どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

タグ:ホッキョクグマ ( 477 ) タグの人気記事

ユキの好きなところ

ユキの好きなとこ。

流がれるような曲線を描く体。丸っこいところ。
伏せると決まって前脚を重ねる上品さ。

f0297893_17475380.jpg


股関節の柔らかさを誇張するかのような伏せ方。
(脚が短い、ともいう)
そのせいで二等辺三角形みたいになる体型。
脚の裏が天を向くところ。



f0297893_1844032.jpg



空のにおいを嗅ぐしぐさ。
私が行った時も必ず私のにおいを確かめるように鼻を上げる。


f0297893_1752013.jpg


それから
ファーブーツを履いているような後脚。
(背中は毛が薄いのにね、ぷぷぷ)


f0297893_17523673.jpg


振り向くと首にできる波のようなシワ。


f0297893_175438.jpg


なんでそうなったかわかんない右前脚。
これから血管注射でもするつもりか。


f0297893_17551291.jpg


ユキの好きなとこ。
探さなくてもいっぱいありすぎて
それなのに言葉じゃ伝えられなくて
それだけ私の思いが深い証。
[PR]
by HGL-DTW | 2013-11-11 19:00 | ユキ | Comments(4)

ゴーゴ7年のあゆみ展

ホッキョクグマ・ゴーゴのファンによる展示会
ゴーゴ7年のあゆみ展

Gallery Cafe *Kirin* にて開催中です。

これにあわせてイベントがあったのが11月2日。
もぅ、ホントすっごく楽しみにしていた日♪


f0297893_18471396.jpg


Cafeへの階段を上がると、そこには日本中のファンが撮影されたゴーゴがたくさん展示されていました。
天王寺動物園にやって来た頃のまだ幼いゴーゴから、りっぱな眉のある(笑)凛々しい大人のゴーゴまで。
どれもみな「ゴーゴ」なのに、こんなにも違ったゴーゴが見られるのは、こういった展示会ならでは。
いろんな表情のゴーゴがいて、そのそれぞれにゴーゴへの愛があふれていて胸が熱くなりました。

熱いのは胸だけでなく、みなさんのお話も、それはそれは熱い!


14時から始まった「しろくまのお茶会」。
おシャレでおいしいランチを頂きながら、担当飼育員さんを交えてあつ~いお話で盛り上がりました。


f0297893_17521847.jpg



会場には、作家さんのしろくまグッズや画も展示販売されていて、たくさんのしろくまとしろくまファンに囲まれた時間でした。
みなさんの身に着けたしろくま探しも楽しくて♪
Tシャツやピン、リングにネイルなどちょっとしたところに、しろくまが潜んでいるのです(笑)

Cafeではお茶会以外、あえて撮影はしませんでした。
今思えば、私の「愛はたっぷり満載なので許してください」とゴリ押しのようなゴーゴの写真を、素敵な額に入れて飾ってくださったところだけでも撮影してくればよかったと悔やんでいますが…。

さて。
16時からは講演会です。
かじりつきで聞きたかったので一番前に座りましたよー!
膝の上にメモを置き、ペンを持って、背中からきっと赤いオーラがメラメラと出ていたに違いない。

まずは、担当飼育員さんが「ゴーゴとバフィンの3年間」についてお話してくださいました。

いや~。
愛があふれていました。
過度の期待は、動物園や飼育員さんにとってプレッシャーになるのかもしれませんが
このお話を聞いたら
ひょっとして、産まれるんちゃう?いけるんちゃう?
頼む、産まれてくれよ、とみなさん思われるはずです。
ゴーゴもバフィンも愛されて、大切にされている様子がよくわかりました。

実は、数年前に天王寺動物園へ行った時、そういえばゴーゴは何歳になったかなと思っていたところに担当さんが現れたので

「ゴーゴは何歳ですか?」と尋ねると、

「今度の12月3日が来たら(と誕生日まで言われた!)5歳になります。」

と、これ以上ないくらいの微笑みでおっしゃいました。
その顔を見て、この方はゴーゴが大好きなんだなーと思った記憶があります。
やっぱりあの感覚は間違いではなかったのだと確信しました。

飼育担当さんのお話があっという間に終わってしまうと(予定時間をオーバーしていたそうですが)

次は、天王寺動物園名誉園長 宮下さん
「ホッキョクグマの繁殖生理を探る―日本の動物園での繁殖の歴史とその秘訣」

となんだか背筋がぴーん!と伸びそうなお話を聞かせていただきました。
これが非常に興味深く、背筋ぴーん!どころか、体がどんどん前のめりです!
動物園における繁殖はもちろんのこと、、野生下で地球温暖化や環境汚染がホッキョクグマに与える影響についてのお話も。また「ゴーゴーと私」なんてこともお話してくださいました。

人と人との縁は不思議なもののように、ゴーゴと宮下さんのつながりを紐解くなんて、この講演に参加しなければ、私には起こりえなかったと想像します。

それからお話してくださったお二人のトークセッションがあり、その合間にゴーゴを寄贈してくださった551蓬莱の社長さんがいらっしゃっいました。(それにしてもどれだけっていうくらいの豪華キャストです)
ゴーゴが成田空港から天王寺動物園へやって来たときの貴重な映像を特別に見せていただきました。
この時のゴーゴ、ホントに子供ですごくかわいかったです。

話がすごく長くなったついでに見てください、この新聞。


f0297893_1857350.jpg


2008年11月23日付 産経新聞の記事です。

当時、母が私のために残していてくれたもので、今でも大切に保管しています。
この記事を見て、私は2つのことを心に決めました。
一つは、ゴーゴに会いにいくこと。
そして、もう一つは、ユキにもこの「幸せの黄色い筒」をプレゼントしたいと動物園へ相談すること。
ガス管をどうやって手に入れるか、からのスタートでしたが…。





この新聞をお見せしようと当日持って行ったのに、この後の懇親会でもそんなことすっかり忘れて話し込んでいました。
それだけ濃い時間だったのです。

Kirinさん、ステキな企画をありがとうございました。
そして、お話してくださった担当飼育員さん、宮下さん、
それから蓬莱の社長さん、参加されたみなさんも
ありがとうございました。

またみなさんにお会いできる日を楽しみにしています。
[PR]
by HGL-DTW | 2013-11-07 19:40 | 動物園(近畿) | Comments(8)

ユキ 句を読む



眠れど眠れど
お腹がすくなり
じっと手をみる




f0297893_1826489.jpg





「動くとお腹がすくので、ずーっと眠ることにしたのに、それでもお腹がすく。
自分の手に何か食べられるものがついていないか探している」の意。
[PR]
by HGL-DTW | 2013-11-06 19:00 | ユキ | Comments(0)

ゴーゴ7年のあゆみ展へ …の前に


Gallery Cafe *Kirin* にて
ホッキョクグマ・ゴーゴファンによる展示会
ゴーゴ7年のあゆみ展

が開催されています。

それに伴い講演会があると知ったときには既に連絡メールを送信していたほど
心待ちにしていた11月2日。大阪へ。

cafeに行く前に…



f0297893_12503192.jpg



f0297893_1250854.jpg





この方にお会いしなくちゃ、始まらない!

「ゴーゴ、おはよー。」




f0297893_12493544.jpg






ホッキョクグマ舎へ近づいて来る子どもがしきりに
「コワイ!こわい!」と繰り返して半べそになっていまして。
なんだろう?と思っていたら
どうもゴーゴのまゆ毛が怖いらしく。(まゆ毛ではないけど(・_・;))
かわいいやら可笑しいやら。

「まゆ毛のせいで怒ってるみたいやな。」ととなりのカップルにも言われていたけど…。




実のところ、ゴーゴは少し怒ってるらしい。
飼育員さんのお話によれば
「バフィンをどこに隠したんや!」と僕に対して怒ってる、とおっしゃっていました。

(ご存じない方のために。バフィンは出産の可能性があり、その準備のためお籠り中です。)

ゴーゴは、私の想像をはるかに超えた『考えるホッキョクグマ』だと
今回の講演会やお話を聞いて確信しました。

その Gallery Cafe *Kirin* での
ステキで楽しくて♪濃密な時間についてはまた後日ゆっくりとお話します。



余談なんですが
結構、ゴーゴを撮影したつもりでしたが、びっくりするくらい全て、ええ、そう全部が
ピンボケでした(-"-)!!
動く被写体、どうやったらちゃんと撮れるのですか?
[PR]
by HGL-DTW | 2013-11-05 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

ユキ 混乱?

撮っている私を見ているユキ。


f0297893_2014899.jpg



「いつもの人だ…。えっ?そうなると…」





f0297893_202586.jpg




「この人は誰ですか??」
[PR]
by HGL-DTW | 2013-11-03 20:30 | ユキ | Comments(2)

Are polar bears left-handed?

ユキの利き手(脚)検証以来、気になり始めた「利き手」の存在。

欧米では、ホッキョクグマの利き手は「左」と言われているというのに、ユキの行動を見る限りではむしろ右利きに思えてしまいます。
そもそも本当に利き手など存在するのか?

それならちょっとネットで調べてみようかと思ったら、まぁどこまでいったら結論にたどりつくのだろうというくらいに「?」が広がってしまいました。
夏休みのあいだ、子供たちを対象にラジオやテレビなどでよくある「電話で聞いてみよう」みたいなものがあれば、子供のふりをして(バレバレだけど)聞いてみたいと思ったくらいです。

利き手からどのくらい広がったかというと、つむじの巻き方と利き手の関係から、北半球の低気圧(コリオリの力)とか、DNAが右巻きだとか、犬の80%が右利きなのに、猫はわずか20%にすぎないとか…。
知りたいことからどんどん離れて行く感があり、広がりすぎです。手に負えません。

なので、とりあえず基本に戻ってみようと

「Are polar bears left-handed?」で検索。


いやー、実におもしろい!

たぶん海外の知恵袋のようなところへつながったと思うのですが、その質問に対していろんな方々が思うままにお返事を書かれていました。


f0297893_1821288.jpg

               左手で押さえてお肉を食べています。(ってことは右利き?)

ホッキョクグマが左利きというのは、北極圏に暮らす原住民(イヌイット)の間で長い間信じられてきたことなのだそうで、言ってみれば「言い伝え」だったようです。
獲物をしとめる時、左脚を使う、と。

また同じ言い伝えで、「えっ!?」と思ったのが、

獲物を見つけると、自分をカモフラージュするために右脚で自分の鼻を隠して近づき、左脚で仕留めると。
3本の脚でどうやって獲物に近づくのだろう…と素朴な疑問が浮かびます。
ぴょこぴょこ歩く(走る?)ホッキョクグマの方がよっぽど目立つ気がしますが。

その他のお答えとしては、

私、今日獣医さんへ行って来たのですが、そこのパンフレットにはホッキョクグマが左利きって書いてありました。とか

地球上で完璧な左利きである唯一の種がホッキョクグマだとか。

一番笑ったのが(笑ってはいけませんが)

「左利きに決まっています。だって私、ホッキョクグマが大好きなのよ。その私が左利きなのだから。」

爆笑してしまいました。
万国共通!LOVEホッキョクグマ♪


f0297893_18313230.jpg

               青菜も左手で押さえて食べています。 (やっぱり右利き?)

PBI(polar bears international) 【ホッキョクグマの保護活動を推進し、教育・調査・研究をしている団体】がそれらのことについて書いているページがありました。

数年にわたって何百時間にも及ぶ調査の結果、ホッキョクグマに利き手は存在しない。
どちらかの前脚を好んで使うことなどなく均等に使う。
また、鼻を隠して獲物に近づくハンティングを一度も見なかったことなどの記述があります。

なるほど、そうですか。

先日、ユキのぱくぱくタイムを見た時、食べ物は全て左脚で押さえて食べました。
が、転がってくるリンゴを脚で止める時、さっと右脚を使いました。
だからやっぱり右利きでしょう、と言いたくなるわけです。

この話は今後つづいていくことになるでしょう。

それと…
PBIのサイトで同じページに「ホッキョクグマは獲物をしとめるために道具は使いません。」との記述がありました。

すぐに天王寺動物園のゴーゴのことが頭をよぎりました。


f0297893_19183053.jpg

                    天王寺動物園 ゴーゴ ('12年12月撮影)


ゴーゴは、吊り下げられた肉の塊を落とすために、木の棒を使っていました。
そのことで海外の本に載ったくらいの有名グマなのです。
このこともいつか調べてみたいと思いました。

長いお話になりまして失礼しました。

はぁ~、楽しかった♪
興味をもつこと、これってホントに大切です!
[PR]
by HGL-DTW | 2013-10-23 19:00 | どうぶつのおはなし | Comments(6)

ユキのポッケ

ユキのポケットには何があるの?

f0297893_1961592.jpg



子どもの頃、おばあちゃんにおつかいを頼まれて
「これ持って行き。」と腰に巻かれたエプロンのポッケから
がまぐちを出して、小さく折りたたまれたお金をもらったことを
懐かしく思い出しました。




念のために申し上げておきますが
ユキのお腹にポケットはありません(笑)
[PR]
by HGL-DTW | 2013-10-21 19:30 | ユキ | Comments(4)

ユキ トド

なんだかユキの座り方がかわいくてシャッターを押してみました。


f0297893_22112959.jpg





ユキ、かわいい。


ぶよぶよのお腹、親近感がわきます。


じーっと見ているとなんだか笑えます。


この写真を影絵のイメージで見てみてください。

ユキとの間に白いシートがあって、ユキの後ろ側から光を当てたとします。





見えてきましたか?



トド!


姿・形がトドそのものです!

ユキに聞こえるとまずいから、小さな声で
よろしくお願いいたします。
[PR]
by HGL-DTW | 2013-10-19 19:00 | ユキ | Comments(8)

ユキ 利き手(脚)を検証

ユキが右利きかな、と軽い気持ちで書いたブログに意外な反響をいただきました。
利き手の方が爪が伸びやすいとか、そもそも利き手なんかあるんだろうか、とか。

そこまで突き詰めて考える気はなかったのですが、私も検証したくなりました。

まずは手元にある動画を無作為に選んでみたところ、8割の確率で右脚がでていました。

書き出してみると

前かき(欲しい!というジェスチャー)    右脚が主 右脚のあと左脚でやることも
ジャンプの踏みこみ     右脚
食べ物を押さえる    左脚
氷を押したり、おもちゃを移動させる  おもに右脚
でした!

うーん、と考え込んでいたところ、
「ホッキョクグマの場合、食べ物を押さえる反対の手が利き手」という記事を見つけました。
利き手は、万一のときすぐ攻撃できるようにあけておく、のだそうです。

ということは、間違いなく「右利き」!と考えました。


たくさんの方がユキの動画をアップされていますがその中でも最も多いものが、ユキが日中プールにいる場合にほとんどの時間を費やす「水中バック転」。
それを見てみると、やはり右利きなんだろうなと推測できます。
それを反対側でやることはまずありません。
必ず、ユキにとって右端の位置でやります。

壁にタッチする順序は、
右前脚→左前脚→(ターンしてから)右後脚→左後脚→右後脚→ぶはっ!   です。

ジャンプする時もほとんどユキにとって右側へ飛びます。

少し前、しかも携帯で撮った動画ですが【つまり画像が荒いと言いたい(笑)】集めてみました。





あと、もうひとつ爪の削れ具合で思いつくことがひとつあります。
ユキは左脚が少し痛い時があり、重心を乗せたくないとか使いたくないことがあるのかな、と。
そうなると、右の爪が短くなるのもうなづけるような気もします。

よって、たぶん右利きだろうな、
右利きなんじゃないかな
右利きだと思う。
今度ユキに聞いてみよう。

…って結論ないのか!



欧米では、ホッキョクグマには利き手があってそれは「左」だというのが定説だそうですが、どうなんでしょう。何をもってそう考えられているのか、今後も調査・研究が必要かもしれません。



いやぁ、利き手検証。とても楽しかったです。
素晴らしい機会をありがとうございました!
[PR]
by HGL-DTW | 2013-10-14 19:00 | ユキ | Comments(4)

ユキ 右利き?

ユキの前脚。



f0297893_1883889.jpg





ん?


爪の長さが違うなぁ。


最初は、見る角度のせいかと思ったけど、右の爪の方が左より削れているように見える。


なるほどホッキョクグマには利き手(脚?)があると聞いたことがあるけど、こういうことなのか。

となると、ユキは右利きですかね。
[PR]
by HGL-DTW | 2013-10-05 20:00 | ユキ | Comments(4)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite