どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:動物園(中四国)( 94 )

のいち ビントロング 志高く

明日から9月かぁ。

よし!やってみるか。


f0297893_11212209.jpg


あの先まで行ってみる。

やらなきゃ始まらない。




[PR]
by HGL-DTW | 2018-08-31 19:00 | 動物園(中四国) | Comments(0)

祈り

台風がかすめて行った後も雨が止まなくて、その後も断続的に降り続いたことで各地で被害が拡がっています。
被災された方々に心よりお見舞い申し上げるとともに、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

動物園の動物たちのことが気がかりでしたが、無事に過ごしていると園からの発信によりひとまず胸をなでおろしたところです。
ただ、職員さんの中には被災されたり、通勤が困難な方もいらっしゃるのではないかと案じています。

出張にでかけたまま、足止めを余儀なくされた知人や、あと数十センチのところまで川の水が迫って来たという友人もいます。
私の実家では、断水が続いていて、不便な生活を強いられています。

f0297893_17580390.jpg

どうか雨があがって、せめて皆様の心に陽が差し込みますように。




[PR]
by HGL-DTW | 2018-07-08 19:00 | 動物園(中四国) | Comments(0)

のいち動物公園 ビントロングたち

1頭で暮らしていたとしても、観察していて面白い動物はたくさんいますが、頭数が増えればやはり面白みが増すことが多いですね。
それが親子となるとなおさら。

子どもたちが遊んでいてもお母さんが眠っていることが多いのですが、ひとたびお母さんが目を覚ますと子どもたちの興味はお母さんに向くようでした。

お母さんが歩きだすとその後ろをついていきます。

f0297893_18420120.jpg

そして、お母さんがくるりと向きを変えると…

f0297893_18423101.jpg

おっと!
ぶらりと身を翻して木にぶらさがり、道をゆずりました。

なにごともなかったかのように歩く母。

行ったのを見届けると、

f0297893_18441576.jpg

よいしょっと。
2頭とも上に戻ってきました。

また後をついて行きます。


f0297893_18452151.jpg

何気ないことが楽しい♪

楽しいといえば、この子どもたち。

f0297893_18470904.jpg


きっと箸が転がっても笑える

f0297893_18473980.jpg

そんなお年頃。

あはははは


f0297893_18480208.jpg

笑い声が聞こえて来そう。

(単にこんな顔なのだと思うけど)


次回、訪問したら、パパにも会ってみたいな~♡




[PR]
by HGL-DTW | 2018-05-28 19:00 | 動物園(中四国) | Comments(0)

のいち動物公園 ビントロングにご挨拶

初『のいち動物公園』訪問は、4月のできごと。

入園してまもなく、囲まれた木々の隙間から差し込む日射しがとても心地よく、同時に澄んだ空気に包まれた気がして、「ここ好き!」と思いました。

徳山へやってきてくれたポンズ改め、ひなたちゃんのお母さまと兄弟たちに、また運がよければ、徳山からのいちへ行ったルリコンゴウインコのルーちゃんにご挨拶したいところ。
とはいえ、私のことなのでとりあえずはみなさまにご挨拶をせねばなりませんが。

一日ないと全部は周れないよ、とアドバイスをもらっていましたが、なるほどビントロングが住むジャングルミュージアムへたどり着くまでかなり時間がかかりました。

初日は、ほとんど眠っていることが多かったです。

f0297893_20125689.jpg

ママも子どもたちもぷらり~ん。

f0297893_20141382.jpg

洗濯ものを干しているみたいでしょう(笑)

どこの園へ行ってもビントロングは眠っていることが多いものですが、それでもひとたび動き始めると動きが特徴的で非常に面白い動物だと思います。
特に、しっぽをまるで腕のように力強く使うさまは、カンガルーがしっぽを脚のように使うのとおんなじ?ってまたわかりにくいたとえ話でしょか…。

f0297893_19342770.jpg


ジャングルミュージアム、午前と午後スコールタイムがあります。
初日に行ったときはぽつぽつだった(たぶん時間に少し遅れたのだと思います)ので、あれ、こんなものなのかと思っていたら、いえいえそれがなんとホントにスコールでした!

f0297893_20232360.jpg


あまりにも幻想的でうわー!です。

野生下に住む彼らを想像せずにはいられませんでした。

f0297893_20241142.jpg
気持ちよさそうだなぁ。

スコールは、そう長くは続かずに終わってしまうけど、この時しか見られないであろうキラキラの姿や

f0297893_20252117.jpg

毛づくろいを見られるのが

f0297893_20273433.jpg

いいなぁと思った次第です。




[PR]
by HGL-DTW | 2018-05-26 19:00 | 動物園(中四国) | Comments(0)

とべ ピース


とべ動物園を訪問したのは、4月のこと。
(遠征ざんまいで写真の整理が追いついておりません…)

ピースは楽しそうに遊んでいました。

f0297893_20085163.jpg

ピースは独特の雰囲気を持っていますよね。
人工哺育というのも理由のひとつかもしれないけれど、いつもこちらの様子をうかがっているように思えてなりません。
時として見透かされているようでもあり。

楽しそうに遊ぶことで、みんなが楽しそうな顔をするのがまた、ピースを楽しくさせるのかもしれません。

おっ!

f0297893_19471199.jpg

何が見えた?

プールに沈んでいくたびに浮き上がる脚。

f0297893_19472191.jpg


これを見るたびに頭の中でショパンが流れます♪

そしていつのように

f0297893_19472978.jpg


その口がたまら~ん!

プール遊び、楽しかったかな。
これからも元気でいてね。




[PR]
by HGL-DTW | 2018-05-14 20:30 | 動物園(中四国) | Comments(0)

福山市立動物園 ふくちゃん しっぽの役割

先日、とべ動物園でアフリカゾウたちを眺めていて、ふくちゃんのしっぽは長いんだなーと改めて思いました。
体が小さくてしっぽが長いのがボルネオゾウの特徴と言われていることを思い出し、なるほどと納得しました。

さて。
ふくちゃんは、その日もいつもどおり午後から運動場に出てきました。
この日は、ポン菓子とスイカがセットしてあって、ふくちゃんがどんな表情を見せてくれるのかワクワクしながら待ちました。

一番最初はポン菓子!でした。
話には聞いていたけれど、ホントに大好きなんだなって見ていてよーくわかりました。

f0297893_13175930.jpg

上手に鼻を巻き込んでまとめて口へ運んで行きます。
ふくちゃんの顔を見ていると、「私、これ好きなんよねー。」と言ってそう( ´艸`)

スイカは、いつもどおり♪

f0297893_13190629.jpg

グシャっ!豪快な音とともに見ている人たちから歓声があがりました。
ふふふ、楽しい♪

ひととおり食べおわったら、次はどんなふくちゃんを運動場で見られるのかなとワクワクです。


砂浴びを始めたふくちゃんを見て、おもしろいことに気づきました。
今までは鼻の動きばかりに目を取られていて気づかずにいた、しっぽの役割。

なんとしっぽは「まぶす」んですね。

しっぽの位置にご注目ですよ。

鼻で砂を掴んだら

f0297893_13254676.jpg


持ち上げて

f0297893_13255618.jpg

シャーっ!
尻尾で全体にまぶす。

f0297893_13263073.jpg


もう一度見ていると、やっぱりしっぽがまんべんなくまぶしていきます。

f0297893_13290069.jpg


おぉぉぉぉ!おもしろい!


f0297893_13291756.jpg


(顔の近くでシャーっするときは目をつむるのですね、笑)

f0297893_13340155.jpg

鼻の動きと連動してしっぽがまぶす役割をするとは。

横だけでなく、上からの砂浴びも

f0297893_13342142.jpg

おぉ!しっぽが動いていますね。

f0297893_13342989.jpg


こうなると他のゾウたちはどうしているのか気になるところです。

どの動物もそうですが、しっぽは感情を表したり、虫を追い払ったり、いろんな役割がありますが、こんなこともあったとは。
ボルネオゾウのしっぽが長いことも影響があるのかな。

右だけしかしないのかな。もしかして右利き?などと思っていたら

f0297893_13404200.jpg


おぉぉ、豪快に飛んで行く砂と草。しっぽが左側をまぶしていきます。
そうでしょう、そうでしょう。両方しなくてはね。

f0297893_13405265.jpg


背中に乗った草と先端をしまい込んだしっぽがツボ♪

f0297893_13410211.jpg


かわいすぎるじゃろう、ふくちゃん。


こんな姿が連続するので、ふふふ♪しっぱなしで帰るころにはほっぺが痛いのです。


いつも楽しませてくれてありがとう。
長い闘病生活で気持ちも塞ぎそうなところ、飼育員さんや園の皆さんがサポートしてくださって治療が続けられることに心から感謝申し上げます。
そして、ふくちゃんが菌に負けないように、これからも元気で過ごせるように心から祈ります。

f0297893_13411253.jpg

また会いに行くけんねー。




[PR]
by HGL-DTW | 2017-08-21 19:00 | 動物園(中四国) | Comments(0)

福山市立動物園 ジェンツーペンギンさんち

先日、ふくZOOへ行ってきました。

ちょっと不意を突かれたのが、ジェンツーさんち。
どうやら6月の園のブログを見逃していたらしく、抱卵していたことを知りませんでした。

そしたら

f0297893_17573730.jpg


(もっともこの掲示は、後になって気づいたのだけど。)


なんかいる!ちっちゃいのがいる!
おぉぉぉぉ!

f0297893_17584581.jpg


うわぁ!もうずいぶん大きく成長していますね。
かわええ♡

にしても、ジェンツーさんちは11℃設定なのだそうで、この時期は温度差でガラスが曇ってうすらぼんやりなのが残念ですが。
ジェンツーさんは安心して子育てできていいかな。

それからここは、じーっと抱卵や子育てを観察しようとすると、横やりが他のペンギンから入るので(以前のブログで確認ください。http://yuki0409.exblog.jp/21953216/)なかなかゆっくり見させてもらえないのですよ。
でもそんなことでくじけていては、動物園好きの名が廃ります。


ペンギンはたいてい両親が交替で面倒をみます。
こちらはお父さんかな?それともお母さん?

おねだりしていますね。

f0297893_17585130.jpg


すると

f0297893_17590036.jpg

親鳥が消化したものを吐き出して子どもに与えます。
たまに消化されていないアジの頭とかボトッと落ちてくることがあると何かで読んだことがあります。

こうしながら何度も与えていました。

子育てシーンを見るのは、ほのぼのしていいなぁ。
と思って眺めていたら

f0297893_17591127.jpg

また横やり入る(笑)!

今後の成長を楽しみにしています♪
パパママ、がんばってね!





[PR]
by HGL-DTW | 2017-08-17 19:00 | 動物園(中四国) | Comments(0)

ふくちゃん お誕生日おめでとう!

4月28日に19才になった「ふくちゃん」。
遅ればせながら、お誕生日おめでとう!

昨年は、結核を発病して大変な時期でお祝いできませんでした。
今年こうしてお誕生日を迎えられてみんなで祝福できるとは、なんて嬉しいことでしょう。

辛い治療もずっと続けてくれるふくちゃん。
ありがとう。
そして、多岐にわたる分野からアプローチしてネットワークをつなぎ、できることならなんでもやろうと尽くしてくださり、ふくちゃんを守ってくださるスタッフの方々に深く深く感謝申し上げます。
お礼を伝える言葉をあれこれと探してみるものの、これまでの日々を思うとどんな言葉も陳腐に思えてしまいます。

ならば!お祝いにかけつけよう!
そう決めたのは数日前でした。

4月29日。
イベント自体も久しぶりでしょうから、ふくちゃんはどんな様子かな、またスイカを豪快に踏んづけるのかな、とワクワクしながら開始を待ちました。

悲しいかな、いい場所で見たいと早くからふくちゃん前にいたものの、来園された他の方々にも見ていただきたく、ビミョーな位置取りになりました。そんなところから撮った「なんだかなー」な画像でお送りします(笑)。

準備が始まりました。
サトウキビの「オメデトウ」が出来上がったら、なにやら運んでこられました。

f0297893_12031420.jpg

何なに?
ボウルを外したら、黒いぷるんぷるん。ゼリーのようだけど?

そのまわりにフルーツやお野菜が飾られて、ステキなケーキが出来上がりました!

f0297893_12032628.jpg

「祝 19さい」
この文字をうまく入れて撮るのが私には至難の業でした。つつじとバーに阻まれるの巻。

ゼリーのように見えたものは、黒糖の寒天だそう。ふくちゃん好きそう♪
バーに隠れてよく見えないけど、そのうえにも落花生入りの黒糖の寒天がのせてあります。

結核と闘うためにタンパク質を摂るのに、落花生はよいそうです。
しかもふくちゃんの好物ですものね。



さぁ!ふくちゃんの登場です。
ゆっくりと運動場をまわるように登場して、鼻をあげてお祝いに来られた方々にご挨拶してくれました。
(動画はtwitterにアップしました…ので)

この時点でうるうるして前が見えないよ~。
しっかりせねば。

ゆっくりとケーキに近づきました。
鼻先でどんなものでケーキが作られているかを確かめて…

f0297893_12033813.jpg

ぐじゃっ!黒糖寒天を踏んづけました!
吹っ飛んでいく落花生( ´艸`)

ふくちゃんの流儀。
こうしてみるとふくちゃんの脚がとっても大きいのだと驚かされます。

一番最初に口にしたのは落花生のように私には見えました。

ふくちゃん応援隊のfacebookにバースデーイベントの動画がアップしてありますので、ぜひご覧になってください。
その映像の中にもありましたが、今回メロンやスイカは踏んづけることなく口へ入れ込み、じょぼーじょぼーと果汁をしたたらせて食べました。

f0297893_12035623.jpg

ゆっくりとそれぞれの食べものを楽しんでいました。
マンゴーを持って砂山へ行ったり、寒天やぶどうを食べながらもぶっ飛ばしてみたり( ´艸`)

f0297893_12040868.jpg

ほら、耳をパタパタさせながら、こんなにキレイに平らげたのですよ。

f0297893_12042151.jpg

ふふふ♪ なんだか嬉しそうな顔に思わず私もニコニコしちゃいます。


りんごが二つ残っているのが意外でした。
ひとつ、口に入れて食べました。

f0297893_12043163.jpg

残りのひとつも食べるのね、と見ていると

f0297893_12043941.jpg

ぐじゃっ。踏んづけました。
小さくして食べる、ふくちゃんの流儀。ふふふ

オメデトウの文字のサトウキビもひとつずつ食べていました。
ケーキはおおむね食べましたね。

これからは遊びの時間。
消防ホースで作られたフィーダーの中にあるおやつも鼻を器用に使って取り出します。

f0297893_12044931.jpg


砂浴びもして

f0297893_12045991.jpg

砂山で大きな石を見つけたので運びます。

f0297893_12080036.jpg

なんだか牙がはえたみたいになってる(笑)

そして牙がはえたまま、タイヤで遊ぶ♪

f0297893_12051104.jpg

しばらくしたら、もうお部屋へ帰る準備が始まります。

今日は楽しかったね♪

f0297893_12052423.jpg

結核との闘いは、薬やそれに伴う副作用との闘いでもあります。だるさ、吐き気、食欲不振などが表れるそうです。
実際、少しだるそうに私には見えました。それから鼻の使い方を見て、調子がいまひとつなのかなと思いました。
それでも、また今日も明日もあさってもまだ長い時間をかけて治療を続けなければなりません。

ふくちゃん。ありがとう。おめでとう。
おめでとう。ありがとう。

何度もそう言って手を振りました。
f0297893_12053447.jpg


「ふくちゃーん。またねー!」

治療をしてお部屋に入っていく様子を園長もずっとご覧になっていました。
園内を歩くことはもはや「園長の常同行動」と言われているそうで(笑)、ふくちゃんはもちろんのこと動物たちを大切に思ってくださるのがとても嬉しいです。園長のツィートはいつも楽しいですものね。

それからこの日は、市長もお見えになっていました。
ふくちゃんへの差し入れを渡されて、「面倒をかけて申し訳ないけど、あげてください。」と(言葉は正確ではないけど)飼育員さんへの気遣いもお持ちなところなど、もぅ益々ふくZOOを応援しちゃうわ、私!

ふくちゃん。
辛い治療が続くけれど、みんなが応援しているよ。

f0297893_14161182.jpg


(正門に飾ってあったとても可愛い寄せ書き)


お祝いできた日。この日は、ふくちゃんやふくちゃんと一緒に結核と闘って来られたスタッフの方々にとっても嬉しい日だったのではないでしょうか。私も一緒にお祝いできて感激でした。
病気と隣り合わせの日から抜け出せるように祈ります。引き続き全力で応援します!

そして
飼育員さんともお話しましたが、来年、20歳のお誕生日を盛大にお祝いしましょう!




[PR]
by HGL-DTW | 2017-05-10 19:00 | 動物園(中四国) | Comments(0)

ときわ動物園 いろいろ

私の記憶が薄れてしまう前に書かなければと思いつつ、早2か月…。
記憶をたどりながら、ときわ動物園をまわってみましょう。

入り口で入園券を購入。私は、徳山動物園のパスポートを持っていますので徳山割引♪
そこで出てきた絵柄がなんだか顔の黒いサル。

f0297893_18294000.jpg

みさき公園でスマトラトラの掲示を読む人たちが、ス・マ・ト・ラ・ト・ラと一文字一文字を追っていくのと同じように、そこに書いてある文字を読みました。
「ハ・ヌ・マ・ン・ラングール」。まるでカタカナを覚えたての幼児のようだなと思いながら、初めて聞くサルの名前です。

入り口を入るとアジアの森林ゾーン。
まずは、ハヌマンラングールに会います。

f0297893_18350208.jpg
ラングールという名前がついているので、私の知っているドゥクラングールと照らし合わせてみたものの、どうでしょう?
毛並みの美しさは似ていますが…。
調べてみると、ドゥクラングールはほとんど樹上生活なのに対して、ハヌマンラングールは地上で生活するのだそうです。
言われてみれば、それぞれ運動場の造りが全然違います。

聞くところによれば、このハヌマンラングール、国内に6頭しかいないそうです。しかもオスが一頭。
うち4頭をときわ動物園で飼育。繁殖が非常に難しく、人工授精も視野に入れ、糞中ホルモンを調べられているそうです。
今後が楽しみですね。

ときわ動物園は、敷地面積はそれほど広くありません。
が、順路を蛇のような道にすることで1周するとそれなりの距離を歩いていることに驚かされます。

そして一番特徴的なのは、そこにあった木々や緑をあえて残して利用することで野生の生息環境を再現し、動物たち本来の行動を発揮させる「生息環境展示」です。

動物園の外にいるときから、すでにシロテテナガザルたちの鳴き声が響き渡っていました。
それを耳にするだけで、早く園内に入りたくて速足になりました(笑)。

それはそれは楽しそうで、枝から枝へ飛び移りながらブラキエーションを披露してくれたり、それぞれが自由にそれぞれの時間を楽しんでいました。


ふほほぉ~い♪

f0297893_19163409.jpg


f0297893_19004662.jpg


f0297893_18534741.jpg

f0297893_19010267.jpg

f0297893_19005821.jpg

小さなbabyをつれたママも。

f0297893_18532102.jpg

こちらはひっつきもっつきを楽しんでいた家族。

f0297893_18533090.jpg
お話を聞くまで3頭いるってわからなかった(笑)。

このテナガザルは何をしているんだろうと思ったら、

f0297893_19045361.jpg
手で水をすくって飲んでいました。ふふふ、楽しい♪

それぞれの島でグループを管理しています。
黒い毛色の個体がここにはいませんが、午前中には1頭出ていました。高い木の上で大きな声で鳴いていました。

先へ進みましょう。
ボンネットモンキーは、びっくりするほどワラワラと大所帯。

f0297893_19190054.jpg
(なのに、この写真って…)

これ以上増えたら飼育場所がないという声も聞こえるほど。

コツメカワウソと混合展示ですが、このときはコツメさんが出産・育児中でしたので、別々でした。
コツメさんちのベイビーズの泳ぎの練習は、どのくらい進んでいるのかな。
泳げるようにならなければ、外の運動場には出られないもんね。

f0297893_19221133.jpg
そしてシシオザル。
オス2頭とメス1頭。私が行ったときは、オスメス1頭の展示でした。

恋の季節だった模様。

f0297893_19251526.jpg
運動場にあるこれ!

f0297893_19261467.jpg
ホンモノかと思っていたら偽物なんですって。
この中に飼育員さん特製のスムージーが入っているそう。
そのスムージー、実際どんな味がするのか興味をそそられた園長が口にしてみるととんでもなく不味かったとか!ぷぷぷ

生息環境展示を目指しているので、人工物は置かないという決まりごとがあるそうです。
これは人工物でありながらまったくそんなふうに見せないところ、うーん、さすが!と思います。

それと同じようなのが、トクモンキーのところにも。

f0297893_19302543.jpg
消防ホースです。よく見ないとまったくそれとは気づきません。
こんなふうにねじってあるのは、サルたちが握りやすくする工夫からです。水品氏が考案されたので、水品巻きと呼ばれているそうです。
すごいな、ひねり王子の白井選手みたい。

さて、次は中南米の水辺ゾーン。

ちょっと驚いたのが、フラミンゴ。

f0297893_19335561.jpg
脚は届いているんだろうけど、よくあるフラミンゴ舎の池はほとんどが浅瀬なので、こんな白鳥みたいな姿ってあまり見たことないなぁと。面白い!

そして、リスザルたちは小さな島に住んでいます。

f0297893_19403529.jpg
こういう場所で動物たちがどこにいるのか探すのが大好き!見つけるまで動きませんよー(笑)
リスザルたちが住む島へ、イカダに乗って行きえさやりをする、リスザルアドベンチャーラフティングは人気のイベントなのだそうです。(特定日に開催)

ステキな日よけをしてもらっているカピバラさん。

f0297893_19421409.jpg



確か…スダチといったかな。とくしまから来てくれたそうです。ふふふ♪

ミナミコアリクイ

f0297893_19444667.jpg


ミナミコアリクイってなんでこんなに可愛いでしょうねぇ。歩いているだけでニンマリです。

それからフタユビナマケモノ。

f0297893_19445926.jpg


みさき公園から来てくれたそうです。

「えっ!私も関西から来たのよ~。」って言ってみたけど、とにかく眠そうで「そうなの?」とは言ってくれなかった。(当たり前)

意外だったのは、フサオマキザルたちの寝室で。

f0297893_19483999.jpg


キャベツは理解できるとして、ピーマン?!食べるの?
サルたち、とくに熱帯のサルたちって甘いものを好む印象がありましたので意外でした。
結構食べるのだそうです。

ときわ動物園さん、日ごろ【緑餌】というのを意識されているそうです。
それはときわ動物園独特の試みでいわゆる造語なのだそうですが、野草を摘みに行ったり、園内でクローバーやドクダミを見つけてきて、それらを前述のスムージーなどにして与えているそうです。

さきほどのスダチさんを逆方向から見ると

f0297893_20024685.jpg


池にいるのがワサビさん。決闘を申し出ているところ。
なんだかおもしろいやりとり。

水辺の向こうに島があって、そこにはジェフロイクモザルがいます。

f0297893_20012704.jpg




これまた楽しそうに綱渡り。

f0297893_20021222.jpg



どこまでが手でどこまでが脚なんだかよくわからないほど。

f0297893_20020177.jpg


動物たちみんなが楽しそうにしているから、見ている私も本当に楽しくなる、そんな場所です。

f0297893_20240983.jpg



後半へつづく… (はず)




[PR]
by HGL-DTW | 2017-03-21 20:30 | 動物園(中四国) | Comments(2)

ときわ動物園 コツメカワウソファミリー

ついに!
念願叶ってやっと、ローズ改めリンとそのファミリーに会ってきました。

 【*リンという名前で徹せばいいのですが、当ブログを訪問くださる方の中ではまだ、ローズ=リンでない方もいらっしゃると思いますのでわかりやすいようにしています。嫁ぎ先で新しいお名前をもらっているので、次回からは『リン』で統一します。】


1周目は、膨らんだドンゴロスがあるのみ。ぷぷぷ、お休み中ですね。

2周目。おうちが近づくとピィ、ピィと鳴き声が聞こえてきたので思わず早歩きになりました。

ひぇ~♡
ワラワラと出入りを繰り返すbabiesが可愛すぎて、声ならぬ声を出し続けてしまいました。

f0297893_15144451.jpg

リンもボンくんも子育てがんばっているんだね。
時々、babiesが「ママ~。」「パパ~。」とでも言うように走り寄っていく姿がとても愛らしいです。

リンの顔も母の顔になっていました。こちらを向いているのがボンくんです。

f0297893_15084839.jpg

そもそも動きの速いカワウソですがちっちゃな体で動き回るので、全くスピードについていけませんでした。
ガラス越しの運動場なのでピントの合わない画像を量産しました。
途中からは記録を残すことも忘れてただただ見ていたのですが、まぁ~も~可愛い♡

そんなわけでカワウソハウス全貌を撮るのを忘れちゃったのですが、このお家、外に出るためには泳げなければなりません。
そこで現在、babiesはスイミングレッスン中です。

大きなたらいと

f0297893_15263661.jpg

小さな水場。

f0297893_15264950.jpg
一斉にみんなが入るとわちゃわちゃになります。

f0297893_15271524.jpg
こうしながら、水に慣れていくのでしょうね。

聞くところによると、リンも子どもたちを咥えて水の中に入れたりしていたのだとか。

f0297893_15272733.jpg
ファミリーの中で一番よく水に入るのがリンです♪

なんだか大きなおたまじゃくしのようですね。

f0297893_15284356.jpg
このbabyは、リンにそっくりなの♪

f0297893_15274663.jpg
どっちにもピントが合ってないけど、ほら。

f0297893_16085939.jpg

頭でっかちでアンバランスなところが、これまたたまらん!

f0297893_15340708.jpg
取っ組み合いも。
「た、たすけて~。」

f0297893_15280988.jpg
「たすけちゃダメだよ。わたしたちのたたかいなのだから。」

f0297893_15282018.jpg

とでも言ってるのかな。

babiesのうち、オスくんは怪我でしっぽが短くなったり、一番おちびちゃんは、食に興味がなくて毎日飼育員さんから食べさせてもらっていたり、順風満帆とは言えなさそう。それでもこうして元気でいてくれて本当に嬉しいです!

食べないことは生きていけないことなので心配していましたが、この日はおちびちゃんが自分からアジを食べに行く姿を見ることができました。

「うんめぇ!」
f0297893_15423887.jpg
いっぱい食べて大きくなあれ。

徳山動物園のカワウソ舎でいつも笑わせてくれていたローズ。
ステキな家族を持ててよかったね。幸せな姿を見ることができたから、私もほんわかあったかい気持ちになれました。

もうすぐbabiesのお名前も発表があるのかな。
みんなが泳げるようになって移動が自由にできるときが来たら、お隣のボンネットモンキーたちと混合飼育であるプールのある運動場で、どんな行動をするのかも見て見たいものです。

とにかくbabiesが元気で生育しますように。
そしてリンとボンくんが今までと同じようにhappyでいられますように。

ときわ動物園。動物たちへ心配り・目配り・気配りがされている場所だなと感じました。

また会いに行くからね♪



[PR]
by HGL-DTW | 2017-01-31 19:00 | 動物園(中四国) | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite