どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

タグ:鰭脚類 ( 9 ) タグの人気記事

みさき公園 アシカのトレーニング

みさき公園には、比較的コンスタントに足を運んでいる私です。
園の雰囲気が私に最高の癒しを与えてくれるし、道中、車窓から見える海を眺めると幸せな気持ちになれます。

ご存じの方も多いと思いますが、公園内は、動物園エリアのほかに遊園地エリアやイルカショーがあるシャイニースタジアムなどがあって結構な広さ。そのうえ、いささか急ともいえるスロープもあって、時々予期せぬ筋肉痛に翌日襲われることがあります(笑)。

動物たちの様子はまた追ってお話することにして、今まで幾度となく訪れているみさき公園で初めて見たものを!
私はかなり興奮しましたよー。

そろそろ閉園の時間が近づいて、動物たちに「またね。」のご挨拶を済ませて、向かったのがシャイニースタジアム。
シャイニースタジアムの横にペンギンたちとアシカが住んでいます。

前回、訪問したとき輸送箱のようなものが置いてあったので、少し気になっていて、もしかしてアシカたちがいなくなっていたらどうしよう…と思っていました。
だって、全部で4頭で暮らしていたのに、行くたびに1頭ずつ減っていて、えぇぇっ!と淋しく思いましたので。
現在は、オスのチチとメスのシーラがお住まいです。

さて。あ、居てくれたんだと感激しながらしばらく見ていると、スタッフが来られました。
キーっと扉をあけるとシーラがそこへ行き、ご飯をもらい始めます。

f0297893_18391611.jpg
その一方でチチは?と思ったら、別の扉へ向かったスタッフを追いかけました。何が始まるのかと見ていたら、

f0297893_18404770.jpg
おっと。トレーニングが始まりました。

ここからがあっという間の出来事で自分の目で追いかけるだけで精一杯でした。次から次へといろんな動きがスタッフの指示のもと、繰り広げられていきました。
その様子をみながら、マリンピア松島水族館で出会ったルーシーのことを思い出しました。
静かに見ていようと思うのに、ついつい「すごーい!」と口から出てしまいます。

「はいっ!」と指示がでました。チチは、ヒョイと横の岩場に乗ってガラス越しにこちらを見ます。

f0297893_18451932.jpg
ガラスが汚れているのがもったいない!これ、かなり可愛いんです!
あまりの可愛さに卒倒しそうになりました。

ここから半分だけ顔を出します。

f0297893_18460921.jpg
うぉぉぉぉーっ!
じーっと見ています。

「はい、ウインク!」と指示がでました。

f0297893_18470075.jpg
きゃはははは!可愛すぎる♡

「可愛-い!」そういうと、スタッフが振り向いて、「えぇっ、調子に乗っちゃう。」とおっしゃいました(笑)。

一番気に入ったのは、これ!

はいっ!といって顔を半分だして


f0297893_18485290.jpg


しばらーくこうして見つめあっていたのだけど、

f0297893_18492610.jpg


ひぇぇぇーっ!これまた可愛すぎる♡
このままじーっとしているのですよ。もう笑いが止まりませんでした。

たった数分の出来事だったと思います。えぇ、もう終わっちゃうのと思ったほど。

狙って見られるものかどうか全くわかりませんが、すっごく得をした気分で帰路の途についたのは言うまでもありません。
あー、楽しかった♪いいもの見られた♪



[PR]
by HGL-DTW | 2016-10-17 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(4)

平川動物公園 ミュウ おめでとう!

先日、6月20日の朝にミュウが出産したと鹿児島の平川動物公園から発表されました。
平川動物園での繁殖は15年ぶりとのことで、待ちに待った吉報に私も大喜びしました。

f0297893_17321195.jpg


16歳で初産。
なかなか気の休まるときがないとは思いますが、まずは本当に嬉しいです!

ミュウは、以前私が住んでいた山口県周南市にある徳山動物園で長い間暮らしていました。

f0297893_17435023.jpg


パートナーのシャップが虹の橋へ旅立って独り暮らしでしたが、実はお嫁入りすることになったと聞いたのが、2014年7月、旅立つ1週間ほど前でした。
自分でもびっくりするくらいに涙が止まらなかったのを覚えています。

人懐っこくて、時に、行けばすごい勢いでこちらに向かってきて歓迎してくれる、私には大切な友達でした。

f0297893_17483738.jpg


淋しかったけれど、嫁ぎ先では母親になれるチャンスがあるのだと聞き、それがミュウの幸せになりますようにと願い、見送りました。

f0297893_1733354.jpg


悪天候のため1週間延びた出発の日、テレビカメラや応援に駆けつけた人たちに見守られる中、旅立ちました。

f0297893_17331637.jpg


f0297893_17332970.jpg


そのミュウがついに出産したとは、なんてステキなニュース!歓喜の舞を披露したい気分です♪
徳山動物園の飼育員さんたちもとても喜んでいらっしゃいました。

お父さんのコウスケくん、ありがとう。
飼育員さんもありがとうございます。

どうか無事に育ちますように。
アシカファミリーに会いに行ける日を楽しみにしています。

f0297893_17441980.jpg


ひとまず
ミュウ、おめでとう!
そして、ありがとう。
[PR]
by HGL-DTW | 2016-06-26 19:00 | 動物園(九州) | Comments(0)

みさき公園 カリフォルニアアシカファミリー

みさき公園の海獣たちのゾーンは、動物園エリアとは少し離れたところにあります。
お天気のいい日には、最高の気分で歩けます。

海好きの私にとってウキウキゾーン♪

f0297893_1622495.jpg


水平線に白っぽく見えているのが、関西国際空港です。

フンボルトペンギンのおうちの隣に、アシカたちのプールがあります。

お世辞にも広いとは言い難いプールで、ザバザバ泳いでいるか、上陸して眠っているかではありますが、なんでこんなに楽しいのでしょうねぇ。どなたか教えてください!

お父さんのチチ。

f0297893_16344987.jpg


まるでうがいをしているかのよう。
しょっちゅう、こうしています。

あぁぁーーーーーー

f0297893_16353240.jpg


しゅぅぅぅーーーー

f0297893_16363327.jpg


ヒゲのようにも見えちゃいます。

この一連の動きをじーっとみていると、近くでバサァーッ、バサァーッとしぶきがあがるんです。
なんだろうなぁと思って、音のする方を見ていると、

バサァーッ

f0297893_16382655.jpg


じゃん!
プールからこの丸太の上に上がってきました。

「お父さんばかり見ていないで、私のことも見てよ。」と言ってます。(ホント?)
横目でこちらを見てますもん(笑)。
少しずつ私の方へ近づいてくるのですが、私の前は素知らぬ顔で通り過ぎます。
そして・・・
じゃぼーん!
プールへ飛び込んでいきました。

これはお母さんじゃなくて娘ですね。(たぶん)名前は知らないのですが。
この娘の下にも、また娘(たぶん)がいるのですよ。

ほら。

f0297893_16432314.jpg


ごきゅごきゅタイム。

おもしろかったのは、授乳しようと思ったお母さんのシーラが上陸して横たわったら、一番上の娘がやってきてお乳を飲もうとしたのです。
え?と思うか思わないかのうちに、シーラが、「あなたじゃないでしょ。」って言うと、「てへへ~。やっぱ、ダメか~。」とプールに戻りました。
そして、この小さな娘がやってきての授乳となりました。

でも一番笑ったのは、このシーン。

f0297893_1724482.jpg


ちょっと写りこみがあってあれですが(-_-;)

それぞれにすごく楽しそうで、ちょっとしたサザエさんちみたい。
上の娘が見ている場所には、イルカたちがいます。
「何が見える?」って聞きたくなりますね(笑)

ふふふ♪ いつも楽しませてくれてありがとう。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-10-01 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

CLEVELAND METROPARKS ZOOに住む動物たち

ほとんどまともに動物たちを観察できなかったのでお見せできるような写真もないのですが、何もお話しないのはもったいない気がします。
ということで、少しばかり披露させていただきます。

動物園は、とにかく広い!ちょっとお隣を見に戻ろうと思っても躊躇してしまいそうなほどでした。
なので園内にはトラムも走っております。

まずは、エントランスを抜けると、African Elephant crossingとなづけられたエリアに着きます。
ここはきっと近年造られたこの動物園一押しのエリアなのだと思いました。
ここについてはまた別の機会に。

それからAfrican Savannaエリアへ。

f0297893_18265927.jpg


右手に見えているデッキに出ると、餌を食べるキリンに近づけるのだと思います。が、その時間は閉じられていました。だからキリンが遠っ!
1頭しかいないのが意外でした。もっともバックヤードにいるかどうかは確認しておりませんが。

そこからWolvesと書かれたエリア。
ウエスタン調の小屋へ入るとガラス張りになった場所があり、そこからオオカミたちの展示場を眺めることができます。
オオカミたちを探そうと意気揚々として入ったのだけど、山の一部を切り取ったような造りでうっそうとした森のようでもあり、これは簡単に見つけられないなと思いました(-_-;)

f0297893_18355232.jpg


手前のガラスはオオカミによって引っかかれた跡のようです。
一人で行っていたなら間違いなく時間を費やしてみたい場所でしたが、この時点で、先を行く友人たちがなかなか来ない私を呼びに来るということを何度も繰り返していたので、あきらめました。

むこうに見える池にはビーバーが住んでいました。

f0297893_1840329.jpg


かすかにビーバーが見えます?(よく見えないけど・・・)
この先に歩みを進めると水中を泳ぐビーバーを見ることができるようになっていました。


その先は、Northern Trekエリア。クマたちやトラ、ペンギンにアシカなどが住んでいました。

クマは、グリズリー、アメリカクロクマ、ナマケグマ、メガネグマの豪華キャストなのですが、見ることができたのはグリズリーとアメリカクロクマのみ。

f0297893_18425673.jpg


きっと古い施設なのだろうなと思いました。

f0297893_184311100.jpg


にしても、広くて、滝が流れていてダイナミック。

f0297893_18433968.jpg


この滝で水浴びとかするんだろうな。見てみたいなぁ。
そんなことを思いながら、歩みを進めます。

アメリカクロクマは、友人のお父さんの持つ農場あたりにも出没するそうです。
クマに限らず、友人の家の周辺には、シカが出没します。庭の植物たちの葉には、シカの歯型のようなものがたくさん残っていました。道路で息絶えたスカンク、シカ、そしてラクーンをたくさん目撃しました。
ここでも、動物たちとヒトの共生は難しい問題なのだと友人が話してくれました。

話が逸れましたね。
クマたちが住むエリアは円状になっていて、くるっと一周する造りになっています。
ナマケグマ見たかったなー。わざわざ遠くにあるこの動物園を選んだのも、ナマケグマを見たかったからなんだけど。出入り自由になっているんでしょう。こればっかりは、致し方ない。

そんな落胆した気持ちをひきずって歩いていると、『!』

f0297893_18495893.jpg


きゃーっ!トラが顔だけ出して眠ってる。  といってすぐに元気を取り戻す私。

f0297893_18505068.jpg


ウキウキしたから、もしかして運よくクマたちが出て来てないかなってもう一周してみました。
そしてやっぱり・・・落胆して、トラ舎へ行くと

f0297893_18543487.jpg


ふふふ♪ こんなところからカサっと出てきて、またうれしくなる♪
ニンマリしていると、友人に呼ばれます。「早くいらっしゃーい。」 はいはい、行きますとも。

次にお会いしたのが、

f0297893_18563656.jpg


おぉ!すばらしい!お会いしとうございました。
野生のウマ、ノウマです。
ペルシャオナガー。

f0297893_18585552.jpg


首筋からお尻にかけての筋模様がステキ。美しい!という言葉以外、出てきませんでした。
園によれば、野生下には600頭。(いつのデータか不明。)絶滅危惧種だそうです。

それからアシカがいる場所へ。

そこには、気持ちよさそうに泳いでいるカリフォルニアアシカとアザラシが1頭ずつ。そしてオスと思われる大きなアシカが1頭、陸上にいましhた。

f0297893_1941282.jpg


「一緒に泳がない?」とアザラシが誘いに来ました(?)。

この陸上にいるアシカは、目が見えないのだそうです。
それでもトレーニングのおかげで、音のするターゲットを頼りに寝室へ移動したり、食べ物を食べたりできるそうです。
このオスだけがトレーニングしているのか尋ねたところ、元気に泳いでいたメスのアシカは、妊娠したときを想定して、お腹にエコーをあてるトレーニングを、そしてアザラシは、爪が伸びすぎてしまうので爪をトリミングできるトレーニングをしているそうです。
それぞれに合ったトレーニングをしていると聞いて、うれしくなりました。

ざっとこんなところでしょうか。
このあと、友人と子どもたちが何か食べに行くというので、私だけサイのエリアに行くことにしました。
そのお話はまた後日に。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-08-16 19:30 | 動物園(海外) | Comments(0)

京都水族館 かいじゅうゾーン

子どもの頃、しょっちゅう裸足になって川へ入ったものです。
家の近くを流れる川は、海と川がぶつかる場所で、夏の夕方にはバケツと熊手を持って海へ行き、アサリを掘りに行きました。川ではどじょうやおたまじゃくしを捕まえたり、ニシやヤドカリをとって、泥だらけになって遊んだものです。

京都水族館は、洗練された建物で、水のせせらぎを聞きながら、生き物たちを眺めることができるステキな場所でした。
そんなところでありながら、私に、子どもの頃の記憶、水場で遊んだことを思い出させたのです。

エントランスを抜けると、京の川ゾーンがあります。
草がうっそうと茂り、その足元は苔むしいて、「ほほぅ。」と唸ってしまいました。
置かれた椅子たちも工夫が施されて、水の音をBGMに、ここで本を読みたいなぁと思いました。

かなり見入っていたのでしょう。
驚いたことに1枚も撮影していませんでした(^_^;)

そこを抜けると・・・(あっさり話題は次へ進む)

かいじゅうゾーン。

できることなら、ここの『かじゅうcafe』で海の生き物を模したパンとか、ぺんぎんもなかを食べたかった!
行く時間が遅くて、すでにcloseでした(T_T)

f0297893_1954724.jpg


だけど残念な気持ちは、ここにいた海獣たちがすぐに忘れさせてくれました。

sexyで人魚っぽかったミナミアメリカオットセイ

f0297893_1991557.jpg



お口のラインを指でなぞってみたくなるゴマフアザラシ

f0297893_1995133.jpg



ここのチューブは、難易度が高すぎて私ごときの手に負えませんでしたが、ぼーんやりでもおわかりいただけると救われます。

f0297893_19111128.jpg


やって来そうで来ないところが、ツボ(笑)。
私って、こういうのをじーっと待つのが意外と好きだということに最近になって気づきました。
成果がなかったときは、しょんぼりするのだけど、それもすぐに忘れて他のことに夢中になれるので、いいのでしょうね。(本当にいいのか?

京都水族館。一緒にいて居心地がいい、そんな人とゆっくりと訪れてほしいです。
時間があれば、また他の場所もご紹介できるといいなと思います。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-06-05 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

マリンピア松島水族館 アシカショー

マリンピア松島水族館では、笑ったこと、関心したこと、驚いたこと、泣きそうになったことなど、いろんな体験をさせてもらいました。
生き物をすごく身近に感じられる水族館で、88年もの長い間、みなさんに愛されてきた理由がなんとなくわかった気がしました。

さて。
ここのアシカショー。
楽しいと聞いてはいたのですが、いやー、ホントに。
アシカたちも担当のお姉さんやお兄さんもみんなが楽しそうなので、happyな気分になりました。
その証拠に、2回も見ちゃいました!
いえ、きっと一度見たら、もう一度見たくなると思います。
流れがわかっていても、何度見ても楽しいです。

たくさんのトレーニングを積んだのだと想像はするものの、あまりにも自然で、お姉さんとのかけあいや、お兄さんとのやりとり、アシカ同士の絡みあいが絶妙で本当に楽しかったです。

まず、ウォーミングアップをしましょうといって、お兄さんとランニングします。

f0297893_1914598.jpg


もぅ、ここで、すでに私の心を鷲掴みにされてしまいました(笑)
アシカたちの顔が楽しそうで♪

それから、バランス感覚やジャンプ力を披露してくれました。
ただのジャンプも見せてくれましたが、ルーシーちゃんは、鼻にボールをのせたまま、ジャーンプ!

f0297893_1945762.jpg


f0297893_1951379.jpg


f0297893_1952940.jpg


うぉぉ~!
見ている方が唸ります。拍手喝采!

玉入れをしてゲームをしたり、

f0297893_1965179.jpg


男子チームは1頭でがんばるのですが、女子チームは連携プレー。
1頭が泳いでボールを取って、陸にいる1頭にポイ~ンと投げるとそれを受け取ってかごに入れる。
これがもぅホント楽しすぎます♪

ザァー、ザァー、っと泳ぐ音。ペタペタと歩く音。がんばれーとみんなが応援する声。
ゲームのゆくえやいかに?!

それだけでも、ふふふ、ふふふって笑っていたのに、バレーボールまでやるっていうの。

f0297893_1993533.jpg


これはすごいですよ。
「えぇぇーっ。」「わぉ。」「きゃははは。」「すごーい。」
いろんな言葉が無意識にでてきます。

アタック!!

f0297893_19111240.jpg


おぉぉぉ! 見ている人がみんな声をだします。

15分があっという間に過ぎて、アシカたちは帰る時間になります。
ドアのむこうに帰ってしまうまで、目が離せませんよ。

いや~、楽しかった。
まだご覧になってない方、お急ぎください。
これを見ないなんて、もったいない!

f0297893_1916063.jpg


いっぱい笑ったから、鳴り止まない拍手に泣きそうになりました。

f0297893_19145720.jpg



楽しい時間をありがとう。
また会おうね、って手を振ったんだけど、またきっと会えるよね。
その時まで元気でいてね。
[PR]
by HGL-DTW | 2015-04-27 19:30 | 動物園(東北) | Comments(0)

アシカ Santa Fe

ミュウです。

f0297893_19391697.jpg



何を思いました?

私は…

『Santa Fe』

これはわかる人にしかわかりません。

ヒントは「写真集」です。
当時の私には衝撃でした。
[PR]
by HGL-DTW | 2014-03-18 19:41 | 徳山動物園 | Comments(6)

happy Valentine's day!

f0297893_9272914.jpg


たくさんの人を幸せにしてくれる寝顔。




今日という日が、みなさんにとってステキな一日でありますように。

動物たちにとって、いつもと同じ素晴らしい一日でありますように。

@東山動植物園にて
[PR]
by HGL-DTW | 2014-02-14 18:00 | 動物園(東海北陸) | Comments(2)

暗号

んー、見れば見るほど

何か伝えたいことがあるような気がしてならない。

人文字?手旗信号ならぬ、アシカ文字?

えーと、なになに

『打ち上げられたクジラ…と、ピッ!』 → 『?』

『ベチャとシュッ』 → 『?』

『士と1』 → 『??』

f0297893_23024100.jpg



なんだか気持ちよさそうなことだけは伝わるのですが…。

おわかりになるようでしたら、ご一報くださいませ(笑)。
[PR]
by HGL-DTW | 2013-07-11 21:00 | 徳山動物園 | Comments(6)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite