こえるほど。

コツメカワウソと混合展示ですが、このときはコツメさんが出産・育児中でしたので、別々でした。
コツメさんちのベイビーズの泳ぎの練習は、どのくらい進んでいるのかな。
泳げるようにならなければ、外の運動場には出られないもんね。

f0297893_19221133.jpg
そしてシシオザル。
オス2頭とメス1頭。私が行ったときは、オスメス1頭の展示でした。

恋の季節だった模様。

f0297893_19251526.jpg
運動場にあるこれ!

f0297893_19261467.jpg
ホンモノかと思っていたら偽物なんですって。
この中に飼育員さん特製のスムージーが入っているそう。
そのスムージー、実際どんな味がするのか興味をそそられた園長が口にしてみるととんでもなく不味かったとか!ぷぷぷ

生息環境展示を目指しているので、人工物は置かないという決まりごとがあるそうです。
これは人工物でありながらまったくそんなふうに見せないところ、うーん、さすが!と思います。

それと同じようなのが、トクモンキーのところにも。

f0297893_19302543.jpg
消防ホースです。よく見ないとまったくそれとは気づきません。
こんなふうにねじってあるのは、サルたちが握りやすくする工夫からです。水品氏が考案されたので、水品巻きと呼ばれているそうです。
すごいな、ひねり王子の白井選手みたい。

さて、次は中南米の水辺ゾーン。

ちょっと驚いたのが、フラミンゴ。

f0297893_19335561.jpg
脚は届いているんだろうけど、よくあるフラミンゴ舎の池はほとんどが浅瀬なので、こんな白鳥みたいな姿ってあまり見たことないなぁと。面白い!

そして、リスザルたちは小さな島に住んでいます。

f0297893_19403529.jpg
こういう場所で動物たちがどこにいるのか探すのが大好き!見つけるまで動きませんよー(笑)
リスザルたちが住む島へ、イカダに乗って行きえさやりをする、リスザルアドベンチャーラフティングは人気のイベントなのだそうです。(特定日に開催)

ステキな日よけをしてもらっているカピバラさん。

f0297893_19421409.jpg



確か…スダチといったかな。とくしまから来てくれたそうです。ふふふ♪

ミナミコアリクイ

f0297893_19444667.jpg


ミナミコアリクイってなんでこんなに可愛いでしょうねぇ。歩いているだけでニンマリです。

それからフタユビナマケモノ。

f0297893_19445926.jpg


みさき公園から来てくれたそうです。

「えっ!私も関西から来たのよ~。」って言ってみたけど、とにかく眠そうで「そうなの?」とは言ってくれなかった。(当たり前)

意外だったのは、フサオマキザルたちの寝室で。

f0297893_19483999.jpg


キャベツは理解できるとして、ピーマン?!食べるの?
サルたち、とくに熱帯のサルたちって甘いものを好む印象がありましたので意外でした。
結構食べるのだそうです。

ときわ動物園さん、日ごろ【緑餌】というのを意識されているそうです。
それはときわ動物園独特の試みでいわゆる造語なのだそうですが、野草を摘みに行ったり、園内でクローバーやドクダミを見つけてきて、それらを前述のスムージーなどにして与えているそうです。

さきほどのスダチさんを逆方向から見ると

f0297893_20024685.jpg


池にいるのがワサビさん。決闘を申し出ているところ。
なんだかおもしろいやりとり。

水辺の向こうに島があって、そこにはジェフロイクモザルがいます。

f0297893_20012704.jpg




これまた楽しそうに綱渡り。

f0297893_20021222.jpg



どこまでが手でどこまでが脚なんだかよくわからないほど。

f0297893_20020177.jpg


動物たちみんなが楽しそうにしているから、見ている私も本当に楽しくなる、そんな場所です。

f0297893_20240983.jpg



後半へつづく… (はず)




[PR]
by HGL-DTW | 2017-03-21 20:30 | 動物園(中四国) | Comments(2)

ワオキツネザル親子と・・・

神戸どうぶつ王国でワオキツネザルたちを見ていたら、親子を発見。

f0297893_193299.jpg


どの動物でもやっぱり母ってすごいなぁと眺めていました。

f0297893_1934813.jpg


画像を家に帰って見ていたら

f0297893_1944993.jpg


親子を撮ったのだけど、そのむこうにまるで置物のようにこちらを向いているカモに目を奪われて

f0297893_1954624.jpg


私のツボをくすぐるのです。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-06-24 19:30 | 動物園(近畿) | Comments(0)

AWS チンパンジー舎にて

歩きながら、そういえばチンパンジー舎ってあんまり行ったことがないなぁと思いました。
時間がなくてそこまでたどり着けないというのが理由なのですが。

その日は、エントランスで購入した(100円)スタンプラリーを完成させるべく、スタンプを探して歩いていたのです。

f0297893_19381539.jpg


ちなみに完成したらプレゼントをもらえます♪

f0297893_911187.jpg



運動場にいるチンパンジーたちを眺めて、その横にちょっとした建物が見えたので、そこにあるのかなぁと思いながら向かってみると、そこにはガラス張りのチンパンジーの部屋がありました。

そこいた1頭は、突然やって来た私をじーっと見ていました。
えっ、ここにもお部屋があったんだなと驚きつつ、私も見ていました。

f0297893_19413448.jpg


なんともいえない感情が湧いてきました。
デジャヴ? 「あれ?どこかでお会いしました?」という感覚。

そんな私の感情なんて気にせず、おやつを食べています。

f0297893_19434723.jpg


そんな姿を見れば見るほど、やっぱりどこかで会った気がしてなりませんでした。
誰かに似ていたとか?真相はよくわかりません。

twitterで1枚画像をあげると、「日本平生まれのジーコだと思います。」と教えてくださいました。間違っていたらごめんなさいと言われていましたが、いえいえ間違いではないと思います。好きな方は、ちゃんと識別されますもの。

優しそうな顔で穏やかな表情をお持ちでしたので、てっきりメスだと思っていたら、オスだったんですね。日本平出身となれば、もしかしたらそちらでお会いしているかもしれませんが…定かではありません。
なんというか、魂の叫びみたいな感覚でした。ソウルメイト(笑)?

そんなわけで先を急ぐというのに、なかなか離れることができずにしばらくここで彼を眺めることになりました。

しぐさ一つ一つが人間っぽくて

f0297893_19494222.jpg


親近感がわきます。

f0297893_19501952.jpg


で、

f0297893_19504951.jpg


ふふふ♪ そういう流れになるよね(笑)。
より親近感が増すという現実。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-06-17 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

その鐘を鳴らすのはあなた

その鐘をみたときから、心の中で流れていたあの名曲。

f0297893_16522922.jpg



その鐘を豪快に誰か鳴らしてくれませんかね。

おっ、来た来た。

f0297893_16533682.jpg


紐をいじっています。違うの、鳴らして。
頭の中ではあの名曲がお腹の底から出てくる声で流れているのに…

f0297893_16552695.jpg


あ、行っちゃった・・・

と思ったら、戻ってきて、ぴょ~ん

f0297893_16572893.jpg


・・・

それだとカランカランカラ~ンとはいきませんねぇ。


と思ったら、ついに

f0297893_16592479.jpg


澄んだ青空に心地よい鐘の音が響きました!

カランカラ~ン!

・・・の鐘を~鳴らすのはあな~た~(手にしたマイクはお腹のあたりまで下げる)

拍手喝采!!
[PR]
by HGL-DTW | 2015-04-06 19:30 | 動物園(近畿) | Comments(0)

ズーラシア チンパンジー舎にて

ズーラシアに行かれた方なら経験があると思いますが、入園してからまさに時間との闘い。
開園を待って入ったけれど、その日は閉園時間まではいられないタイトなスケジュール。
時間配分がカギとなります。

知っていたのに、知っていたはずなのに…
アカアシドゥクラングールやテングザルは、寒さが苦手ということでお留守だったというのに、お昼を迎える頃にまだ園内の3分の1も周れていないという現実。

そんな私が駆け足ながら、チンパンジー舎までたどり着けたのは奇跡の出来事のようでした。

そこでは寝ていたり、遊んでいたり、みんなが思い思いの行動をしていました。
撮影したのは(できたのは、とも言う(笑))この1枚。

あまりにも後ろの風景画に溶け込んでいて、最初は絵かと思いましたよ。このままずっと静止していたし。

f0297893_20484964.jpg


もしかしたら、見破られずにすむかチャレンジしているのかも、ふふふ、と思ったほどです。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-02-19 21:00 | 動物園(関東) | Comments(0)

わっしょい 福山市立動物園①

アムールヒョウに続いて、カラカルのカーラとカールの間に誕生したbaby。
11日から公開になったそうで、まずはお姿拝見したくて、福山動物園へ行って来ました。

初めて、生後一週間ごろの写真が公開されたときは、「えー、どなたのbabyですか?」と思いました。
あの独特の耳もなんだか丸くて、カラカルらしさともいえるシュッとした雰囲気もなくて。
でも激カワなのは間違いなかったです。

公開直前の写真は、すでにカラカルらしくて、その間の変貌ぶりを見たかったですね。

カラカルbabyにも会いたいけど、他にもたくさんスターがいる福山動物園。
お盆ということで特別なメニューもあり、わっしょい!お祭り気分で回って来ました。

まずは、ふくちゃんにご挨拶を。

f0297893_1957271.jpg


あれー?なんだか顔が苔むして見えるふくちゃんです。ふふふ♪

ふくちゃん、午後にぱっくんタイムがあり、おやつをもらったのですが、なぜかソワソワしてあまり食べませんでした。
「お盆に入ってから、このおやつの後にすいかのプレゼントがあるとわかっているので、それを待っています。」と飼育員さんがおっしゃいまして、なるほどなと思いました。

スイカのプレゼントって、それぞれゾウの食べ方が違っていて楽しいです。
ふくちゃんは・・・。是非ご覧いただいて楽しんでください。吹き出しましたよ、私は。

f0297893_2023632.jpg



アンソニーは、いつもどおり背中が見えていました。
「アンソニー。」って声をかけたら

f0297893_2025649.jpg


振り向いて、オレ、この人の事知ってるかな、って顔で、じーっと私を見ていました。

さて、babyはどうしてるかな。
いつ行っても、そこには報道のカメラが来ていました。

f0297893_2072426.jpg


まだたくさんの人の目には慣れていないようでしたが、少しずつ落ち着きつつあるようですね。

f0297893_2083231.jpg


段ボールの中から、そぉーっとのぞいて見てます(笑)

カーラお母さんは、babyのことを気にかけてずっと目で追っているようでした。
babyにとっては、岩場の上や間が落ち着ける場所のようです。

f0297893_20215580.jpg


後日、また詳しくお伝えしたいと思います。

そして、アムールヒョウのカランとコロン。

f0297893_2011237.jpg


はぁ、はぁ

遊びすぎて疲れています。
1号2号が頭について、カランとコロンというお名前をもらったというのになかなか呼べない私です。

ピューマのマロンとビンカーンの同居は、少し前に解消されたようですね。
前回は、マロンに会えましたが、今回はビンカーンでした。

f0297893_2023165.jpg


わぁー(^_^;)
いつもの定位置。
彼が歩いているところを一度も見たことがない私です。

「ビンカーン。またそこにいるの?一度も歩いているところ見たことないんだけど、どうなの?」
って、2階から話しかけたら、閉じていた目を開けて、申し訳なさそうにこちらを見ました。
彼には彼なりの理由があると感じたので、膝を突き合わせて話してみたいと思いました。叶わぬ思いですが・・・


あ、それから爬虫類館のグリーンイグアナのお部屋。

f0297893_20122427.jpg


なになに?新しいお方がいらっしゃいました。
いろいろお訊ねしたかったのですが、聞きそびれてしまいました。


わっしょい福山動物園。
また次回へ続きます。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-08-18 21:00 | 動物園(中四国) | Comments(0)

クロミミマーモセット

アドベンチャーワールド モンキー×モンキー
通りすがりのつもりで入ったのに、とんだ足止めを食らうことに。

「えー?」

f0297893_1949462.jpg


初めてお目にかかりました。
なんでしょうね。マーモセットというだけあって確かにかわいらしいのですが
あまりにも顔がヒトのようで目が離せなくなりました。

ホビット?妖精?
今にも話し出しそうなこの顔。


f0297893_19513110.jpg


中南米に棲息。
主に、果物や昆虫、木の実を食べるそうです。

とにかく不思議で、私の興味を根こそぎ持って行く、そんなクロミミマーモセットです。
君たちのこと、もっと知りたいな。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-02-27 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

竹馬

えっ?


f0297893_2032915.jpg



一瞬、竹馬しているように見えたワオキツネザルさん。




鹿児島市 平川動物公園にて
[PR]
by HGL-DTW | 2013-09-22 20:00 | 動物園(九州) | Comments(6)

手レパシー 

福山市立動物園に行きました。
うーん、どうしてここに来るときって雨が降ってる、もしくは降り出すことが多いんでしょう。
(それは私が雨女だから…(T_T))

サルゾーン。

寝室側を歩いていたら、シロテテナガザルと目があいました。

写真がないのが残念。
なぜって映り込みがひどかったのと、カメラを向けると嫌がって顔をそむけるから。
またの機会に。

アンソニーくん。
夏のあいだ、暑くてお外に出たがらなかったそうです。
雨だったけど、この日は寝室でした。

じーっとこっちを見てまして…。
そうなると一緒に遊びたくなるのが心情でしょう。

お話をしていると、さっと手を伸ばしてガラスに。

f0297893_19384021.jpg


テナガザルだけあって、手も指も長いなー。

こんなふうにされると、つい
やってみたくなること。


f0297893_1939286.jpg


左手でシャッターを押したら、いいかんじ(?)でボケました…

アンソニーくんと、手レパシー。
ずーっとこうしていたら、手をバイバイって振られました。

「嫌なの?」
って笑いながら聞いたら
またやってくれたので

手レパシーで
「ありがとう。」って
伝えました。
[PR]
by HGL-DTW | 2013-09-07 21:00 | 動物園(中四国) | Comments(4)

多摩のオランウータンさんたち

多摩動物園のお話が続きます。
実は、ワシントン条約において(簡単に言うと)輸出入が基本的に禁止されている動物が続いています。


オランウータンの展示場には、ちょっとした人だかりができていまして、集まられた方々が
「へぇー」
「そうなんですか」
としきりに口にされていました。

そこには

f0297893_175136.jpg


オランウータンのベイビーがいらっしゃいまして。

耳をダンボにして聞いた話を要約すると、このベイビーが今日初めてこの櫓に登れるようになった、ということでした。

そう言われてみると、お母さんのキキさんかな。心配そうに下から手を添えるようにしているし、ベイビーのリキはそんなことお構いなし~♪で意気揚々としているし。

「あたち、登れたのー!ははは。」って顔ですものね。

ってか、この写真だとこれが櫓なのか、お母さんがどんなふうにしているか、全くわかりませんね。
ははは… (苦笑)

お隣の展示場には、


f0297893_17122856.jpg


ストレッチ中でした。

「ねぇ、ストレッチしてるの?」




微動だにせず…

「ねぇ、ストレッチしてるの?」



f0297893_17142553.jpg



はん?

と、一瞥をくれただけでまた寝転がってしまいました。

だけど心の声が
「全く朝からうるさい人だよ。おちおちストレッチもできやしねぇ。」
と聞こえたのでした。

ごめんなさい。
[PR]
by HGL-DTW | 2013-08-16 21:00 | 動物園(関東) | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite