どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:動物園(近畿)( 268 )

みさき公園 きっと「ふふふ♪」って言っちゃいます

みさき公園へ行くと、まずタンチョウさんに会って、となりのホオジロカンムリヅルさんにご挨拶したら、たどり着くのがアライグマやニッポンアナグマが暮らすエリア。

もっとも、たいていが眠っていて、起きているところを見られたら、何かいいことがあるんじゃないかと思うくらいにレアです。

眠っていたとしても、今日はどんな姿が見られるのかと思うとワクワクします。
当ブログではかなり登場頻度が高いアライグマたちは、あけっぴろげですのでつい「ふふふ♪」って言っちゃいます。

f0297893_15302179.jpg


そうね。暑いと布団からもこんなふうに足がでちゃうもんね。

違ったバージョンもあります。

f0297893_16304069.jpg


(にしても、ここの撮影ってハードル高し。っていつもそう言ってる気がしないでもないが…)



こんなふうに地面で眠る姿ってあんまり見たことないです。

f0297893_15310372.jpg


ひんやりして気持ちいいのかも。ちょっと歯が見えているところがいいね~。

こちらは別の日。

f0297893_15312440.jpg


そうまでして一緒に眠らなくてもいいと思うけど、一緒がいいんだろうね。

f0297893_15320592.jpg


仰向けでうっすらと口が開いて、そんな無防備な姿がふふふ♪です。


別の1頭がウロウロしていて、描いてくれた足跡。

f0297893_15323413.jpg


おぉ!こうしてみるとホンドタヌキとの違いがよくわかりますね。

ニッポンアナグマさんたちは、たいていケースの中で丸くなって眠っています。そのうえ、結構くもっていたり、太陽が反射したりで非常に見えづらいです。
あぁ、あそこにいるなと思うのが常ですが、この日は珍しく長~くなって眠っていました。

f0297893_15324295.jpg


足元には

f0297893_15325361.jpg


写りこみで見えにくいけれど、もう1頭が「し」の字で眠っていました。
穴掘りするために、爪がかぎ状になっているのがよくわかりますね。
彼女たちイタチの仲間なんですって。


ふふふ♪ついでに、プレーリードッグも。
何やら考えごと?

f0297893_15490724.jpg

じーっとしていました。



今年初めて、みさき公園のNight Zooに行きましたが、普段はこうして眠ってばかりの動物たちが

f0297893_15523127.jpg


動いている姿を見ることができて、とても楽しかったです。

f0297893_15530640.jpg



いかんせん、約1時間半という限られた時間で、飼育員さんたちのガイドを聞き、すべての動物たちに会うのは、私には過酷でしたが(笑)。あと1回残っているから、また行ってみたいです♪




[PR]
by HGL-DTW | 2017-09-05 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

京都市動物園のヤブイヌたち

初めてヤブイヌと出会ったのは、横浜のズーラシアだったと記憶しています。
イヌのようだけどイヌとは違って、一見タヌキっぽいのだけどタヌキでもない、なんだか不思議な動物という印象を持ちました。
確かにヤブイヌたちのところにいると、「何?なに?この生き物?」とおっしゃる方が多い気がします。

眠っていて姿が見えないこともあるのでしょうが、今回、京都市動物園にてヤブイヌ舎に行くといつも、走ったり、穴を掘ったり、泳いだりで忙しそうでした。

そうなんです。ヤブイヌだけに藪に住んでいるのかと思っていたら、水辺を好むそうですね。
なんでも水かきを持っているそうですよ、びっくりしました。見てみたい!もっとも短い四肢は、藪の中を移動するのに適しているのでしょうね。

ヤブイヌたちを見ていると、不思議の国のアリスの冒頭シーンを思い出します。
「あぁ、忙しい、忙しい。大変だ、遅刻してしまう。」
そんなことを思っているかのように、いつも小走りです。

しかも団体行動なので、次から次へワラワラと動き回っている姿が楽しくて、つい口元が緩んでしまいます。

広い運動場にお母さんのパパヤさんと4頭の子どもたちが一緒に出ていました。
(顔の違い、体格の違い、なんとなくわかりますが、全く識別できません。きっとそのうち…。)

f0297893_15425857.jpg


すっかり夏毛ですよね。うーん、お母さんかな?わかんない…。

小走りで小さく鳴き声を出しながらワラワラ歩いているかと思うと、行く先々で枝や竹を見つけてはいろんな行動にでます。

プカプカ浮かんでいる枝を取りたいようです。
ブクブク…

f0297893_15531881.jpg


そうなるともちろん他のヤブイヌたちがやってきます。

「どうするの?」「大丈夫?」「手伝おうか?」

f0297893_15570087.jpg

大丈ぶ… ブクブク

f0297893_15583963.jpg

ちょっと自慢げ。

f0297893_15585021.jpg

でもこの枝に執着することはありません。すぐに放してまた走り出します(笑)。

竹は表面がツルツルしていて、なかなかうまく咥えることができないようでした。

おっ!できたね!

f0297893_16004816.jpg


咥えて走っているかと思うと落として知らん顔だったり、周りを掘り進めて取り出してみたり。
穴掘りはすごいんですよ。バッサバッサと土を後ろへ蹴りだしていきます。


水場から咥えてあがってきました。

f0297893_16010948.jpg

が、転がってはまってしまいます。

f0297893_16065087.jpg

ほら。もうお手伝いに来てくれていますね(笑)。
鼻を使って

f0297893_16070436.jpg

うーん、

f0297893_16082254.jpg

んにーっ!

f0297893_16084963.jpg

この顔が可愛くてたまらんです。

とにかく何をするにも「一生懸命」がモットーのヤブイヌたち。

f0297893_16100415.jpg



私もまた明日から頑張るわと思ったのでした。まる




[PR]
by HGL-DTW | 2017-08-30 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

みさき公園 レッサーパンダファミリー

それなりの事情があったのだけど、気がついてみると今月4回もみさき公園へ行っています。

ホームとする動物園をお持ちの方ならきっと同意してくださると思いますが、何度行っても日々違う表情を見せてくれる動物たちのおかげで飽きることはありません。
ある時はアシカがケラケラと笑わせてくれるし、またある時はスマトラトラの美しさにただただうっとりするし、また別の時はカワウソたちのやりとりが楽しませてくれます。
同じ日はありません。いつもそこには違ったストーリーが繰り広げられています。


そんな場所から今日は、レッサーパンダ舎をピックアップ。

カリン。

f0297893_19230552.jpg

徳山動物園出身です。私のメモによれば、父・賢健、母・風花。双子のイチゴは、現在ズーラシアで暮らしています。
コロコロと転がるような小さいときから見てきたので特別な思い入れがあります。
みさき公園へやってくると聞いたときは、お友だちが引っ越してくる気分でとてもうれしくて、会いに行くたびに、「カリ~ン、カリ~ン♪」と何度も呼びかけました。が、もちろん覚えているはずもなく…。
それでもやっぱり(一方的な)大切なお友だちなのです。

カリン。寝室の通路へ入っていきました。どうするのかと見ていたら、

f0297893_19325414.jpg

いともたやすく登っていきました。

「へへ~。すごいでしょ。」

f0297893_19330223.jpg


とでも言ってそうな顔。

そこで眠るのかなと思ったら、

f0297893_19331011.jpg

サササッと降りていきました。

お部屋の入り口は閉じられているようですが通路のドアが開いていますので、彼らの選択肢が増えるのがいいなと思います。
実際、運動場を歩いている途中でここへ寄り道することも多々ありますし、ルカちゃんなんて行き倒れみたいになって眠っていたし。


f0297893_19394354.jpg


お転婆ルカちゃんは、たいていが忙しそうで楽しそう♪

f0297893_19411555.jpg

ひとしきり動いたら、「あぢ~。」とペタっとなってハァハァ言っています。

午前中にカリンとルカちゃん親子が一緒に運動場にでていて、お昼にお父さんのアルくんと交替します。

じゃ~ん!アルくん。

f0297893_19451681.jpg

こうしてみると、ルカちゃんってカリンとアルくんが半分ずつきっちり入っているかんじですねぇ。


みさき公園は園自体がそうではあるのだけど、とくにこのレッサーパンダ舎では季節を感じることができて好きです。
水場にレッサーパンダの形の影が落ちたり、足元にタンポポが咲いていたり、上からも正面からも下から見上げることもできて、時間を忘れてしまいます。

これからも流れゆく季節を動物たちと一緒に感じていきたいです。


そして。
ここには、カリン、アルくん、ルカちゃん以外にもべつにもう1頭、コウセイさんがいらっしゃいました。

f0297893_19543038.jpg

高齢でしたが、足取りもしっかりとしていてテクテクと運動場を歩く姿を見るたびに元気づけられたものです。
先日、16日に虹の橋へ旅立たれたそうです。

f0297893_19550649.jpg

最後までがんばってくれたと聞きました。
お別れはいつも淋しいけれど、ずっとずっと私を元気にしてくれてありがとう。
ご冥福をお祈りします。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-08-25 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

AWS 爆笑クマ斗

少しずつ大人の階段をのぼっているクマ斗です。
(クマ斗は私がつけたニックネーム。)

f0297893_18183514.jpg

水の中のホッキョクグマの毛って本当に美しいですよね。

f0297893_18201007.jpg


キラキラ輝いたり
さわさわと水流に泳いだりして。

クマ斗は、相変わらず腕をカミカミする癖が治りませんね。
この動作を引き起こす要因が何なのか知りたいといつも思います。


f0297893_18231455.jpg

あらら。
鼻がねじれて見えるね。


急に荒ぶるクマ斗を見ていたとき。

『ねぇ、鼻先だけ水に浸けるとどんな顔になるか知ってる?教えてあげる!』

f0297893_18254673.jpg

『こんな顔~。』

f0297893_18255432.jpg

きゃははははは!

私、人目をはばからずに大笑いしちゃったわ。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-08-13 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

王子動物園 cuteなミユキちゃん

私が持っているミユキちゃんのイメージは、ぽわんぽわん♪

f0297893_17123524.jpg

どこかcuteでinnocentという言葉がぴったりだと思います。

というのも、今だかつて一度もおやつタイムを見たこともなければ、プールに入るのも見たことがありません。
眠っているか、てくてく歩いているか、もしくはちょっと遊んだとしておっとりゆっくりしているので、「へぇ~、こんな一面もあったんだ。」ということが起こっていません。

今年27歳になるのかな?
そんな年齢には見えませんよね。

f0297893_17460166.jpg

肉球見せ。
これだけで私なんかニヘラ~( ̄▽ ̄)です。


先月訪問したとき、できるだけ朝早い時間にのぞいてみようとトラップに引っ掛かりながらもミユキちゃんのおうちをめざしました。

運動場を見回りしている様子でしたが、人工雪の小山にぬぅぅ~と

f0297893_17115661.jpg


体をすりつけて、しゅ~っと

f0297893_17120472.jpg


越えていきます。

お尻を高~くしてすりすり~な姿を見ちゃったので、もう今日はこれで帰ってもいいなと思ったほど(笑)。


f0297893_17321143.jpg

気持ちいいのでしょうね。いろんな姿のミユキちゃんを楽しめます♪

f0297893_17112277.jpg

『はぁ~ん♡雪の香りっていいわぁ。』 とでも言ってそう。

f0297893_17112988.jpg

仔グマみたいだったり

f0297893_17121496.jpg

ちょっと可笑しかったり

f0297893_17122809.jpg

ミユキちゃんが楽しそうで私も楽しーい♪

そしてついにこの日!

f0297893_17111608.jpg

泳ぐミユキちゃんに遭遇♪

この1回きりだったけど、ゆ~っくりこちらを気にしながら進んでいくのが可笑しくて、撮ることも忘れてじーっと見ちゃいました。

つい先日、ここのガラスが磨かれたそうでミユキちゃんがよーく見えるようになったそうです。
今度はどんなミユキちゃんに会えるか楽しみにして、また近いうちに訪問したいです。

待っててね~。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-08-11 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

王子動物園 ブンタの楽しみ♪

ロバのブンタくんは、園内をお散歩していることがあると聞いたけど、一度も出くわしたことがありません。
運動場に行けば会えるからいいんだけど。
愛嬌のあるお顔が好きです♡

このあいだ、お友だちとキリン舎でひたすらキリンを眺めていたら、

f0297893_18181579.jpg


ぬぉぉぉぉぉ~~~~

何かを訴えるかのように叫んでいます。

「ブンタくん、なあに?」

ぬぉぉぉぉぉ~~~~

f0297893_18180676.jpg

鼻の穴を膨らませて、まるで入れ歯をしたおじいちゃんみたいな顔で鳴いています。

そっか。
キリンさんたちばっかり見ていないで僕のところにも来てよ。ってことかしらね。ふふふ
淋しがりやさん。


それは先日のこと。
以前フォロワーさんのブログで見たことがある、ブンタとお隣に住むシカエさんのランデブー♡を目撃しました。


なんだか嬉しそうにフェンスに近寄って行きました。

f0297893_18211363.jpg

ご挨拶をしているような2頭。
なんとも微笑ましい♡

f0297893_18211424.jpg

シカエさんも頭をしっかりとつけて、ブンタにペロペロしてもらっています。

f0297893_18211400.jpg

優しく舐めるブンタ。気持ちよさそうなシカエさん。

おもしろいのは、途中でフェンス越しのコミュニケーションをとめて、こちらを見るんです。

『ねぇ、あの人ずっと見てるよ。』 『気にしない。気にしない。』

そしてまた再開します。

f0297893_18211420.jpg

また途中でやめて、『ねぇ、あの人、まだ見てる。』 『見させておけばいいさ。』
とかなんだか言ってるんだと思うんですが、そんな動きが何度か続きました。

あんまり見てると悪いかなと気を遣いまして(笑)

f0297893_18211204.jpg


ニコニコしながらその場所を離れました。

フェンス越しではあるけど、お友だちがいてくれて淋しくないね。
そう思うと嬉しい気持ちになりました。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-08-10 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

天王寺 ルースお母さんの水浴び

今日は、World Cat Day だそうですね。

今朝、車に乗ったとき、ウチの車は『今日はそろばんの日です。』とおっしゃいましたが。
動物仕様に変えてほしいなぁ(笑)。

そんなわけで、先日久しぶりに訪問した天王寺動物園より、ジャガーのルースに登場いただきます。

子どもたち、卯月小助と卯月佐助もそれぞれ別々の園に旅立って、お母さんのルースは一安心…とかはないのかな。
動物たちの親離れ、子離れのタイミングって母親が決めるのかな。
飼育下ではそれも難しそうだけど、そういうときって一寸の迷いもないのかな。
できることなら、そんなことをルースと話してみたいものです。

さて。
その日もいつものように酷暑。

ルースさんちの前を通ると

f0297893_17583687.jpg

タイヤをちょいちょいと前脚でつついていました。

タイヤで遊ぶつもり?

f0297893_17584864.jpg

よいしょ。ちょっと邪魔なのよね、
とでも言うようにタイヤを端へ追いやってから、ゆっくりとそこに入りました。

ふぅ~~~~~っ

f0297893_17591882.jpg


ジョジョジョーっ と水がこぼれます。
なんとも涼し気。

f0297893_17591850.jpg

タイヤを枕に

f0297893_17591851.jpg


あごを乗せたり

f0297893_17591954.jpg


『はぁ~、気持ちいいニャ♪』すりすり~なルースです。

f0297893_17591966.jpg


ネコ科の動物たちは水が苦手だと思われていますが、ジャガーやトラは平気です。(それぞれ個性はありますが)
いつだったかWild Lifeで野生のジャガーを見ていたら、池の中へザバサバ入ってワニを捕まえて食べていました。


ゆ~ったり浸かっていると思えば、急にスィッチが入って、

f0297893_17591770.jpg

このぉ~。 このぉ~。とタイヤと戯れます。

おぉ、毛の濡れた感じやパァーっと開いた髭が良いですね。

f0297893_17591791.jpg

ルースを見ていると、小助に見えたり佐助に見えたり、血の繋がりって嘘つけないものだなと思いました。

f0297893_17591749.jpg

気持ちよさそうで楽し気なルースを見て、私も暑さを忘れたひと時でした。

ガラス越しと日射しが私には難敵!
ジャガー本来の美しい色を撮ってあげられなくてごめんね…、ルース。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-08-08 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

AWS 道具を使うチンパンジー

最初にその光景に出くわしたときには、「何をやっているんだろう?」と思いました。

f0297893_17583180.jpg


小窓で誰かと話しているようでもあり、懺悔室で懺悔しているようでもあり…。

でもその手にあるものが見えてから

f0297893_18000022.jpg

そのものを道具として使っているんだなとわかりました。

小さな穴に実に器用に草の枝を差し込み、小刻みに出し入れを繰り返すと抜いて

f0297893_18001871.jpg

口に持っていきます。

なんとも器用なこと!


差し込んで

f0297893_18002469.jpg


ゴシゴシして抜いたら舐める。

f0297893_18003348.jpg

おぉ!こうしてみるとその枝は柔らかいのですね。

どこからその枝を持ってきたのか、それとも最初からそこに置いてあったのか、中には何が入っているのか、この個体以外のチンパンジーも同じことをやるのか(見て覚えるとしたらできるはず?)、聞きたいことがいっぱいあるのに、誰もいない…。

やっぱり設置していただきたい「なぜ?なに?窓口」です(笑)。

とても熱心にやっていました。
道具を使うなんて彼らにとってみたらpiece of cake!なんでしょうね。

f0297893_18004030.jpg

左利きなのかな?
小指が立ってるし。
私にもできるか、やってみたいな。

などといろんなことが頭に浮かんできました。

また観察しに行かねば。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-08-07 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

AWS サファリワールドのゾウたち

アドベンチャーワールドへ行ったら、よっぽどのことがない限り、サファリワールドを歩いて1周するウォーキングサファリへ行くことにしています。

ケニア号でまわるのももちろん楽しいのですが、立ち止まることができるし、動物たちと同じ空間を楽しめます。
毎日車で走る景色も、歩いてみると違ったものが見えることがあるでしょう。それに似ています。

ただ…
ここで質問したいことがあっても、そんなときにスタッフに会えたことがなく、結局何も聞けずに終わってしまうのが残念ではあります。

3か所くらいに電話をおいてくれたらいいのに。
受話器をとったら、スタッフが対応してくださるような。

「もしもし、なぜ?なに?窓口です。」

はっ!一人妄想してた…

本題に戻りましょう。

入り口から入って一番最初に見えてくるのが、アフリカゾウです。
ここでは3頭のメスが暮らしています。

f0297893_16081647.jpg

1頭は、アフリカゾウ特有の大きな耳をパタパタさせながら豪快な砂浴びを、もう1頭は、枝をパキパキいわせながら折りたたんでいました。

乾燥した日だったので、近くまで行くと砂煙がこちらまでやってきて、ヘラヘラ笑って見ていると口の中がザラザラする羽目になりました。

残りの1頭はといえば、

f0297893_16122857.jpg

水辺のそばで楽し気に泥浴びをしていました。横っ腹が泥の色になっていますね。
尻尾を左右へプリンプリンと振り、耳をパタパタさせています。

じーっと眺めていると、ある種のこだわりが見えてきました。

まず、水を吸い込んで

f0297893_16183757.jpg


足元にあるくぼみに入れ、踏み踏みします。

f0297893_16184974.jpg


そうしますと、いいかんじの泥水ができあがりますので、それを


f0297893_16145866.jpg

バッシャー!とかけるわけです。

うん、ほんといいかんじの泥水です。

顔に飛ばすときは目をつむるのですね(笑)。

f0297893_16150837.jpg


これが水分が少なくていいかんじの泥水ができないときは


f0297893_16144130.jpg

あれま。
パラパラの土が腰あたりへ飛んで行きました。

こんなことを繰り返していました。

しばらくするとその場を離れて

f0297893_16244052.jpg

紐のようなもので遊んでいました。

そしたら、別の場所で砂浴びをしていた1頭がやってきて、

f0297893_16171757.jpg


今度は私の番!と言わんばかりにくぼみを鼻でいじりはじめました。

f0297893_16282265.jpg

へぇ~、みんな同じくぼみを利用するんだね。
ただ彼女は、水を使いませんでした。なので、パラパラと土浴びをされていました。


以前、有料サファリツアーに参加したとき、アフリカゾウのバックヤードへ入らせていただきました。
3頭が寝室に戻ってくるのを待っていると、2頭はすんなりやってきたのですが、1頭がなかなか入ってきません。
スタッフが呼びかけても、姿は見えませんでした。
すると、戻っていた1頭が外へ迎えに行ったのです。その姿をみて、「あぁ、やっぱりゾウっていいなぁ。」と思いました。
もちろん2頭一緒に戻ってきました。
聞くところによると、運動場にいるあいだにちょっとしたいざこざがあったようで、すねていたのだそうです。
それを聞いて、もっとゾウに親しみを覚えました。


アフリカゾウがいるエリアは、日本の動物園のそれと比較すると広いので、ゾウたちは自由に歩き回っています。

f0297893_16392940.jpg


(といってもこんな中途半端な画像しかないのですが…。これはちょうど真ん中を切り取ったかんじになっていて、左右に広がっています。人が歩いているのが見えますか。)


アドベンチャーワールドにはアジアゾウもいるのですが、アフリカゾウたちのエリアと比べると極端に小さくて狭いので、彼らにも同じような場所・待遇をと思ってしまいます。
もしかしたら、一緒に写真を撮ったり、ゾウライドなどの目的であの場所にいるのかなと思うと、胸が苦しくなります。
それを含む様々な理由で、アジアゾウのところで立ち止まって彼らを見ることはあまりしません。
いつか、近い将来、広い場所に引っ越して2頭が仲良く遊んでいる姿を見せてほしいと心から願います。

サファリワールドにいるアフリカゾウたちのように。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-07-28 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

AWS イッちゃんみたいなバンドウイルカさん

アニマルランドからマリンウェーブへ抜ける橋を歩いていると、キュッ!キュッ!とイルカの鳴き声が聞こえてきました。

「何かやっているのかな?」
立ち止まってそこから見下ろせるイルカふれあいプールを見ていました。

突然、水面に顔を出したバンドウイルカ。

f0297893_17342953.jpg


魚をぽい~んと投げ飛ばして口でキャッチしました!

くわえたまま、またプールに沈んでいったかと思うと、また

ぽい~ん

f0297893_17343776.jpg

とても楽しそうに遊んでいます。

楽しさが声になるのでしょうね。

f0297893_17340730.jpg

くわえて振り回しながら、キュッ♪キュッ♪

見てください!この楽しそうな顔。

f0297893_17341495.jpg


ブルンブルン振り回します。

f0297893_17342190.jpg

ん~(-_-;)
すでにお魚はぼろぼろになっています…。

f0297893_17344535.jpg

鮭の頭だけを残してぽい~んとプールへ放り投げ、それをおもちゃにして遊ぶイッちゃんのことを思い出しながら眺めていました。

イッちゃん、元気かな。しばらく会っていない…。


(イルカさん、神出鬼没なので上手く撮られなかったけど雰囲気が伝わればうれしゅうございます。)




[PR]
by HGL-DTW | 2017-07-26 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite