人気ブログランキング |

どうぶつたちと私

yuki0409.exblog.jp ブログトップ

タグ:鳥のなかま ( 34 ) タグの人気記事

釧路で出会った野生動物たち

2月。
野生のタンチョウに会いに行くあいだ、車窓から見る景色がとても美しくて飽きることはありませんでした。

目に入る雪原のいたるところに動物の足跡があって、姿を現してくれないかなと思いながら眺めていました。

釧路の友人ご夫婦はさすが慣れたもので、「あっ!」と言って見つけては声をかけてくれました。
時間が経つにつれ少しずつ私も目が慣れてきて、背の高い木々が立ち並ぶ道路わきでオオワシの姿を見つけました。
(画像は無し、笑)
オオワシは動物園でも見ることができる猛禽ではありますが、自然のなかに1羽ぽつんととまっている姿を見ると感動的です。

じーっと生き物の姿を探すのって本当に好き!
チャーチルの保護区でホッキョクグマの姿を探し続けた時間のことを思い出しました。

最初に出会ったのは白鳥でした。

f0297893_18184919.jpg

教えてもらわなければ、きっと見逃したはず。

しばらく進むと、「あ!キツネだよ。」

f0297893_18163236.jpg

わぁー!私の呼吸が彼を驚かさないように息を殺して見ていました。

「牡鹿!」
そういって車を幅寄せして停めてくれました。

f0297893_18240481.jpg

彼も驚いたようにこちらを見ていました。
立派な角を持ったカッコいいエゾシカでした。

道すがら、数羽のタンチョウにも会いました。

f0297893_18262705.jpg

北海道へ旅をして自然の美しさに心を打たれ人生が変わったという人の話をよく耳にしますが、その気持ちよくわかります。

このあたりは、酪農もさかんなので牛や馬の姿を見ることもあります。
私は、牛も馬も大好きなのでいちいち、わぁー!わぁー!言います♪

そんなとき、牛の集団?と思ったら

f0297893_18281253.jpg


牡鹿の群れ!

静かに車のドアを閉めたつもりだったけど、私たちの姿を見たとたん走り出しました。

f0297893_18314639.jpg

その美しさとカッコよさといったら!

f0297893_18315727.jpg

あっという間に丘の上へ

f0297893_18324013.jpg
そこから降りていきました。

f0297893_18332217.jpg

最後に残ったオスはまとめ役なのかな。

f0297893_18335599.jpg

最後に振り向いて走り去っていきました。
一瞬の出来事でしたが、野生の迫力を感じました。

そのさきにまたこちらを気にするキタキツネ。

f0297893_18340709.jpg

タンチョウのサンクチュアリにいるとき。
突然乱入してきたエゾシカ。

f0297893_18362140.jpg

そこにはエサがあることを知っているので夕方になると、いろんな生き物がやってくるとは聞いていましたが、

f0297893_18370035.jpg

遠慮なし。
タンチョウたちも慣れたものですね。

f0297893_18373708.jpg

生き物ばんざい。
数が増えすぎているといわれるエゾシカたちも、絶滅の危機にさらされている動物たちも共に暮らせる地球であってほしいです。

タンチョウのサンクチュアリで撮影した動画の音声を、円山動物園のタンチョウ、十兵衛に聞かせたら、首をかしげながら仲間のなき声を聞いていました。

こんなふうに野生の動物をみるときも、日本のあちこちの動物園にいる動物たちのことを思い出します。

また行ってみたいな、冬の釧路へ。
連れて行ってくれたお友だち夫婦に感謝。
そして出会えたどうぶつたち、ありがとう♡




by HGL-DTW | 2019-05-19 19:00 | 動物園(北海道) | Comments(0)

丹頂に会いに

生活がガラリと変わり、思いがけない毎日を送っています。
気がつけば最後の更新から1か月以上が経過していました。
そんなあいだでもここへ訪問くださる方々がいて、とってもうれしかったです。
ありがとうございます!

久しぶりすぎてどこからお話すべきかわからないけれど、2月に訪れた釧路のことを少し。

野生のタンチョウに会ってみたいと思い始めてどのくらい時間を過ごしたでしょうか。
念願かなって出かけて来ました。

f0297893_12362704.jpg


お友だちがご夫婦で私を連れて行ってくださったのですが、生き帰りの道中でも野生のオオワシ、オジロワシ、白鳥にキタキツネ、そしてエゾシカ、鶴たちなどたくさんの生き物と出会いました。

f0297893_12363531.jpg

(車窓から鶴を見つけてパチリ!)

いろんなミラクルがあったのですよ。
そのお話もいつかできるかな。

野生のタンチョウたち、いつもより数は少なったそうですが、初体験の私には十分!

f0297893_12365831.jpg

エサをついばんだり、タンチョウ同士でお話したり、ダンスしてみたり

f0297893_12364354.jpg

自由に過ごしていました。

何よりもとてもお天気がよい日で、青い空をとぶタンチョウたち、本当に美しかったです。

f0297893_12355757.jpg


時間をみつけて写真を整理したら(まだしてないのか笑)お話したいと思います。


f0297893_12404648.jpg


f0297893_12364832.jpg

タンチョウを好きになるきっかけをくれたのは、みさき公園に住むカクさん。
たくさんのお友だちに会って来たんだよって話しに行かなくちゃ。




by HGL-DTW | 2019-04-28 19:00 | 旅のおはなし | Comments(0)

神戸どうぶつ王国 ケアとクルマサカオウム

王国にいるとあらゆるところで時間泥棒にあうけど、ケアとクルマサカオウムが住むエリアも例外ではありません。

ケアは、少し前から1羽になりました。
それでも楽しそうにしているから救われます。

横とっびしてみたり

f0297893_17060621.jpg

(よーく見ると足が浮いているでしょう♪)

逆さまにぶら下がってみたり

f0297893_17070469.jpg



いつ見に行っても遊んでいます。

f0297893_17082957.jpg


そしてクルマサカオウムのお二人。

f0297893_17084950.jpg



仲良し♡

f0297893_17090374.jpg


人懐っこいところも可愛いです。

f0297893_17092401.jpg


ふふふ♪ こんにちは~。


ケアもよくご挨拶しに来てくれます。

f0297893_17101640.jpg


見ているだけで時間を忘れてしまうのです。

幸せ~。




by HGL-DTW | 2018-11-21 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

神戸どうぶつ王国 食べたいくらい好きだ

先月久しぶりに訪問した『神戸どうぶつ王国』
ありとあらゆる場所に、ぷぷぷ♪が潜んでいるので、いつ行っても楽しいです♪

どんなことがあっても、ペリカンフライトだけは絶対に見逃さないぞ!と心に決めています。

f0297893_18092909.jpg

だった楽しいんだもん。
このあいだなんて、ヘラヘラ笑いながら見ていたから口の中にペリカンじるが飛んできたもんね。
翌日目が覚めたらペリカンになっているんじゃないかってドキドキした。←なわけない

そのペリカンたち。
フライトじゃない時間はみんなでまったりしているんですよね。

そんなときもぷぷぷ♪があるのですよ。

たぶん
食べてしまいたいくらい好きなんだな

f0297893_18125989.jpg

ずーっとこうして角度を変えながら

f0297893_18133733.jpg

嘴ではさんでいました。

私がおもしろいなぁと思ったのは、挟まれているペリカンさんってちっとも動揺してなくて、されるがままなんですよ。

f0297893_18143607.jpg

あ!ちょっとムッとした(笑)?

動物たちって見ていてホントに飽きないわ。
好きすぎてどうしよう。




by HGL-DTW | 2018-11-16 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

ねぇ、知ってた?

もう半月あまり、雨が1滴も降らない暑い日が続いていました。
出先から思いたって動物園へ立ち寄り、歩き始めてまもなくゴロゴロと遠くで雷が鳴り始めました。

しばらくして降り始めた雨は、一瞬のうちに水たまりをつくるほどでした。

すぐに小雨になりましたが、それでも動物たちは久しぶりの雨を楽しんだようで、ヤマアラシもコツメカワウソもそしてビントロングもみんな走り回っていました。

シマウマたちが噛みあいこしてじゃれ合うのをヘラヘラしながら眺めていたら、通りがかった飼育員さんから、
「ねぇ、見て。ダチョウがかわいいでしょ。」と声をかけられました。

f0297893_17381127.jpg


座っているだけ…
に見えたけれど

「雷が鳴ると決まってこんなふうに座るの。メスなんて首も低くしてるでしょう。」

えー!
知らなかった!

f0297893_17405664.jpg


ホントだ。

(こんな日に限ってスマホしか持っていなかった…)

きっと本能なのだとは思うけれど、どうやって学習したの?
サバンナで他のダチョウが雷に打たれたのを目撃したとか?

そんなことを飼育員さんと話しながら…。
私はまたひとつ物知りになりました(笑)。

雷が鳴ると、ダチョウたちが座っているか確認しに来たくなると言われていましたが、私も!
これからは、もしも園内で雷が鳴ったら、間違いなくダチョウ舎へ急ぐことにします。

他の園のダチョウたちはどうなんでしょう。
ぜ~んぶ確認してまわりたいです(笑)。





by HGL-DTW | 2018-07-30 19:00 | 徳山動物園 | Comments(0)

徳山動物園 野鳥観察所

徳山動物園を訪れるのは、去年の動物慰霊祭以来のことです。

現在、ペンギンエリアと新しいゾウ舎の建築などリニューアル工事が着々と進んでいます。
また、自然学習館「ねいちゃる」と「野鳥観察所」が、昨年10月にオープンしましたので、私の古き良き友だちである動物たちに会うのと同じくらい楽しみにしていました。

入り口になんとも可愛らしいものが♪

f0297893_16295991.jpg

聞くところによると、窓口で勤務される方の手作りだそうで、毎月更新されているそうです。
ステキ!これからが楽しみ!

長い間訪問していなかったのでその間に、他の園に旅立ったり、お星さまになった動物たちがいて淋しく思いましたが、それに負けないくらいの新しい出会いも。


今日は新しいエリア「野鳥観察所」のお話です。

いつものように外観を撮影するのを忘れました(-_-;)

自然学習館ねいちゃるに隣接する場所にあり、今までとは違って外からゲージの中にいる鳥たちを見るのではなく、鳥たちの住む場所にお邪魔させていただくようになります。

なるべく自然の木や草を残したいということで緑深い場所もあります。そんな中をじーっと鳥たちの姿を探す楽しさ!たまりません。

たとえば

f0297893_16470654.jpg

キジさん、みっけ~♪
どこにいるかわかります?

f0297893_16501528.jpg

このキジ、おもしろいんですよ、とっても。

飼育員さんとお話していました。すると

f0297893_16533940.jpg

どこかから飛んでやってきました。

そして…

f0297893_16515225.jpg

突っつくんです!

ご覧になっている方は、「懐いているんですね。」とおっしゃるのですが、これ、かなり痛いそうですよ。
懐いているというよりも、奥様を守っているのだとか。

実は、奥様は現在抱卵中。
奥様に「俺はお前を守っているんだ!」とアピールしているそうです(笑)。

草むらの中に巣があるのだと教えてもらいました。

お留守のときにそーっと撮影。

f0297893_16560200.jpg

卵がありますね。

しばらくするとお戻りになった奥様。

f0297893_16565910.jpg

わかりにくいでしょう(笑)。
それがまたいいですよね。

こういうことがそこらじゅうにあるのです。

巣立ちした場所もあえて残してあったりするので、注意深く観察しなくちゃ。

f0297893_16590653.jpg

そしていろんな場所から鳥たちを観察できるのも楽しかったです。

ねいちゃるの中から2か所。


f0297893_17002128.jpg

ここからは、キジバト、鶯、シロハラ、そしてせっせと巣材を運んでいるムクドリなどを観察しました。そのムクドリ、お相手がいないおひとり様だけどがんばっているんですって。

それからこちら。

f0297893_17002665.jpg
水鳥たちとお魚も。
婚姻色になっている魚や絶滅危惧種の魚のお話を聞きました。

何より!現在ここでカルガモの親子を観察することができます。

f0297893_17050611.jpg

まぁ、もうその可愛さと言ったら。
都会では、カルガモのために警備員さんが車を停めて道路を渡らせてくれますが、その気持ちわかります!

f0297893_17043051.jpg

もうベイビーズの可愛いこと♡

f0297893_17042104.jpg

脚で水をかく様子も見ることができて、可愛さ倍増。
ガラスに沿って右から左へと泳いでいく姿は、まるで映画のスクリーンをみているようでした。

2階から観察することもできるのですよ。

上から親子の移動を「ひぇ~~~♡」とか言いながら見ました。

f0297893_17115859.jpg

ホントに1列になってお母さんのあとをついていくんですね。これまたわかりにくいですがね…

2階の出入り口に

f0297893_17095330.jpg

掲示がありました。

こういった掲示があちこちにあって、非常に興味をそそられました。

また別のものがこちら。

f0297893_17151354.jpg

こう書かれると、どこか探しますよね?

ここかな?

f0297893_17155841.jpg

飼育員さんが、「今、ムクドリが虫を捕まえて行ったから、えさを運んでいくかも。」と教えてくださいました。

f0297893_17170537.jpg




しーずかに耳を澄ませて聞いてみましょう。





ホントだ!ヒナたちの声が聞こえて、想像力をかきたてられますね。

鳥たちはそれぞれ思うままに過ごしていて、とても居心地のよい場所でした。

キジの奥様。結構近くに寄って来たなぁと座ったままで見ていると

f0297893_17210421.jpg

こちらに向かって歩き始めます。

f0297893_17213888.jpg

ずんずん進んできます。
どうするかな。パタパタって飛んじゃうかなと見ていると


f0297893_17110094.jpg

まるで私のことなど見えていないかのように歩いて素通りしていきました。

f0297893_17225329.jpg
おーい。

嬉しいような淋しいような。

どこかに潜んでいるであろう生き物たちを、じーっと待ったり、探したりするのが大好きな私にとって、ここは至福の場所でした。

これからの訪問が益々楽しみになります。
みなさまも是非!




by HGL-DTW | 2018-05-18 19:00 | 徳山動物園 | Comments(0)

神戸どうぶつ王国 爆笑ミヤマオウム


すでにご紹介しています、それはそれは美しいミヤマオウム。またの名をケア。
深いみどり色がVolvoカラーでステキですよねと言ったら、お友だちに「たとえがセレブ。」と言われました(笑)。

昔、憧れた車といえば、ちっちゃくてエアコンのないミニクーパーと色が好みだったVolvo。
どちらも所有することはありませんでしたが。

おっと、話がそれました。

以前お話したとき、きれいに植えられた芝生は次回来た時にはないだろうと予測していましたが、やはり…。
全部引っぺがしちゃったそうで(-_-;)
そこには緑のものは全くありませんでした。

相変わらずのいたずら好きの様子で

石を動かそうとしてみたり

f0297893_16320262.jpg

土をほじくり返してみたり

f0297893_16322052.jpg

忙しそうでした(笑)。

途中見に行くと、フィーダーが設置してあって、中身はほとんど残っていませんでしたが、まだ楽しんでいました。

f0297893_16321278.jpg

えさを取り出すなど容易なことでしょうが、実際に見たかったなぁ…。と思いました。

実はそう思うことがもう一度起こるとは、そのときには思いもよらず。

それは帰り際の出来事。
何気なくケアのお住まいを覗くと

f0297893_16384896.jpg

え?なに?誰?
思わず二度見してから吹き出してしまいました。

f0297893_16385801.jpg

別の一羽が向こう側から少し冷めた目で見ています。
「なんかひどいでしょ?あなたからもちょっと言ってくださいよ。」

f0297893_16390839.jpg


「え?俺、なんかヘン?ヘンじゃないよな。」
「わわわ、近寄って来ないで。ヘンどころじゃないヘンよ。」

f0297893_16391941.jpg

「え?俺、ヘン?」

ぷぷぷっ。
いや、きっと楽しい水浴びだったのでしょうね。
バッサバッサやってることろ、見たかったなぁ。残念。

にしても、楽しくて爆笑したわ。


(ふと思ったけど、オスとメスが私が思っているのと逆かもしれないなぁ。今度行ったら聞いてみようっと。)




by HGL-DTW | 2017-04-23 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

神戸どうぶつ王国 クルマサカオウム

昨日のお話に登場したクルマサカオウム。
神戸どうぶつ王国にやってくると聞いて楽しみにしていました。

f0297893_14215411.jpg
私の第一印象は、とにかく『可愛い』です。
ぽってりした体型がサクラ色と相まってその可愛らしさを倍増させます。

f0297893_14244702.jpg


鼻のまわりの朱がアクセントですね。

f0297893_14320540.jpg

鮮やかな冠羽を披露してほしいと思いつつも、寝癖のようなぴよよ~んに思わずニンマリ。

f0297893_14250850.jpg



可愛いうえに、とても人懐っこくて

f0297893_14252407.jpg
何度もこうして目の前にやってきてくれます。

「今日はどちらからいらっしゃいました?」って聞いていそうでしょ。

掲示の後、ガラスの淵を右から左へウォーキングも披露してくれました。

f0297893_14251534.jpg

それが、この掲示からひょこっと顔をだす姿が可笑しくて

f0297893_14253143.jpg
たぶんご本人(鳥)も笑わせていること、わかっているのね。
だってこの顔、明らかに「へへへっ。」って言ってるでしょう。

f0297893_14253885.jpg

なんだかこっちを見ているし(笑)
私は、まんまと大笑いしているんですけどね。


こちらもきっと番で飼育されているのでしょうね。とても仲が良いと感じました。

f0297893_14245348.jpg

これまた楽しそうに微笑み合っているようにも見えます。

可愛いという印象ばかりを持っていましたが、ひとたび冠羽を広げると

f0297893_14245956.jpg

「おぉぉっ!」と思わず声がでました。
(亡霊のような画像、お許しください。)

春色の、可愛くて美しいクルマサカオウム。
是非会いに行ってください。
私もまた行こーっと♪




by HGL-DTW | 2017-03-24 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

神戸どうぶつ王国 ミヤマオウム

先日、ネットで、ミヤマオウムの「感情の伝達」についてのニュースをご覧になりましたか?

仲間のある特定の鳴き声を聞くと、遊び始めるという行動が確認されたとか。
つまり、その鳴き声を聞くと遊びたい気分にさせられるということですよね。
こういった発声による感情の伝達が哺乳類以外で確認されたのは、ミヤマオウムが初めてのことなのだそうです。

ニュージーランドの南島、山岳地帯に住む彼らは、知能が高く、好奇心旺盛でいたずら好きというのは、王国の掲示にもありました。

f0297893_19235879.jpg

昨年10月に初めてお会いしましたが、一目見たその時からなんて美しい鳥なのだろうと魅入ってしまいました。

f0297893_19272967.jpg


昔のVolvo車を思わせるような深い緑に漆黒の縁取り。私好みの渋い色。
それだけでも十分に美しいというのに、羽の内側は鮮やかな朱色。

f0297893_19281461.jpg
(ここまでの画像はすべて2016年10月に撮影したものです。)


このあいだ訪問しましたら、お部屋が移動していました。
お隣にこれまた美しいクルマサカオウムたちがいて、その2か所を行ったり来たり。まぁ、楽しいこと!

クルマサカオウムのお話は後日させていただくとして、この日のケア(ミヤマオウム)たちは、大はしゃぎしていました。



壁を破壊しにかかる。

f0297893_19384544.jpg


どこからか枝きれを見つけて、こちらへ歩いてきます。

f0297893_19383525.jpg

ビヨンセの曲が頭の中で流れていました(笑)

なんだか歩き方がドラマティックに見えるのは、私の思い過ごしかなぁ。

これがいい遊び道具になるようで

f0297893_19385500.jpg


上手く撮れなかったけど、何度も何度も四方八方へでんぐり返しをして遊んでいました。

f0297893_19390374.jpg


その様子を見て、とにかく可笑しくて。顔が緩むのを止めるのに一苦労でした。
なるほどいたずら好きというかなんでも楽しめちゃうのだなと思った次第です。

しばらくしたら、2羽一緒に芝生をはがしにかかりました。

f0297893_19391208.jpg

綺麗な生の芝生は次に来た時にはきっとなくなっているんだろうなと、この破壊活動を見ながら思いました。とさ。


西日本では、ここ神戸どうぶつ王国のみで見ることができます。
是非彼らの遊び心たっぷりの様子を見に行ってくださいね。



by HGL-DTW | 2017-03-23 20:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

AWS ふれあい広場にて

パンダbabyを見損ねた私の本日のお話は、ふれあい広場でのこと。

鳥がいるゲージを抜けて、ふれあい広場へ。
すると、この日は鳥たちの大歓迎をうけました。

取り囲まれる。(トリだけに(笑)

f0297893_19205670.jpg
この後、1羽は私の手に乗り、1羽はリュックのひもをかじり、別の鳥は私のスタジャンを後ろから引っ張り、もう1羽は目の前をゴロゴロするという、なんともヘラヘラ♪な事態になりました。

一時は鳥が苦手だった私が嘘みたい。そんなことを思いながら歩みを進めました。

そして。今まで気づかずにいて初めてお会いしたこの方。

f0297893_19091777.jpg
カッコいいです!頭の飾り毛が風にひらひらとなびいて、しばらくウットリと(トリだけに(笑) 見惚れていました。
フィリピンペリカンだそうです。

じーっと見ていると、もしかしてセサミストリートに出てくるビッグバードはこのフィリピンペリカンがモデルではないかと思っちゃいました。(実際は、カナリアがモデルだとか?)
番組を見ていた頃、私はビッグバードの羽が常にふわふわしているのが大好きでした。

「あなたのこと、もっと知りたい。これからもよろしくお願いしますね♪」


それからチンパンジーやカバたちを眺めて、ふらふら歩いていました。

すると目の前に鳥たちがお散歩していました。

f0297893_19175600.jpg
まぁまぁ。フリーですのね。楽しそう。
フラミンゴの幼鳥なんて人慣れしていて、警戒心ゼロでした。

この右手に建物があるのですが、そこは覗いて見ると結構おもしろかったりします。

入り口のゲージには、オニオオハシの幼鳥たちが恥ずかしそうにたたずんでいました。

f0297893_19325905.jpg

f0297893_19331221.jpg
初めて見ました。可愛いです♡

奥では、ミニブタさんかな。スタッフの方とトレーニングしていました。

ふと足元をみると、さっきのフラミンゴの幼鳥が一生懸命建物内へ入っていこうとしていました。

f0297893_19351727.jpg
ぷぷぷ。無理ですね、それは。
なぜ入っていけないのか理解できない様子で何度もチャレンジしていました。

建物から出ようと外に目をやると

f0297893_19363560.jpg

ガンたちも来ていて大賑わいになっています。
不思議とこれ以上は入って来ないのです。敷居が高い( ´艸`)?

「フラミンゴさん。それは無理だからそろそろ外へ出ようよ。」と言ってみても、まだまだ頑張っているようでした。

f0297893_19381454.jpg

その場を立ち去ろうとする頃にはマーラまで加わって、あたりがワラワラしていました。
そんな中を、「はい、ごめんあそばせ。」とか言いながら通る楽しさといったら、もぅ思い出しただけでニンマリです。




by HGL-DTW | 2016-11-12 19:00 | 動物園(近畿) | Comments(0)

どうぶつたちとの日々をつづってみようかな


by HGL-DTW
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite